1 2 3 4 5 6 7 8 9 12

DEUTZ-FAHRコンバイン・・・の残骸「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんのところで見た、DEUTZ-FAHRコンバイン・・・の残骸「撮りトラ」、じゃなくて「撮りコン」ですね。しかも残骸。

 近所でこういうコンバインを見ることはないので、とっても新鮮です。それにしても、このタイプのコンバインって、トラクターと違って同じ時間放置されても劣化が早いというか、「ヤサグレ感」がハンパじゃないです。はや、もの悲しい遺跡の風格が出てきちゃってます。

近所でこういうコンバインを見ることはないので、とっても新鮮です。それにしても、このタイプのコンバインって、トラクターと違って同じ時間放置されても劣化が早いというか、「ヤサグレ感」がハンパじゃないです。はや、もの悲しい遺跡の風格が出てきちゃってます。

どんな機種か、どの時代のものかもわかりません。同じ雰囲気はクレイソンコンバインM122の残骸からも漂っていました。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。こちらのほうはエンジンまで残っています。でも、圧倒的な「引き返せない感」は同じです。

現役だと同じように、いや、これより古くてもそんなに「ヤサグレ感」はないです。例えばクレイソンコンバインの前身、1963年製のCLAEYS M80。

1963 CLAYES M80 Combaine hervester 銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。

銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。運転席の背中に背負っているのはグレンタンク。タンクの上はぽっかり開いていて、上から中を覗き込むこともできるし、振り返って丸い窓から中を確認しても良いという構造になっています。

1963 CLAYES M80 Combaine hervester 銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。

Yellow Lobster

ネットで調べてみると、DEUTZ-FAHRのコンバインは古いモノは赤、新しいものは緑となっています。これは緑に塗られていたものが剥げて下の赤が出てきた風なので、もしかしたら色の切り替わり、過渡期のものかもしれませんね。

戻ります。ネットで調べてみると、DEUTZ-FAHRのコンバインは古いモノは赤、新しいものは緑となっています。これは緑に塗られていたものが剥げて下の赤が出てきた風なので、もしかしたら色の切り替わり、過渡期のものかもしれませんね。

何か書いてあるかな?と思って撮った写真ですが、色あせて読めません。ピカピカに光った油圧シリンダーのシャフトが、他の部分とそぐわなくてちょっとビックリ。

何か書いてあるかな?と思って撮った写真ですが、色あせて読めません。ピカピカに光った油圧シリンダーのシャフトが、他の部分とそぐわなくてちょっとビックリ。

1963 CLAYES M80 Combaine hervester 銘板に1963年と書いてあったので、導入は1964年のようですが年式はそちらにしました。もともと稲の刈取り用に1964年に導入されたベルギー製のコンバインです。

M80の同様部分と比べてみます。全然違います。OEMとか同じ思想で作られているというわけではなさそうです。

DEUTZ-FAHRコンバインのタイヤはどうだろう・・・FULDAタイヤ???

DEUTZ-FAHRコンバインのタイヤはどうだろう・・・FULDAタイヤ???

調べてみたら、1900年にドイツのヘッセン州、同名のフルダ(Fulda)というところで創業したタイヤメーカーでした。この、フルダ(Fulda)は、ブラウン管の発明で知られる、カール・フェルディナント・ブラウンの出生地だそうですよ!

調べてみたら、1900年にドイツのヘッセン州、同名のフルダ(Fulda)というところで創業したタイヤメーカーでした。この、フルダ(Fulda)は、ブラウン管の発明で知られる、カール・フェルディナント・ブラウンの出生地だそうですよ!

フルダ(Fulda)社は、 1900年に同名のドイツの都市で、2人のビジネスマン、グスタフ・ベッカー(Gustav Becker)とモリッツ・ハッセンクルバー(Moritz Hasenclever)によって設立され、1901年に鞍馬車や馬車のタイヤを作り始めました。それにしても溝のないツルツルのタイヤに1本のなんでしょ?ラグというか何というか・・・馬が引くので抵抗を少なくしたかったのでしょうか?接地面が超少ない構造です。これなら馬も喜んだかもしれませんね。

フルダ(Fulda)社は、 1900年に同名のドイツの都市で、2人のビジネスマン、グスタフ・ベッカー(Gustav Becker)とモリッツ・ハッセンクルバー(Moritz Hasenclever)によって設立され、1901年に鞍馬車や馬車のタイヤを作り始めました。それにしても溝のないツルツルのタイヤに1本のなんでしょ?ラグというか何というか・・・馬が引くので抵抗を少なくしたかったのでしょうか?接地面が超少ない構造です。これなら馬も喜んだかもしれませんね。

ホイール部分を拡大してみると、センターキャップのところにKNOTTと書いてあります。

ホイール部分を拡大してみると、センターキャップのところにKNOTTと書いてあります。

こちらはちょっと自信がないですけど、Knott GmbHという同名の1937年創業、トレーラーのタイヤやフレーム、ブレーキシステムなどを作っているドイツの会社が見つかりました。

こちらはちょっと自信がないですけど、Knott GmbHという同名の1937年創業、トレーラーのタイヤやフレーム、ブレーキシステムなどを作っているドイツの会社が見つかりました。

調子に乗って裏側も写真を撮ったのですが、ココからは何もわかりませんでした。

調子に乗って裏側も写真を撮ったのですが、ココからは何もわかりませんでした。

だらーんと今日はここでおしまい。朝から雨が降っているのですが、だんだん明るくなってきました。もう雨は上がるのかな?

