1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 153

2018年の水がきた!Spring has come ! @通水試験

4月1日、昨日は田んぼの通水試験とパイプラインの清掃でした。これって、多面的機能支払の資源向上活動でもあるんです。天気もよく、まさに「春」という陽気でした。

 

まず、冬の間凍結防止と盗難防止のために取外していた蛇口を取付けます。どうも、金属製のものは砲金でできているらしく、大した値段にはならないと思われるのに盗まれてしまうのです。これをつけないとポンプを回したときにあちこちで水がだだ漏れになってしまいます。

まず、冬の間凍結防止と盗難防止(←ちょっとチェックしたら15も記事がありました。それだけ盗難が多いということです)のために取外していた蛇口を取付けます。どうも、金属製のものは砲金でできているらしく、大した値段にはならないと思われるのに盗まれてしまうのです。これをつけないとポンプを回したときにあちこちで水がだだ漏れになってしまいます。

 

ポンプはチョロチョロとパッキンから水が出てくるのが正式仕様。洗面器みたいな受けがついているのですが、そのドレンが錆で詰まってしまいます。まずはそれを突っついて貫通させます。

ポンプはチョロチョロとパッキンから水が出てくるのが正式仕様。洗面器みたいな受けがついているのですが、そのドレンが錆で詰まってしまいます。まずはそれを突っついて貫通させます。

 

いよいよスイッチオン!

 

 

他の地区の人の田んぼでしょうか、まだ蛇口をつけていないみたいで勢いよく水が出てきてしまっています。

 

ついでに過去の通水試験映像

 

 

半年淀んでいた水を一気に排水路に押し出してパイプの中をきれいにします。

半年淀んでいた水を一気に排水路に押し出してパイプの中をきれいにします。

 

例年だとずっと黒い水が出るのですが、今年はなぜか黄色い水が混じりだしました。聞くと、今年水管橋の地中化行なったそうで、そのせいでパイプ内に空気や土が入っているのだろう・・・ということでした。なるほど。

例年だとずっと黒い水が出るのですが、今年はなぜか黄色い水が混じりだしました。聞くと、今年水管橋の地中化行なったそうで、そのせいでパイプ内に空気や土が入っているのだろう・・・ということでした。なるほど。

 

なんとなーく、のんびりした感じでパイプから吐き出される水が澄むのを待っています。

なんとなーく、のんびりした感じでパイプから吐き出される水が澄むのを待っています。

 

泥掃きのバルブを開けたり閉めたりしながらついでに点検をして回ります。これは農道の点検。

泥掃きのバルブを開けたり閉めたりしながらついでに点検をして回ります。これは農道の点検。

 

農用地の点検。「遊休農地はないだろうなー」なんて気持で眺めます。

農用地の点検。「遊休農地はないだろうなー」なんて気持で眺めます。

 

水路の点検です。春ですから鮒や鯉がこんなところまで入り込んでいます。

水路の点検です。春ですから鮒や鯉がこんなところまで入り込んでいます。

 

もう土筆もこんなに!

もう土筆もこんなに!

 

あらー・・・こんなものが沈んでる。エンジンじゃないですか・・・

あらー・・・こんなものが沈んでる。エンジンじゃないですか・・・

 

4気筒のバイクのエンジンらしきもの。何でこんなところにこれだけ・・・動かないとしてもヤフオクで売れば売れると思うんだがなあ・・・それなのにわざわざ車体から降ろして、ここまで持ってきて、投げ込んで・・・さらに使える部品まで使えなくして・・・

4気筒のバイクのエンジンらしきもの。何でこんなところにこれだけ・・・動かないとしてもヤフオクで売れば売れると思うんだがなあ・・・それなのにわざわざ車体から降ろして、ここまで持ってきて、投げ込んで・・・さらに使える部品まで使えなくして・・・

 

一通り掃除が終わってから、動かないメーターをチェックしています。どうも圧がここまで来ていない感じ。

一通り掃除が終わってから、動かないメーターをチェックしています。どうも圧がここまで来ていない感じ。

 

このパイプが詰まっているのかなあ・・・

このパイプが詰まっているのかなあ・・・

 

圧の取出し口が詰まってました。これを突っついて貫通させて修理完了!

圧の取出し口が詰まってました。これを突っついて貫通させて修理完了!

