1 2 3 4 5 6 7 12

DEUTZ vs Massey Ferguson 文化の違い?

いつもトラクターのおもしろい話を教えてくれる、OPさんが興味深い比較をしてくれました。まとめきれるかわかりませんが、まとめてみます。

OPさんが使っている、DEUTZ(ドイツ)トラクターとマッセイファーガソントラクターの比較をしてくれています。言われてみれば、企業文化の違いなのでしょう、コンポーネントもほとんど変わらないトラクターなのに、細かいところでは色々と違うみたいです。その違いの積み重ねが個性になるのでしょうか? どちらも魅力的ではあります。

比較対象はDeutz D4006(のほうでしょうか?それともD6206?)とMF135

比較対象はDeutz D4006(のほうでしょうか?それともD6206?)とMF135

以下は引用です。

Deutz D4006(1968〜)

空冷KHD製3気筒ディーゼルエンジンで約40馬力です。インチアップにより車高が少しだけ上がっています。

利点はとにかく軽量!
重いフライホイールでもそこそこトルクがあり、軽快に走ります。
軽量ながらロングホイールベースで操作性や牽引力を確保しています。
アルミや高精度・高強度鋼材を使用しながら部品点数はおさえられています。

欠点はパワーステアリングが無いこと、クラッチがやや重いこと、油圧揚力・油圧吐出量が少ない。三点リンクの負荷制御の調整が面倒。整備性やや悪い。特にブレーキはきついバネが使われていて整備にはかなりコツと力がいります。年式によって違いますが制動力もやや弱いです。
ロングホイールベースということは小回りはききにくいです。

MF135 前期(1965〜)

イギリス製 出力:45hp(グロス値) 
エンジン:3気筒 AD3 152ディーゼルエンジン 排気量152.7立方インチ

小型ながら当時としては小さな車体に見合わず高トルクで、個性的な排気音を響かせながら元気よく様々な作業をこなしました。その後当時としては画期的だった油圧シフト搭載やロングホイールベース化などのマイナーチェンジを受けながら、最近では数を減らしつつあるものの近所でも多数活躍している姿を見られます。

利点は、とにかく小型軽量で小回りが効き、低速高トルクエンジン搭載で2WDながら高い機動力を発揮。当時としては画期的な機械式三点リンク負荷調整「ファーガソンシステム」を搭載。

欠点は、純正の直流ダイナモ(うちはすぐACオルタネータに交換しました)ではバッテリー上がりが起きやすい。
走行クラッチがかかとの位置にあり慣れないと踏みづらい。
PTOクラッチはさらに深く踏み込まなければならずさらに踏みづらい。
パワステ無し&小回りに特化した?キャスター角の影響でハンドル操作はしっかりと行わないと危険。

引用終わり

ほぼ同年代で同クラスの両者、どんな違いがあるのでしょう?

トランスミッション部分の比較

トランスミッション部分の比較

OPさんによると、MFのミッション部は一般的なフランジで固定しているのに対し、ドイツはえぐりを入れた上で強度を保ちつつ最小限のボルトで固定していうそうです。

ホイール部分の比較

ホイール部分の比較

ホイールもOPさんによれば、MFが一般的なハブリング&8穴で固定しているのに対し、ドイツは材料の違いもあるのかもしれませんが、6本のボルトのテーパー部だけで芯出しとホイル固定・ホイルのしなり力でゆるみ止めをしています。

フェンダー部の比較

フェンダー部の比較

なんでこんな工作なの?と思うようなドイツトラクターのプーリーだそうです。

なんでこんな工作なの?と思うようなドイツトラクターのプーリーだそうです。

OPさん、こう言ってます。「どちらが良いということよりもメーカーが変われば、全く異なる思想で作られていて個性があっておもしろいです。」

確かに、そう聞いてみると、デザインの違い、色の違い以上に違って見えるような気がします。日本のメーカーもクボタとヤンマー、三菱、イセキと、色々ありますが、一つ一つは小さなことでも積み重なって形以上の違いになっているのでしょう。

道理で国産のトラクターはどのメーカーが良いの?・・・と近所の人に聞いても「う〜〜ん」と、答えが返ってこないわけです。たった一つの「これだ!」という理由がある・・・というわけではなかったのです。

作った人、使う人の色々な考えがあるからおもしろい

こうやってみて見ると、MFの方が、Deutzに比べ若干部品点数は多そうです。しかし、どちらの部品もよ〜く考えた上にこういう数で、こういう形で・・・と、理由があって決めたはずなので、どちらが良いと一概に言えないのはもちろんです。

品物というかシステムの故障というのは、各部品の故障率の合計なのでしょうから、単純に考えれば部品が少ないほど故障が少ないと思われます。(もちろん、部品が少なくても故障率のやたら大きい部品を使っていたらあんまり部品を減らした意味はないですけど・・・)

ボルトを8本から6本に減らすにしても、そのまま減らしたんじゃ手抜きで、強度不足になっちゃうでしょうから、ボルトを太くしたり、材質を変えたり、ネジのピッチを細かくしたり、強く固定できるように考えると、コストという面ではキツくなりそうです。そうなると安い部品をたくさん使って強度を出すという考え方も出てきますね。

用途が単純で、負荷がかかっていないので少ない部品でいける・・・というのもあるかもしれません。たとえば、単純な構造のエンジン(50ccのカブのエンジン)を100倍の大きさにしてトラクターに積んでも大した仕事はできそうもありません。カブはあの大きさだから単気筒で行けるのでしょう。

部品点数を減らすにしても、増やすにしても、それに関わってくるのが作る人の思想と言うか、考えで、そこが個性なのかもしれません。

もし、巨大なカブのエンジンを積んだら・・・部品点数は少なくても、ちゃんと使えそうにありません。

もし、巨大なカブのエンジンを積んだら・・・部品点数は少なくても、ちゃんと使えそうにありません。

続きを読んでね!の画像

まだまだ写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。続きを読むのリンクをクリックしてね!

