1 2 3 4 5 6 7 8 575

よく見るとかっこい!クボタ・ブルトラB₁-15、別名B1502DT「撮りトラ」

今日は昨日コマツ均土機G40を扱うには時間がなさ過ぎるので、某所で見たクボタトラクター、ブルトラB₁-15、別名B1502DT「撮りトラ」です。

今までこの機体、取りあげたことがなかったみたいで、しげしげと見るのは始めてかもしれません。

 

クボタ・ブルトラB₁-15 ブルトラという名前を聞いたあとで写真を眺めると、角目なのですが、確かに大きな口と顎の形に面影が認められるかもしれません。排気管が前方に出ているのも印象的。こういうレイアウトだと 熱的に難しそうなので、もしかしたらサターン X-20のように冷却ファンが前方吹き出しになっているかもしれませんね。tractordata.comによればKubota B1-15は1985年〜1988年。3気筒0.9L16馬力/2600rpmとなっています。

クボタ・ブルトラB₁-15 ブルトラという名前を聞いたあとで写真を眺めると、角目なのですが、確かに大きな口と顎の形に面影が認められるかもしれません。初代ブルトラに比べるとグッと精悍で未来的になっています。

排気管が前方に出ているのも印象的。こういうレイアウトだと
熱的に難しそうなので、もしかしたらサターン
X-20のように冷却ファンが前方吹き出しになっているかもしれませんね。tractordata.comによればKubota B1-15は1985年〜1988年。3気筒0.9L16馬力/2600rpmとなっています。

 

面構えもユニーク。でも、よく見ると後のLシリーズの面影もありますね。基本構造が一緒です。

ブルトラB5000です。顎のカタチ似てません?

 

クボタ・ブルトラB₁-15 エンジンはクボタの取説によると、クボタD850(-2B)水冷3気筒立形ディーゼル855cc、15.5馬力/2600rpmとなっています。

クボタ・ブルトラB₁-15 エンジンはクボタの取説によると、クボタD850(-2B)水冷3気筒立形ディーゼル855cc、15.5馬力/2600rpmとなっています。

 

クボタ・ブルトラB₁-15 モンローマチックは最終的にモンローウォークから来ている・・・との結論に達しました。故に後ろ側に書いてあります。まあ、作業機の制御のための機構ですから、ここに書くのはあたりまえですか・・・

クボタ・ブルトラB₁-15 モンローマチックは、初めモンローショックから来ていると思っていたのですが、その可能性は改造した人が名乗り出て消え、最終的にモンローウォークから来ている・・・との結論に達しました。故に後ろ側に書いてあります。まあ、作業機の制御のための機構ですから、ここに書くのはあたりまえですか・・・

 

クボタ・ブルトラB₁-15 年代特定に重要部分なのに、いつも撮るのを忘れてしまう運輸省型式認定番号。今回は押えてます。

クボタ・ブルトラB₁-15 年代特定に重要部分なのに、いつも撮る(見ても面白いものではないですものね)のを忘れてしまう運輸省型式認定番号。今回は押えてます。

 

クボタ・ブルトラB₁-15 早速拡大してみます。 小型特殊自動車 運輸省型式認定番号 農1509号 クボタB1502DT型 型式はB₁-15ではなくて、昔ながらのB1502DTなんですね。「花子」が歌手デビューして「HANA☆CO」見たいに表記する感じでしょうか・・・

クボタ・ブルトラB₁-15 早速拡大してみます。

小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農1509号
クボタB1502DT型

tractordata.comでは1985年〜となっていましたが、運輸省的には昭和58年、1983年の認定になっているようです。
型式はB₁-15ではなくて、昔ながらのB1502DTなんですね。「花子」が歌手デビューして「HANA☆CO」のように表記する感じでしょうか・・・

 

クボタ・ブルトラB₁-15 そしてもう一つの年代測定要素、安全鑑定では、1985年鑑定番号1001004番、型式名 クボタB1-15Dとなっています。

クボタ・ブルトラB₁-15 そしてもう一つの年代測定要素、安全鑑定では、1985年、鑑定番号1001004番、型式名 クボタB1-15Dとなっています。

 

以上から、クボタ・ブルトラB₁-15は1983年、もしくは1985年生まれということになります。となると、以前見たイセキ・ランドホープTU200Fのように、スラントボンネット、さらにスラントしたフロントマスク、そして角目・・・という、『80年でイノクルマの法則』が当てはまるわけですね!

以上から、クボタ・ブルトラB₁-15は1983年、もしくは1985年生まれということになります。となると、以前見たイセキ・ランドホープTU200Fのように、スラントボンネット、さらにスラントしたフロントマスク、そして角目・・・という、『80年代のクルマの法則』が当てはまるわけですね!

