1 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 621

初めて見た!ストレーク。フィアット・トラクター 生ストレーク「撮りトラ」

今日はAさんのところで見た、、フィアットトラクター(カバーがかかっていたので型式はわかりません)「撮りトラ」です。

 

これに、実際に見るのは初めてなストレーキ(今目にするものはカゴ車輪が多い、水田でトラクターに浮力を与えたり、タイヤの接地面を広げたりするアタッチメント)が付いていたのです。

 

左の機体の後輪に、そのストレーキ(もしくはストレーク)が付いています。

左の機体の後輪に、そのストレーキ(もしくはストレーク)が付いています。シャコの足のような、なんとも有機的なアタッチメント?です。

 

ストレーク(ストレーキ)とは

 

今日は「昔のカタログ」シリーズ、1978年(昭和53年)クボタ トラクタ Lシリーズの アタッチメントカタログです。

ストレークに引っかかった・・・クボタトラクタアタッチメント「昔のカタログ」』の時に見た、折りたたみストレークです。このときストレークとはストレーキ、ボルテックスジェネレータとも呼ばれ、主に翼の気流の境界面の乖離を防ぐため、気流を整えたり、わざと気流を乱すためのものとわかったのでした。

 

 

で、生ストレーキです。

で、FIATの生ストレーキです。

 

前輪ウエィトも付いています。

前輪ウエィトも付いています。

 

今日は「昔のカタログ」シリーズ、1978年(昭和53年)クボタ トラクタ Lシリーズの アタッチメントカタログです。

クボタのオプション品は2分割ですね。

 

なかなか美しい形状。

なかなか美しい形状。

 

これを外側に折り曲げてタイヤにかぶせて使用するようです。そうするとちょうどブルドーザーの△シューのような見栄えに変身!

これを外側に折り曲げてタイヤにかぶせて使用するようです。そうするとちょうどブルドーザーの△シューのような見栄えに変身!

 

鋳物でできていて、一つ一つにバネの付いた精巧な出来。

鋳物でできていて、一つ一つにバネの付いた精巧な出来。

 

当時けっこうな値段のものだったでしょうね。

当時けっこうな値段のものだったでしょうね。

 

ついでにトラクターシートに注目してみます。

 

ついでにトラクターシートに注目してみます。

ついでにトラクターシートに注目してみます。

 

雪かきみたいになあっさりとした鉄椀自決シート。

雪かきみたいになあっさりとした鉄椀自決シート。でもとてもキレイ。

 

後はスカッとして、何の調整もできないようです。

後はスカッとして、何の調整もできないようです。

 

スプリングは前。後にスイングするタイプ。板バネは2枚重ねでしょうか?

スプリングは前。後にスイングするタイプ。板バネは2枚重ねでしょうか?

 

さらに電装探偵団。鋳物ボディのテールライトはOLSA製。

さらに電装探偵団。鋳物ボディのテールライトはOLSA製。

 

機種名:フィアットトラクタ 形式・仕様:FIAT 211R型 25馬力 製造社・国:フィアット社 イタリア 導入年度:1965(昭和40)年 使用経過:昭和39年、株式会社クボタが輸入を始める。39年、3台。40年、10台。41年、15台。42年、16台。4年間で34台の輸入で、その1台です。 三石町歌笛の大塚牧場が導入し、牧草収穫作業に使用していた。 平成2年に則次が譲り受け、年に一度はエンジンを始動させて、家宝として保存していた。

FIAT211Rのテールも、少し形状は違いますが鋳物ボディのOLSA。小さくていいですよね!単車にこのテール使いたい!

 

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

 

顔が黒けりゃシートは白!三菱DトラD2000「撮りトラ」

今日の「撮りトラ」は、hokkaidoujinさんの案内で行った中古屋さんで見た、三菱D2000です。これらは皆コンテナに入れられて外国に輸出されてしまうみたいです。

 

自分が使えない以上、使ってくれる人がいる海外へこのような古いトラクターが行くのはありがたくも嬉しいことです。(寂しいけれど)

 

「青年のような青いトラクター」というキャッチコピーと「トラクターは機械です。 数字がその実力を正直に語ります。 トラクターは数字で選びましょう。」というサブ?コピーで売り出されていたD2000・・・その青年も成年になり、第2の人生の幕開けを待っています。

「青年のような青いトラクター」というキャッチコピーと「トラクターは機械です。 数字がその実力を正直に語ります。 トラクターは数字で選びましょう。」というサブ?コピーで売り出されていたD2000・・・その青年も成年になり、第2の人生の幕開けを待っています。

 

青いボディ、粉が吹いてしまっていますが、意外と色が残っていて綺麗です。赤い塗装のトラクターが古くなるのとはまた、感じが違います。

青いボディ、粉が吹いてしまっていますが、意外と色が残っていて綺麗です。赤い塗装のトラクターが古くなるのとはまた、感じが違います。三菱農用トラクターD2000は1973年〜1976年まで製造されたようです。

