Homeに戻る > このタグの記事 '「ZEN-NOH」トラクター' > 2ページ目
1 2 3

物の動きも止まると困る

こちらはクボタトラクターの新品 

こちらはクボタトラクターの新品 

中古トラクターの行き先

かなり確からしいと思えるhttp://www.orangetractortalks.comの記事によれば・・・の話なんですが、国内需要喚起に玉突きされたトラクターの中古品の行き先の話です。

買い替えによって出た中古品は日本国内でも取引されたでしょうが、アメリカでも注目されました。アメリカは日本国内の中古の値段を知っているものにとって、中古品は買いたくないくらい中古品が高いです。

日本の中古トラクターを買い付けてアメリカで売れば利益を出せる・・・そう考えたものがいてもおかしくありません。(これはオートバイでも行われていると聞いたことがあります)

中古品の行き先は?

前回も使ってしまいましたが、orangetractortalks.com のこの写真!詰め師の素晴らしい技です。

ルートを確立

コンテナの中に入る16〜18台の中古トラクターが新車の3〜4台分の値段で買えてしまうということですから、中古価格の高いアメリカで商売になったというのは想像に難くありません。

日本で業者を募って、中古トラクターを集め、コンテナに詰め込んでアメリカに運び、それを売るルートを確立して商売を始めた人がいました。これが1990年代初めの頃のようです。

良き日は長くは続かない

1970年代から販売会社を北米に置いていたクボタは、1996年頃これに気がつきます。アメリカに比べると稼働時間の少ない、(クルマでも日本だと10万キロも走ると買い替えの対象になってしまいますが、アメリカではまだまだヒヨッコなんでしょうね。)高年式のトラクターが安く売られると、新品のトラクターの販売に打撃をこうむるからです。

クボタは1997年あたりにアメリカ関税法337条(337 Suit→雰囲気でやってるので常にですけど不確かです)と商標侵害で業者を訴えます。

アメリカ関税法337条は、アメリカへの輸入で不公正な行為があってアメリカの産業に被害が生じる恐れがあるときに、輸入品の排除や、その不公正行為の差し止めを米国国際貿易委員会(US International Trade Commission, ITC)が判断して、差し止めの命令を発することができる法律だそうで、この場合の不公正な行為は商標侵害ということだったみたいです。

中古トラクター輸入差し止め

この訴えは認められたようで1997年にはその判断が下り、アメリカの税関ではインボイスに「USED KUBOTA TRACTOR」と書かれた荷物は通関できなくなってしまいました。

クルマだったらエコ減税、家電品にもそんなものがあったと思いますが、買い替えには飴。そして古いものを直し直し使っている者には懲罰的課税のムチ・・・狭い土地にひしめき合って住んでいる日本の人すべてに仕事を回そうとしたのか、そうやって作り出された需要と中古品。その行き先はなくなってしまいました。

得をしたのは?

相変わらず「古い農機やオートバイございましたらお声をおかけください。動かなくても結構です。」と、農機具、家電、不要品回収業者は近所を回っていますが、少なくともアメリカでクボタトラクターの中古は売れなくなってしまったみたいです。

これによって日本で中古トラクターを集めていた業者は打撃を受けてしまったでしょうし、アメリカの中古トラクター販売業者も出激を受けました。アメリカのクボタやそのディーラーは少しホッとして、日本の農家は中古トラクターが高く売れなくなって少し損をし、もしかしたら買い替え需要が若干落ち込んで日本のクボタは損をしたかもしれません。

物は長く使いたいけど・・・

一つの物を長く使うのは僕自身は環境に良いとは思いますが、こうやってみて見ると、確かに物が動くというのはお金が動くとイコールで、動けば動くほど色々な人がぶら下がってこれも大事なのかな・・・などど思います。

アメとムチで買い替えを促して、中古品を仕立ててそれを買える人に売り、さらにはその中古品も何らかの方法でアメとムチをふるって買い替えさせてさらにさらに中古品を仕立て、それを買える人に売る。

1台のトラクターが獲得する生涯賃金は転売される回数に比例する・・・はず? そしてそれによって養う人数も決まる?

1台のトラクターが獲得する生涯賃金は転売される回数に比例する・・・はず? そしてそれによって養う人数も決まる?

そうしていけば一つの製品が何回も売られてトータルで動くお金は大きく、それに関わる人も多く、修理部品もより多く売れる・・・1台のトラクターが稼ぐ生涯賃金が多くなり、扶養する人数も増え、末端までトラクターが行き渡るという寸法です。

さらに脱線 詰め師のお仕事

コンテナ輸送が主流になって効率よく色々な物を詰め込んでます。見ていると時間を忘れてしまいます。

冷蔵庫いっぱい

冷蔵庫いっぱい

なんとラジカセいっぱい・・・回収業の人はこういう風にしているんですね

なんとラジカセいっぱい・・・回収業の人はこういう風にしているんですね

反射式石油ストーブいっぱい!

反射式石油ストーブいっぱい!

クルマ!とその部品

クルマ!とその部品

そのクルマ丸ごと!かっちょいいなあ・・・

そのクルマ丸ごと!かっちょいいなあ・・・

軽トラでしょうか?このように斜めに重ねて多数入れようとしているのでしょう

軽トラでしょうか?このように斜めに重ねて多数入れようとしているのでしょう

自転車いっぱい!

自転車いっぱい!

車台いっぱい!

