Homeに戻る > 6ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 1,413

いや〜スッキリした!

見に来るひとが激減する週末は(天気がいいと特に)どーでもいい話題です。まあ、いつもどーでもいい話題といえばそうなんですけどね。

昨日の『これが気になる!!シバウラS-30A「撮りトラ」』で気になっていたヘッドランプ、Facebookのほうで教えてもらいすっかり解決しました。いや〜スッキリした!

眉間の間が狭く日の本みたいなスリットが入っています。ここに何か入れないとマヌケになっちゃうんだろうなあ・・・ヘッドランプはどこのメーカーでしょう?

シバウラS-30Aのヘッドランプの話でした。いつもこのヘッドランプのメーカーが気になるんです。同じ形、同じ大きさならどこのメーカーだっていいわけで、どうして気になるのかは説明できないんですけどね。

強いてカッコいい言葉でまとめちゃうと、「どんな小さな部品にも物語と宇宙がある」って感じでしょうか・・・あははっ!

F200・・・その下のマーク???犬の好きなホネか漢字の一のロゴ? 初めて見ます。なんだろう・・・気になる。

で、そのヘッドランプ部分を拡大すると、F200・・・その下のマーク???犬の好きなホネか漢字の一のロゴ? 初めて見ます。なんだろう・・・と気になったわけです。

適当に書いて画像検索しても出てきません。なんていうメーカーなんでしょう・・・

これを適当に書いて画像検索してみたりしましたが、見つからない・・・というのが昨日までの話でした。

そうしたら同じシバウラS-30Aを持っている方が写真を撮って送ってくれました。

同じS-30Aでもロットによって?少し違うんですね。

同じS-30Aでもロットによって?少し違うんですね。

こちらの写真ではレンズが割れて電球が見えてますもん。それからこのS-30A

僕が見たS-30Aはこうでした。

ホネのように見えたのはロゴの枠でした。かなりシャープでしかも中にEVER ACEと入っています。

ホネのように見えたのはロゴの枠でした。かなりシャープでしかも中にEVER ACEと入っています。

F200・・・その下のマーク???犬の好きなホネか漢字の一のロゴ? 初めて見ます。なんだろう・・・気になる。

もう一度前出の写真と比べてみます。形はアマアマだし、中に文字が入っていない・・・もしかしたら、こちらのほうが古いもので、当時はこんなに細かくシャープに文字をガラスに浮き出させることができなかったのかも。

そして決定的なのが送ってもらったこの写真。EVER WING!

そして決定的なのが送ってもらったこの写真。EVER WING!

『知らないメーカーを見つけるとワクワクする・・・コマツインター484「撮りトラ」』のときにウインカーに見つけた「市光工業株式会社」のブランドでした!

中央にあるマークは「市光工業株式会社」の「市」の字をあしらったもののようですね。

『STIHL製2ストディーゼルのイセキTC-10 その2・・・「撮り虎」』の記事で、イセキのTC-10に見つけていました。

イセキトラクター TC10

イセキのTC-10。大きく横に張り出したカニ目は、かなり運転席寄りにセット。

拡大してみます。EVER WINGとあります。

イセキTC-10のランプ部分拡大してみます。EVER WINGとあります。

調べてみると市光工業株式会社のWEBページに「EVER ACE」(PIAA)市光工業株式会社の一般部品販売部門から分離独立したとあります。

さらにPIAAのWEBページには

PIAAは、1963年7月、市光工業株式会社の一般部品販売部門から分離独立し、HID・LEDバルブやランプ、ワイパー、キャリア等の自動車・二輪車部品を製造・販売しています。

分離したほうの「EVER ACE」と親会社の「EVER WING」の両方が書いてあるのはちょうど過渡期に作られた・・・ということなのかもしれません。

さらにはこんなこともわかりました。

市光工業株式会社には同じくフランスのValeo社が出資して親会社となっていたんです。

Valeo社は『「電装探偵団」ウインカーの歴史も色々。最強トラクターウニモグの貝殻ウインカー「撮りトラ@土の館」』の時に見つけた、ウニモグのウインカーを作っていたSWF社の親会社でしたね。

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

そのウニモグに付いていた貝殻ウインカー。以前見たHELLA製のものよりスリムな感じ。

そのHELLA製の貝殻ランプとは・・・

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

この部品取り用CLAYSON M122 コンバインについていました。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

運転席、メーターの左にあるオレンジ色のランプ。何かのインジケーターに流用されているのだと思うのですが、ずっと心の中で「貝殻ランプ」と名付けていました。よく考えると、何で貝殻なのかよくわかりません。どちらかといえば「ダンゴムシ」とかに近い・・・でも、直感で「貝殻ランプ」と思ったから「貝殻ランプ」でいいんです!!!

