1 2 3 4 5 6 7 8 9 175

超古いかと思ったら、そうでもなかった。ヤンマー歩行型田植機AP200+その他@ダイナミックフェア2018

今日はMさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2018(JAグループ茨城の第44回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)で見た、中古田植機、特にヤンマーの歩行型AP200が古そうだったので、これをおもに取りあげています。

 

ヤンマーの歩行型田植機AP200(2条植)です。あちこち飛び出していず、ギュッと詰まったコンパクトな形。

ヤンマーの歩行型田植機AP200(2条植)です。あちこち飛び出していず、ギュッと詰まったコンパクトな形。一番先に目についたのは、ヘッドライトがついているところ。歩行型で夜間作業(とはいっても、このライトでは大したことはできないでしょうが・・・)することもあったのですね。

 

値札には、ヤンマー 歩行田植機 AP200 中古価格¥60,000 部品供給一部不可 とあります。 農研機構の登録では1992年(26年前ですか・・・) 歩行型2条 1.9PS マット苗 クランク式植付機構 条間30cm とあります。

値札には、ヤンマー 歩行田植機 AP200 中古価格¥60,000
部品供給一部不可
とあります。
農研機構の登録では1992年(26年前ですか・・・)
歩行型2条 1.9PS マット苗 クランク式植付機構 条間30cm
とあります。
エンジン部分には、OHV YANMAR GA90 フィンガースタート
と書いてあります。最近はやりの軽い力でエンジンが掛かるスターターがついている・・・というわけですね。「結構新しいもの」というのがここからもわかります。

 

農業近代化の歩みを世界へ 「農機事業」というヤンマーのpdfでは、1967 年 5 月にいち早くひも苗式の田植機(動力苗まき機)TP21 を発売したにもかかわらず、市場をマット苗式に席巻された苦い記憶として記されている田植機部門。同PDFには『1972(昭和 47)年 2 月にヤンマー農機、ダイキン工業、神崎高級工機の3社技術陣で新たなプロジェクトチームを結成して散播・マット式田植機の開発に取り組み、同年末には AP2 を、翌 1973 年8月には YP2 を発表した。』と書かれています。また、ヤンマー100年史にも同じく『田植機「伊吹」YP2、YP4を発表』とありますので、誕生日は間違いなさそうです。そして1974年。他社に出遅れた分、感性に訴えることにしたのでしょうか。カタログはおねえさん少なめ、風景が多めになっています。

ヤンマーの田植機で一番古い(ほぼ)のはこのYP2、伊吹で1973年発売・・・(詳しくは「出遅れたので感性に訴える。1974年ヤンマー田植機(マット苗歩行式)“伊吹”「昔のカタログ」」の記事をどうぞ)

農業近代化の歩みを世界へ 「農機事業」というヤンマーのpdfでは、1967 年 5 月にいち早くひも苗式の田植機(動力苗まき機)TP21 を発売したにもかかわらず、市場をマット苗式に席巻された苦い記憶として記されている田植機部門。同PDFには『1972(昭和 47)年 2 月にヤンマー農機、ダイキン工業、神崎高級工機の3社技術陣で新たなプロジェクトチームを結成して散播・マット式田植機の開発に取り組み、同年末には AP2 を、翌 1973 年8月には YP2 を発表した。』と書かれています。また、ヤンマー100年史「資料・年表」にも同じく『田植機「伊吹」YP2、YP4を発表』とありますので、誕生日は間違いなさそうです。そして1974年。他社に出遅れた分、感性に訴えることにしたのでしょうか。カタログはおねえさん少なめ、風景が多めになっています。

 

これなんかもそうです。ヤンマー田植機の広告。一番上の目立つところに若い女性の写真が何の説明もなく・・・浅芽陽子。「なぁ、みんなどう思う。」っていわれてもねえ・・・

1978年、ヤンマー田植機の広告。ヤンマーの田植機の愛称は発表から5年後には「伊吹」から「いちばん苗」に変わっています。型番も伊吹の後継を匂わせるYP200(農研機構の登録は1977年)。もしかしたら間にYP20とかをはさんでいたかもしれませんね。伊吹のカタログが匿名おねえさんイメージキャラクター(しかも風景が多めなので露出少なめ)だったのに比べ、当時の有名人浅茅陽子を起用しています。このあたり機械が他社に追いついたので、広告手法も他社に倣ったのかもしれません。

