1 2 3 4 5 6 7 8 9 549

デヴィッド・ブラウン最初で最後のロゴマーク(?)は今も戦闘車両の中で生きていた!David Brown 885「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内の中古車屋さんで見た、ピンクロゴのDavid Brown 885「撮りトラ」です。(写真少なめ)

 

デヴィッド・ブラウン885です。セレクタマチックでもインプルマチックでもなく、しかもCASEではないピンクロゴのDBを実際に見たのは初めてのような気がします。tractordata.comによれば、David Brown 885は1971年〜1980年、デヴィッド・ブラウン2.7L3気筒ディーゼルで47馬力/2200rpmとなっています。イングランド、メルサムミルズの工場でこの885が作られている時に、デヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されたとあります。 この885にはピンクのDBロゴバージョンと、CASEロゴの885のバージョンの2種類あるのですが、このピンクのロゴは、「1971年に生まれ、1972年にヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されるまでのわずか1年しか使われていなかった。」と僕は考えています。

デヴィッド・ブラウン885です。セレクタマチックでもインプルマチックでもなく、しかもCASEではないピンクロゴのDBを実際に見たのは初めてのような気がします。tractordata.comによれば、David Brown 885は1971年〜1980年、デヴィッド・ブラウン2.7L3気筒ディーゼルで47馬力/2200rpmとなっています。イングランド、メルサムミルズの工場でこの885が作られている時に、デヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されたとあります。

この885にはピンクのDBロゴバージョンと、CASEロゴの885のバージョンの2種類あるのですが、このピンクのロゴは、「1971年に生まれ、1972年にヴィッド・ブラウンがCASE(当時テネコ)に買収されるまでのわずか1年しか使われていなかった。」と僕は考えています。

 

正確なピンクのロゴの登場時期はよくわかりませんが、様々な機種の写真と製造年を突き合わせると、1971年〜と考えて良いと思います。

デヴィッド・ブラウンは、世界的な景気後退によるトラクターの売れ行き鈍化に多分苦しんでいて、心機一転と、今までの白地にただの黒文字から、ピンクのロゴマークとピンク文字にしたのではないでしょうか?

しかし、それもわずか1年でかなわず、1972年にCASEに買収されてしまった・・・というストーリー(僕の考える)です。

 

工具箱も今まで見た黒でもない、オレンジでもない、小豆色です。

工具箱も今まで見た黒でもない、オレンジでもない、小豆色です。

 

この機体はデヴィッド・ブラウン990ですが、ピンクロゴです。そして1971年型。(写真はWikipediaより)

この機体はデヴィッド・ブラウン990ですが、ピンクロゴです。そして1971年型。(写真はWikipediaより)この990、1972年にはCASEロゴに変わっているんです。最後に年表をつけるのでそれで確認してみてください。

 

今日たまたまそのピンクのロゴを見つけた!

 

DBのピンクのロゴが久々に気になって調べていると、あるWEBサイトが引っ掛りました。まるっきり同じで「パクってるの?」と調べてみると、正真正銘David Brownと関係ありそうです。トラクター部門や自動車部門は買われてしまいましたが、残った事業を再び軌道に乗せたのでしょう。 ウソかまことか300年にわたって世界をリードする、有数の機械動力伝達ブランドと書いてあるような気がします。そういえばWikipediaには、David Brownは1873年創業で、1800年代後半にギア伝達機構に特化し始めた・・・と書いてありました。

DBのピンクのロゴが久々に気になって調べていると、あるWEBサイトが引っ掛りました。まるっきり同じで「パクってるの?」と調べてみると、正真正銘David Brownと関係ありそうです。トラクター部門や自動車部門は買われてしまいましたが、残った事業を再び軌道に乗せたのでしょう。
ウソかまことか300年にわたって世界をリードする、有数の機械動力伝達ブランドと書いてあるような気がします。そういえばWikipediaには、David Brownは1873年創業で、1800年代後半にギア伝達機構に特化し始めた・・・と書いてありました。

 

こんなロゴになっています。

こんなロゴになっています。

 

ギア伝達機構の(今のところ何をさしているのかはわかりません。ミッションかもしれませんし、その他の機構のことかもしれません)スペシャリストというのは間違いなくて、イギリスが開発した主力戦車チャレンジャー2やブラッドレー歩兵戦闘車のトランスミッションを担当したそうです。

ギア伝達機構のスペシャリストというのは間違いなくて、イギリスが開発した主力戦車チャレンジャー2ブラッドレー歩兵戦闘車のトランスミッションを担当したそうです。

 

 

今も息づく当時の気持?

 

困難に直面し、それを打開しよう、空気を変えよう、と生まれたピンクのDBロゴ。それもかなわずその1年後には会社は切り売りされたのですが、その時の気持が今に残っている感じがしてとても興味深いです。(多分に僕の想像が混入したストーリーですけど)

 

最後に僕のまとめたDavid Brown写真年表を貼っておきますね。これを見ると1971年に生まれたピンクロゴが1972年に消滅していることがわかると思います。それではまた明日!

