1 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 621

バラバラで来てバラバラで去る。マッセイファーガソントラクターMF135他「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、バラバラにされたMassey Ferguson MF135他、「撮りトラ」です。

 

見慣れたMFが見慣れない姿で横たわっています。これからどこか輸出されるため、バラバラにされているのでしょう・・・日本で役目を失った悲しい姿ではありますが、次のステージが待っているという見慣れたMFが見慣れない姿で横たわっています。これからどこか輸出されるため、バラバラにされているのでしょう・・・日本で役目を失った悲しい姿ではありますが、次のステージが待っているという希望もあります。希望もあります。

見慣れたMFが見慣れない姿で横たわっています。これからどこか輸出されるため、バラバラにされているのでしょう・・・日本で役目を失った悲しい姿ではありますが、次のステージが待っているという希望もあります。

 

左の一台はMF135のようです。Fローダーで作業をしていたのでしょうか、ボンネットの上に何か取付けていたブラケットが見えます。シートはブルーでフォードのものに換えられていたのかもしれません。

左の一台はMF135のようです。Fローダーで作業をしていたのでしょうか、ボンネットの上に何か取付けていたブラケットが見えます。シートはブルーでフォードのものに換えられていたのかもしれません。

 

こうやって見るとお腹が地面に付いてしまって、トラクターじゃないみたい。

こうやって見るとお腹が地面に付いてしまって、トラクターじゃないみたい。

 

お隣、右のMFはフロントのバッジが失われています。顔の裏にはラジエターが控えていたのですね。アミアミが外れている姿を初めて見ました。

お隣、右のMFはフロントのバッジが失われています。顔の裏にはラジエターが控えていたのですね。アミアミが外れている姿を初めて見ました。

 

2台とも外したボルトナット類はシートの上に置かれ、タイヤは後ろに重ねてきちんと積み上げられています。これからコンテナに積み込まれ、どこかへ運ばれるのでしょう。

2台とも外したボルトナット類はシートの上に置かれ、タイヤは後ろに重ねてきちんと積み上げられています。これからコンテナに積み込まれ、どこかへ運ばれるのでしょう。

 

これ、以前見たことがあります!

 

ちょっと長くなりますが、説明します。(英語は不案内のため雰囲気で理解しています。したがって、トンチンカンな部分があるかもしれません。)オーストラリア、ビクトリア州の博物館の運営団体である、Museums Victoriaが写真のアーカイブを作っています。1900年代初頭に作られた、オーストラリアの地場農機具メーカー、Sunshine Harvester Worksが最終的にMassey Fergusonの傘下になってしまったためか、白黒のMassey Fergusonの写真を多数見ることができます。ただ、なぜかリンク切れが多いですが・・・

ちょっと長くなりますが、説明します。(英語は不案内のため雰囲気で理解しています。したがって、トンチンカンな部分があるかもしれません。)オーストラリア、ビクトリア州の博物館の運営団体である、Museums Victoriaが写真のアーカイブを作っています。オーストラリアに関する事なら何でも集めている感じで、この写真たちも1900年代初頭に作られた、元々あったオーストラリアの地場農機具メーカー、Sunshine Harvester Worksが最終的にMassey Fergusonの傘下になり、そこで作っていたのだか組み立てていたのだか、白黒のMassey Fergusonの写真を多数見ることができます。ただ、なぜかリンク切れが多いですが・・・

 

オーストラリアはビクトリア州博物館というのでしょうか? こんな写真がありました。mf165の新品梱包写真! こんな風にやってきたんだ!

そこにこんな写真がありました。mf165の新品梱包写真! こんな風にやってきたんだ!

 

同じく梱包写真 大きな顔が入っています。なんだか仏像を運んでいるようにも見えます。

同じく梱包写真 大きな顔が入っています。なんだか仏像を運んでいるようにも見えます。こちらは傷などに留意して木枠なども使われていますが・・・

 

中古品の行き先は?

以前、禅(ZEN)と能(NOH)というタイトルで全農の中古トラクターの行く先の記事を書いた事がありました。その時orangetractortalks.comというクボタトラクターに特化したサイトから引用した写真です。新車のトラクターは上の白黒のようにコンテナに積まれてやってきて組み立てられ、働く場所がなくなると、今度はこのように解体され、パズルのようにまたコンテナに積まれて次の場所へ行く・・・というお話でした。

 

今のトラクターは大きいので、このようにコンテナに入ってこないかもしれませんが、昔は毎日のようにコンテナに入ったトラクターが組み立てられ、また、その新しいトラクターに押し出され、行き場を失った古いトラクターが解体され、コンテナに積み込まれていたのでしょうね。

 

コンテナは柔らかいもの固いもの、様々なものを運ぶ事ができます。コンテナ一個でいくら・・・と値段が決まっていますから、荷物の入れ方はある種芸術!見ていると時間を忘れてしまいます。

 

冷蔵庫いっぱい

冷蔵庫いっぱい

 

なんとラジカセいっぱい・・・回収業の人はこういう風にしているんですね

なんとラジカセいっぱい・・・回収業の人はこういう風にしているんですね

 

反射式石油ストーブいっぱい!