車台いっぱい!

縦に起こして鉄クズ?を詰め込んでます。なんでもアリですね。

縦に起こして鉄クズ?を詰め込んでます。なんでもアリですね。

色々な物の行き先やを考えてみる必要があるようです。なんの話かわからなくなっちゃいましたが、全農トラクターの話に続きます。

トラクターの記事へ
トラクターの記事

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

メーカー「ZEN-NOH」登場!

工夫してコンテナに積み込む画像にしびれちゃいました。普通に軽トラ入れたらこんなに入りません。

工夫してコンテナに積み込む画像にしびれちゃいました。普通に軽トラ入れたらこんなに入りません。

コンテナの中身で脱線していましたが、日本でだぶついた中古トラクターの行き先の中で、アメリカ、特にその中でもクボタのOEM(Original Equipment Manufacturer)で農協のために作られた「ZEN-NOH」トラクターの話でした。今から15年くらい前の話です。遠くに行っちゃった話を戻します。

さて困った

なるべく在庫は持たず、中古トラクターを詰め込んだコンテナが海の上にある間くらいに全部売れてしまうような商売をしていた元締めですが、この突然の輸入差し止めでこれら中古トラクターを買った業者は困ってしまいました。鉄くずとしてしか売ることのできない在庫を抱えてしまったからです。

立入禁止と言われたら座って入ればいいんだ!

禁止されてないことはやってもいいこと? ものは言いようです。

禁止されてないことはやってもいいこと? ものは言いようです。

ところが、抜け目のない人はいるもので、その裁定の中はクボタの商標権を侵害したために下されていて、同じクボタでありながらOEMで農協のために生産された全農のトラクターは含まれていないことに気がついた人がいたのです。

かわいらしい「ZEN-NOH」のロゴ いかつくスクエアなトラクターとこのロゴの似合わさな具合がかえって外国の人のイメージした「禅」と「能」を連想させます。外国映画で日本が中国風に描かれているみたいです・・・

かわいらしい「ZEN-NOH」のロゴ いかつくスクエアなトラクターとこのロゴの似合わさな具合がかえって外国の人のイメージした「禅」と「能」を連想させます。外国映画で日本が中国風に描かれているみたいです・・・

「ZEN-NOH」ロゴタイプ 日本のサイトで見つけて「全農」と、日本語のステッカーも貼ってあるので、オリジナルがこうだったんですね

「ZEN-NOH」ロゴタイプ 日本のサイトで見つけて「全農」と、日本語のステッカーも貼ってあるので、オリジナルがこうだったんですね

いかついトラクターに似合わず丸くファニーな書体で「ZEN-NOH」と書いてあるクボタ製のトラクター。これはれっきとした全農ブランドのトラクターで、当時の品番の頭にあったLにZをつけてZLとしで売られていました。例えばスレートハウスにあったトラクター、L2000DTだったらZL2000DTみたいな感じにです。

スレートハウスのL2000DT 消えちゃって読めません

スレートハウスのL2000DT 消えちゃって読めません

それだけじゃただの屁理屈だから、座って入る理由を補強

運悪くというか良くというか、全農が1980年代初頭アメリカで取得していた商標権は1988年には切れてしまっていて、更新もされていませんでした。そして、その商標権を在庫を抱えた中古トラクター業者が1997年に取得してしまいました。

詳細はわかりませんが、当時のクボタトラクターはエンブレムが付いていたわけではなく、ステッカーがペロッと貼ってあっただけだったので、もしかしたらすべての在庫のトラクターに「ZEN-NOH」のステッカーを貼って売ってしまったかもしれません。

こうしてクボタの中古トラクターは、稼働時間が少なく比較的安い「ZEN-NOH」トラクターとして再び流通することになるのです。何だか話としておもしろかったので続きます。

トラクターの記事へ
トラクターの記事

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!へのコメント (noraより[07/25]) うんの まろうさん 
  • インターナショナルB414・・・・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[07/25]) 後期高齢技能士さん 
  • ナァイトビィィィィ〜〜〜ム!ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/25]) H2さん おはようご
  • レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!へのコメント (うんの まろうより[07/24]) !!! 映像からは
  • インターナショナルB414・・・・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (後期高齢技能士より[07/24]) B414は英国製です
  • ナァイトビィィィィ〜〜〜ム!ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[07/21]) 各社ともこのクラスは
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[07/21]) なるほど。実際には修
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/21]) H2さん おはようご
  • エンジン音の聞き比べ、おもしろいかも。クボタB17X「撮りトラ@クボタサマーフェア」へのコメント (noraより[07/21]) 木田さん おはようご
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[07/21]) hokaidouji
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[07/21]) 22年落ちで、要メン
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/20]) みみずくさん すみま
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (みみずくより[07/20]) >中古現状渡し
  • エンジン音の聞き比べ、おもしろいかも。クボタB17X「撮りトラ@クボタサマーフェア」へのコメント (木田 やすおより[07/18]) エンジン音いいですね
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[07/18]) noraさん and
  • 「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/17]) H2さん おはようご
  • 「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」へのコメント (H2より[07/15]) しかし特化し過ぎて汎
  • ワールドが4桁に!クボタM1060W「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/15]) H2さん おはようご
  • 「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/15]) H2さん おはようご
  • 9月発売予定新製品クボタGENEST(ジェネスト?)M125GE「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/15]) H2さん おはようご
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械