1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1,643

燃料タンク好きにはたまらない!ユニークな湯たんぽ型、フェンダー兼用タンク!ジョンディア8370RT「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広ヤンマーのブースで見た、フルクローラーのジョンディア・トラクター8370RT「撮りトラ」その1です。

以前茨城県稲敷郡美浦村にあるスガノ農機の本社工場で見た、8300Tとも比べながら見てみたいと思います。

 

ジョンディアトラクター JD-8370RT,EARZ --------------------------------------------- 圧倒的なパワーと牽引力 2ほんの強力なクローラが大地を掴み作業機を力強く牽引。 米国が培ったトラクター技術が惜しみなく 注ぎ込まれたジョンディアSRシリーズトラクター。 300馬力オーバーの圧倒的なパワーで大地を耕し 北海道の大規模畑作経営をサポートします。 とあります 水冷4サイクル6気筒9,000ccディーゼル 出力 370馬力/2100rpm 燃料タンク容量 758ℓ(!) 尿素タンク容量 25.3ℓ 重量はなんと16トン以上!

ジョンディアトラクター
JD-8370RT,EARZ
———————————————
圧倒的なパワーと牽引力
2ほんの強力なクローラが大地を掴み作業機を力強く牽引。
米国が培ったトラクター技術が惜しみなく
注ぎ込まれたジョンディアSRシリーズトラクター。
300馬力オーバーの圧倒的なパワーで大地を耕し
北海道の大規模畑作経営をサポートします。

とあります

水冷4サイクル6気筒9,000ccディーゼル
出力 370馬力/2100rpm
燃料タンク容量 758ℓ(!)
尿素タンク容量 25.3ℓ
重量はなんと16トン以上!

 

John Deere 1/64 限定版 100年シルバーとブラック 9470RX 8370RT ツーピースセット

アマゾンではこれしか見つからなかったです。
John Deere 1/64 限定版
100年シルバーとブラック 9470RX 8370RT ツーピースセット ¥ 12,820
なぜ白黒?

 

JOHN DEERE 8370RT 後ろに引いている作業機は、ジョンディアVリッパー JD−915だそうです。

JOHN DEERE 8370RT 後ろに引いている作業機は、ジョンディアVリッパー JD−915だそうです。

 

 

8300Tの「T」はクローラタイプを表しています。 tractordata.comによれば、エンジンはジョンディア6気筒、8.1Lターボインタークーラー・ディーゼル222馬力/2200rpm 重量は10トンを優に越えるバケモノです。

こちらは8300T(「T」はクローラタイプを表しています。)
tractordata.comによれば、エンジンはジョンディア6気筒、8.1Lターボインタークーラー・ディーゼル222馬力/2200rpm 重量は10トンを優に越えるバケモノです。1997年〜1999年製造ということで、最新の8370RTと比べると顔を含むデザインはかなり変わっていますね!

 

 

↑せっかく登場したので、動画も載せておきます。

 

JOHN DEERE 8370RT なによりもビックリしたのはこの燃料タンクです。形、位置、大きさ、フェンダー兼用というその大胆な発想・・・何から何までユニークです。758ℓを納めるのにはここしかなかったのか、それとも・・・給油は大変そうですよねえ・・・

JOHN DEERE 8370RT なによりもビックリしたのはこの燃料タンクです。形、位置、大きさ、フェンダー兼用というその大胆な発想・・・何から何までユニークです。758ℓを納めるのにはここしかなかったのか、それとも・・・給油は大変そうですよねえ・・・

 

JOHN DEERE 8370RT 振り分けられたタンクはパイプで繋がっているようです。

JOHN DEERE 8370RT 振り分けられたタンクはパイプで繋がっているようです。

 

後輪にゴムが張ってあるのがわかるでしょうか?そして前の小さな黄色の転輪を緑で黒い小さな転輪を持つ△部分が強力に油圧で押して突っ張っているのだそうです。

JOHN DEERE 8300T こちらのほうはホイールタイプと同じく普通に左側のステップのあたり、低い位置にあります。

 

JOHN DEERE 8300T tractordata.comによると、8300Tの燃料タンク容量は492ℓでした。現行のOHN DEERE 8370RTはその倍近い燃料を搭載することができるわけです。

JOHN DEERE 8300T tractordata.comによると、8300Tの燃料タンク容量は492ℓでした。現行のOHN DEERE 8370RTはその倍近い燃料を搭載することができるわけです。

 

ユニークで、僕にはかなり好ましいのですが、「カッコいいか」「カッコよくないか」でいえばまあ「カッコよくない」です。湯たんぽみたいですしね。ホイールタイプの燃料タンク容量を調べてみると645〜685ℓというところでした。もしかしたら、クローラタイプで燃費が悪く、フェンダーの燃料タンクは増槽、補助タンクなのかもしれませんね。

ユニークで、僕にはかなり好ましいのですが、「カッコいいか」「カッコよくないか」でいえばまあ「カッコよくない」です。湯たんぽみたいですしね。
ホイールタイプの燃料タンク容量を調べてみると645〜685ℓというところでした。もしかしたら、クローラタイプで燃費が悪く、フェンダーの燃料タンクは『増槽』、つまり補助タンクなのかもしれませんね。

