1 3 4 5 6 7 8

年代物の唐箕(とうみ)による蕎麦選別

大きな風車で風を起こし、その風の前にタネを落として、軽いものは遠くへ吹き飛ばされ、重いものはそのまま落ちる・・・まあ、単純な話なんですが、機械として成立するには色々と難問があったはずです。

大きな風車で風を起こし、その風の前にタネを落として、軽いものは遠くへ吹き飛ばされ、重いものはそのまま落ちる・・・まあ、単純な話なんですが、機械として成立するには色々と難問があったはずです。

うわっ!寝坊してしまった。今日も昨日の続きで、年代物の唐箕(とうみ)による蕎麦選別の話です。水戸市大場町島地区の環境保全会活動の中には、「農用地を活用し景観に配慮した作付け」という活動項目があって、その中で蕎麦を作ってみたのです。蕎麦を作ってみんなで収穫し、みんなで脱穀と乾燥し(結局手で引っこ抜いて、手で蕎麦の脱穀をしたのでした。)、それをみんなで粉にして、みんなで食べたら楽しいと思いませんか?

まずはゴミや中身のない殻も含まれた蕎麦のタネを上のホッパーから投入します。この籠も年代物な感じです。

まずはゴミや中身のない殻も含まれた蕎麦のタネを上のホッパーから投入します。この籠も年代物な感じです。

おもむろにハンドルを回します。そんなに重くないそうです。写真を撮るのに夢中になって、試してみるのを忘れてしまいました。

おもむろにハンドルを回します。そんなに重くないそうです。写真を撮るのに夢中になって、試してみるのを忘れてしまいました。

軸受けはパイプのようです。写真をよく見てみると、このパイプは裂いた上に、折り曲げて固定してあるように思えます。溝を掘ってサークリップでとめたり、ねじを切って、薄いナットで止めたりするのではなく、金ノコとペンチ、ハンマーなどでできる工作というところがおもしろいです。どこかからハンドルの柄の工作もよく見ておけばよかった。どちらにせよ、部品をどこからか購入してくるというのは少なく、自家製の部品ばかりのようです。

軸受けはパイプのようです。写真をよく見てみると、このパイプは裂いた上に、折り曲げて固定してあるように思えます。溝を掘ってサークリップでとめたり、ねじを切って、薄いナットで止めたりするのではなく、金ノコとペンチ、ハンマーなどでできる工作というところがおもしろいです。どこかからハンドルの柄の工作もよく見ておけばよかった。どちらにせよ、部品をどこからか購入してくるというのは少なく、自家製の部品ばかりのようです。

中間は曖昧なのでしょうが、見事に選り分けられています。本当にすばらしい!

中間は曖昧なのでしょうが、見事に選り分けられています。本当にすばらしい!

吹き飛ばされた不要で使えないもの。上の写真と合わせてみてもらえばわかると思いますが、明らかに色が違うんです。一番は真っ黒、二番は少し茶色がかかって、このゴミは本当のゴミとかなり色の薄いもの・・・と、色でもその性能がわかります。

吹き飛ばされた不要で使えないもの。上の写真と合わせてみてもらえばわかると思いますが、明らかに色が違うんです。一番は真っ黒、二番は少し茶色がかかって、このゴミは本当のゴミとかなり色の薄いもの・・・と、色でもその性能がわかります。

しかし、機械は大きく、ゴミは散らかります。機械の大きさはどうにもならないと思いますが、散らかるのがイヤな方には朗報です。ワンタッチで引き出される「スライドロッド」に「ストローマット」(ムシロ)をかけてください。そうすれば広範囲にゴミが飛び散るのを防げます。

しかし、機械は大きく、ゴミは散らかります。機械の大きさはどうにもならないと思いますが、散らかるのがイヤな方には朗報です。ワンタッチで引き出される「スライドロッド」に「ストローマット」(ムシロ)をかけてください。そうすれば広範囲にゴミが飛び散るのを防げます。

二番を何回も唐箕(とうみ)にかけて、よいものを拾い上げ、一番も同じく何回も唐箕(とうみ)にかけて、悪いものを取り除くうちに、真っ黒なゴミの入っていない蕎麦の実が選別されました。この項まだまだ続きます。

