Homeに戻る > このタグの記事 '勘十郎堀' > 2ページ目
1 2 3

勘十郎堀に行ってみるのだ3

書き始めると思いのほか引っぱれることに気がついて今度は意識的に引っぱってます。江戸時代の土木工事遺跡、日本のスエズ運河の勘十郎堀のお話その3です。

昨日まではグーグルマップであたりを付けたところまで。

そもそもうちから勘十郎堀沿いに北浦まで歩いて行けないかというアイディアがあり、「道がなくて歩けないはずだ」「歩けないところは巻いて行けば結構行けるはず」の検証で始まったことなので、まずは偵察です。なにせ、勘十郎堀沿いとぶち上げたのに延々と車道を歩いて行くんじゃつまんないですもん。

拡大してみると明らかに水路っぽい。とりあえずスタート地点に行ってどんなものかチェックしてみることに。

拡大してみると明らかに水路っぽい。とりあえずスタート地点に行ってどんなものかチェックしてみることに。

グーグルさんはエラい。しかし地べたの人間は無力だ・・・

近所ということもあり、スマホのGPSも使えるということで気軽に出発。なんなくそれらしきところにクルマを止め、降りて歩き出してみたのですが取り付き口で早くも難問が・・・どうやって木立の奥にあると思われる勘十郎堀跡へ行ったらいいかわからない。

グーグルマップなら四方1キロから数百キロまで自在に見渡すことができますが、地べたを歩く人間はちょっと障害物があれば四方数十メートルしか見渡せません。なんとなくあたりを付けて歩いて行っても人の家に入っちゃったり、とんでもないところに行ってしまったり・・・なかなか思うように行かないのです。広い視野が欲しい!

怪しすぎる・・・

うちのまわりに他県ナンバーで来た歩きのおっさん4人がウロウロしてたら絶対怪しいと思う。

うちのまわりに他県ナンバーで来た歩きのおっさん4人がウロウロしてたら絶対怪しいと思う。

群馬ナンバーのクルマにおっさん4人も乗って降りてはウロウロしているんじゃ目立って仕方ありません・・・どう見ても怪しい。稲刈りも終って早速蛇口をかっぱらいにきた盗賊団と思われてもしかたありません。

そのような地元の人の目に一番先に耐えられなくなった一人が逆に「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」とばかりに逆におばさんに話しかけて勘十郎堀のことを聞いてみています。

「この道まっすぐ行って突き当たりを左に曲がってY字路を右に入ってしばらく行くと案内板があって駐車場もあるよ」おばさんは勘十郎堀のことはよく知らなかったようなので、運河という「線」ではなく、観光史跡としての「点」である勘十郎堀のことを教えてくれたのでした。

このままだと怪しまれるばっかりだ。まあ、点でもとりあえず見てみないことにはしかたがない。と、まあそっちへ向かってみたのでした。

・・・

間違いない!勘十郎堀に我々は近づいた。

間違いない!勘十郎堀に我々は近づいた。

ちょっと自分の中の史跡&駐車場とは違いましたが間違いないです。どちらかといえば「勘十郎堀駐車場跡」という感じですけど・・・(ゴメンナサイ)

そしてこんなものが・・・

工事に携わって犠牲になった人々に関係しているのだと思いますが・・・

奉納大乗経典六十六部(・・・たぶん。もしかしたら八十八部かもしれませんけど)書写一字一石成就之所と書いてあるような気がします

奉納大乗経典六十六部(・・・たぶん。もしかしたら八十八部かもしれませんけど)書写一字一石成就之所と書いてあるような気がします

書写って?

経典を書写するのはわかるけど(そう書いてあると思った僕の主観です。けっして漢字にも昔の字にも石碑にも詳しいわけじゃありません)一字一石ってなんだろうなーって思って調べてみました。

もうさささ〜〜〜〜っといろんなサイト斜めに読んで自分の中で再構築しただけですけど、印刷術やコピー機のなかった昔は手書きしかなかったわけです。その中で仏教に限らず誰かの教えの書写というのはとても重要な位置を占めていたはずです。

なぜなら、教えの主体の本人が教えを広めるためにテメエで書いていたんでは効率が悪い。こういうことは弟子に原本を作らせ、それを信ずるものに写させて複製していけばずっとずっと広まるはずです。

たとえがものすごく悪いですが、コンピューターウイルスにしても遺伝子にしても「広める」「増える」という行為には必ず「複製」するというモノがひっついていて、「複製」を制すものは「広める」を制すのでしょう。だから教えを「写す」写経する行為はどんな教えでも尊いものとされていたようです。

一字一石って?