工夫のカタマリ・クボタM108W・・・「撮りトラ」

昨日のクボタM108W「撮りトラ」の続きです。DEUTZロールベーラーのほうもそうでしたが、トラクターのほうも「本人仕様」工夫が随所に見られて、農家だったらきっとすごく共感できるんじゃないかな・・・なんて思います。(僕は実際の作業のことを知らないのでよくわかりませんが)

Grandom(グランダム) ワールド M108W

↑動画。ガロガロガロ・・・というエンジン音が印象的

プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。

プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。

そのプレスリリースによれば

国内農業は米をはじめとする作物価格の下落、燃油や肥料の高騰などにより生産コストの低減が求められており、農業機械に対する低価格ニーズが強くなっています。
農家の生産コストの低減に貢献するために、世界で培われた技術を駆使し、高い基本性能と耐久性を装備しながら、必要な機能に絞り込んだ、現行国内モデルよりも低価格の機種を投入します。

確かにこれくらい大きいと900万〜1000万なイメージです。それからすると安く思えちゃいますね。(買えないけど)

プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。

ホイールも同色の輸出仕様。なかなか精悍です。

ロールベーラーとの連結部分は複雑な様相を呈しています。マイカ線でしたっけ? 初めはどこからどう見ても「工業製品」なトラクターが、人が使う事によってこういう有機的な感じになって行くのが好きです。

ロールベーラーとの連結部分は複雑な様相を呈しています。マイカ線でしたっけ? 初めはどこからどう見ても「工業製品」なトラクターが、人が使う事によってこういう有機的な感じになって行くのが好きです。

プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。

本人、もしくは持ち主と同じ思考回路の持ち主のみがわかる感じ。複雑に神経が絡み合っているみたいな配線の束。

プロの人は「同じ色で全部の配線すんじゃねえ」とか「ちゃんと用途ごとにまとめてサポートやインシュロックで留めて」とか「名前を書いて」とか怒りますが、やっぱりシロウトはたくさんの色の電線を買うのは大変ですし、行き当たりばったりでやるんで結構こうなっちゃいますよね。

このようすを見ると、結構配線してから時間が経ってそうです。意外と完全で、しかも耐久性もあったんじゃないでしょうか? 僕だったらどこかで間違って燃しちゃいそうです。

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 三菱青い時代は見たことのないトラクターがいっぱいへのコメント (高橋より[04/22]) 三菱トラクターD32
  • 草との戦い2018が始まったへのコメント (H2より[04/21]) スライドモアは道路の
  • Zチャージエンジン?三菱トラクターGX34「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (野良犬より[04/20]) たしかに、GX34の
  • ハーフクローラタイプが出た!(こっそりフルクローラタイプも!)ヤンマーYT470「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[04/19]) 野良犬さん こんにち
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその3「ハトムネ後、種まき」へのコメント (noraより[04/19]) 野良犬さん こんにち
  • Zチャージエンジン?三菱トラクターGX34「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[04/19]) 伊藤産業機械(株)さ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその3「ハトムネ後、種まき」へのコメント (noraより[04/19]) H2さん こんにちは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[04/19]) andoさんhokk
  • ハーフクローラタイプが出た!(こっそりフルクローラタイプも!)ヤンマーYT470「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (野良犬より[04/19]) エコトラEGのはダミ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその3「ハトムネ後、種まき」へのコメント (野良犬より[04/18]) 個人的感想ですけど、
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[04/18]) 特別な顕彰登録が期待
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[04/17]) noraさんando
  • Zチャージエンジン?三菱トラクターGX34「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[04/17]) 三菱農機の平成15年
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその3「ハトムネ後、種まき」へのコメント (H2より[04/16]) バケツの分も、苗サイ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[04/16]) noraさんhoka
  • マニュアル仕様のスラッガーとSLじゃないスラッガー。L32/SL45「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (H2より[04/16]) あぁ、JAですか。確
  • 鷹顔のGSに新しい仲間が登場!三菱GS202/GS252「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (野良犬より[04/14]) 小型機はそれほどでも
  • (新製品速報)ワールドは皆一ケタずつ増えていた!クボタ・ワールドM720W「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[04/14]) 野良犬さんこんにちは
  • 鷹顔のGSに新しい仲間が登場!三菱GS202/GS252「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[04/14]) 野良犬さんこんにちは
  • マニュアル仕様のスラッガーとSLじゃないスラッガー。L32/SL45「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[04/14]) H2さんこんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械