1 2 3 4 5 6 7 8 9 49

Special Paintのイーグルデザイン。三菱GA551(かなあ)「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

先日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フランス国旗色のマッセイ・ファーガソントラクターを紹介しましたが、今日は同じく第34回国際農業機械展in帯広の三菱農機ブースで見た、国旗色の三菱トラクター「撮りトラ」です。

 

三菱農機のブースの入口に「ドーン」と何の説明もなく置いてありました。アメリカの旗がモチーフだと思います。どういう趣旨かわかりませんが、かなりのインパクトです。

三菱農機のブースの入口に「ドーン」と何の説明もなく置いてありました。アメリカの旗がモチーフだと思います。どういう趣旨かわかりませんが、かなりのインパクトです。ぺたっとした色ではなく、下に向かって色が濃くなっていくような凝ったグラデーションのステキな塗装です。

 

ただ、少し配置が違うような気が・・・★は左側に置いたほうが問題は少ないかと思われます。なぜ反対側に描かなかったのだろう・・・

ただ、少し配置が違うような気が・・・★は左側に置いたほうが問題は少ないかと思われます。なぜ反対側に描かなかったのだろう・・・(画像はWikipediaより)

 

で、反対側に回るとカナダ国旗。この旗は向きがなさそうですから、こっちにアメリカ国旗で良かったじゃん!!

で、反対側に回るとカナダ国旗。この旗は向きがなさそうですから、こっちにアメリカ国旗で良かったじゃん!!下側が色が濃くなっていますが、これは影ではなく、そう塗っているんです。

 

カナダ国旗は左右対称のように見えます。

カナダ国旗は左右対称のように見えます。(画像はWikipediaより)

 

 

この写真、すっごく見にくいですけど、日本の国旗とインドの国旗が描かれていて JAPAN & INDIA PARTNERSHIP と書かれています。「三菱マヒンドラ農機」のことを指しているのでしょうね。それなのになぜアメリカ国旗とカナダ国旗???

この写真、すっごく見にくいですけど、日本の国旗とインドの国旗が描かれていて
JAPAN & INDIA
PARTNERSHIP
と書かれています。「三菱マヒンドラ農機」のことを指しているのでしょうね。それなのになぜアメリカ国旗とカナダ国旗???

 

ネットで簡単に調べてみると農機の関係でマヒンドラとアメリカはヒットしませんでした。「マヒンドラ、米デトロイトに自動車工場」というニュースがあっただけ・・・またカナダとの関係も「航空機マヒンドラ、カナダの同業と提携」とニュースにあっただけでした。せっかく国旗をモチーフにするならちょっとでも関係のある国を・・・ということなのかもしれません。

 

正面から見たところです。車種はなんでしょうね・・・ちょっと大きいし、最近でたGA551でしょうか?

正面から見たところです。車種はなんでしょうね・・・ちょっと大きいし、最近でたGA551でしょうか?

 

三菱 GA551XUV 価格¥6,423,840 55馬力 2216cc ノンクラッチ変速 倍速旋回・オートブレーキ旋回 旋回アップ・バックアップ 自動四駆ブレーキ VRC制御・ジャイロMAC MACビジョン・おまかせ機能 e-PTO 上昇PTO停止機能

ダイナミックフェア2018で見た三菱GA551XUVです。
価格¥6,423,840
55馬力 2216cc
ノンクラッチ変速
倍速旋回・オートブレーキ旋回 旋回アップ・バックアップ 自動四駆ブレーキ VRC制御・ジャイロMAC MACビジョン・おまかせ機能 e-PTO 上昇PTO停止機能

 

新しく出たGA551XUVです。旧型?はGA550XUVで、例えばGA5550とかGA560などになりそうな中、数字的には一つしか増えていません。

片側3灯のヘッドランプですしGA551XUVですよね・・・きっと。旧型?はGA550XUVで、例えばGA5550とかGA560などになりそうな中、数字的には一つしか増えていません。

 

特別カラーのGはもう一台。こちらはインドの国旗があしらわれていています。これなら意味はすぐにわかりますね!

特別カラーのGA551?はもう一台。こちらはインドの国旗があしらわれていています。これなら意味はすぐにわかりますね!

 

インドの国旗も左右対称のようですが、90度回転したデザインにしてしまっています。

インドの国旗も左右対称のようですが、90度回転したデザインにしてしまっています。国旗をくるっと倒していいのでしょうか・・・心配になります。(画像はWikipediaより)

 

反対側には日本の国旗。こちらは安心してみていられます。

反対側には日本の国旗。こちらは安心してみていられます。

 

多分これは付けられるもの全部付きなのでしょう。

ただ、同じ国旗がモチーフでも、こちらを先に見てしまったので少し物足りなく思ったのも事実です。当たり前の事ですが、トラクターの大きさが全然違うので、詰め込まれているディテールの量が全然違うのです。実車とプラモデルの違いのような感じです。

 

今日はこんなところで・・・また明日!

