1 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 186

クボタL13G何歳なんだろ・・・「撮りトラ」

クボタL13G

う〜ん・・・カワイイ! 足が詰まっていてずいぶん幅狭背高に見えます。

永続キャンペーン中、「撮りトラ」の続きでトラクターの顔収集家k-workさんが送ってくれたクボタL13Gです。

k-workさんがお店の人から聞き出したお話によると昭和35年製だそうで、ということは1960年製?? それだと今年で53歳ということになりますが・・・ちょっと調べてみました。

大体その頃には作ってたみたいです

クボタの会社沿革にこんなことが書いてありました。

クボタの会社沿革にこんなことが書いてありました。

1960年で畑作用トラクターを開発・商品化、そして1962年に水田用トラクターの製造開始・・・この写真のラインに並んでいるのはL13Gのご兄弟ですよね?

一方北海道クボタのブログにこんなことが・・・L13Gは2009年時点で42歳と書かれている・・・ということは1967年製ということになります。昭和35年生まれということはないけど、1962年に生産が始まって1967年まで作っていたということはありそうですねぇ。

一方北海道クボタのブログにこんなことが・・・L13Gは2009年時点で42歳と書かれている・・・ということは1967年製ということになります。昭和35年生まれということはないけど、1962年に生産が始まって1967年まで作っていたということはありそうですねぇ。

ネットをさまよっていたらこんなモノを見つけました。クボタの企業紙でしょうか?(http://giweb.kubota.co.jp/back_number/tractor/tractor_01/index.html)国産初のクボタ畑作用トラクターは赤いボディーのT15というマシンでした。なんか速そう! スガノ農機の博物館にいらっしゃるようです。

ネットをさまよっていたらこんなモノを見つけました。クボタの企業紙でしょうか?(http://giweb.kubota.co.jp/back_number/tractor/tractor_01/index.html)国産初のクボタ畑作用トラクターは赤いボディーのT15というマシンでした。なんか速そう! スガノ農機の博物館にいらっしゃるようです。

クボタトラクター年表かなにかないのかなあ・・・

探しているとWEB制作会社が制作実績として、フラッシュでクボタトラクター年表を作ったと書いてある・・・これ見たい!

探しているとWEB制作会社が制作実績として、フラッシュでクボタトラクター年表を作ったと書いてある・・・これ見たい!

探しにいくと見事に下げられてます。きっと50年のあゆみっていう節目を過ぎたら「なんだかおかしいんじゃん?」という社内の声を受けて下げられてしまったのかもしれません・・・残念。

更に探すと・・・

オレンジスタイル(http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/os/history/index.html)と言う別サイトに縮小・移動されていました。

オレンジスタイル(http://www.jnouki.kubota.co.jp/jnouki/Special/os/history/index.html)と言う別サイトに縮小・移動されていました。

もっと大きく見たいなあ・・・

海外のサイトにもっと大きくでていました

全然読めないですけど・・・

全然読めないですけど・・・

(http://www.retrotraktor.pl/readarticle.php?article_id=268)おっ!これはクボタの会社のやつより大きいぞ!

(http://www.retrotraktor.pl/readarticle.php?article_id=268)おっ!これはクボタの会社のやつより大きいぞ!

これらを見ていると1960年にT15ができて、1962年のクボタ初の水田用トラクターはL15Rで、工場のラインで作っているのはマフラーが右出しなんでL13Gではないですね・・・L15Rそのものでしょうか?

1963年に出たL27はL13Gと同じ左出しのマフラーになってます。L13Gは1962年にL15Rと同時発売されたか、L27と一緒に1963年当たりに発売されたか・・・オレンジスタイルの年表で田んぼを走っているのは右出しマフラーのマシンですね。でも、ライトがでかい感じなのでL13Gではないように見えます。

いずれにせよこの薄いオレンジのL2桁シリーズは1962年〜1965年あたりで、今年で51歳〜48歳になろうというところではないでしょうか?

スペックもあった・・・本当なのかなあ

単気筒13馬力・・・・

単気筒13馬力・・・・

単気筒13馬力637CC? 日の本MB-1100くらいのイメージなんですかねえ・・・

「撮り虎」KUBOTA L2201DT

ここのところ仕事が忙しくてずっと外に出ていないので、トラクターを撮影する「撮り虎」シーリーズが続いています。

今日はいつも地方色豊かな(ネットが発達して、移動手段が高速化しても、地域の特色は消えてなくなるわけじゃないですものね)コメントを寄せていただいている愛読者さんの「撮り虎」を紹介します。以下お便りの引用です。

