1 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 618

ハイスペックマシンを記念モデルにするべからず。FORD7810シルバージュビリー「撮りトラ」

FORDのお話は全国的にファンがいるためか、最終的にお祭り状態になってしまいます。僕がたまたま見たフォードムスタングのお話に、Sさんから昔のカタログを投下された昨日。そして今日は昨日の続きとなっています。

 

Sさんのお話には続きがあって、僕の見たフォードムスタング。そして、コメントで教えてもらったりカタログを送ってもらって知った、ブラボーだけでなく、他にも特別仕様があるということでした。 それがこのシルバジュビリー。

昨日時間がなくて書けなかったSさんのお話には続きがあって、僕の見たフォードムスタング、そして、コメントで教えてもらったりカタログを送ってもらって知った、ブラボーだけでなく、他にも特別仕様があるということでした。
それがこのシルバジュビリー。FORD7810、(tractordata.comによれば7810は、Ford 6.6L 6気筒ディーゼル100馬力)を銀色に塗ったもの。

 

検索してみると、agrilandというサイトに興味深い記事が載っています。 Jubilee(ジュビリー)とは調べてみると、「イベントの特別な記念日、特に治世や活動の25年または50年を祝うイベント」とあり、25周年イベント、50周年イベントのようなものなのでしょう。25年という単位での活動に、数字でない特別の言葉が割り当てられているのが興味深いです。考えてみれば日本だと「一回り違う(12年)」のような干支のようなニュアンスなのでしょうか?

検索してみると、agrilandというサイトに興味深い記事が載っています。
このトラクターはイギリスのフォード、バジルドン工場25周年の記念に作られたもののようですが、外観の美しさだけでなく、人々の想像をかき立て、話題に上るトラクターだったみたいです。
また、Jubilee(ジュビリー)という聞き慣れない言葉を調べてみると、「イベントの特別な記念日、特に治世や活動の25年または50年を祝うイベント」とあります。25周年イベント、50周年イベントのようなものなのでしょうか? 25年という単位での活動に、数字でない特別の言葉が割り当てられているのが興味深いです。考えてみれば日本だと「一回り違う(12年)」のような干支のようなニュアンスなのでしょうか?

 

25周年の喜びを分かち合うため、トラクターを購入した人にピュータモデル(よくはわかりませんが、銅とアンチモン〈以前はスズと鉛〉との灰色の合金。多分ゴルフのトロフィーのてっぺんでクラブを振っている金属の人のようなものでしょう)をプレゼントしていたようです。これは喜びますよね?

まずはそのバジルドン工場25周年の喜びを分かち合うため、トラクターを購入した人にピュータモデル【よくはわかりませんが、銅とアンチモン(以前はスズと鉛)との灰色の合金、pewterで作られたモデル(多分ゴルフのトロフィーのてっぺんでクラブを振っている金属の人のようなものでしょう)】をプレゼントしていたようです。これは嬉しいですよね?

 

そして25周年の喜びを分かち合うためにもう一つ、シルバーに塗られた7810ができたという事のようです。この記事によれば、販売店の担当する地域に1台という、プレミアが付きそうな特別仕様だったにもかかわらず、ベースがハイスペックだったために値段が高く売れなかったようです。(僕が何となく雰囲気で読んでいますので、間違っている可能性ありです)そのため、青く再塗装されて普通に売られたとか、部品を外して安く売られたとか、多くの噂を呼んだみたいです。

そして25周年の喜びを分かち合うためにもう一つ、シルバーに塗られた7810ができたという事のようです。AgriLandの記事によれば、販売店の担当する地域に1台という、プレミアが付きそうな特別仕様だったにもかかわらず、ベースがハイスペックだったために値段が高く、売れなかったようです。(僕が何となく雰囲気で読んでいますので、間違っている可能性ありです)そのため、青く再塗装されて普通に売られたとか、部品を外して安く売られたとか、多くの噂を呼んだみたいです。

 

文中には「伝説」「噂」「謎」という言葉がかなり出てきますが、どうもピンと来ません。昨日のムスタングやブラボーが機能をおさえて低価格で売り出し、そこそこ売れた特別仕様価格品だったのに対し、「ハイスペックな機能に特別塗装の高価な限定版トラクターは売れなかった」というだけの話で、そこにあまり「伝説」「噂」「謎」という言葉は当てはまらないような気がします。 ですから、ここに書かれていない「伝説」「噂」「謎」がきっとあるのでしょうね・・・