ちょっと調べてみるとことバンクというのでこういう記述を見つけました。以下引用です。

石ころに一字ずつ経典を書写したもの。経塚に埋納した経典の一種。礫石経,経石,一石経などともいう。墨書と朱書があり,経典は《法華経》が多いが,《阿弥陀経》《般若心経》《華厳経》などもある。石ころはすべて自然石で,加工したものはない。普通2~3cmぐらいの扁平な河原石を選び,片面に一字を書写している。しかし,山石や,凹凸のあるもの,10cmを超えるもの,また一石に表裏一字ずつ,あるいは数字,数十字を写したものもある。

なんで写経なのに「成就之所」って書いてあるのかなあ・・・って思いましたが、これならわかります。たぶんここにこれらのお経の文字を一個ずつ書いた石が埋まって塚になっているんだ!一体大乗経典って何文字なんだろう??!!

なんだか2百数十文字のものもあるらしいんだけど・・・気になります。

というわけでどんどん中身の薄くなっていく最終回へ続く

勘十郎堀に行ってみるのだ4

江戸時代の土木工事遺跡、オーバーに言っちゃうと日本のスエズ運河である近所の勘十郎堀のお話その4です。昨日はお経の文字を一個ずつ書いた石が埋まっていると思われる塚のところまででした。

いかにも埋まってそう

一字一石の石が確かに埋まってそう。最短の2百数十文字の写経だったら66部で13000ちょっとの石。きっともっともっと多いんだろうなあ。

一字一石の石が確かに埋まってそう。最短の2百数十文字の写経だったら66部で13000ちょっとの石。きっともっともっと多いんだろうなあ。

あたりを見回すと・・・

料亭ともお蕎麦屋さんともつかない謎の看板・・・青春囲炉 「九丈庵」とあります。青春と囲炉裏・・・思いもつかなかった斬新な組み合せは一種の発明でしょうか。僕もこんな発明してみたい。

料亭ともお蕎麦屋さんともつかない謎の看板・・・青春囲炉 「九丈庵」とあります。青春と囲炉裏・・・思いもつかなかった斬新な組み合せは一種の発明でしょうか。僕もこんな発明してみたい。

手入れの行き届いたお庭で、調べてみるとオーナーのWEBページがあって趣味のそば打ち小屋(?)のようでした。無断引用になっちゃいますけど、ここに独自の記載があり、長くなっちゃいますけど引用します。

九丈庵の由来

 宝永三年(一七〇六)、財政再建のため、水戸藩に登用された松波勘十郎は流通経済の発展を図って、涸沼と北浦を結ぶ運河を開削しようとした。これを松波の名をとって「勘十郎堀」という。
 当時、東北地方からの荷物は那珂湊から涸沼川を遡行し、涸沼沿岸の海老沢河岸から陸上輸送で、巴川の下吉影や園部川の小川に送られ北浦・霞ヶ浦を舟で下って潮来に運ばれ、さらに北利根川・横利根川を遡行し、関宿から江戸川を南下して江戸に運ばれた。
 しかし、この内側廻り水運には、涸沼と巴川との間約一〇Kmを陸路駄背によらなければならないという弱点があった。
 そこで松波は、海老沢河岸から紅葉村地先巴川までの運河を開削し、これにより通船税の増収と領内の流通経済の活性化を図ったのである。
 運河のコースに当たる海老沢・城之内両村をはじめ奥谷・生井沢など茨城地方の水戸藩の村々の農民たちも、掘削工事にかり出され多大な負担を強いられた。
 しかし、それにもかかわらず、工事はついに完成せず、宝永六年(一七〇九)正月の松波の罷免によって未完のまま中止された。
 ここから東約一〇〇mの勘十郎堀の場所は、開削工事の中では一番の難所といわれ、九丈堀といわれる。(一丈は約三m)
 九丈堀から掘り上げた、土砂を置いた場所が「砂置」で、現在も字名として残っている。(この場所の南側)
 勘十郎堀の掘削のために、かり出された人々の苦しみを、物語るものに六部塚の供養塔がある。六部塚は、城之内字砂置にあり、その中腹に正徳元年(一七一一)の供養塔が建っている。
 現在なら機械力等でたやすく掘削できるが、人力で九丈も掘った当時の農民の苦労に深い哀悼の意を込め、九丈庵と命名する。