唐箕(とうみ)の動画へ

環境保全会で作る蕎麦の記事へ
環境保全会で作る蕎麦の記事へ

リーサルウェポン!年代物の唐箕(とうみ)

精緻な工作。年代物の木製の唐箕(とうみ)です。

精緻な工作。年代物の木製の唐箕(とうみ)です。

今日は保全界活動の日です。蕎麦の実を挽くことになっているのですが、集落センターに行ってビックリ!トラックに不思議な木製の物体が乗っていて、それをみんながおろしています。聞くと、唐箕(とうみ)というものだそうです。見れば見るほどよく出来ているこの唐箕(とうみ)、「いつ頃のものですか?」と聞くと、「どこかに書いてあっぺ」

そういえば、種まきゴンベの時もそうでした。このときはマジックで書いてあったのですが、昭和58年、今なら28歳でした。こうやって購入年月を書いておく・・・というのは大変興味深い、なにかタイムマシンのような効果をもたらしてくれます。

みると、墨で「1933年」「昭和八年」!!!!もう、これは反則です。リーサルウェポン!年代物の唐箕は、1933年(昭和8年)酉(とり)年生まれの御年78歳なのでした。

きれいなこの形!当時でいくらくらいの価格だったのでしょうか?

きれいなこの形!当時でいくらくらいの価格だったのでしょうか?

剥がれかけたステッカーの上、1933年の文字が見えるでしょうか?クリックで拡大します。残念なことに、この後、よく見えるようにと擦ったのでしょう・・・この文字、消えていました。

剥がれかけたステッカーの上、1933年の文字が見えるでしょうか?クリックで拡大します。残念なことに、この後、よく見えるようにと擦ったのでしょう・・・この文字、消えていました。

そして昭和八年の文字も見えます。同じくクリックで拡大します。

そして昭和八年の文字も見えます。同じくクリックで拡大します。

ウィキペデイアによると、

唐箕(とうみ)とは、収穫した穀物を脱穀した後、籾殻や藁屑を風によって選別する農具である。

また、ちょっと長いですが、引用すると

唐箕の上部に配した漏斗から少しずつ穀物を落下させ、そこに横から風を送って藁屑などの軽いものを吹き飛ばすのが基本的な原理である。
落下させる穀物の流量を調節する弁が漏斗の下部に配置されており、穀物が落下しないように止めることも出来る。漏斗の下には穀物を唐箕の外に取りだす樋が2本配置されており、風に飛ばされずに重力で真下に落下した穀物を受けとめる樋が一番樋、風によって少しだけ横に飛ばされる、しいな等の軽い穀物や、選別の不完全なものを受けとめる樋が二番樋とそれぞれ呼ばれる。藁屑、籾殻、蕎麦殻、豆殻等の軽いものは、風に乗ってそのまま機外に排出される。
使い方は、風車を回転させるクランク状のハンドルを右手で回転させながら、左手で漏斗から落下する穀物の流量を調整するのが基本である。良好な選別を得るためには、風車の回転数と落下させる流量の調整にある程度の熟練を要する。
黎明期から唐箕は木製であったが、近年では薄鉄板で作られた唐箕が市販されており、風車を電動モータで駆動するものもある。
この脱穀した穀物を風選する原理は、脱穀と選別を同時に行う自動脱穀機にも応用され、現代のコンバインやハーベスター等の農業機械の脱穀機にも、穀物の最終的な選別機構として使用されている。これら現代の脱穀機においても、選別の済んだ穀物を一番、選別が不完全で再選別を要する穀物を二番と呼ぶのは唐箕の名残りであり、風選の風を発生させる風車を唐箕ファンと呼んだりする。

とあります。基本的には現在あるものと手動であることを除けば、変わりがないそうで、性能についても同じく変わりがないそうです。

投入口。ここへ選別したい穀物を入れます。

投入口。ここへ選別したい穀物を入れます。

細かい細工の調整機構。

細かい細工の調整機構。

おおむねこのようになっているように見えました。

おおむねこのようになっているように見えました。

う〜ん・・・すばらしい。この項続きます。

VIVA! 木製タイムマシン 唐箕(とうみ)う〜ん・・・すばらしい。この項続きます。

環境保全会で作る蕎麦の記事へ
環境保全会で作る蕎麦の記事へ

1 3 4 5 6 7 8

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械