文中には「伝説」「噂」「謎」という言葉がかなり出てきますが、どうもピンと来ません。昨日のムスタングやブラボーが機能をおさえて低価格で売り出し、そこそこ売れた特別仕様価格品だったのに対し、「ハイスペックな機能に特別塗装の高価な限定版トラクターは売れなかった」というだけの話で、そこにあまり「伝説」「噂」「謎」という言葉は当てはまらないような気がします。
ですから、この記事には書かれていない「伝説」「噂」「謎」がもっとあるのでしょうね・・・

 

シルバージュビリー、ヤフオクで売られていたそうですから、「日本に流れた」などと言う伝説があったりするかもしれませんね!

シルバージュビリー、ヤフオクで売られていたそうですから、「日本に流れた」などと言う伝説があったりするかもしれません!

 

それからもう一つ、classictractormagazineという興味深いサイトを見つけました。今度はゴールドジュビリーというバジルドン工場50周年記念モデルのお話です。もちろん、前者の25周年シルバージュビリーの事も書いてあります。

それからもう一つ、classictractormagazineという興味深いサイトを見つけました。今度はゴールドジュビリーというバジルドン工場50周年記念モデルのお話です。もちろん、前者の25周年シルバージュビリーの事も書いてあります。

 

イギリスには「クラッシックトラクターマガジン」などという雑誌まであるのですね。さすが歴史のある国です。工場にはニューホランドのロゴ、そしてBasildon 50 Years の文字が見えますね!

イギリスには「クラッシックトラクターマガジン」などという雑誌まであるのですね。さすが歴史のある国です。工場にはニューホランドのロゴ、そしてBasildon 50 Years の文字が見えますね!

 

 

↑バジルドンはロンドンの東40キロくらいのところでしょうか? ウィキペディアによれば

 

バジルドン は、イングランド・エセックスのタウンで、バラ・オブ・バジルドンの主要エリアを占めている。 ロンドン中心部から東へ40km、チェルムスフォードの南に18kmに位置している。第二次世界大戦後の1948年に、ロンドンの人口増加分を収容するための4つのヴィレッジを合併されせる形で、ニュータウンとして建設された。

 

とあります。

 

 

↑工場にはステキな展示場もできているようです

 

New Holland T6.160 Tracteur - Jubilé

↑アマゾンで売られているNew Holland T6.160ゴールドジュビリーのミニカー。なんとお値段は¥ 153,749って、ホントかいな!?

 

(さらに…)

バラバラで来てバラバラで去る。マッセイファーガソントラクターMF135他「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、バラバラにされたMassey Ferguson MF135他、「撮りトラ」です。

 

見慣れたMFが見慣れない姿で横たわっています。これからどこか輸出されるため、バラバラにされているのでしょう・・・日本で役目を失った悲しい姿ではありますが、次のステージが待っているという見慣れたMFが見慣れない姿で横たわっています。これからどこか輸出されるため、バラバラにされているのでしょう・・・日本で役目を失った悲しい姿ではありますが、次のステージが待っているという希望もあります。希望もあります。

見慣れたMFが見慣れない姿で横たわっています。これからどこか輸出されるため、バラバラにされているのでしょう・・・日本で役目を失った悲しい姿ではありますが、次のステージが待っているという希望もあります。

 

左の一台はMF135のようです。Fローダーで作業をしていたのでしょうか、ボンネットの上に何か取付けていたブラケットが見えます。シートはブルーでフォードのものに換えられていたのかもしれません。

左の一台はMF135のようです。Fローダーで作業をしていたのでしょうか、ボンネットの上に何か取付けていたブラケットが見えます。シートはブルーでフォードのものに換えられていたのかもしれません。

 

こうやって見るとお腹が地面に付いてしまって、トラクターじゃないみたい。

こうやって見るとお腹が地面に付いてしまって、トラクターじゃないみたい。

 

お隣、右のMFはフロントのバッジが失われています。顔の裏にはラジエターが控えていたのですね。アミアミが外れている姿を初めて見ました。

お隣、右のMFはフロントのバッジが失われています。顔の裏にはラジエターが控えていたのですね。アミアミが外れている姿を初めて見ました。

 

2台とも外したボルトナット類はシートの上に置かれ、タイヤは後ろに重ねてきちんと積み上げられています。これからコンテナに積み込まれ、どこかへ運ばれるのでしょう。

2台とも外したボルトナット類はシートの上に置かれ、タイヤは後ろに重ねてきちんと積み上げられています。これからコンテナに積み込まれ、どこかへ運ばれるのでしょう。

 

これ、以前見たことがあります!