クボタ L2201DT

クボタ L2201DT

「水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り」、いつも楽しく拝見させていただいています。

先日は、私のお国自慢(?)を記事にしていただき、ありがとうございました。

さて、本日は私の愛車「KUBOTA L2201DT」を「撮り虎キャンペーン」に応募させていただきます。

私は中山間地の小規模兼業農家ですから、作付面積は170aほどありますが、一番大きな田で30a。一番小さな田は驚愕の1a以下。JDやMFなど遠い世界のお話で、分相応に国産小型車を愛用しています。

「スレートハウスで見つけたクボタL2000DT」と同じシリーズですね。

少し脱線

話は少し飛んじゃいますがこのスレートハウス、東京駅が新装オープンしてその屋根にスレートが使われたというせいなのだと思いますが、一日に300アクセスぐらいあってビックリしています。

気仙沼で天然石のスレートなのは間違いないのでわざわざ雄勝(近いですから)以外のところからもってくることもなかろう・・・ということでそう書いたわけですが確かめたわけではありません。もし間違ってたら怖いですねえ。

間違ってたことがもうひとつ

L2000DT

すっかり消えちゃってますけど、かろうじてDoble Tractorの文字が見えます。DTはこれの略なのでしょう。

ここにこんなコメントをしていましたが、正しくは前輪と後輪どちらもトラクションすると言うDoble traction(そういう言葉があるのかは知りませんが)でした。ネット上にはこのように間違った事がたくさん散らばっていますよ!間違えたら訂正しますので愛をもって見守ってください・・・お願いします!

それから面積の話もなかなかおもしろいです。実際に農業をやっている方は「面積」がもうなにか体の一部のように身に付いていて、「一番小さな田は驚愕の1a以下」と言うと、見ていなくても多分本当に驚愕するのだと思いますが、普段土地や面積にあまり向き合っていない僕などは見ないとわからない感じです。

きっと自分の中の単位換算表に自分の一番小さな田んぼもしくは頭に浮かべやすい田んぼが入っていて、それが基準単位となって 1ha=105「自分の一番小さな田んぼ」みたいな計算を頭の中でするのかな?なんて想像します。

作物と作業と面積が結びついて体に染み込んでいく農業者の面積知覚メカニズム・・・

再びお便りの引用に戻る

クボタL2201DT

クボタL2201DT

この「L××01シリーズ」は「ブルトラ」に続くベストセラー機で、電子制御の無い世代ですから、質実剛健。油と水を欠かさなければなかなか壊れません。

また、製品寿命が長く出荷台数も多かったようで、昨春、冷却水の循環ポンプがイカレた際もクボタからの部品供給があって、無事復活しました。

我が家のトラクタは現在2台態勢で、壱号機がこのクボタL2201DT、弐号機は昨年増車した三菱GJ24です。

現代っ子の三菱GJ24を使うと電子制御任せで楽にキレイな仕事が出来ますが、中年親父のクボタL2201DTは重いエンジンを長いフロントに載せている分、馬力以上に踏ん張りが効き、使い手に技能を要求するので、一緒に仕事をしていて楽しいです。

応募写真で装着している作業機は、有機質肥料散布用の「コンポキャスタ」と堆肥散布用の「マニアスプレッダ」で、いずれもタカキタ(三重県)製。井関農機の青いフロントウェイトがチャームポイントでしたが、このウェイトは弐号機の三菱GJ24と共用するため、先頃、三菱の赤に塗り直してしまいました(笑)

顔がある

すっごくこのオレンジと青のウエイトの色の取り合わせがいい感じだったのに残念!!

このクボタL2201DTには顔がありますね!型番まではわからないのですが、近所でもクルマで走っているとこの顔をたまに見かけます。わりと引っ込み思案なほうなので「写真を撮らせてください」とまでは行かないですけど・・・

DT2201には顔がある

DT2201には顔がある

好きな機械を実際に使っている人の話は、どこからがその人の話でどこまでが機械の話か溶け合っていてわからない感じがおもしろいです。

それは使い手に技能を要求するということから来ているのでしょうかねえ・・・機械とのコミュニケーションはブラックボックスを通してではなく、出来るだけダイレクトの方がとりやすいってことなのかしら? 機械は便利で簡単だからといって必ずしも好かれないというところがおもしろいです。

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆーより[02/22]) 忙しく中々修理に取り
  • ゲストも多様。蕎麦打ちで意見交換&3世代交流が目的の「町内蕎麦打ちサミット2019」へのコメント (H2より[02/20]) そちらでも先行きが危
  • ゲストも多様。蕎麦打ちで意見交換&3世代交流が目的の「町内蕎麦打ちサミット2019」へのコメント (noraより[02/19]) H2さん こんばんは
  • ゲストも多様。蕎麦打ちで意見交換&3世代交流が目的の「町内蕎麦打ちサミット2019」へのコメント (H2より[02/19]) 顔つなぎは大事ですね
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) それとやはり、安くて
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) I・ANDOさん 真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[02/17]) noraさんhoka
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械