1 2 3 4 5 6 7 8 523

こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ「撮りトラ」です。

 

西洋風解釈の歌舞伎顔と言えないこともないヴァルトラN134D AGCO POWER 49 AWF 4気筒4.9Lディーゼル 定格135馬力最大145馬力 のトラクターです。

西洋風解釈の歌舞伎顔と言えないこともないヴァルトラN134D
AGCO POWER 49 AWF
4気筒4.9Lディーゼル
定格135馬力最大145馬力
のトラクターです。

 

タイトルを「こんなに大きくなって・・・」としたのは、この姿からはちょっと想像できませんが荒波にもみくちゃにされてきたこのメーカーの歴史を以前調べたことがあったからです。

タイトルを「こんなに大きくなって・・・」としたのは、この姿からはちょっと想像できませんが荒波にもみくちゃにされてきたこのメーカーの歴史を以前調べたことがあったからです。

 

詳しくはヴァルトラの歴史?を初めからリンクを辿って読んでもらうとして、Munktell→Bolinder-Munktell (BM)→VaLtion mettallitehtaat→Volvo BM→Volvo BM AB→Volvo BM Valmet→Valmet→Valtraと、今のブランドになるまでこんなに製造者も移り変わっています。

 

絵を描くのに時間を喰ってしまった・・・海面は嵐で大変なことになっていても、海の底のほうは比較的影響が少ない。

ブランドを船に例えれば、暴風雨の中で時代の波に翻弄されたと言えますが、水面下では脈々とDNAが受け継がれてきた感じでした。

 

名前は変わってもトラクターは残って行くよ!

↑こんな動画まで作ったんだった

 

これが1913年の焼き玉2サイクルディーゼル機関のトラクター。2気筒焼き玉14.4リッター 40馬力

これが西洋風歌舞伎顔N134Dの先祖、1913年の焼き玉2サイクルディーゼル機関のMunktellトラクター。2気筒焼き玉14.4リッター 40馬力

 

1944年あたりから作られていたものみたいです。こうやってみて見るとBolinderという会社と合併?してBolinder-Munktell (BM)と会社名は変わったけれど、トラクターのブランド名はMunktellにしていたんですね。1944年あたりから作られていたものみたいです。こうやってみて見るとBolinderという会社と合併?してBolinder-Munktell (BM)と会社名は変わったけれど、トラクターのブランド名はMunktellにしていたんですね。MunktellさんのDNAが引き継がれています。2気筒 5.6リッター 32馬力エンジン搭載

1944年あたり。こうやってみて見るとBolinderという会社と合併?してBolinder-Munktell (BM)と会社名は変わったけれど、トラクターのブランド名はMunktellにしていたんですね。トラクターのブランド名はMunktellにしていて、誕生時のDNAが引き継がれています。2気筒 5.6リッター 32馬力エンジン搭載

 

1957年から1962年まで作られていたBolinder-Munktell 425 テリア どうもBMは犬の名前が好きなようです。パッと見にボルボってあまりわからない感じです。

1957年から1962年まで作られていたBolinder-Munktell 425 テリア どうもBMは犬の名前が好きなようです。

 

こちらはBM T350ボクサー 犬の名前です。サイドにはBolinder-Munktellのロゴ。ヘッドにはBMマークです。3気筒 3.78リッター 56馬力エンジン搭載

こちらはBM T350ボクサー 犬の名前です。サイドにはBolinder-Munktellのロゴ。ヘッドにはBMマークです。3気筒 3.78リッター 56馬力エンジン搭載

 

1976年 Volvo BM T 650 4気筒 4.4リッター 73馬力エンジン搭載

1976年 Volvo BM T 650 4気筒 4.4リッター 73馬力エンジン搭載

 

模型ですけど ボルボBMヴァルメットのロゴが貼ってあります 1982 - 1991まで作られたValmet 705です。4気筒4.4リッターディーゼル 85馬力

模型ですけど ボルボBMヴァルメットのロゴが貼ってあります 1982 – 1991まで作られたValmet 705です。4気筒4.4リッターディーゼル 85馬力

 

ヴァルトラ A93 HiTech 75/101馬力 林業でも使われている感じなんですね!

