1 2 3 4 5 6 7 853

「青空の下の青年のような青いトラクター」40数年後の青空の下で・・・三菱DトラD2500「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内の中古車屋さんで見た、三菱トラクターD2500「撮りトラ」です。

 

三菱D2500です。目が飛び出してしまってすっかりヤサグレ感が出ていますが、実はそこ以外は程度が良く、各部は現役コンディション。1台だけ他と離れて置かれ、解体されるのか、それとも輸出されるのか、不安いっぱいで沙汰を待っている感じです。

三菱D2500です。目が飛び出してしまってすっかりヤサグレ感が出ていますが、実はそこ以外は程度が良く、各部は現役コンディション。1台だけ他と離れて置かれ、解体されるのか、それとも輸出されるのか、不安いっぱいで沙汰を待っている感じです。

 

油洩れも少なく、手もあちこちに入っていそう・・・エンジンは水冷2気筒1360ccディーゼル、25馬力/2500rpmとなっています。今まで調べたかぎりだと、D2500は1974年〜1975年の2年間だけ製造され、その後D3000にバトンタッチされたようです。

油洩れも少なく、手もあちこちに入っていそう・・・エンジンは水冷2気筒1360ccディーゼル、25馬力/2500rpmとなっています。今まで調べたかぎりだと、D2500は1974年〜1975年の2年間だけ製造され、その後D3000にバトンタッチされたようです。

 

三菱農用トラクタ D2500 三菱M63型 25馬力/2500rpm 1,360cc 小型特殊自動車 運輸省型式認定番号 農860号 三菱 M63型

三菱農用トラクタ
D2500
三菱M63型 25馬力/2500rpm 1,360cc
小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農860号
三菱 M63型

 

この色の切りかえ、もっと大きいのではどうなっていたのでしょう。これを見る限りD2500は顔が白、シートクッションは黒ですね。「青年のような青いトラクター」と「トラクターは機械です。 数字がその実力を正直に語ります。 トラクターは数字で選びましょう。」というところは他と変わっていません。

雑誌の切リ抜きです。思えばこのD2500は赤いRシリーズからDシリーズになり、青く塗られるようになった初期のモデルで、「青」というものを前面に押し出して売られていました。青と言えば「青年」、青のさわやかなイメージとカタログスペックで若者をターゲットにしているようでした。

 

こちらも同じく雑誌の切リ抜きです。なんだか広告を出すたびにメインのコピーを変えていたんですね。青空の下の青いトラクター。「青」という文字を必ず入れる縛りで文句を考えていたということがわかります。よっぽど「青」を売りたかったのでしょう。他の数字で選ぶというコンセプトは共通です。

こちらも同じく雑誌の切リ抜きです。なんだか広告を出すたびにメインのコピーを変えていたんですね。青空の下の青いトラクター。「青」という文字を必ず入れる縛りで文句を考えていたということがわかります。よっぽど「青」を売りたかったのでしょう。他の数字で選ぶというコンセプトは共通です。

 

時は流れ、同じ青空の下で当時の青年は何を想うのでしょう。 ただひとついえるのは、明らかに新車より今のほうが「カッコイイ」ってことです。もしかしたら古いものを見すぎて頭がおかしくなっちゃったのかも・・・

時は流れ、当時の青年はもういい年です。同じ青空の下で何を想うのでしょう。
ただひとついえるのは、明らかに新車より今のほうが「カッコイイ」ってことです。もしかしたら古いものを見すぎて頭がおかしくなっちゃったのかも・・・

 

この機体のリヤホイールはツートンカラーになっていますね。オリジナルは全部青のようですけど、これはこれでカッコいいです。

この機体のリヤホイールはツートンカラーになっていますね。オリジナルは全部青のようですけど、これはこれでカッコいいです。

 

雲の合間から青空ものぞいていますが、日差しがありながらも時おり雨が降ってくるようなお天気。なぜか寂しげな雰囲気が漂います。

雲の合間から青空ものぞいていますが、日差しがありながらも時おり雨が降ってくるようなお天気。なぜか寂しげな雰囲気が漂います。

 

時は経ったけれどもまだまだ働けそう。たとえそれが日本でなくても働く場があると信じたいです。

時は経ったけれどもまだまだ働けそう。たとえそれが日本でなくても働く場があると信じたいです。

 

今日はこんなところで・・・また明日!