(さらに…)

機械の記念写真

時間切れだった「トラクターの生息域」の続きです。

近所のMassey Fergusonの写真だったわけですが、Massey Fergusonと言えばいつもおもしろいコメントをいただいているOPさんのところに写真があって、それを紹介したかったんです。

Massey Ferguson 5475 の写真です。これは現場写真というより、記念写真ですね・・・愛が感じられます。

Massey Ferguson 5475 の写真です。これは現場写真というより、記念写真ですね・・・愛が感じられます。

主役がトラクターの機体です。景色が良いとさらに引き立ちます。まるで単車でツーリングに行ったときの写真みたいです。単車は仕事はしてくれませんが、仕事をするトラクタでこのような写真を撮るのというのは、機械がスキで背景がイイいからなんですよねえ。

同じく記念写真! 僕はデスクトップピクチャにしちゃいました。

同じく記念写真! 僕はデスクトップピクチャにしちゃいました。

背景がごちゃごちゃしていますから、どんなに機械がスキでも解体現場でバックホーの記念写真を撮る人はあまりいなさそうです・・・ん?やっぱりいるかなあ・・・いるような気がしてきました・・・きっといます。上手に背景を切り取って写す人が。

単車だったらこんな感じです。

ちょっと比較するには車体が大きく写りすぎていますか・・・でも、きっと同じような気持で撮ったと思うんですよね・・・コイツは仕事はしないけれど、時間を共有するというか何というか・・・しかし、今となってはだれも信じてくれないかもしれませんが、これをバラして航空手荷物でアメリカまで、オーバーチャージなしで持っていったんですよ!! バカとしか言いようがありませんけど・・・

ちょっと比較するには車体が大きく写りすぎていますか・・・でも、きっと同じような気持で撮ったと思うんですよね・・・コイツは仕事はしないけれど、相棒というか何というか・・・しかし、今となってはだれも信じてくれないかもしれませんが、これをバラして航空手荷物で何人かでアメリカまで、オーバーチャージなしで「手で」持っていったんですよ!! バカとしか言いようがありませんけど・・・

あとはこの写真!

単車が乗ってます。「決められた条件の中で工夫してる感」が出ていて、こういうのすごく好きです。専用機が買えたとしても、頭も使わなくちゃ錆び付いてしまいますものね!

単車が乗ってます。「決められた条件の中で工夫してる感」が出ていて、こういうのすごく好きです。専用機が買えたとしても、頭も使わなくちゃ錆び付いてしまいますものね!

遥かにスケールが小さく、頭も金も使っていませんが、うちはこんな感じです。どんなクルマにも簡単に単車を積みたい!

遥かにスケールが小さく、頭も金も使っていませんが、うちはこんな感じです。どんなクルマにも簡単に単車を積みたい!

後からの写真です。まさにトラクターはアーミーナイフですね。いったい「何徳」ナイフなんでしょう?

後からの写真です。まさにトラクターはアーミーナイフですね。いったい「何徳」ナイフなんでしょう?

考えてみればトラクターは動力を自分自身で持ち運べるので、アーミーナイフよりもっと自由度があります。アーミーナイフだったら、一般のナイフや爪切りなどに加えて、ドリルやコンプレッサー、照明などが付いている感じでしょうか?・・・そうなったらもう持ち歩けないから、つまり自走できるようにするってことですね。

考えてみればトラクターは動力を自分自身で持ち運べるので、アーミーナイフよりもっと自由度があります。アーミーナイフだったら、一般のナイフや爪切りなどに加えて、ドリルやコンプレッサー、照明などが付いている感じでしょうか?・・・そうなったらもう持ち歩けないから、つまり自走できるようにするってことですね。

トラクターの記事へ
トラクターの記事

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 寒くなると恒例の・・・(トラクター自作キャビンの話)へのコメント (H2より[01/19]) 補足です。 クボタ
  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (ミラクル加藤より[01/19]) トヨタのトラクター発
  • 寒くなると恒例の・・・(トラクター自作キャビンの話)へのコメント (H2より[01/18]) 自作キャビンとはすご
  • ヘンリーフォード一世&トラクターはどうあるべきか「フォード昔のカタログ」へのコメント (Dより[01/18]) 同文投下 Fo
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/17]) noraさんando
  • 最近のマイブーム、草刈機いろいろその2・・・・・・「JA&クボタ アグリンピック」へのコメント (noraより[01/16]) 野良犬さん こんばん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/16]) andoさん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/16]) hokkaidouj
  • 最近のマイブーム、草刈機いろいろその2・・・・・・「JA&クボタ アグリンピック」へのコメント (野良犬より[01/15]) 基本的に外国製のは、
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[01/14]) NORAさんテストメ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[01/14]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/10]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/09]) hokkaidouj
  • ダンプがいいのかな?・・・クボタユーテリティビークル RTV・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[01/09]) 大阪の風さん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/09]) noraさんando
  • ダンプがいいのかな?・・・クボタユーテリティビークル RTV・・・「撮りトラ」へのコメント (大阪の風より[01/07]) 日本にはエブリイとい
  • 中古車屋さんで見たクボタL3500は74年生まれ?「撮りトラ」へのコメント (noraより[01/05]) トラクター狂さん 明
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/05]) andoさんhokk
  • 中古車屋さんで見たクボタL3500は74年生まれ?「撮りトラ」へのコメント (トラクター狂より[01/04]) L3500は1974
  • トラディショナルはイタリア国旗!イセキトラクターTR55「昔のカタログ」へのコメント (noraより[01/01]) Simon Is
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械