 

ちょっと長くなりますが、説明します。(英語は不案内のため雰囲気で理解しています。したがって、トンチンカンな部分があるかもしれません。)オーストラリア、ビクトリア州の博物館の運営団体である、Museums Victoriaが写真のアーカイブを作っています。1900年代初頭に作られた、オーストラリアの地場農機具メーカー、Sunshine Harvester Worksが最終的にMassey Fergusonの傘下になってしまったためか、白黒のMassey Fergusonの写真を多数見ることができます。ただ、なぜかリンク切れが多いですが・・・

ちょっと長くなりますが、説明します。(英語は不案内のため雰囲気で理解しています。したがって、トンチンカンな部分があるかもしれません。)オーストラリア、ビクトリア州の博物館の運営団体である、Museums Victoriaが写真のアーカイブを作っています。オーストラリアに関する事なら何でも集めている感じで、この写真たちも1900年代初頭に作られた、元々あったオーストラリアの地場農機具メーカー、Sunshine Harvester Worksが最終的にMassey Fergusonの傘下になり、そこで作っていたのだか組み立てていたのだか、白黒のMassey Fergusonの写真を多数見ることができます。ただ、なぜかリンク切れが多いですが・・・

 

オーストラリアはビクトリア州博物館というのでしょうか? こんな写真がありました。mf165の新品梱包写真! こんな風にやってきたんだ!

そこにこんな写真がありました。mf165の新品梱包写真! こんな風にやってきたんだ!

 

同じく梱包写真 大きな顔が入っています。なんだか仏像を運んでいるようにも見えます。

同じく梱包写真 大きな顔が入っています。なんだか仏像を運んでいるようにも見えます。こちらは傷などに留意して木枠なども使われていますが・・・

 

中古品の行き先は?

以前、禅(ZEN)と能(NOH)というタイトルで全農の中古トラクターの行く先の記事を書いた事がありました。その時orangetractortalks.comというクボタトラクターに特化したサイトから引用した写真です。新車のトラクターは上の白黒のようにコンテナに積まれてやってきて組み立てられ、働く場所がなくなると、今度はこのように解体され、パズルのようにまたコンテナに積まれて次の場所へ行く・・・というお話でした。

 

今のトラクターは大きいので、このようにコンテナに入ってこないかもしれませんが、昔は毎日のようにコンテナに入ったトラクターが組み立てられ、また、その新しいトラクターに押し出され、行き場を失った古いトラクターが解体され、コンテナに積み込まれていたのでしょうね。

 

コンテナは柔らかいもの固いもの、様々なものを運ぶ事ができます。コンテナ一個でいくら・・・と値段が決まっていますから、荷物の入れ方はある種芸術!見ていると時間を忘れてしまいます。

 

冷蔵庫いっぱい

冷蔵庫いっぱい

 

なんとラジカセいっぱい・・・回収業の人はこういう風にしているんですね

なんとラジカセいっぱい・・・回収業の人はこういう風にしているんですね

 

反射式石油ストーブいっぱい!

反射式石油ストーブいっぱい!

 

クルマ!とその部品

クルマ!とその部品。なぜかウレタンむき出しのシート。

 

そのクルマ丸ごと!かっちょいいなあ・・・

そのクルマ丸ごと!かっちょいいなあ・・・

軽トラでしょうか?このように斜めに重ねて多数入れようとしているのでしょう

軽トラでしょうか?このように斜めに重ねて多数入れようとしているのでしょう

 

自転車いっぱい!

自転車いっぱい!

 

車台いっぱい!

車台いっぱい!

 

縦に起こして鉄クズ?を詰め込んでます。なんでもアリですね。

縦に起こして鉄クズ?を詰め込んでます。なんでもアリですね。

 

 

今日はこんなところです。また明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械