1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14

これからが楽しみ!DEUTZ D4505「撮りトラ」

今日はMさんに「DEUTZ見に行くか?」と連れて行ってもらった。極々近所(ビックリ)で見た、フンボルト・ドイツ(ドゥーツ?)D4505「撮りトラ」です。

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

超トラクターらしい形。僕の好きなD40大体同じシルエットです。

北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ドイツトラクタ D40L はもう少し古かったような・・・

『ドイツD40Lのマーク、ウルム大聖堂なのね!・・・「撮りトラ@土の館」』

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

こちらが土の館で見たD40L

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

キャプションを読んでみましょう。

機種名:フンボルトドイツトラクタ
形式・仕様:D-40L 45馬力
製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ
製造年度:1959(昭和34)年
使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。
空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。
酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。
販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

最大の特徴であるユニークな顔は、オリジナルではなくオーナーの改造だろう・・・というのが僕も含めた色々な人の結論なので、D40もライトが両脇に付いていたと想像すると、ほぼD4505と同じ形だということがわかります。ネットで調べてみるとD40は1958年〜1963年、空冷3気筒2.6リッターディーゼル、35馬力/2150rpm。ということで、土の館のキャプションとも大体合います。

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

つぶらな瞳はウルウルと、何かを訴えかけているようでもあります。あまりに印象的なので・・・

僕のジャージはこのD40Lのアイロンプリントです。

僕のジャージはこのD40Lのアイロンプリントです。

・・・脱線しちゃいました・・・D40Lが1958年〜1963年、D4505が1965年〜1967年ということであれば、D4桁はいきなり2桁増えちゃったのがよくわかりませんが、D2桁の後継機ということになりますよね?

(さらに…)

DEUTZ-FAHRコンバイン・・・の残骸「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんのところで見た、DEUTZ-FAHRコンバイン・・・の残骸「撮りトラ」、じゃなくて「撮りコン」ですね。しかも残骸。

 近所でこういうコンバインを見ることはないので、とっても新鮮です。それにしても、このタイプのコンバインって、トラクターと違って同じ時間放置されても劣化が早いというか、「ヤサグレ感」がハンパじゃないです。はや、もの悲しい遺跡の風格が出てきちゃってます。

近所でこういうコンバインを見ることはないので、とっても新鮮です。それにしても、このタイプのコンバインって、トラクターと違って同じ時間放置されても劣化が早いというか、「ヤサグレ感」がハンパじゃないです。はや、もの悲しい遺跡の風格が出てきちゃってます。

どんな機種か、どの時代のものかもわかりません。同じ雰囲気はクレイソンコンバインM122の残骸からも漂っていました。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。こちらのほうはエンジンまで残っています。でも、圧倒的な「引き返せない感」は同じです。

現役だと同じように、いや、これより古くてもそんなに「ヤサグレ感」はないです。例えばクレイソンコンバインの前身、1963年製のCLAEYS M80。

1963 CLAYES M80 Combaine hervester 銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。

銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。運転席の背中に背負っているのはグレンタンク。タンクの上はぽっかり開いていて、上から中を覗き込むこともできるし、振り返って丸い窓から中を確認しても良いという構造になっています。

1963 CLAYES M80 Combaine hervester 銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。

Yellow Lobster

ネットで調べてみると、DEUTZ-FAHRのコンバインは古いモノは赤、新しいものは緑となっています。これは緑に塗られていたものが剥げて下の赤が出てきた風なので、もしかしたら色の切り替わり、過渡期のものかもしれませんね。

戻ります。ネットで調べてみると、DEUTZ-FAHRのコンバインは古いモノは赤、新しいものは緑となっています。これは緑に塗られていたものが剥げて下の赤が出てきた風なので、もしかしたら色の切り替わり、過渡期のものかもしれませんね。

何か書いてあるかな?と思って撮った写真ですが、色あせて読めません。ピカピカに光った油圧シリンダーのシャフトが、他の部分とそぐわなくてちょっとビックリ。

何か書いてあるかな?と思って撮った写真ですが、色あせて読めません。ピカピカに光った油圧シリンダーのシャフトが、他の部分とそぐわなくてちょっとビックリ。

1963 CLAYES M80 Combaine hervester 銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。

M80の同様部分と比べてみます。全然違います。OEMとか同じ思想で作られているというわけではなさそうです。

DEUTZ-FAHRコンバインのタイヤはどうだろう・・・FULDAタイヤ???

DEUTZ-FAHRコンバインのタイヤはどうだろう・・・FULDAタイヤ???

調べてみたら、1900年にドイツのヘッセン州、同名のフルダ(Fulda)というところで創業したタイヤメーカーでした。この、フルダ(Fulda)は、ブラウン管の発明で知られる、カール・フェルディナント・ブラウンの出生地だそうですよ!

調べてみたら、1900年にドイツのヘッセン州、同名のフルダ(Fulda)というところで創業したタイヤメーカーでした。この、フルダ(Fulda)は、ブラウン管の発明で知られる、カール・フェルディナント・ブラウンの出生地だそうですよ!

フルダ(Fulda)社は、 1900年に同名のドイツの都市で、2人のビジネスマン、グスタフ・ベッカー(Gustav Becker)とモリッツ・ハッセンクルバー(Moritz Hasenclever)によって設立され、1901年に鞍馬車や馬車のタイヤを作り始めました。それにしても溝のないツルツルのタイヤに1本のなんでしょ?ラグというか何というか・・・馬が引くので抵抗を少なくしたかったのでしょうか?接地面が超少ない構造です。これなら馬も喜んだかもしれませんね。

フルダ(Fulda)社は、 1900年に同名のドイツの都市で、2人のビジネスマン、グスタフ・ベッカー(Gustav Becker)とモリッツ・ハッセンクルバー(Moritz Hasenclever)によって設立され、1901年に鞍馬車や馬車のタイヤを作り始めました。それにしても溝のないツルツルのタイヤに1本のなんでしょ?ラグというか何というか・・・馬が引くので抵抗を少なくしたかったのでしょうか?接地面が超少ない構造です。これなら馬も喜んだかもしれませんね。

ホイール部分を拡大してみると、センターキャップのところにKNOTTと書いてあります。

ホイール部分を拡大してみると、センターキャップのところにKNOTTと書いてあります。

こちらはちょっと自信がないですけど、Knott GmbHという同名の1937年創業、トレーラーのタイヤやフレーム、ブレーキシステムなどを作っているドイツの会社が見つかりました。

こちらはちょっと自信がないですけど、Knott GmbHという同名の1937年創業、トレーラーのタイヤやフレーム、ブレーキシステムなどを作っているドイツの会社が見つかりました。

調子に乗って裏側も写真を撮ったのですが、ココからは何もわかりませんでした。

調子に乗って裏側も写真を撮ったのですが、ココからは何もわかりませんでした。

だらーんと今日はここでおしまい。朝から雨が降っているのですが、だんだん明るくなってきました。もう雨は上がるのかな?

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械