1 2 3 4 5 6 7 185

〜がついていますから、便利です。FIAT415、411/451クローラ、昔のクボタ総合カタログ

今日は札幌農学校第二農場で見た、昭和40年代のクボタ総合カタログ(そんな感じです)の中の、FIAT415クローラタイプのFIAT411/451「昔のカタログシリーズ」です。

 

白衣のオペレーターが印象的なカラー最後のページ。後ろのほうに控えているのが今回紹介するFIATのトラクターですね!右奥にちらっと見えているのは国産なのに色が赤いから追いやられ体待ったのでしょうか。

白衣のオペレーターが印象的なカラー最後のページ。後ろのほうに控えているのが今回紹介するFIATのトラクターですね!右奥にちらっと見えているのはクボタST22です。国産なのにあんなに隅に追いやられているのは、色がFIATと同じような赤だからでしょうか。

 

以前L13GR、L170R、L200R、L27R、L35R、ST22と紹介してきました。 カタログはまだまだ続きますが、あとはアタッチメントやオプションの紹介で、具体的な機種についてはこれが最後になります。

以前L13GR、L170RL200R、L27RL35R、ST22と紹介してきました。
カタログはまだまだ続きますが、あとはアタッチメントやオプションの紹介で、具体的な機種についてはこれが最後になります。

 

■フィアット製のエンジンは、振動が少なく、負荷の変化に対して十分の余裕を持つ高出力の水冷ディーゼルです。 ■コントラマチックウエイとトランスファームシステムで牽引力を増加し、牽引に直接効果のないムダな重量を省いた軽量トラクタです。 ■トラクタの牽引負荷をいつも一定に保つことのできるドラフトコントロール(牽引負荷の自動調節)ができますから、過負荷による車輪のスリップやエンストを防止します。 ■作業機の上下位置を一定に保つポジションコントロール(位置制御)ができますから、プラウ耕などの場合耕深を一定に保つことができます ■油圧ポンプは、エンジン直接駆動ですら、クラッチを切っても作業機は作動します。 ■2段ペダル式のダブルクラッチになっていますので、トラクタの走行を停止してもPTO軸は独立して作動します。また、走行に合わせたPTO回転(グランドPTO)を得ることもできます。 ■PTO軸の回転数は、国際規格の540回転/分です。別に高速回転の直結PTO軸もついています。 ■デファレンシャルロックがついていますから差動装置を固定することができます。プラウ耕や、湿田での片輪スリップの心配がありません。 ■燃料、潤滑油、吸入空気は、すべて二重ろ過装置になっており、特に潤滑油は、遠心オイルフィルターによって金属粉などを完全に取り除きます。 (415形は3重沪過) ■ブレーキは、ミッションの内側にとりつけられていますので、防塵防水が完全で、水田作業も安心してできます。 ■速度計、エンジン回転計、PTO回転計、アワーメーターが一体となったトラクターメーター、油圧計、冷却水温度計、チャージランプなどを計器板ライトが照らしますから、夜でも機械の状態がすぐわかります。

FIAT415/615のセールストークを書き写してみます。

■フィアット製のエンジンは、振動が少なく、負荷の変化に対して十分の余裕を持つ高出力の水冷ディーゼルです。
■コントラマチックウエイとトランスファームシステムで牽引力を増加し、牽引に直接効果のないムダな重量を省いた軽量トラクタです。
■トラクタの牽引負荷をいつも一定に保つことのできるドラフトコントロール(牽引負荷の自動調節)ができますから、過負荷による車輪のスリップやエンストを防止します。
■作業機の上下位置を一定に保つポジションコントロール(位置制御)ができますから、プラウ耕などの場合耕深を一定に保つことができます
■油圧ポンプは、エンジン直接駆動ですら、クラッチを切っても作業機は作動します。
■2段ペダル式のダブルクラッチになっていますので、トラクタの走行を停止してもPTO軸は独立して作動します。また、走行に合わせたPTO回転(グランドPTO)を得ることもできます。
■PTO軸の回転数は、国際規格の540回転/分です。別に高速回転の直結PTO軸もついています。
■デファレンシャルロックがついていますから差動装置を固定することができます。プラウ耕や、湿田での片輪スリップの心配がありません。
■燃料、潤滑油、吸入空気は、すべて二重ろ過装置になっており、特に潤滑油は、遠心オイルフィルターによって金属粉などを完全に取り除きます。
(415形は3重沪過)
■ブレーキは、ミッションの内側にとりつけられていますので、防塵防水が完全で、水田作業も安心してできます。
■速度計、エンジン回転計、PTO回転計、アワーメーターが一体となったトラクターメーター、油圧計、冷却水温度計、チャージランプなどを計器板ライトが照らしますから、夜でも機械の状態がすぐわかります。