 

これで田んぼに水が来ました。だんだんまわりが騒がしくなるだろうな。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

水路の泥上げ・ゴミ拾い・総会。そして人間の性だから大本を変えたらどうだろう?って話。

昨日は水路の泥上げ・ゴミ拾い・総会のフルコースでした。まだ書類を提出していないので一件落着とは行きませんが、ひとまずほっとしています。

 

暖かい日が続いた割には桜なのかなあ、それとも遅い梅なのかなあ・・・まだまだ2分咲きという感じ。5分咲きくらいの年もあったんですけどね。

暖かい日が続いた割には桜なのかなあ、それとも遅い梅なのかなあ・・・まだまだ2分咲きという感じ。5分咲きくらいの年もあったんですけどね。

 

生き物たちもやっと目が覚めた感じ。ドジョウやザリガニなど、動きが鈍いです。シジミは今年は少なかったなあ・・・

生き物たちもやっと目が覚めた感じ。ドジョウやザリガニなど、動きが鈍いです。シジミは今年は少なかったなあ・・・

 

水路の泥上げが終るとゴミ拾いに出かけます。

水路の泥上げが終るとゴミ拾いに出かけます。

 

昨日は気持悪いくらい暖かく、思い切り汗をかいてしまいました。

昨日は気持悪いくらい暖かく、思い切り汗をかいてしまいました。

 

そして相変わらず減らないゴミ。今回も大漁です。

そして相変わらず減らないゴミ。今回も大漁です。

 

今年度はこの総会ですべての活動が終ります。

今年度はこの総会ですべての活動が終ります。

 

ゴミ問題。こういうのって変わらないんじゃない?

 

相変わらずのゴミです。震災以前からもう何年もゴミ拾いをしていますが、減ることはありません。その間学生は社会人になり、社会人はおじさんになり、赤ちゃんは小学生になりました。

 

ある程度時代が変わって、道行く人達の顔ぶれが変わったとしてもゴミが減らないんですから、これって個人の問題ではなく、道の作りとか、茨城県人の特性とか、クルマを運転、もしくは移動する人の特性なのではないでしょうか?

 

もう、移動体を利用する人はもれなく「窓からポイ」したくなっちゃうとしか思えません。

 

窓からポイは体に染み付いているのでは?

 

何回か書いていると思いますが、昔行った道路も電気もない地域のお話。交通手段はこのカヌー。こちらで自転車に乗るくらいの歳になったらこのようにカヌーを漕ぎます。これはお使いにいっているのでしょうかねえ・・・

何回か書いていると思いますが、昔行った道路も電気もない地域のお話。交通手段はこのカヌー。こちらで自転車に乗るくらいの歳になったらこのようにカヌーを漕ぎます。これはお使いにいっているのでしょうかねえ・・・

 

このあたりのおうちは、ゴミ箱がありません。流しだって家の中にはなくて、こんな風に外にジャーです。日本で言ったらこの場合、子供を台所のシンクで洗ってるの図・・・ということになります。

このあたりのおうちは、ゴミ箱がありません。流しだって家の中にはなくて、こんな風に外にジャーです。日本で言ったらこの場合、子供を台所のシンクで洗ってるの図・・・ということになります。こういう状態ですから、野菜クズなどの生ゴミはこのまま家の外に落ちるということになります。

 

家の中にはトイレもお風呂もありません。トイレは湖の上に小屋が建っているだけ。湖面にポトリとやれば魚が食べてくれるって寸法です。お風呂も同様。湖の上です。

家の中にはトイレもお風呂もありません。トイレは湖の上に小屋が建っているだけ。湖面にポトリとやれば魚が食べてくれるって寸法です。お風呂も同様。湖の上です。

 

というわけで家のまわりはゴミだらけ。でも、生ゴミなどはまわりに豚(放し飼い)を飼っているのでなくなってしまいます。そして草はこういう馬が食べてくれるので、草刈りをしなくても機械で刈ったようになっています。

というわけで家のまわりはゴミだらけ。でも、生ゴミなどはまわりに豚(放し飼い)を飼っているのでなくなってしまいます。そして草はこういう馬が食べてくれるので、草刈りをしなくても機械で刈ったようになっています。

 

結局、家のまわりのゴミはブタや馬が食べられない紙くずやプラスチックボトルだけです。こんな所にもやってくるビール・酒のアルコール類のアルミ缶や瓶類はデポジット制でお金になるため見当たりません。

 

「窓からポイ」は人間に元々備わっている性なんじゃないの?

 

昔はゴミ箱なし、家の外が全部ゴミ箱でも紙やプラスチック容器がなかったでしょうから、すごくきれいだったはずのこのあたりでも、ステキな容器が出回るようになってゴミだらけになってしまいました。

 

お部屋の外はいらないものをパクパク食べてくれる自分と関わりのない、全く違う世界・・・というのは、たとえゴミ箱や流し台、トイレがあったとしても変わらない感覚だと思います。

 

というわけで、日本の島地区でも同じように、人間の素の感覚で「窓からポイ」されているのではないでしょうか? DNAに備わっている習性だから、ある程度矯正できても「完全には無理」という仮説です。

 

ゴミのほとんどが紙と様々なプラスチック製品、瓶、缶ということは、紙と様々なプラスチックが自然に還る製品にして、瓶と缶をデポジットにすればきれいになくなってしまうと思うんです。

 

このコストは大量に、そして遠くに製品を届けるために紙やプラスチックを使っている企業が8割、そしてユーザーが2割くらい負担して何とかなりませんかね?

 

毎年変わらないポイ捨てのゴミを見てそんなことを思うのでした。

 

今日はここまで。また明日!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械