1 2 3 4 5 6 7 537

ストリームラインと共に消え去ったエスプリ。SFVトラクター Vierzon super 203「撮りトラ」

今日は雑誌からのヒントで・・・世が世なら僕が一番好きになったであろうトラクター、フランスのど真ん中あたりにあるビエルゾンという町のSFVまたはSociété Française de Materiel Agricole et Industrielという会社のトラクター、Vierzon super 203「撮りトラ」です。

 

以前ISDE(International Six Days Enduro)がえりのお友達からお土産に貰った古いトラクターの雑誌です。外国にはこういう雑誌があるっていう事がすごいです。(僕はあまり外に出歩かないから気がつかないだけで、もしかしたら日本にもあるかもしれませんが)

以前ISDE(1913年に始まった古いオフロードバイク競技、International Six Days Enduro)帰りのお友達からお土産に貰った古いトラクターの雑誌です。外国にはこういう雑誌があるっていう事がすごいです。(僕はあまり外に出歩かないから気がつかないだけで、もしかしたら日本にもあるかもしれませんが)今日はこの雑誌の中で一番目についたトラクターの事を少し・・・もし、生まれて一番最初にこのトラクターを見たら、誰もがきっと好きになってしまうであろうというトラクターです。

 

初めて受けた衝撃TB23

 

それまで当然トラクターというものがあるとは知っていましたが、初めてはっきりとトラクターというものを意識したというか「見た」というのは、今から8年前のこのトラクター、イセキポルシェTB23でした。それ以来ずいぶんはまり込んでしまったのですが、タマゴから孵ったヒナが一番初めに目にしたものを親だと思うように、たくさんトラクターを「見る」ようになってからも、やっぱり僕はポルシェが好きです。でも、SFV Vierzon super 203を一番先に目にしていたら、きっとこれが一番好きになたろうなぁ・・・そんな感じなんです。

それまで当然トラクターというものがあるとは知っていましたが、初めてはっきりとトラクターというものを意識したというか「見た」というのは、今から8年前のこのトラクター、イセキポルシェTB23でした。それ以来ずいぶんはまり込んでしまったのですが、たくさんトラクターを「見る」ようになっても、一番好きなのはやっぱりこのポルシェ。まるでタマゴから孵ったヒナが一番初めに目にしたものを親だと思うみたなものです。ポルシェとどこか同じテイストがあるのか、もしSFV Vierzon super 203を一番先に目にしていたら、これを一番好きになったろうなぁ・・・そんな感じなんです。

 

SFV Vierzon super 203

 

前置きが長くなってしまいました。雑誌の中で衝撃を受けたのはこのページです。フランス語は全然わからないのでグーグル先生に聞きながら見てみると、SFV Vierzon super 203は1958年〜1959年、スタンダードタイプがプジョー4気筒1290ccガソリンエンジン18馬力(1958年)20馬力(1959年)DタイプがドイツのNormagが提供する2ストロークディーゼル単気筒エンジンを搭載していました。電気的にトップリンクを動かすファーガソン・システム的な機構を持っていたようです。(多分)「これのどこに衝撃を?」と言われれば、やはりそのスタイリングでしょう。1958年〜1959年というと、ストリームライン流行の終わりぐらいなのでしょうか?日の出ハンドトラクターとか、レイモンド・ローウィさんのファモールとか、きっとポルシェ・トラクターなどもその影響を受けていますよね? 「遅くても、走らなくても流線型」と言う時代のものになぜか惹かれてしまいます。

前置きが長くなってしまいました。雑誌の中で衝撃を受けたのはこのページです。フランス語は全然わからないのでグーグル先生に聞きながら見てみると、SFV Vierzon super 203は1958年〜1959年、スタンダードタイプがプジョー4気筒1290ccガソリンエンジン18馬力(1958年)20馬力(1959年)DタイプがドイツのNormagが提供する2ストロークディーゼル単気筒エンジンを搭載していました。電気的にトップリンクを動かすファーガソン・システム的な機構を持っていたようです。(多分)「これのどこに衝撃を?」と言われれば、やはりそのスタイリングでしょう。1958年〜1959年というと、ストリームライン流行の終わりぐらいなのでしょうか?日の出ハンドトラクターとか、レイモンド・ローウィさんのファモールとか、きっとポルシェ・トラクターなどもその影響を受けていますよね? 「遅くても、走らなくても流線型」と言う時代のものになぜか惹かれてしまいます。

コマツ・ノルマーグNG22

 

1938年には22馬力のディーゼルエンジンを搭載したNG22というのが作られたそうですけど、これもNG22ですよねえ・・・

以前「土の館」で見た、コマツ・ノルマーグNG22です。キャプションによると

機種名:ノルマーグトラクタ 形式・仕様:NG22型 22馬力 製造社・国:ノルマーグ社 ドイツ 製造年度:1956(昭和31)年 使用経過:当時、小清水町では書記の導入で、小松製作所から94万円を3年払いで購入した。 モーアは町内に2台しかなく、寝る暇もなく働いたという。 後に水田を作りたくて士別市に移住。1993(平成5)年まで使用していた。

となっています。

日の出式ハンドトラクター

 

ポーズをとる女性は農機お約束のチェック(かなり大きいですが)のシャツ。しかし、とても農作業はできそうもないパンプスを履いています。 ・・・・ そんなことより、このフルカバードの耕耘機、まるっこいデザイン、ホイールキャップはデイッシュ型でめちゃめちゃ格好いいじゃないですか!!!