 

これが「Dトラ」と呼ばれるなら「Rトラ」トラとでも呼ぶべきなR2500なども使っていた伝統的なプレートの形。三菱M62型 20PS/2400rpm 1,302cc

これが「Dトラ」と呼ばれるなら「Rトラ」トラとでも呼ぶべきなR2500なども使っていた伝統的なプレートの形。三菱M62型 20PS/2400rpm 1,302cc

 

そして極めつけはココ。三菱農用トラクタ R2000形 20PS 2700cc(と書いてあるのかな?)三菱重工株式会社。

同じ形でしょ?「Rトラ」。三菱農用トラクタ R2000形 20PS 2700cc(と書いてあるのかな?)三菱重工株式会社。

 

そしてこちらは三菱R200の銘板。内容も形も配置も同じです。三菱トラクタ R200形 三菱重工株式会社

そしてこちらは三菱R200の銘板。内容も形も配置も同じです。三菱トラクタ R200形 三菱重工株式会社

 

MITSUBISHI tractor D2650FD 三菱トラクターD2650FD 形式名MT2600D

こちらはグッと新しくなって「MTトラ?」もしくは「Tトラ」のMT2600D・・・これも同じ形。
農業機械の種類:農用トラクター(乗用型)
形式名:三菱MT2600D
区分:三菱D2650FD
製造会社:三菱農機株式会社
製造番号:●×□△

小型特殊自動車
運輸省形式認定番号:農1319号
三菱MT26B型

 

話が少し外れてしまったので、軌道修正。「Dトラ」に戻ります。 ちゃんとD2000だったということの証拠。

話が少し外れてしまったので、軌道修正。「Dトラ」に戻ります。
ちゃんとD2000だったということの証拠。

 

それからこの機体のチャームポイントになっているおもり。丸くて、スリットが入っていて、それらが等間隔に並んでいたのが印象的。まるでトラクターの一部、デザインの一部のようです。

それからこの機体のチャームポイントになっているおもり。丸くて、スリットが入っていて、それらが等間隔に並んでいたのが印象的。まるでトラクターの一部、デザインの一部のようです。

 

いいでしょう?この顔。注目ポイントは粉を吹いて白くなってしまっていますが、黒い顔。そして細かい細工の三菱バッジ。 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES,LTD. と、細かい点やカンマまで浮き出し文字なんです。

いいでしょう?この顔。注目ポイントは粉を吹いて白くなってしまっていますが、黒い顔。そして細かい細工の三菱バッジ。
MITSUBISHI
HEAVY INDUSTRIES,LTD.
と、細かい点やカンマまで浮き出し文字なんです。
ヘッドランプはスタンレーでした。

 

この色の切りかえ、もっと大きいのではどうなっていたのでしょう。これを見る限りD2500は顔が白、シートクッションは黒ですね。「青年のような青いトラクター」と「トラクターは機械です。 数字がその実力を正直に語ります。 トラクターは数字で選びましょう。」というところは他と変わっていません。

しかしちょっと不思議です。Dトラと呼ばれているんですね!三菱D1300/D1800/D2000/D2500/サトーST1300「昔のカタログ」の時に紹介したカタログです。これを見ると顔は白なんです。

 

「アッ!」「オッ!」「イー!」青いトラクター

こちらのカタログではD1800の顔は黒です。顔が黒いとシートは白。顔が白いとシートクッションは黒・・・という法則がありそう。

 

それにしてもオリジナルのままキープされていたのですねえ・・・このシート

ちょっと見てください!シートの背もたれから覗いているシートクッション、白じゃないですか! もしかしたら顔が黒、白、選ぶことができたのかもしれませんね!
それにしてもオリジナルのままキープされていたのですねえ・・・このシート

 

あとはメーターのあたりをとたりしながらウロウロ。

あとはメーターのあたりをとたりしながらウロウロ。

 

ハンドルのセンターマークも残っているし、外観の程度はかなり良さそうです。

ハンドルのセンターマークも残っているし、外観の程度はかなり良さそうです。

 

今日はここまで・・・毎日暑い日が続いています。水分と塩分を適切に摂って今日を乗り切りましょう!また明日!

今日はここまで・・・毎日暑い日が続いています。水分と塩分を適切に摂って今日を乗り切りましょう!また明日!

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[12/03]) ハンドルの脇のスイッ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/02]) shiroemodo
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/02]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (shiroemodonより[12/01]) この時代の耕深制御だ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/30]) 輸入車のジャッキって
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/25]) 山葵さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/24]) あっ!これです!この
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) H2さん こんにちは
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[11/23]) 坂本さん こんにちは
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/23]) 象印さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械