世話人の覚え書き(下準備)

島地区には、7月の八坂神社祭礼と11月の霜月御神守と、年に二回お祭りがあります。。僕は去年からこの世話人をしていますが、去年やったことでもすっかり忘れてしまう・・・備忘録がわりにメモしておきます。京都の祇園祭も今頃だとラジオで聞いたので調べてみると、向こうが本家なのでしょうが、祇園祭も八坂神社のお祭りだったのですね。
 人数も子供の数も昔に比べて減っているので簡略化され、御神輿も担がなくなってしまって、世話人の仕事も昔に比べて少なくなっているみたいです。

相談時のテーブルセット

まずは、6/6あたりにこれは町内会長さんによって役員会が開かれます。ここで主にお祭りの日程の確認が行われます。

ここからが世話人の仕事で、6/20くらいまでにお祭りの日程の回覧を作って回します。そのあと、7月の第一木曜日に相談事(お祭り会議みたいなもの?)を開いて段取りを確認(お赤飯を誰に頼むか、しめ飾りを作る藁を誰に持ってきてもらうか)します。その際には、相談時に出す酒やつまみの買い出し(町内会からの予算も決まっているので、毎回頭を悩ませます。)も必要です。
世話人は、神主さんの依頼をして、神輿出しに備えます。(神輿出しに続きます)

世話人の覚え書き(神輿出し、下準備)

おはようございます。「世話人の覚え書き(下準備)」からの続きです。だんだんおもしろくなる(はず)です。こういうことは形なく脈々と受け継がれるものであり、はっきりするのは野暮ってものでしょうが、忙しいこのご時勢、自分や他の人の頭から記憶が蒸発し、次の世話人さんに聞かれても答えられないとマズいのでこっそりメモしておきます。
 素鷲祭と呼ばれる八坂神社祭礼は、7月第一木曜日の相談の次に、7月第一土曜日の神輿出しです。まずは買い出し、夜7時からの神輿出しに備えて、大体10人分くらいの簡単な食事(カップラーメン可)、酒やつまみなどを予算内で(詳しくは世話人代々のノート参照。ビールはなるべくハイオク)買っておきます。また、神主さんへの連絡も忘れずに!(僕は忘れてしまっていて、焦りましたが、会長さんが心配になったのか、話を通しておいてくれました)

神輿出しのテーブルセット。翌日までこのままでOK
神輿出しのテーブルセット。翌日までこのままでOK

みんなが集まったら、神輿を出して清掃します。提灯を取り出し取付けます。集落センターの中に入れたら、提灯にローソク(世話人が用意)を入れます。

完成形。床の間の前に御神輿を安置して、その前にお供え用のテーブルを配置
完成形。床の間の前に御神輿を安置して、その前にお供え用のテーブルを配置

[

すぐ外は石川川と涸沼川の合流地点。お神輿も嬉しそうです
すぐ外は石川川と涸沼川の合流地点。お神輿も嬉しそうです

良い頃合いを見計らって軽食を出すと、みんなは引き上げます。
いよいよ本番に続きます