 

 

「青空の下の青年のような青いトラクター」40数年後の青空の下で・・・三菱DトラD2500「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内の中古車屋さんで見た、三菱トラクターD2500「撮りトラ」です。

 

三菱D2500です。目が飛び出してしまってすっかりヤサグレ感が出ていますが、実はそこ以外は程度が良く、各部は現役コンディション。1台だけ他と離れて置かれ、解体されるのか、それとも輸出されるのか、不安いっぱいで沙汰を待っている感じです。

三菱D2500です。目が飛び出してしまってすっかりヤサグレ感が出ていますが、実はそこ以外は程度が良く、各部は現役コンディション。1台だけ他と離れて置かれ、解体されるのか、それとも輸出されるのか、不安いっぱいで沙汰を待っている感じです。

 

油洩れも少なく、手もあちこちに入っていそう・・・エンジンは水冷2気筒1360ccディーゼル、25馬力/2500rpmとなっています。今まで調べたかぎりだと、D2500は1974年〜1975年の2年間だけ製造され、その後D3000にバトンタッチされたようです。

油洩れも少なく、手もあちこちに入っていそう・・・エンジンは水冷2気筒1360ccディーゼル、25馬力/2500rpmとなっています。今まで調べたかぎりだと、D2500は1974年〜1975年の2年間だけ製造され、その後D3000にバトンタッチされたようです。

 

三菱農用トラクタ D2500 三菱M63型 25馬力/2500rpm 1,360cc 小型特殊自動車 運輸省型式認定番号 農860号 三菱 M63型

三菱農用トラクタ
D2500
三菱M63型 25馬力/2500rpm 1,360cc
小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農860号
三菱 M63型

 

この色の切りかえ、もっと大きいのではどうなっていたのでしょう。これを見る限りD2500は顔が白、シートクッションは黒ですね。「青年のような青いトラクター」と「トラクターは機械です。 数字がその実力を正直に語ります。 トラクターは数字で選びましょう。」というところは他と変わっていません。

雑誌の切リ抜きです。思えばこのD2500は赤いRシリーズからDシリーズになり、青く塗られるようになった初期のモデルで、「青」というものを前面に押し出して売られていました。青と言えば「青年」、青のさわやかなイメージとカタログスペックで若者をターゲットにしているようでした。

 

こちらも同じく雑誌の切リ抜きです。なんだか広告を出すたびにメインのコピーを変えていたんですね。青空の下の青いトラクター。「青」という文字を必ず入れる縛りで文句を考えていたということがわかります。よっぽど「青」を売りたかったのでしょう。他の数字で選ぶというコンセプトは共通です。

こちらも同じく雑誌の切リ抜きです。なんだか広告を出すたびにメインのコピーを変えていたんですね。青空の下の青いトラクター。「青」という文字を必ず入れる縛りで文句を考えていたということがわかります。よっぽど「青」を売りたかったのでしょう。他の数字で選ぶというコンセプトは共通です。

 

時は流れ、同じ青空の下で当時の青年は何を想うのでしょう。 ただひとついえるのは、明らかに新車より今のほうが「カッコイイ」ってことです。もしかしたら古いものを見すぎて頭がおかしくなっちゃったのかも・・・

時は流れ、当時の青年はもういい年です。同じ青空の下で何を想うのでしょう。
ただひとついえるのは、明らかに新車より今のほうが「カッコイイ」ってことです。もしかしたら古いものを見すぎて頭がおかしくなっちゃったのかも・・・

 

この機体のリヤホイールはツートンカラーになっていますね。オリジナルは全部青のようですけど、これはこれでカッコいいです。

この機体のリヤホイールはツートンカラーになっていますね。オリジナルは全部青のようですけど、これはこれでカッコいいです。

 

雲の合間から青空ものぞいていますが、日差しがありながらも時おり雨が降ってくるようなお天気。なぜか寂しげな雰囲気が漂います。

雲の合間から青空ものぞいていますが、日差しがありながらも時おり雨が降ってくるようなお天気。なぜか寂しげな雰囲気が漂います。

 

時は経ったけれどもまだまだ働けそう。たとえそれが日本でなくても働く場があると信じたいです。

時は経ったけれどもまだまだ働けそう。たとえそれが日本でなくても働く場があると信じたいです。

 

今日はこんなところで・・・また明日!

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 『80年代のクルマっぽい』と思ったら、本当にそうだった。イセキ・ランドホープTU200F「撮りトラ+昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/19]) 大地の恵みさん こん
  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (noraより[12/19]) 一柳進さん こんにち
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/19]) くるまんさん こんに
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) 象印さん こんにちは
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (noraより[12/19]) トラクター狂さん こ
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) 山葵さん こんにちは
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) H2さん こんにちは
  • 『80年代のクルマっぽい』と思ったら、本当にそうだった。イセキ・ランドホープTU200F「撮りトラ+昔のカタログ」へのコメント (大地の恵みより[12/18]) いつも楽しく拝見して
  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (一柳進より[12/15]) コマツWD50トラク
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械