丸い2つの目が少し飛び出し、それを丸いボディと滑らかに繋いだところなどソックリ!の日の出式ハンドトラクター。きっと同じ頃、猫も杓子もストリームラインの頃に生まれたものに違いありません。

 

レイモンド・ローウィさんのファモール

 

ファーモールBN ウィキペディアより

ファーモールBN ウィキペディアより

 

SFVという会社

 

鍛冶屋さんと工夫好き農家、大工さんと工夫好き農家、農業機械メーカーはいつモこのようななところから始まりますが、SFVも大工修行をした息子と小農の父親のお悩み解決から始まります。セレスティン・ジェラールさんという人が、父親のために脱穀機を作り、1825年に起こした小さな会社。その会社は蒸気機関を経て1930年代からトラクター製造を始めます。それからわずか30年、ラインナップで15〜16ラインのトラクターを出してCASEに売られ、1960年にはSFVという会社はなくなってしまいます。そのトラクターラインナップの中で最後の輝きを放っていたのが前述のSFV Vierzon super 203というわけです。

工夫好き鍛冶屋さんと機械好き農家、工夫好き大工さんと機械好き農家、農業機械メーカーはいつモこのようななところから始まりますが、SFVも大工修行をした息子と小農の父親のお悩み解決から始まります。セレスティン・ジェラールさんという人が、父親のために脱穀機を作り、1825年に起こした小さな会社。その会社は蒸気機関を経て1930年代からトラクター製造を始めます。それからわずか30年、ラインナップで15〜16ラインのトラクターを出してCASEに売られ、1960年にはSFVという会社はなくなってしまいます。そのトラクターラインナップの中で最後の輝きを放っていたのが前述のSFV Vierzon super 203というわけです。

 

雑誌右下に大きく載っている写真も見つけました。これはガソリンエンジンのようですから203スタンダードですね。

雑誌右下に大きく載っている写真も見つけました。これはガソリンエンジンのようですから203スタンダードですね。

 

これはディーゼルでしょうかね?ヘッドマークが前出のトリコロールなのがわかるでしょうか? これかわいいなあ。

これはディーゼルでしょうかね?ヘッドマークが前出のトリコロールなのがわかるでしょうか? これかわいいなあ。

 

ノルマーグの2スト単気筒エンジンは空冷のようですね。こちらはディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203Dでしょうか。やれた感じもまた良いです。

ノルマーグの2スト単気筒エンジンは空冷のようですね。こちらはディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203Dでしょうか。やれた感じもまた良いです。

 

左はディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203D、右はガソリンのはディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203S(スタンダード)なのでしょう。

左はディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203D、右はガソリンのはディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203S(スタンダード)なのでしょう。

 

エンジンフードはプラスチック!

 

左はディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203にはS、D、Eの3タイプあって、これは203Eだそうです。Eタイプはぶどう畑で使われるsmalspoorのようなタイプ。エンジンはディーゼルのようですね。この特徴的なストリームラインのエンジンフードですが、先日のFORDのオデコのようなFRPかどうかはわかりませんが、なんとプラスチックなのだそうです! これがアルミの叩き出しだったらもっとファンが増えたと思うのですけどね!

左はディーゼルエンジンのSFV Vierzon super 203にはS、D、Eの3タイプあって、これは203Eだそうです。Eタイプはぶどう畑で使われるsmalspoorのようなタイプ。エンジンはディーゼルのようですね。この特徴的なストリームラインのエンジンフードですが、先日のFORDのオデコのようなFRPかどうかはわかりませんが、なんとプラスチックなのだそうです! これがアルミの叩き出しだったらもっとファンが増えたと思うのですけどね!

 

ぶどう畑のsmalspoor

 

こちらのおめめぱっちりの小顔ちゃん。おもちゃみたいに寸詰まり。とってもかわいらしい。どうもトラクターには「smalspoor tractor」というカテゴリがあるようで、調べてみると狭軌のとか狭いなどという意味らしい。どうもこれこそブドウ畑で働くマシンみたいなんです。

アイヒャートラクターのおめめぱっちりの小顔ちゃん。おもちゃみたいに寸詰まり。とってもかわいらしい。どうもトラクターには「smalspoor tractor」というカテゴリがあるようで、調べてみると狭軌のとか狭いなどという意味らしい。どうもこれこそブドウ畑で働くマシンみたいなんです。

 

(さらに…)

インターナショナルには末尾2/3/4/5/6がある、インターナショナルIH776「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、インターナショナル・ハーベスターのトラクター(でも多分コマツ・インターナショナル)IH776「撮りトラ」です。

 

IH776

 

インターナショナル776です。実は776はtractordata.comにも記載がなく、日本オリジナルモデルではないかと思います。また、農研機構の登録が 「小松メック株式会社」名で1976年にonawareteiるのですが、既に失効していてスペックなどは全くわかりません。

インターナショナル776です。実は776はtractordata.comにも記載がなく、日本オリジナルモデルではないかと思います。また、農研機構の登録が 「小松メック株式会社」名で1976年に行なわれているのですが、既に失効していてスペックなどは全くわかりません。

 

末尾4シリーズカタログ

 

性能、経済性ともに抜群!