 

翼下のハードポイントにドロップタンクを搭載したP-51(Wikipediaより)

翼下のハードポイントにドロップタンクを搭載したP-51(Wikipediaより)

 

増槽兼用のサイドスカートを装備した、スウェーデンのStrv.103C型(Wikipediaより)

増槽兼用のサイドスカートを装備した、スウェーデンのStrv.103C型(Wikipediaより)

 

T-72の増槽(Wikipediaより)

T-72の増槽(Wikipediaより)

 

時間がなくなってしまいました。きょうはここまでです。

 

また明日!

1971,72,73年のいずれか生まれ。クボタL2000「撮りトラ」

今日は某所で見た、クボタトラクター L4ケタ末尾00のL2000「撮りトラ」です。

 

L4ケタ末尾00シリーズは、まずL1500が端緒を開いたのですよね。 「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」によれば、 46年(1971年)には、耕うん機技術部で乗用耕うん機の発送を生かした超小型四輪駆動トラクタ・ブルトラB6000(11馬力)を開発した。また、小型本格トラクターとしてはL1500(15馬力)を開発したが、これが爆発的な人気を呼び、日本農業のトラクタ時代への本格的幕開けへとつながった。ちなみに、農用トラクタの全国出荷台数を比較してみると、35年(1960年)当時はわずか3300台強に過ぎなかったものが、47年度(1972年度)には累計30万6500台へと激増し、このうち、当社(久保田鉄工株式会社)が10万台強、32.7%のシェアを占めるまでに成長したのであった。 とあります。

クボタL2000です。 L4ケタ末尾00シリーズは、まずL1500が端緒を開いたのですよね。「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」によれば、

46年(1971年)には、耕うん機技術部で乗用耕うん機の発送を生かした超小型四輪駆動トラクタ・ブルトラB6000(11馬力)を開発した。また、小型本格トラクターとしてはL1500(15馬力)を開発したが、これが爆発的な人気を呼び、日本農業のトラクタ時代への本格的幕開けへとつながった。ちなみに、農用トラクタの全国出荷台数を比較してみると、35年(1960年)当時はわずか3300台強に過ぎなかったものが、47年度(1972年度)には累計30万6500台へと激増し、このうち、当社(久保田鉄工株式会社)が10万台強、32.7%のシェアを占めるまでに成長したのであった。

とあります。

 

また、同じ「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」に、1973年にL型シリーズの完成を見たことを伺わせるような記述があるので、L2000は1971年〜1973年あたりの生まれだと考えられます。

クボタL2000 また、同じ「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」に、1973年にL型シリーズの完成を見たことを伺わせるような記述があるので、L2000は1971年〜1973年あたりの生まれだと考えられます。

 

運輸省型式認定番号はどうでしょうか・・・

クボタL2000 運輸省型式認定番号はどうでしょうか・・・

 

運輸省型式認定番号 農 765号 クボタ L2000型

運輸省型式認定番号 農 765号
クボタ L2000型

L1500はどうでしょう

 

 

拡大すると、農745号。かなり古いです。L240は確か農665だっけ・・・

L1500
運輸省型式認定番号 農 745号
クボタ L1500型

 

ついでにブルトラ

 

 

運輸省型式認定番号 農 750号 クボタ B6000型

運輸省型式認定番号 農 750号
クボタ B6000型

 

認定番号順でいえばL1500→B6000→L2000

 

運輸省型式認定番号の順でいえば、L1500→B6000→L2000 ということになります。 そして、これが1971年〜1973年の間ということでもありますね。あ!エンジンは3気筒なんですね!

クボタL2000 運輸省型式認定番号の順でいえば、L1500→B6000→L2000
ということになります。
そして、これが1971年〜1973年の間ということでもありますね。
あ!エンジンは3気筒なんですね!

 

銘板を見てみます。

クボタL2000 銘板を見てみます。

 

クボタL2000の銘板部分を拡大すると クボタ|農用|トラクタ 車台型式 L2000 車台番号 41095 機関型式 D1100 出力 20PS 無負荷最高回転数 2900rpm 久保田鉄工株式会社製造 とあります

クボタL2000の銘板部分を拡大すると

クボタ|農用|トラクタ
車台型式 L2000
車台番号 41095
機関型式 D1100
出力 20PS
無負荷最高回転数 2900rpm
久保田鉄工株式会社製造

とあります

農765近辺の他社トラクターは?

 

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

運輸省型式認定番号で生まれ年を想像できるとすれば、認定番号の近いものは同級生ということになります。クボタL2000の認定番号農765に近いものを探してみると・・・
三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) それとやはり、安くて
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) I・ANDOさん 真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[02/17]) noraさんhoka
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/07]) noraさんando
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (H2より[02/04]) もう一点ですけど、こ
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (みみずくより[02/02]) ルンバ式モアーの紹介
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械