ヴァルトラ A93 HiTech 75/101馬力 A95が2002年〜2004年ですからそれぐらいの年代でしょう。現在の印象とあまり変わりませんね。

 

こんな写真もありました。遊んでいるのか仕事をしているのかわかりません。ラジエターに風を送るためでしょうか? 大きな送風ファンらしきものが付いています。これで走れるのかなあ・・・水中を走る時のスクリューだったりして・・・

こんな写真もありました。遊んでいるのか仕事をしているのかわかりません。ラジエターに風を送るためでしょうか? 大きな送風ファンらしきものが付いています。一体になにをしているのでしょう・・・

 

OPさんの送ってくれたヴァルトラNシリーズ黒でした・・・メーカー色どれか一色というわけではなく、いろいろカラバリがあるみたいです。あはっ! これは楽しい!

ヴァルトラはどうも色にはこだわっていないみたいで、こんなにカラーバリエーションがあります。

 

それは今も一緒のようで、僕が見た展示会でも色が数種類ありました。これは白ベースに鮮やかなブルーのキャラクターラインのVALTRA

それは今も一緒のようで、僕が見た展示会でも色が数種類ありました。これは白ベースに鮮やかなブルーのキャラクターラインのVALTRA

 

月代のようなアミアミのオデコ。目の直下の口。目は切れ長に変わっていますが、当時のスタイルは今に引き継がれています。こういうのも含めてDNAは受け継がれていくのでしょう。ヴァルトラヨハン・ジエフロン・ムンクテル(Johan Theofron Munktell:人名なんで、どう読むのかよくわかりませんが)の作ったトラクターの流れをくむのは、このヴァルトラだけです。

サムライの月代のようなアミアミのオデコ。目の直下の口。目は切れ長に変わっていますが、当時のスタイルは今に引き継がれています。こういうのも含めてDNAは受け継がれていくのでしょう。ヴァルトラヨハン・ジエフロン・ムンクテル(Johan Theofron Munktell:人名なんで、どう読むのかよくわかりませんが)の作ったトラクターの流れをくむのは、このヴァルトラだけです。

 

・・・・今日は出かけなくちゃいけないので、こんなところで。まだ続きます。それでは皆さんごきげんよう。また明日!

 

『大地500』に続き、三菱GF130Aのご当地トラクター 『大地13A』「撮りトラ」

今日は最近のマイブーム、JAのようなグループが取りまとめ、ニックネームを付けて売る、ご当地トラクターシリーズ最終回(多分)hokkaidoujinさんに連れて行ってもらった農協で見た、三菱のご当地トラクター『大地13A』「撮りトラ」です。

 

Appleが人と認めたトラクター(あまり本気にしないでくださいね!)でもあるGF130Aと思われる方もいるかもしれませんが、違います。エンジンフードには『大地13A』と書かれていますから。

Appleが人と認めたトラクター(あまり本気にしないでくださいね!)でもあるGF130Aと思われる方もいるかもしれませんが、違います。エンジンフードには『大地13A』と書かれていますから。

 

僕は写真のすべてをiPhoto(古いMAC OSXバンドルの写真整理ソフト。「新しいの使えよ!」というのはナシです。)で管理しています。このiPhotoは顔認識をすることができて、名前を割り当てれば写真の中からその人を見つけてくれるのです。で、そのiPhotoがこのように四角で囲って「この人はだれですか?名前を入れてください」と要求しているのです。ここで名前を入れれば、この人が写っている他の写真を探してまとめてくれるんです。

僕は写真のすべてをiPhoto(古いMAC OSXバンドルの写真整理ソフト。「新しいの使えよ!」というのはナシです。)で管理しています。このiPhotoは顔認識をすることができて、名前を割り当てれば写真の中からその人を見つけてくれるのです。で、そのiPhotoがこのように四角で囲って「この人はだれですか?名前を入れてください」と以前のGF130Aと同じように今回も要求しています。ここで名前を入れれば、この人が写っている他の写真を探してまとめてくれるんです。

 

POPには 三菱ハイクリトラクタGF130、参考出品 キュウホー S3カルチ3条 型式 QS3B-3HP(3Pヒッチ付き) 価格 ¥361,800 ということでした。

こちらが以前見た三菱ハイクリトラクタGF130A、参考出品とだけあります。しかし、車体にはGF130Aとの表記。確かに細い車輪を持ち、車高が高くなっています。

 

こちらは『大地13A』のほう。 GF130Aについていた、キラキラのラインは省略されてしまっているのですね。

こちらは『大地13A』のほう。
GF130Aについていた、キラキラのラインは省略されてしまっているのですね。そのせいか、何となくしまらない印象です。

 

と、いうわけでこれが『大地500』でございます。キャビンもナシのシンプルで何の変哲もないデザイン。お値段を知りたかったのですが、関東の展示会と違ってプライスタグが付いていません。「買いもしないのに値段を聞くのは悪いな」と考える者にとっては少々敷居が高くなっております。

そしてこちらが『大地13A』に対してのお兄さん『大地500』です。弟のほうが13Aなのになぜ『大地50』ではなく『大地500』???