 

そして1992年のAP200というわけです。

そして1992年のAP200というわけです。

 

たくさん写真とっているんですみません・・・せっかくなので見てください。

たくさん写真とっているんですみません・・・せっかくなので見てください。

 

エンジンは横置き。正面からは結構迫力があります。やはり四角く小さなライトが目を引きます。

エンジンは横置き。正面からは結構迫力があります。やはり四角く小さなライトが目を引きます。

 

スポット的な用途なのでしょうか・・・暗い中、田植えをするのに目標が見えないとまっすぐ植えられないですものね。あ!この小さな ランプは今仙電機製でした。

スポット的な用途なのでしょうか・・・暗い中、田植えをするのに目標が見えないとまっすぐ植えられないですものね。あ!この小さな
ランプは今仙電機製でした。

 

エンジンはヤンマーガソリンエンジン GA90SR 連続定格出力 1.9PS/1600rpm 最大出力 3PS 総排気量 0.088ℓ

エンジンはヤンマーガソリンエンジン
GA90SR
連続定格出力 1.9PS/1600rpm
最大出力 3PS
総排気量 0.088ℓ

 

AP200については以上でした。続いて他の中古田植機です。

 

イセキ田植機 PG5DU 中古価格 ¥200,000

イセキ田植機
PG5DU
中古価格 ¥200,000

 

ヤンマー田植機 Pe4AR 中古価格 ¥178,000 備考 別途苗取板、取扱説明書あり

ヤンマー田植機
Pe4AR
中古価格 ¥178,000
備考 別途苗取板、取扱説明書あり

 

クボタ田植機 NSU65 中古価格 ¥1,500,000 備考 別途苗取板あり

クボタ田植機
NSU65
中古価格 ¥1,500,000
備考 別途苗取板あり

 

クボタ田植機 SPU850 中古価格 ¥630,000 使用時間 438時間

クボタ田植機
SPU850
中古価格 ¥630,000
使用時間 438時間

 

今日はここまでです。また明日!

 

寛子も乗れます!かわいいチビコン。クボタコンバインHX350「昔のカタログ」

今日はトラクター狂さんに送っていただいた昔のカタログシリーズ。1978年(昭和52年)、林寛子さんのクボタコンバインHX350です。トラクター狂さん、いつもありがとうございます!!

 

クボタ 乗用2条刈り HX350 愛称はチビコン 乗る超小型、寛子も乗れます!かわいいチビコン ★新登場★ カタログおねえさんを大々的にフューチャーしたカタログです。しかし匿名おねえさんではなく、林寛子さんを起用しています。最後のページの数字を見ると昭和52年のもののようで、とすれば1977年のカタログということになります。

クボタ 乗用2条刈り HX350
愛称はチビコン
乗る超小型、寛子も乗れます!かわいいチビコン
★新登場★
カタログおねえさんを大々的にフューチャーしたカタログです。しかし匿名おねえさんではなく、林寛子さんを起用しています。最後のページの数字を見ると昭和52年のもののようで、とすれば1977年のカタログということになります。

ポイントは『乗る』

 

ブルトラの頃のカタログと同じ体裁でクボタ乗用田植機、乗用6条植 SPR600とあります。

林寛子さんはブルトラアタッチメントのSPR600、乗る春風にも登場していました。詳しくはわかりませんが、このカタログは林寛子さんがデビューする1973年〜1976年(1977年にはこの進化形のSPR6000が出ています)くらいもの。どうもこのころクボタは小型の乗用作業機を次々と作り「乗る」ということをウリにしていたようです。

 

デミング賞

 

すぐれた品質管理。デミング賞受賞・・・と書かれています。これ、見たことあります。

すぐれた品質管理。デミング賞受賞・・・と書かれています。これ、見たことあります。

 

クボタL2601のカタログです。巻末の番号によると1977年のものと思われます。商品であるトラクターが大きく扱われた表紙。しかも顔は右上を見上げた感じ。クボタトラクター新時代の幕開け・・・といった雰囲気の表紙じゃないですか?

