1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 29

シバウラよおまえもか・・・やっぱりおねえさんの1988シバウラ総合カタログ

今日は「昔のカタログシリーズ」、トラクター狂さんがシバウラの1988年版総合カタログを送ってくれました。トラクター狂さん、ありがとうございます!

前回見たのは1970年(昭和45年)のシバウラ総合カタログでした。それから18年、シバウラはどう変わったのでしょう。

 

僕の少ない聞見ではシバウラのトラクターしか見たことがなかったので、管理機とかコンバイン、田植機まであったとは驚きです。

僕の少ない聞見ではシバウラのトラクターしか見たことがなかったので、管理機とかコンバイン、田植機まであったとは驚きです。

 

トラクタの進化はシバウラとともにーーーーーーーマイコントラクタ・スタイガーに加えて、土作りロータリ〈土作くん〉をはじめ、Dシリーズの先進倍速ハイ旋ターンを仕様などシバウラの先進技術をフルに注入した新規モデルが続々登場しています。どれも使いやすさと高精度の作業をお約束する新鋭ぞろいです。さあ、さっそく圃場でお確かめください。

トラクタの進化はシバウラとともにーーーーーーーマイコントラクタ・スタイガーに加えて、土作りロータリ〈土作くん〉をはじめ、Dシリーズの先進倍速ハイ旋ターンを仕様などシバウラの先進技術をフルに注入した新規モデルが続々登場しています。どれも使いやすさと高精度の作業をお約束する新鋭ぞろいです。さあ、さっそく圃場でお確かめください。

 

すっかりあか抜けてしまって、1970年(昭和45年)のシバウラ総合カタログではただ製品の特長を述べていた感じが「お客様に語りかける」調子に変わっていることがわかります。

 

それに土作りロータリ〈土作くん〉!どう読むのでしょう。どさくくん?つちさくくん? 「◯◯くん」の名称は1980年代からあったんですね。

 

それから先進倍速ハイ旋ターン

前輪のスピードを後輪の1.75倍にアップすることにより、よりシャープな小回りが可能になり、時間も短縮されます。また、前後輪タイヤのあとが少なく、枕地を荒らさず、仕上がきれいです。シバウラハイ旋ターンは、電磁クラッチとワンウェイクラッチの組合わせによって差号する一歩先がけた先進倍速です。

オヤジギャグ的ネーミングも見られます。そしてなんだかわからないけどおねえさんの写真まで・・・

 

仮説ですけど、こうやってカタログを比べてみると1970年代に商品写真、機能説明写真、使用例写真、それに破綻のないコピーのカタログ基本形ができ、1980年代にその機能をキワだだせる「◯◯くん」(その後〜っ子、〜ちゃんに発展)、それから「先進倍速ハイ旋ターン」に象徴されるようなオヤジギャグ的販促商品名がプラスされた現代農業カタログフォーマットができあがったと考えられます。

 

忘れてはならないのが各社の機能が出そろい、その制御をより洗練されたものにしようと追加された電子制御。これを総称してマイコンと呼び、機械式のトラクターの買替え需要を掘り起こそうとしていたのも1980年代でした。

 

ヰセキランドリーダー TA215/TA235/TA255/TA275カタログ。

『キカイがなければ機械を入れ、機械が入れば電子を入れ、電子が入ればクラウドを入れる・・・ヰセキランドリーダー「昔のカタログ」』で見た、イセキランドリーダーのカタログでも電子、すなわちマイコン制御を謳っていましたよね。これはヰセキの自動水平制御「レーダーマチック」の制御部分・・・たくさんつまみが並んでいます。

 

マイコンを搭載しているため、メカトロ税制の恩典が受けられます。と当時はカタログに書かれていました。

 

メカトロ税制は「中小企業新技術体化投資促進税制」という名前で、ネットで調べるとITmedia エンタープライズに記述があって、

 

この制度は、生産、流通、管理部門の効率化、省力化、高度化などを図るため、産業用ロボット、NC工作機械など、中小企業に対してメカトロニックス機器の導入を促進するために昭和59年に創設された税制です。

 