 

fiat415

以前見たFIAT415です。フィアット4気筒ディーゼル 2,270cc 45馬力 1965年から1968年まで生産されていたそうです。

 

スペックのほうは615が隠れてしまって見えません。 かいつまんで書いておくと・・・ FIAT 211R シリンダ数 2 総行程容積 1,135cc 出力 20ps 回転速度 2300rpm FIAT 315 シリンダ数 4 総行程容積 1,901cc 出力 35ps 回転速度 2500rpm FIAT415/415S シリンダ数 4 総行程容積 2,270cc 出力 45ps 回転速度 2500rpm

こちらはFIAT615のカタログ写真。スペックは615が隠れてしまって見えません。
かいつまんで書いておくと・・・

FIAT 211R
シリンダ数 2 総行程容積 1,135cc 出力 20ps 回転速度 2300rpm
FIAT 315
シリンダ数 4 総行程容積 1,901cc 出力 35ps 回転速度 2500rpm
FIAT415/415S
シリンダ数 4 総行程容積 2,270cc 出力 45ps 回転速度 2500rpm

となっています。

(さらに…)

なんだか『こなしてる』感じ。クボタL1801/1801DT「昔のカタログ」

今日は「撮りトラに今までL1801は出てこなかったのでは?」と、トラクター狂さんが送ってくれた、クボタL1801/1801DT「昔のカタログシリーズ」です。トラクター狂さん、ありがとうございます!!

 

カタログはL1801とL1801DT別々なのですが、内容的にはほぼ同じ・・・両者を比べながら見ていきたいと思います。まずはL1801のカタログ表紙から。 ニューダイナミックシリーズと銘打っていますね。

カタログはL1801とL1801DT別々なのですが、内容的にはほぼ同じ・・・両者を比べながら見ていきたいと思います。まずはL1801のカタログ表紙から。畑を耕すL1801が表紙です。ニュー・ダイナミックシリーズと銘打っていますね。

 

 

クボタL1801の安全鑑定は1977年、しかし、小型特殊自動車の型式認定番号は、クボタL1801DT=農978、クボタL1801=農979・・・と、連番でどちらも1976年ということになっていますから、まあ、ほぼ同時に発売されたのでしょう。

クボタL1801の安全鑑定は1977年、しかし、小型特殊自動車の型式認定番号は、クボタL1801DT=農978、クボタL1801=農979・・・と連番で、どちらも1976年ということになっていますから、まあ、ほぼ同時に発売されたのでしょう。

 

一方こちらはL1801DTの表紙です。代かきをするL1801DT・・・両者を比べてみると、畑作用は二駆のL1801。稲作用は四駆のL1801DTと分けていたことが伺えて興味深いです。表紙の写真、いい写真ですね〜。キャッチフレーズは「Double Traction」とだけ、ニューダイナミックシリーズではないようです。ここも興味深い・・・

一方こちらはL1801DTの表紙です。代かきをするL1801DT・・・両者を比べてみると、畑作用は二駆のL1801。稲作用は四駆のL1801DTと分けていたことが伺えて興味深いです。表紙の写真、いい写真ですね〜。キャッチフレーズは「Double Traction」とだけ、ニューダイナミックシリーズではないようです。ここも興味深い・・・

 

kubota attachment catalog for "BULLTRA" B-series.

↑表紙のL1801DTは『クボタブルトラ用アタッチメントカタログ・・・「昔のカタログ」』で見た、代かき整地板を使っていますね!

 

 

L1801カタログです。実は内容的にはなんら引っ掛るところがありません。どちらかといえば淡々と「こなしている」感なんです。

L1801カタログです。実は内容的にはなんら引っ掛るところがありません。どちらかといえば淡々と「こなしている」感じなんです。

 

こちらはL1801DT。ダブルトラクション・・・すなわち四駆を売りにしてはいますが、末尾00シリーズでもう四駆は完成していましたし、極めて落ち着いたトーンという感じです。強いていえばクリープが付いた・・・というのが目新しい部分でしょうか・・・

こちらはL1801DT。ダブルトラクション・・・すなわち四駆を売りにしてはいますが、末尾00シリーズでもう四駆は完成していましたし、極めて落ち着いたトーンという感じです。強いていえばクリープが付いた・・・というのが目新しい部分でしょうか・・・

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) それとやはり、安くて
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) I・ANDOさん 真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[02/17]) noraさんhoka
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/07]) noraさんando
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (H2より[02/04]) もう一点ですけど、こ
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (みみずくより[02/02]) ルンバ式モアーの紹介
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械