コマツ・インターナショナルの、1975年(多分)カタログです。末尾4のトラクターばかり。(この数字が気筒数を表しているという情報があり、確認中です。とりあえずこのカタログのトラクターはみな4気筒のようです)このカタログには776は載っていません。

 

末尾4と6

 

インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。これは過去の記事にないなあ・・・

しかし、上より古そうなカタログの中に、末尾6があります。インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)。末尾4と6が混在しているので、どうもバージョンとか関係なさそうです。

 

末尾2/3/4/6(これだけ気筒数と合わない)

 

そして各製品の諸元が表になって載っています。今もそうですが、昔はこれらの機械、高価だったでしょうね・・・

そして各製品の諸元表には、末尾2/3/4/6が同時に存在しています。また、tractordata.comで確認すると末尾5のものもありますから、末尾2/3/4/5/6と同時に存在する事だってあったかもしれません。末尾もこうやってバラバラなら、生産国も日本、イギリス、ドイツと色々なところでこの顔のトラクターをせっせと作っていたみたいなのです。そして末尾が気筒数を表すという説、冒頭の276だけ6気筒ではなく、4気筒で、それ以外は皆末尾と気筒数が合致しています。おしいっ!!

 

IH776に戻る

 

以前756というコマツ・インターナショナルの機体を見たことがあるので、「76シリーズ」のようなものがあるのかと思ったのですが、トラクターに多い馬力と型番の関係でいえば上二ケタが馬力と同じモデルもあり、何とも法則性が見いだせません。

776と書いてあります。以前576というコマツ・インターナショナルの機体を見たことがあるので、「76シリーズ」のようなものがあるのかと思ったのですが、トラクターに多い馬力と型番の関係でいえば上二ケタが馬力と同じモデルもあり、何とも法則性が見いだせません。末尾が気筒数を表すというのが一番近いような気がするんですが、先ほどの276だけが目の上のたんこぶです。

 

IH776です。蜘蛛の巣の向こうに蜘蛛の巣のように張り巡らされている燃料のライン。6気筒みたいですね。

IH776です。蜘蛛の巣の向こうに蜘蛛の巣のように張り巡らされている燃料のライン。6気筒みたいですね。

 

IH576オープン仕様

 

 

komatsu international 576

年代はちょうど同じでしょうね。

 

年期の入った看板。そして「インタートラクタ」というカタカナ文字。先を急いでいてもあらがうことは出来ません。

年期の入った看板。そして「インタートラクタ」というカタカナ文字。この看板のお店で見たのでした。

 

IH576キャビン

 

komatsu international 576

こんなカッコイイキャビン付の576も置いてありました。

 

IH676

 

暗ーい空の感じが良かったのですが、そんな雰囲気出てます? デジタルカメラは意識しても明るく写っちゃいますね・・・以前見た676も二駆でした。

これは以前見たものですが、676というのもありました。農研機構の登録は1977年で、こちらも失効していて何も書いてありません。

 

IH776に戻る

 

あと一つの見所はラジオが付いていた事でしょうか。

あ!そういえばこの776にはラジオが付いていました!

 

スピーカーは頭のすぐ上についています。

スピーカーは頭のすぐ上についています。ラジオは同じく頭の上で、左手で操作するような感じ。

 

パイオニア

パイオニア

 

ラジオはメーカーが確認できませんでした。

ラジオはメーカーが確認できませんでした。

 

FORD以外で初めてラジオ(キャビン付を除く)が付いている機体を見たような気がします。きっと使われ方がにたような感じなのでしょう。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[11/22]) 自動車の場合だと、マ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[11/19]) noraさんando
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (坂本 武司より[11/16]) こんばんは、クボタM
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (象印より[11/16]) 外国等では装備やパタ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/15]) 5シリーズの場合だと
  • いってきまーす!へのコメント (象印より[11/15]) 外国等では装備やパタ
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/15]) 象印さん おはようご
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[11/14]) noraさんhoka
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (象印より[11/11]) シルバージュビリー日
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 黒しちさん おはよう
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 象印さん おはようご
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 山葵さん おはようご
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (黒しちさんより[11/05]) 北海道ですが現在でも
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (象印より[11/05]) 初めまして!十数年前
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (山葵より[11/05]) シンプルな変速機や外
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/05]) 追伸  劉連人さん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/05]) noraさんando
  • やっぱりカタログは60年代!イセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/02]) カタログ通り、エンジ
  • 大きな船を支える縁の下の力持ち的小さな船を見つけた!へのコメント (noraより[10/29]) 山葵さん こんばんは
  • 1977年SD4000AD-0は2台目こちらはPower Steering「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/29]) 山葵さん こんばんは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械