(さらに…)

おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、クラース・トラクター ARION 650「撮りトラ」です。

 

CLAAS ARION 650はデータシートによると、DPS 6気筒 ターボ・インタークーラー・ディーゼル6788cc 定格129馬力 最大135馬力とあります。このDPS、以前Arion 540/620/640を見た時に、DEUTZ Power Systemsの略なのか、John Deere Power Systems' (JDPS)なのか、わからなくて、一旦DEUTZエンジンなのではないか・・・という結論になったのです。ただ、今日調べてみたらDEUTZのエンジンには6気筒6.8Lのラインナップはなく、6気筒6.1Lになってしまうのです。エンジンを見れば一目瞭然なのでしょうが、今日のところは一番スペックに近いJDPSの PowerTech PVX ということにしておきましょう。

CLAAS ARION 650はデータシートによると、DPS 6気筒 ターボ・インタークーラー・ディーゼル6788cc 定格175馬力 最大184馬力とあります。このDPS、以前Arion 540/620/640を見た時に、DEUTZ Power Systemsの略なのか、John Deere Power Systems’ (JDPS)なのか、わからなくて、一旦DEUTZエンジンなのではないか・・・という結論になったのです。ただ、今日調べてみたらDEUTZのエンジンには6気筒6.8Lのラインナップはなく、6気筒6.1Lになってしまうのです。エンジンを見れば一目瞭然なのでしょうが、今日のところは一番スペックに近いJDPSの PowerTech PVX ということにしておきましょう。

取付けられている作業機は、McHale pro GLIDE ディスクモアコンディショナー F3100フロントモア、R3100リアモアだそうです。

 

これがそのジョンディア6.8L PowerTech™ PVX 185馬力から250馬力までをカバー(馬力帯が合わないなあ・・・)

これがそのジョンディア6.8L PowerTech™ PVX
185馬力から250馬力までをカバー

 

Claas Arion 640 2007 - 2011 これもロークロップトラクターなんだ・・・

以前見たClaas Arion 640です。尿素タンクが見当たらないので、最新のエミッションに対応するのにきっと650が作られたのだと思います。

 

Claas Arion 640 タイヤはこの子だけミシュランマルチビブ

Claas Arion 640のエミッションはTier3で650のそれはTier4でした。

 

ユニークな顔。ヘッドランプはHELLAです。

ユニークな顔。ヘッドランプはHELLAです。

 

フロントリンケージはCLAASの銘があるので、CLAAS製なのでしょう。隅々まで滑らかなRで繋がれていて、この機体にピッタリのデザインです。

フロントリンケージはCLAASの銘があるので、CLAAS製なのでしょう。隅々まで滑らかなRで繋がれていて、この機体にピッタリのデザインです。

 

 

LODIと書いてあるのが見えますか?

LODIと書いてあるのが見えますか?

LODIフェンダーの動き動画

 

 

ついでに・・・クボタM7001シリーズ。車高調整が動くようすとフロントフェンダーが動くようす

 

 

LODIフェンダー、本当に色々なところで見かけます。他のメーカーのものを見たことは数例(当社比)しかありません。

 

そうそう、モアに付いていた説明書です。中に説明書が入っていることがイラストだけで示されていてすごく好きです。中から取り出して・・・→フムフムと読んで・・・→またしまっておく・・・そんな流れでしょうか。今気がついたのですが、「フムフム」という文字、「これで一々理解して読んでいる」という絵が大体の日本人に浮かぶ・・・というの、面白いですよねぇ・・・外国人には全く理解できないのではないでしょうか?

そうそう、モアに付いていた説明書です。中に説明書が入っていることがイラストだけで示されていてすごく好きです。中から取り出して・・・→フムフムと読んで・・・→またしまっておく・・・そんな流れでしょうか。

今気がついたのですが、「フムフム」という文字、これで「一々理解して読んでいる」という絵が大体の日本人に浮かぶ・・・というの、面白いですよねぇ・・・外国人には全く理解できないのではないでしょうか?

 

キャップにも絵が書いてあります。指でなぞって「フムフム」してますね!

キャップにも絵が書いてあります。指でなぞって「フムフム」してますね!

 

タイヤはミシュラン。以前見たときはコンチネンタルがほとんどでした。

タイヤはミシュラン。以前見たときはコンチネンタルがほとんどでした。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 『80年代のクルマっぽい』と思ったら、本当にそうだった。イセキ・ランドホープTU200F「撮りトラ+昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/19]) 大地の恵みさん こん
  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (noraより[12/19]) 一柳進さん こんにち
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/19]) くるまんさん こんに
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) 象印さん こんにちは
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (noraより[12/19]) トラクター狂さん こ
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) 山葵さん こんにちは
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) H2さん こんにちは
  • 『80年代のクルマっぽい』と思ったら、本当にそうだった。イセキ・ランドホープTU200F「撮りトラ+昔のカタログ」へのコメント (大地の恵みより[12/18]) いつも楽しく拝見して
  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (一柳進より[12/15]) コマツWD50トラク
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械