平成七年三月吉日 庵主

う〜〜ん・・・27Mも人力で掘ったというのです。話半分でも13Mの深さで・・・

確かにこの場所は小高くなっていて、多分最短距離を取ったのでしょうが、グーグルマップを見てももう少し西回りに巻いたほうがいいんじゃなかろうか?と思われるような所です。

途中でやめるんだったら、10キロを荷物を背負って歩いてお金をもらったほうがいいです。辛い工事に犠牲者が出たとしたら、その人たちはちょっと浮かばれないですね・・・ただ工事によって更に犠牲者が出るというのも悲しいことだし、なんだか近年の巨大公共工事みたいでなんとも言えないです。

ついに勘十郎堀へ

ついに勘十郎堀へ・・・といっても暗く、木やツタの生い茂ったジャングルに囲まれた谷なのであった。

ついに勘十郎堀へ・・・といっても暗く、木やツタの生い茂ったジャングルに囲まれた谷なのであった。

確かにずいぶん降りるので九丈堀というのも頷ける。平成7年の茨城町史跡の看板も倒れて無惨に横たわっている。茨城県の資料を見ると整備当時は多分きれいに散髪して、多少明るくこざっぱりとしていたみたいだけど、うちのまわりと同じで、上の道路からどんどんとゴミが降ってきてかなり脱力史跡と化しているのであった。

泥の中から自転車のペダルが顔を出している。もしかしたらドンドコいろんなものを谷底に放り投げるヤツがいて、底なし沼にはまだ色々沈んでいるかもしれない・・・・バチが当たるぜ!?マジで。

いろいろ埋まってんじゃねーの?

いろいろ埋まってんじゃねーの?

とても勘十郎堀沿いに歩いてなんか行けないじゃないか!!ちょっと降りてみたがズブズブの沼地だ。カンジキを履けば歩けるのだろうか?

とても勘十郎堀沿いに歩いてなんか行けないじゃないか!!ちょっと降りてみたがズブズブの沼地だ。カンジキを履けば歩けるのだろうか?

初めて線で見た

通りがかりに勘十郎堀の切り口を見ることはあったけれど、今回初めて「線」として意識して見ました。掘に沿って視線を送ってみるとグチャグチャの沼地とはいえ通路、道として見えてきます。

少し辿ってみましたが、地図と照らし合わせながらぐるりと見回すと、今まで運河(道)として見えなかったちょっとした地形、谷間が、田んぼや車道に分断されていてもちゃんと運河として繋がって見えだしてくるから不思議です。

これが陸上の道なら今でもクルマが行き交っているはずですし、旧道のさらに旧道になってしまったとしても通る人が全くいなくなるということはないでしょう。

でも悲しいことに船の交通の発展はクルマの発展ほどには進みませんでした。これでは船でも歩いても行けません。脱力というよりは何だか切ないなあ。

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!へのコメント (noraより[07/25]) うんの まろうさん 
  • インターナショナルB414・・・・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[07/25]) 後期高齢技能士さん 
  • ナァイトビィィィィ〜〜〜ム!ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/25]) H2さん おはようご
  • レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!へのコメント (うんの まろうより[07/24]) !!! 映像からは
  • インターナショナルB414・・・・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (後期高齢技能士より[07/24]) B414は英国製です
  • ナァイトビィィィィ〜〜〜ム!ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[07/21]) 各社ともこのクラスは
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[07/21]) なるほど。実際には修
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/21]) H2さん おはようご
  • エンジン音の聞き比べ、おもしろいかも。クボタB17X「撮りトラ@クボタサマーフェア」へのコメント (noraより[07/21]) 木田さん おはようご
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[07/21]) hokaidouji
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[07/21]) 22年落ちで、要メン
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/20]) みみずくさん すみま
  • 満身創痍。ヰセキTM17F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (みみずくより[07/20]) >中古現状渡し
  • エンジン音の聞き比べ、おもしろいかも。クボタB17X「撮りトラ@クボタサマーフェア」へのコメント (木田 やすおより[07/18]) エンジン音いいですね
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[07/18]) noraさん and
  • 「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/17]) H2さん おはようご
  • 「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」へのコメント (H2より[07/15]) しかし特化し過ぎて汎
  • ワールドが4桁に!クボタM1060W「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/15]) H2さん おはようご
  • 「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/15]) H2さん おはようご
  • 9月発売予定新製品クボタGENEST(ジェネスト?)M125GE「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[07/15]) H2さん おはようご
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械