反射式石油ストーブいっぱい!

 

クルマ!とその部品

クルマ!とその部品。なぜかウレタンむき出しのシート。

 

そのクルマ丸ごと!かっちょいいなあ・・・

そのクルマ丸ごと!かっちょいいなあ・・・

軽トラでしょうか?このように斜めに重ねて多数入れようとしているのでしょう

軽トラでしょうか?このように斜めに重ねて多数入れようとしているのでしょう

 

自転車いっぱい!

自転車いっぱい!

 

車台いっぱい!

車台いっぱい!

 

縦に起こして鉄クズ?を詰め込んでます。なんでもアリですね。

縦に起こして鉄クズ?を詰め込んでます。なんでもアリですね。

 

 

今日はこんなところです。また明日!

New Holland TM190のステア動画!「撮りトラ@スガノ農機」

今日はNさんに連れて行ってもらった(Nさんありがとうございます!)、茨城県稲敷郡美浦村にあるスガノ農機の本社工場で見た、ニューホランドトラクターTM190「撮り虎」です。このTM190には車軸ごとステアするSuperSteer™という機構が付いていて、それといつも注目していたピボットフェンダーの連携が興味深いのでした。

 

ここには北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』の分館?があります。

ここには北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』の分館?があります。このブログでもおなじみですよね!

 

中には古いトラクターや、プラウが展示されています。これについては後々(いつになるかわかりませんが)紹介します。

中には古いトラクターや、プラウが展示されています。これについては後々(いつになるかわかりませんが)紹介します。

 

本題に戻ります。New Holland TM190のステア動画!

 

 

↑初めてこの車軸ごと動くステアリングを見たのですが、見慣れないと違和感があります。

 

しかも良く見るとこのおもりごとブンブン動くのです。

しかも良く見るとこのおもりごとブンブン動くのです。フロントリンケージはZuidbergでした。

 

Zuidberg・・・フロントリンケージの専門メーカーみたいですね。

Zuidberg・・・フロントリンケージの専門メーカーで、オランダ生まれの会社なのかなあ・・・

 

1枚45kgのおもりが14枚・・・630キロのものプラス、車軸やタイヤと一緒に動かすわけですからものすごいパワーですよね!パワステ壊れた時に人間の力ではとてもハンドルを回せそうもありません。

1枚45kgのおもりが14枚・・・630キロがここに載っています。プラス、車軸やタイヤと一緒に動かすわけですからものすごいパワーですよね!パワステ壊れた時に、人間の力ではとてもハンドルを回せそうもありません。

 

ついでに・・・おしゃぶりをくわえているみたいで、おもしろいと思って撮った写真。こんなので持つのか?と思いましたけど、裏がTの字になっていて抜けないのでしょうね。きっと横からスライドさせて入れるんです。

ついでに・・・おしゃぶりをくわえているみたいで、おもしろいと思って撮った写真。こんなので持つのか?と思いましたけど、裏がTの字になっていて抜けないのでしょうね。きっと横からスライドさせて入れるんです。

ついでに・・・クボタM7001シリーズ。車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

 

 

↑こちらは車軸は動きませんが、フェンダーは動いています。(今度見るときはハンドルの据え切りしてもらおう!)

 

 

ロディという1958年創業のイタリアはファッブリコというところにあるmechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryというのを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃうんですが、想像するに、木工ではなく、形になった製品というより、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな・・・と思います。

ロディは、1958年創業のイタリアはファッブリコというところにある、mechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃいます。想像するに形になった製品ではなく、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな(もちろん木工などではなく)・・・と思います。

 

フェンダーの動き動画

↑動きがもっさりしているので、時間のあるとき、おおらかな気分で見てください。フェンダーがボディにぶつかりそうになる直前の位置で止まるんです。もちろんそれよりハンドルを切ると、泥よけの役目を果たさなくなってしまいますけど・・・

 

このフェンダー、常総市の展示会で見たメタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンドにも付いていました。

 

 

↑40秒ほど

 

 

時間がなくなっちゃいました。TM190、続きます。

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[12/03]) ハンドルの脇のスイッ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/02]) shiroemodo
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/02]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (shiroemodonより[12/01]) この時代の耕深制御だ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/30]) 輸入車のジャッキって
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/25]) 山葵さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/24]) あっ!これです!この
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) H2さん こんにちは
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[11/23]) 坂本さん こんにちは
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/23]) 象印さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械