 

商品写真はスタジオではなく、野外で撮影した写真を切り抜いたのでは?と想像されるもので、これはこれでローカル感がとてもいい感じ。

上の写真ではわかりにくいですよね。これならどうでしょう。貰ってきた『大地500』のカタログです。

 

ロゴマークはなかなか渋い。書はホクレンの会長さんだったりして・・・(会長!一つお願いしますよ!・・・なんて感じで)

ついでにオリジナルのロゴマーク。こちらはキラキララインは廃止していません。

 

ここで並べたほうが見やすいということで、今回のテーマ『大地13A』に戻ります。『大地500』がシルバーの文字だったのに対し、『大地13A』のほうはなぜかゴールドの文字。

ここで並べたほうが見やすいということで、今回のテーマ『大地13A』に戻ります。『大地500』が黒フチ、シルバーの文字だったのに対し、『大地13A』のほうはなぜか白フチ、ゴールドの文字。ロゴタイプは一緒です。

 

ここで並べたほうが見やすいということで、今回のテーマ『大地13A』に戻ります。『大地500』がシルバーの文字だったのに対し、『大地13A』のほうはなぜかゴールドの文字。

『大地13A』は
三菱L3E水冷3気筒ディーゼル952cc
13馬力/2500rpm
となっています。

 

銘板には 型式名 三菱 GF130 区分 GF130A とあります。

銘板には
型式名 三菱 GF130
区分 GF130A
とあります。

 

昨日も引き合いに出した 系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ - ホクレン によると ◆低振動・低騒音のエンジン搭載  952CC L3Eエンジンを搭載しております。  ◆パワーステアリング常装でラクラク作業  ◆前進9段階・後進3段階の多段変速  きめ細かく、様々な作業に対応します。 ということでした。

昨日も引き合いに出した
系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ – ホクレン
によると
◆低振動・低騒音のエンジン搭載
952CC L3Eエンジンを搭載しております。
◆パワーステアリング常装でラクラク作業
◆前進9段階・後進3段階の多段変速
きめ細かく、様々な作業に対応します。
ということでした。

 

全くの偶然ですが、第34回国際農業機械展in帯広で貰ってきたチラシの中にその説明が紛れ込んでいました。「とりまとめ」とカタログに書いてあったものは、これでいう1.にあたるのでしょうか・・・元々機械の大きさも農業の規模も大きな北海道ですが、1819台まとまると1億一千七百万円引き・・・というのボリュームディスカウントがものすごいです。

『大地13A』もレクシアNew Shining Hope HOPE97 と同じく、この図でいう1の「農業機械早期予約取りまとめ」ではないかと僕は考えています。(何も裏を取っていませんが)

 

系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ - ホクレン には専用カタログもありました。除雪作業には云々・・・というところが北海道という感じです。

系統推奨銘柄・型式農業機械 | 中古農機情報サイト アルーダ – ホクレン
には専用カタログもありました。除雪作業には云々・・・というところが北海道という感じです。

 

裏は主要諸元

裏は主要諸元

 

こちらは三菱のサイトにあったGF130Aの主要諸元。根がずぼらなのでどこがどう違うのか精密に検証するのは苦手です。

こちらは三菱のサイトにあったGF130Aの主要諸元。根がずぼらなのでどこがどう違うのか精密に検証するのは苦手です。

 

●のところだけ並べてみました。上が『大地13A』下がGF130Aです。雰囲気ですがある程度機能が省かれている感じです。

●のところだけ並べてみました。上が『大地13A』下がGF130Aです。雰囲気しか感じることはできませんが、ある程度機能が省かれている感じです。

 

撮った残りの写真を・・・ 相変わらず燃料タンクキャップ撮ってます。

撮った残りの写真を・・・
相変わらず燃料タンクキャップ撮ってます。何だか汚れてる。

 

ギアオイル15L

ギアオイル15L

 

 

 

 

書き疲れたので今日はここまでです。また明日!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 古いけど生き生きしてる。FIAT640とその計器「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/02]) furuさん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/02]) hokaidouji
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械