1 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 216

物語はこんなきっかけから動き出す・・・クボタX-20「撮りトラ」

レトロフューチャーであり、人類(まあ、アメリカですけど、あえてそう言っときます)が新たなフロンティアを目指してチャレンジした実験機・記録機シリーズのXプレーン、そして宇宙への挑戦、月へ行く想いを運んだサターンの名を冠した田んぼのフロンティア、クボタX-20。

それだけなら変わった名前の小さなトラクターで終っちゃったんですけど・・・愛読者さんにいただいたコメントでは

私の記憶が確かなら、サターンっていうのは、ラジエータファンが後ろから前へ風を送っていた変わり種機種ではなかったでしょうか?

車などと違い、トラクターでは走行風圧がほとんど無視できるので、排風を前へ出せば、運転席の足下へモワッとした熱風が出て来ないという思想の設計だと聞いたように思います。

で、代わりにバッテリーが熱せられ、夏場に長時間使用すると、バッテリーの寿命が短くなりがちだとか何とか・・・そういうオチだったと思います。

こういう、何といいますか固有のエピソードは興味深い・・・人間臭いお話がたくさん飛び出してきそうで、ほんとうにおもしろいです。急に頭の中でこのトラクターが一斉に動き出した感じ・・・

もしかしたら本当に新たなフロンティアに漕ぎだした野心的なマシーンだったのかもしれませんね。(どうもコケちゃったらしく、変わったトラブルで人々の記憶に残っているみたいですけど・・・)

へえええ・・・実際はどうだったのだろう?

クボタのWEBサイトで取説のダウンロード&閲覧ができるんです。これは素晴らしい・・・それと、この取説、シロウトにも本当にわかりやすい。耕耘の仕方、爪の配置、レバー類の役割すごく丁寧にかいてあります。ダッシュボードの隅に突っ込んで何年も見ていない方、なくしちゃった方、是非もう一度読み物として読んでみませんか? http://www.kubota-nouki.jp/manual/index.html

クボタのWEBサイトで取説のダウンロード&閲覧ができるんです。これは素晴らしい・・・それと、この取説、シロウトにも本当にわかりやすい。耕耘の仕方、爪の配置、レバー類の役割すごく丁寧にかいてあります。ダッシュボードの隅に突っ込んで何年も見ていない方、なくしちゃった方、是非もう一度読み物として読んでみませんか? http://www.kubota-nouki.jp/manual/index.html

X-20は排風を前へ出しているのか?

貴重な取説が読めます。これぞデジタルの恩恵

貴重な取説が読めます。これぞデジタルの恩恵

この図ですが、運転席側から見て防虫網がラジエターコアの後ろにあります。もし、前からフレッシュエアを吸入しているとすると、防虫網がラジエターコアの後ろにあっては、エアクリーナーに入る空気のゴミを取り除けますが、ラジエターのコアにゴミが詰まるのを防げません。それならばラジエターコアの前に防虫網をレイアウトするのがリーズナブルです。しかしそれをしていない。これは中から外に向かってファンで空気を送っていると考えてよいのではないでしょうか?

この図ですが、運転席側から見て防虫網がラジエターコアの後ろにあります。もし、前からフレッシュエアを吸入しているとすると、防虫網がラジエターコアの後ろにあっては、エアクリーナーに入る空気のゴミを取り除けますが、ラジエターのコアにゴミが詰まるのを防げません。それならばラジエターコアの前に防虫網をレイアウトするのがリーズナブルです。しかしそれをしていない。これは中から外に向かってファンで空気を送っていると考えてよいのではないでしょうか?

X-20バッテリーが熱せられ、夏場に長時間使用すると、バッテリーの寿命が短くなりがち。バッテリーの位置は?

X-20バッテリー図 この図で行けば暖められた空気が常にバッテリーにかかります。当然バッテリーの温度は上昇しそうです。

X-20バッテリー図 この図で行けば暖められた空気が常にバッテリーにかかります。当然バッテリーの温度は上昇しそうです。

クボタトラクター X-20

このX-20の写真を見てもクリル越しの下のほうに見えているのはバッテリーだとわかります。

補強1 GL300図

MさんのマシーンクボタGL300だとこうなります。この図から行くとどうもGL300の防虫網は運転席側から見てラジエターコアの前にあります。そして冷却ファンのプロペラピッチがX-20とは逆! ここからGL300は前から取り入れたフレッシュエアを後ろに流しているのだと想像できます。

MさんのマシーンクボタGL300だとこうなります。この図から行くとどうもGL300の防虫網は運転席側から見てラジエターコアの前にあります。そして冷却ファンのプロペラピッチがX-20とは逆! ここからGL300は前から取り入れたフレッシュエアを後ろに流しているのだと想像できます。

補強2 GL261図

こちらはGL261の図。これも防虫網は運転席側から見てラジエターコアの前。そしてバッテリーも前。つまり、前からフレッシュエアを取り入れ、後ろに流しています。冷たい空気がかかるのでバッテリーは大丈夫そうです。

こちらはGL261の図。これも防虫網は運転席側から見てラジエターコアの前。そしてバッテリーも前。つまり、前からフレッシュエアを取り入れ、後ろに流しています。冷たい空気がかかるのでバッテリーは大丈夫そうです。

パッと探しても前から後ろに流す機体が多いです。どうもクボタXシリーズはユニークな感じです。意欲作なんです。

しかし重機では珍しくなかったらしい

教官のMさんがいうには、重機はホコリっぽい所で、しかも低速で使われるので運転席側から前方に向かって空気を流している機体が多かったのとのことです。ですから冬、寒いときにはブルの前に回って抱え込むようにして暖をとったのだそうです。

エンジンを掛けっぱなしで前へ回れば温風ヒーター。股火鉢ならぬ股けいてぃーですね!