昭和59年というと1984年。もしかするとトラクターの機能もメカトロニクス機器となり、電子制御で「今までの機械制御と違う」という意味合いもあって、「◯◯くん」的愛称やオヤジギャグ的機能名が生まれたのかもしれませんね。

 

そこまではわかったとしてもう一つ。わからないのはおねえさんです。これはどこから来ているのか・・・質実剛健だと僕が勝手に思い込んでいたシバウラですが、こんなに軟弱になってしまうとは・・・「シバウラよお前もか」という感じです。

そこまではわかったとしてもう一つ。わからないのはおねえさんです。これはどこから来ているのか・・・質実剛健だと僕が勝手に思い込んでいたシバウラですが、こんなに軟弱になってしまうとは・・・「シバウラよお前もか」という感じです。

 

1983年、もう34年前ですか? このころは鼻の下のノビたおじさんと、ついでにその奥さん向けにもアピールしようと、機械がドーンと全面にあるというよりはモデル(有名無名を問わず)が大きく取り上げられるパターンが多かったんですね。

『「レゼルダ」三菱2条刈りコンバインML700・ML800「1983年 昔のカタログ」』より。1983年、もう34年前ですか? このころは鼻の下のノビたおじさんと、ついでにその奥さん向けにもアピールしようと、機械がドーンと全面にあるというよりはモデル(有名無名を問わず)が大きく取り上げられるパターンが多かったんですね。

 

三菱は1983年から取り入れているおねえさん。農業の担い手は3ちゃん農業などと言われてもいたし、女性にアピールする部分もあるのでは?という指摘をする方もいましたが、それにしても何か違和感がある・・・

 

3ちゃん農業(さんちゃんのうぎょう)とは、それまで農家の働き手であった男性が出稼ぎに出たり、農業以外の職業に従事したりして、老年男性と老年女性と主婦、すなわち「じいちゃん、ばあちゃん、かあちゃん」により農業が営まれることである。

1960年代に増加し、1963年の流行語にもなった。このような背景として、戦後の高度経済成長と、それに伴う池田内閣の所得倍増計画に伴う農村人口の減少があげられる。

 

この頃のコンバインは袋に取るタイプもまだまだ現役だったんだ! チアーなおねえさんが微妙に男前なのがおもしろい。ねじり鉢巻でどちらかといえば和風。

どうも、こういうスタイルはシバウラも共通。チアリーディングスタイルってことなんでしょうか?農業する女性を応援とか、コンバインなりトラクターを応援するなどという意味合いがあったのか・・・

 

これ、どこから来るのか調べてみました。(もう時間がないのですが)

 

チアリーディングというとNFLとかかなあ・・・と思って調べると、日本では

 

地上波では1970年代に東京12チャンネル(アメリカン・プロフットボールアワー)で放送した後、1988年から日本テレビが放送を始め(1994年から1996年までは放送せず)

 

とあり、あまりドンピシャじゃない感じ。

 

なんとなく賑やかしな感じで、だれでもいい(顔は出しているけど匿名的)、でもミニスカのおねえさんを配置するっていうのは、ざっとネットを調べたかぎりではスクールメイツの影響かも・・・などと思うのでした。

 

わー。ホントに時間がなくなっちゃった。それではまた明日!

なんとシバウラのフルクローラ!シバウラK-20「昔のカタログ」

今日も「昔のカタログシリーズ」、トラクター狂さんが全国のシバウラファンのために、S30DのカタログS−1500のカタログに続き秘蔵のカタログ、1970年(昭和45年)の『シバウラ《農用》トラクタ 総合カタログ』です。

 

シバウラK-20。このカタログで一番驚いたのは、シバウラがフルクローラーのトラクターを作っていたということです。

シバウラK-20。このカタログで一番驚いたのは、シバウラがフルクローラーのトラクターを作っていたということです。

 