ちょうど同じ頃、1977年のものと思われるクボタL2601のカタログです。これまた同じく右上にデミング賞受賞のマークが見えますよね?

 

ウィキペディアによると

デミング賞(デミングしょう、Deming Prize)は、TQM(総合品質管理)の進歩に功績のあった民間の団体および個人に授与されている賞。日本科学技術連盟により運営されるデミング賞委員会が選考を行っている。アメリカの品質管理の専門家であるW・エドワーズ・デミングからの寄付を契機として設立された。

委員会の会長には経済団体連合会の会長が就任している。デミング賞大賞(旧:日本品質管理賞)、デミング賞本賞、デミング賞(旧:デミング賞実施賞)があり、デミング賞には実施賞,中小企業賞,事業部賞,事業所表彰がある。

そして、日本科学技術連盟のWEBサイトに行ってみると、自ら応募し、審査の結果、合格点に達していると認められた組織すべてに賞が授与されるみたいです。

で、過去の受賞のページを見ると、1976年

久保田鉄工株式会社内燃機器事業本部
内燃機器研究本部
(事業所表彰)
久保田鉄工株式会社内燃機器事業本部
内燃機器製造本部堺製造所
(事業所表彰)

とあります。

 

あ・・・と思ったら、ちゃんと軽トラに積載している写真が載ってます。これは2ストキャリーかなぁ・・・僕、昔乗っていたことあります。当時もう既にポンコツの旧車でした。グリーンのヤツ。船みたいで「魚雷艇」って呼んでました。 価 格 は 歩 行 形 な み 世界最小の乗用チビコン とあります。 軽トラに載るのかな

小さいって軽トラに載るくらいかなあ・・・と思ったら、ちゃんと軽トラに積載している写真が載ってます。これは2ストキャリーかなぁ・・・僕、昔乗っていたことあります。グリーンのヤツ。当時もう既にポンコツの旧車で、船みたいにみえて「魚雷艇」って呼んでました。

価 格 は 歩 行 形 な み
世界最小の乗用チビコン

とあります。ん?世界?

 

わが国初の国産トラクタを送り出して10数年・・・日本のトラクタの先駆者としての道のりを歩んできたクボタトラクタは、いまや名実ともに日本を代表するトラクタに成長しました。世界に誇るその技術、その実績、その伝統。L2601はクボタのすべてを結集した快心作です。 とあります。

1977年のものと思われるクボタL2601のカタログに戻ります。

「世界の名門トラクタ」わが国初の国産トラクタを送り出して10数年・・・日本のトラクタの先駆者としての道のりを歩んできたクボタトラクタは、いまや名実ともに日本を代表するトラクタに成長しました。世界に誇るその技術、その実績、その伝統。L2601はクボタのすべてを結集した快心作です。

とあります。デミング賞もそうですが、クボタはこのころ輸出も増え、「国内最少」とか「日本の名門」などには目もくれず、「世界」を見据えていたのですね。ただ、「世界」のキャッチフレーズは、その後あまり見かけなくなったように思います。

 

刈り幅650ミリ・・・というのがすごいですね。歩行形の草刈機みたい。しかし、そんなことよりこのページの見所は、右上の 稲作一貫体系を追求した大きな秋の能率コンビ モミ収納に・・・ クボタ純正もみ袋 でしょう!

刈り幅650ミリ・・・というのがすごいですね。歩行形の草刈機みたい。しかし、そんなことよりこのページの見所は、右上の

稲作一貫体系を追求した大きな秋の能率コンビ
モミ収納に・・・
クボタ純正もみ袋

でしょう!

 

同じ時代のコンバインカタログを見て気がついたこと

 

クボタ 乗用2条刈り HX350 愛称はチビコン 乗る超小型、寛子も乗れます!かわいいチビコン ★新登場★ カタログおねえさんを大々的にフューチャーしたカタログです。しかし匿名おねえさんではなく、林寛子さんを起用しています。最後のページの数字を見ると昭和52年のもののようで、とすれば1977年のカタログということになります。

既出ですが、林寛子さんが着ている服を見てよく覚えていてください。オーバーオールに赤いチェックのシャツです。以下、コンバインカタログ表紙が続きます。

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 古いけど生き生きしてる。FIAT640とその計器「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/02]) furuさん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/02]) hokaidouji
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械