 

 

 

 

 

80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」

訪問客の少ない休みの日には、見に来る人のさらに少ない田植機の話を・・・

 

年に1回しか使われず、泥水をすすって痛みも早く、若干そのスタイルもトラクターに比べて美しくない・・・そのためかどうなのか、早々に解体され忘れ去られてしまう田植機の情報はとっても少ないです。

 

そんなかわいそうな田植機の情報を記録しようという「田植機考古学」は、今日のように雨模様の暗い日曜日にふさわしいです。

 

何も見えないから掘っているスコップの先に「カチン」と当たるとワクワクするんです。もちろんよく知っている人は知っているわけで、「そんなのあたりまえじゃん」なわけですけど、そこは知らない人だけが楽しめる特権といってもいいのではないでしょうか?

田植機はトラクターに比べて情報が少なく、僕にとってみればどこを掘っていいかわからない暗黒大陸です。それだけに、当社比で何かを見つけたときは手柄を独り占め感があります。

 

クボタの田植機6条植え、バブルの空にかかった虹、S1-600SDです。その虹も解体屋さんの敷地の中ではなく、外の塀沿いに並べられているというか放置されているというか・・・いかんいかん・・・雨模様の暗い日曜日のせいでしょうか、雰囲気も暗くなってきました。

クボタの田植機6条植え、バブルの空にかかった虹、S1-600SDです。その虹も解体屋さんの敷地の中ではなく、外の塀沿いに並べられているというか放置されているというか・・・いかんいかん・・・雨模様の暗い日曜日のせいでしょうか、雰囲気も暗くなってきました。

 

クボタ田植機の系譜は今ここまで発掘された・・・ということでしょうか。まだまだ出てきそうです。

RAINBOWは林寛子さんの春風の次に構築されたラインナップです。

 

クボタの田植機6条植え、バブルの空にかかった虹、S1-600SDです。その虹も解体屋さんの敷地の中ではなく、外の塀沿いに並べられているというか放置されているというか・・・いかんいかん・・・雨模様の暗い日曜日のせいでしょうか、雰囲気も暗くなってきました。

農研機構で調べてみると、クボタS1-610Rが1990年の登録、クボタS1-800RUDMが1989年の登録で80年代のものには間違いなさそうです。

 

さらに調べてみると、クボタの取扱説明書があることがわかりました。

さらに調べてみると、クボタの取扱説明書があることがわかりました。

 

この取説に、昭和61年8月(1986年8月)の日付でS1-600HDの田植機検査成績表が載っています。ですから、きっと80年代中頃のものなのでしょう。

この取説に、昭和61年8月(1986年8月)の日付でS1-600HDの田植機検査成績表が載っています。ですから、きっと80年代中頃のものなのでしょう。

 

今気がつきましたが、田植機として、カタマリ感があり、ムダがない、まとまりのあるデザイン。トラクターに通じるものがあります。

今気がつきましたが、田植機としてカタマリ感があり、ムダがない、まとまりのあるデザイン。トラクターに通じるものがあります。いいじゃないですか!レインボー!

 

超フラットのインパネが面白いです。ラインの色合いも好みです。

超フラットのインパネが面白いです。ラインの色合いも好みです。

 

今気になることはこのときも気になったようで、ちゃんと写真を撮っています。この「昔から見た未来的表現」の計器、もしかしてマーカーのラインから外れたら警告してくれるのだろうか・・・まさかねえ・・・

今気になることはこのときも気になったようで、ちゃんと写真を撮っています。この「昔から見た未来的表現」の計器、もしかしてマーカーのラインから外れたら警告してくれるのだろうか・・・まさかねえ・・・

 

S1-600SDはクボタGS280-PBN 空冷4サイクルガソリンエンジン 5,5馬力/1800rpm (最大7.5馬力)SDとHDの違いはタイヤの違いとパワステの有り無しのようです。(SDはパワステ付き)

S1-600SDはクボタGS280-PBN 空冷4サイクルガソリンエンジン 5,5馬力/1800rpm (最大7.5馬力)SDとHDの違いはタイヤの違いとパワステの有り無しのようです。(SDはパワステ付き)

 

ボディは金属なんですね!

ボディは金属なんですね!

 

解決はしませんでしたが、「なぜC?」と思って撮った写真。

解決はしませんでしたが、「なぜC?」と思って撮った写真。

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 古いけど生き生きしてる。FIAT640とその計器「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/02]) furuさん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/02]) hokaidouji
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械