施設の終業点検を行いました

11/21日の蕎麦の収穫と合わせて施設の終業点検を行いました。この農地・水・環境保全活動は、農道や水路、それらを分けている法面、水を配るパイプラインなど、自分たちで機能を診断し、その結果の修繕などを行わなければなりません。また、そのための補修技術なども自分たちで習得するよう求めています。記録的意味合いが強いので興味のない方は読み飛ばしてください。

揚水機場の機器の点検を行いました

ポンプ小屋の目視点検です
ポンプ小屋の目視点検です
来年まで使わないということで、揚水機場にある配電盤の元電源を切ります。
来年まで使わないということで、揚水機場にある配電盤の元電源を切ります。
モーターの点検の写真
モーターの点検やポンプの点検をします
バルブの点検の写真
バルブの点検
調整池からの取水口の点検
調整池からの取水口の点検

続きを読んでね!の画像

長くなるので畳んでおきます。「続きを読む」をクリックして、下に開いてみてください。

“施設の終業点検を行いました” の続きを読む

ついに蕎麦の収穫です

そばを刈っている写真。
お天気に恵まれた昨日の11月21日、蕎麦の収穫をしました。やはり人海戦術でした。

過ぎたるは及ばざるがごとし。雨にたたられてデキがイマイチの保全会活動の蕎麦、また、結局恐れていた鎌で収穫ということになってしまいましたが、そこはそれ、やっぱり収穫というのは心躍るものです。他のみんなも楽しそうに見えます。

蕎麦の写真
少し遅いそうですが、問題なさそうです。
蕎麦の収穫の写真。
背の不揃いな蕎麦を一つ一つ刈っていくしかありません。初めは気が遠くなりそうでした。

単純作業の基本は何も考えないこと

単純作業の図
膨大な仕事量を前にしてその量のことを考えても何も始まらないのでした。それよりは何も考えず、ただひたすら口と手を動かす・・・これを井戸端会議というそうです。しかし、あら不思議!いつの間にか時間は過ぎ、その結果仕事は終わりに近づいているのでした。

下駄を履くまでわからない。この先どうなる?

↑ 蕎麦の収穫の動画(1分13秒)画面クリックでも再生します。

続きを読んでね!の画像

長くなるので畳んでおきます。「続きを読む」をクリックして、下に開いてみてください。

“ついに蕎麦の収穫です” の続きを読む