 

こんな顔ですからね・・・緩やかな斜面の奥に角目が覗いています。スラントしたエンジンフードに、スラントしたマスク。そして角目。調べてみると80年代のクルマに多いデザインです。

以前見たイセキ・ランドホープTU200Fこんな顔ですからね・・・緩やかな斜面の奥に角目が覗いています。スラントしたエンジンフードに、スラントしたマスク。そして角目。

 

似たような80年代のクルマたち

 

スバル・レオーネ クーペ RX/II クーペ:1985年 - 1989年 写真はWikipediaより。

スバル・レオーネ
クーペ RX/II
クーペ:1985年 – 1989年
写真はWikipediaより。

 

三菱・・ランサーEX(2代目) 1400GL 販売期間1979年3月 - 1987年10月 写真はWikipediaより。

三菱・・ランサーEX(2代目)
1400GL
販売期間 1979年3月 – 1987年10月
写真はWikipediaより。

 

こちらもランサー みんなスラントしたエンジンフードに、スラントしたマスク。そして角目。

こちらもランサー
みんなスラントしたエンジンフードに、スラントしたマスク。そして角目。

 

ニッサンのローレルも・・・ ハードトップ(後期型) 販売期間 1982年9月 - 1984年10月 写真はWikipediaより。

ニッサンのローレルも・・・
ハードトップ(後期型)
販売期間 1982年9月 – 1984年10月
写真はWikipediaより。

 

ホンダ・プレリュード(2代目) 販売期間1982年 – 1987年 写真はWikipediaより。

これはリトラクタブルライトですが、80年代のクルマの流行をちゃんと押えています。
ホンダ・プレリュード(2代目)
販売期間 1982年 – 1987年
写真はWikipediaより。

 

僕はTU200Fよりは、このブルトラB₁-15のほうが好きですかねぇ・・・今日はここまでです。また明日!

 

 

コマツ均土機G40イントロダクションとフーコーの振り子「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」

今日は時間がないので、短かめに・・・Dさんに「常磐線1本だろ?」と強く背中を押され、国立科学博物館で開催されている、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展に行ってきました。

その展示の中で注目していたものと、ちょっと気になったことです。

 

写真はWikipediaより。 国立科学博物館は子供の頃行ったきり。超々久しぶりです。

写真はWikipediaより。
国立科学博物館は子供の頃行ったきり。超々久しぶりです。国立だけあって圧倒的な物量・・・智の迷宮です。特別展の入場料は¥1600でしたが、その料金で常設展も見られるので、時間のある方にはかなりおトクです!

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

こんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

だそうです。

開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで)
休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

 

第一の目的は、このコマツ均土機G40、僕の中で『けーこ』と名前を付けたブルドーザーに会うことでした。この話は時間がないので後ほど・・・

第一の目的は、このコマツ均土機G40、僕の中で『けーこ』と名前を付けたブルドーザーに会うことでした。この話は時間がないので後ほど・・・

 

特別展仕様のミュージアムショップもできています。

特別展仕様のミュージアムショップもできています。

 

なんと、「日本を変えた千の技術博に行ってきました」プリントクッキーなるものが売られています。脱力観光ツアー向けですかねぇ・・・

なんと、「日本を変えた千の技術博に行ってきました」プリントクッキーなるものが売られています。脱力観光ツアー向けですかねぇ・・・こういうもの、ギャグとしても、どこのお土産かはっきりさせるためにも、一定数のニーズがあるのでしょうね。

 

でも、今回はこの話

 

写真はWikipediaより。 国立科学博物館は子供の頃行ったきり。超々久しぶりです。

写真はWikipediaより。
国立科学博物館の中で、多分最も古いもの。それが現在日本館と言われているものです。

 

このたてものは天井が吹き抜けで凄く高く・・・

この建物は天井が吹き抜けで凄く高く・・・

 

それで、日本館の高い吹き抜けの階段室を利用して、フーコの振り子の展示があります。これは子供の頃見た記憶があります。

それで、日本館の高い吹き抜けの階段室を利用して、フーコの振り子の展示があります。これは子供の頃見た記憶があります。ただ、ちょっと僕の記憶とイメージが違うような気がするんです。

 

どう違うかというと

 

 

↑こんなランプがつくような電気的なものじゃなく、振り子の玉がドミノのコマを倒していくような、アナログ的なものだったと思うんです。

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) それとやはり、安くて
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) I・ANDOさん 真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[02/17]) noraさんhoka
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/07]) noraさんando
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (H2より[02/04]) もう一点ですけど、こ
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (みみずくより[02/02]) ルンバ式モアーの紹介
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械