K-20 クローラ37PS

■特長■

  1. 小型で強けん引力を有するうえ、汎用性を考慮し、作業機を後部だけでなく前部にも装着できるよう重心位置を決めてありますので、農業用のみならず土木用その他にも運用が可能です。
  2. 傾斜地、狭隘な田畑での作業に便利なよう、できる限り小型。低重心とし、また旋回性能に重点を置き、小半径のその場旋回ができるようになっています。
  3. 油圧三点装置になっていますから、作業機の操作はきわめて軽快、確実にできます。
  4. 湿田など悪条件の土壌状態でも十分仕様が可能なよう、接地圧が低く、地上間隔は大きく、防塵、防水にも特別な考慮が払ってあります。
  5. 農作業、土木作業など各種の作業に適応する速度が得られるようになっています。
  6. 構造、材料などに工夫をこらし、耐久力を大きく維持費を少なく、価格も比較的低廉となっています。
  7. 小型ですが大型と同様、左右にトラックフレームの上下装置が装備してあります。

 

今は「圃場を傷めない」ということでハーフクローラーが全盛で、フルクローラーのトラクターはあまり見かけません。

 

でもきっと昔は「圃場を傷めない」というよりは、深い田んぼや軟弱地盤での農作業に今よりこのフルクローラータイプに需要があったのかもしれません。

 

自分のフルクローラ写真を探してみました

 

ヤンマーのCT-80です。クローラが外されてお腹が下についちゃた状態で悲しい感じです。いつ頃のものなのかな・・・と調べてみました。

ヤンマーのCT-80です。クローラが外されてお腹が下についちゃた状態で悲しい感じです。

 

第54回中古機械展示即売会で見たヤンマーCT226(CT226UQKS7M) お値段は¥2,350,000 安いのか高いのか全くわかりません。プライスタグに書いてあったままです。

“第54回中古機械展示即売会で見たヤンマーCT226(CT226UQKS7M) お値段は¥2,350,000

 

ヤンマーアグリカ AC-18。何となく流して撮ってしまったので、写真少ないです。でも、あとから写真を見直ししていてビックリ! メチャメチャカッコいいじゃん! 形もそのコンセプトもユニーク!! 

ヤンマーアグリカ AC-18。何となく流して撮ってしまったので、写真少ないです。でも、あとから写真を見直ししていてビックリ! メチャメチャカッコいいじゃん! 形もそのコンセプトもユニーク!!

 

キャタピラー社のチャレンジャートラクター。ツルッとしたデザインの黄色い姿で、僕の持っているトラクターの姿とはちょっと違います。建設機械みたいなその姿もあってあまり引っかかりがなかったのですが、調べてみるとなかなかユニークなトラクターでした。

キャタピラー社のチャレンジャー45トラクター。ツルッとしたデザインの黄色い姿で、僕の持っているトラクターの姿とはちょっと違います。

 

ダイナミックフェア2011で見た、三菱トラクタ ゴムクローラ GCRシリーズ GCR1350

ダイナミックフェア2011で見た、三菱トラクタ ゴムクローラ GCRシリーズ GCR1350

 

BTD-6 International Crawler

土の館で見たインターナショナルBTD6型。機種名:キャタピラトラクタ
形式・仕様:BTD6型 40馬力
製造社・国:インターナショナルハーベスター社 米国
導入年度:1951(昭和26)年ころ
使用経過:広島町下田産業(株)で使用後保存中のもので、前後の経過は不明。
当時、農協が耕土改良に各地で、これらのタイプを多く使っていた。
牽引式のプラウとディスクハローが主作業で、農家の受託で貢献した。

 

 

う〜ん・・・迫力があります。

ずっと追い続けたコマツ均土機G40もフルクローラーといえばフルクローラー

 

K-20用のツースハローが紹介されています。釘が付いたトンボみたいなものですよね?

K-20用のツースハローが紹介されています。釘が付いたトンボみたいなものですよね?

 

ツースハローとは美原農機具生活用具歴史館で見た鬼ハローみたいなものでしょうか・・・

 

①鬼ハロー砕土機 一頭引き用 大正10年頃 ②スクレッパ 馬で水田の高低ならし 昭和25年頃

①鬼ハロー砕土機 一頭引き用 大正10年頃 ②スクレッパ 馬で水田の高低ならし 昭和25年頃

 

名前がいいです。鬼ハローとは「鬼のように砕く」という今風の意味ではなく、「鬼の角」のような爪が付いているところから来ているんでしょうねえ・・・

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • スライドモアの草刈りも4年目へのコメント (H2より[10/19]) スライドモアはPTO
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械