エンジンを掛けっぱなしで前へ回れば温風ヒーター。股火鉢ならぬ股けいてぃーですね!

どうりで小さいトラクタの割にフロントグリルが立派だと思いました。X-20、愛せる感じがしてきました。持ってないですけどね。

クボタX-20 SATURN?撮りトラ

クボタX-20 サターン 全農 この字面だけ見るとものすごいし、モーレツに宇宙を感じます。このXの文字、飛んでます。それともダブルエックスなのかな?XX-20?

クボタX-20 サターン 全農 この字面だけ見るとものすごいし、モーレツに宇宙を感じます。このXの文字、飛んでます。それともダブルエックスなのかな?XX-20?

今日は農機センターで見つけた「kubota X-20 SATURN 全農」撮り虎です。

時は60〜70年代

サターン 全高110.6m /直径10.1mの巨大なロケット

サターン 全高110.6m /直径10.1mの巨大なロケット

そしてスペースプレーンX-20 同じく60年代のもの・・・形もビミョーに似てるかなあ

そしてスペースプレーンX-20 同じく60年代のもの・・・形もビミョーに似てるかなあ

kubota X-20 SATURN

田んぼのX-20 田んぼのサターン だって全農だもの 

80年代後半か90年代前半の機体らしい

サターンから30年後、宇宙をイメージして作られたのかもしれないクボタトラクターX-20は、水冷4サイクル4気筒!1335cc 20馬力。

サターンから30年後、宇宙をイメージして作られたのかもしれないクボタトラクターX-20は、水冷4サイクル4気筒!1335cc 20馬力。

クボタトラクター X-20

宇宙を感じます

これもスクアエタイプ

クボタトラクター X-20

さすがに90年代 ラウンドして回り込んだグリルがサイドのパネルに喰い込んでいます。よく見るとものすごく複雑な形状です。

しかし、こんなレトロフューチャーな香り漂う・・・それにしても「中国製ですが、大きめサイズで存在感がありお得です。」とあるこのロボット。おトクですって言う売文句にググっときました。オモチャだけどおトクという感覚・・・気がつかなかった。

しかし、こんなレトロフューチャーな香り漂う・・・それにしても「中国製ですが、大きめサイズで存在感がありお得です。」とあるこのロボット。おトクですって言う売文句にググっときました。オモチャだけどおトクという感覚・・・気がつかなかった。

クボタトラクター X-20

スペースプレーンのX-20に見えないこともない

クボタトラクター X-20

このあたりのことはよくわかりません

クボタトラクター X-20

アワーメーターは536時間 これもどんなものかイメージできません

小型特殊自動車てtステッカーが貼ってある! これなら免許は自動二輪についてるんですよね?確か。運転できるな。

小型特殊自動車てtステッカーが貼ってある! これなら免許は自動二輪についてるんですよね?確か。運転できるな。

クボタトラクターX-20

これにも非常脱出ペダル「デフロック」がついてる! なんだか段々詳しくなってきたぞ!

クボタトラクターX-20

運転できそうな気がしてきた

クボタトラクターX-20

これが自動水平調整機構のパネルですね? 何が何だかわかってきたゾ

クボタトラクターX-20

これがおなじみの・・・

畑のトラクターでおなじみのデプスコントロールとポジションコントロールですね!(といってもまだようくは理解できてないんですけど・・・)

クボタトラクターX-20

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (ヒデより[02/16]) 私もこのトラクター使
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (山葵より[02/13]) 強烈な朝顔ハンドルは
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤三晃より[01/27]) つくばのクボタのとこ
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (noraより[01/24]) 塚本さん こんにちは
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (塚本浩一郎より[01/24]) 書記さんおはようござ
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (noraより[01/24]) 塚本さん おはようご
  • ユーティリティビークルにはグレード存在するのか?O特派員と行くバーチャルツアーその13@ダイナミックフェア2019へのコメント (noraより[01/24]) 匿名さん おはようご
  • FORD3000とフェイスガード色々とその考察へのコメント (noraより[01/24]) ビリーさん おはよう
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (塚本浩一郎より[01/23]) 私、竜ヶ崎で営農組合
  • ユーティリティビークルにはグレード存在するのか?O特派員と行くバーチャルツアーその13@ダイナミックフェア2019へのコメント (匿名より[01/23]) 屋根ですね
  • FORD3000とフェイスガード色々とその考察へのコメント (ビリーより[01/21]) こんにちは、個人的に
  • もう稲わらの顔を見なくていい毎日へのコメント (hyoukou240mより[01/13]) はようございます
  • 管理人よりへのコメント (noraより[01/04]) 六郎田一馬さん 明け
  • 管理人よりへのコメント (六郎田一馬より[01/04]) こんにちは。明けまし
  • 「ラク」「カンタン」はこの頃から・・・クボタサンシャイン「昔のカタログ」へのコメント (作業所ひなの農作業用トラクター! | 作業所ひなのブログより[01/01]) […]
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/28]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/19]) 実家に帰った時に写真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) 「フランスとドイツで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/18]) noraさんhoka
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械