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。ずっと気になっていたこのランプ「貝殻ランプ」

うーーーーん・・・・なんて素敵な形! 

戻ってウニモグのウインカー

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

戻ってウニモグのウインカー。貝殻は貝殻でも少し形が違います。

拡大してみるとSWFというメーカー。ワーゲンやアウディなどの古いクルマに使われているみたいです。現在もメーカーはあるみたいなんだけど、サイトはまだ見つけられていません。これは今後の宿題ということで・・・

拡大してみるとSWFというメーカー。ワーゲンやアウディなどの古いクルマに使われているみたいです。ちょっと調べてみました。

SWFの製品はこんなクラッシックカー、ヘッドランプの下のウインカーなどに採用されているそうです。

SWFの製品はこんなクラッシックカー、ヘッドランプの下のウインカーなどに採用されているそうです。

ビンテージパーツが今も売られています。

ビンテージパーツが今も売られています。

拡大するとちゃんとSWF

拡大するとちゃんとSWF

(続きを読む…)

これが気になる!!シバウラS-30A「撮りトラ」

今日の「撮りトラ」は、hokkaidoujinさんの案内で見たシバウラトラクターS-30Aの続きです。

まずは前回のおさらいから

—————————————–

シバウラS-30Aです。年式がわかりません。農研機構に登録のある1976年以降には記載がありませんので、1976年より古いものと思われます。また、tractordata.comにも記載がないので、輸出もされていない感じです。

シバウラS-30Aです。年式がわかりません。農研機構に登録のある1976年以降には記載がありませんので、1976年より古いものと思われます。また、tractordata.comにも記載がないので、輸出もされていない感じです。

面長のFORDのOEM群とは少し違って、縦にちょい詰まった幼児顔。ちょっとわかりにくいですが、目のすぐ下にSHIBAURAの文字が入っています。

株式会社IHIシバウラの沿革に(そういえば株式会社IHIシバウラは、2017年10月1日から株式会社IHIスターと統合して株式会社IHIアグリテックという会社になったんですね!)、『1959年(S34) S-17四輪乗用トラクタを発売』という記載があります。

S−17というとS-30Aと表記が似てますし、もしかしたら兄弟かもしれません。となると、1959年〜1976年(ずいぶん広いレンジだなあ)の間に製造されたと考えても良さそう・・・

機種名:シバウラトラクタ 形式・仕様:S-17型 17馬力 製造社・国:石川島芝浦機械株式会社 日本 導入年度:1960(昭和35)年 使用経過:国産トラクタは各社で発売を開始する。プラウやロータリ作業の普及が始まる。玉置は中古で入手するが、以前の経過は不明。

S−17といったら土の館で見たこれでした。ちょっと形が違いすぎるなあ。ちなみに、変わった形をしていると思ったら、IHIの前史に「カーデザイナーによるデザイン」と書いてありました。昭和34年ですから1959年ですね。

S-17よりはずいぶん新しそう。ということで、多分昨日のFORD1000(シバウラS1500)よりちょっと古いぐらい、1960年後半〜1973年くらいでしょうか。

—————————————–

とここまで。

とりたてて新しい情報はないのですが少し写真を追加・・・

スッキリとして上品なフォルムのトラクターです。シートクッションが気になりますね。どうも肥料の袋かなんかに見えます。肥料の袋に綿状のものを入れてクッションにしているのでしょうか?

スッキリとして上品なフォルムのトラクターです。シートクッションが気になりますね。どうも肥料の袋かなんかに見えます。肥料の袋に綿状のものを入れてクッションにしているのでしょうか?

そしてボディのサイドを拡大すると、方向指示器としてはほぼ役に立たないと思われる小さなウインカー。これ、カッコいいなあ・・・ちゃんと光るようにはできてるみたいなんです。

そしてボディのサイドを拡大すると、方向指示器としてはほぼ役に立たないと思われる小さなウインカー。これ、カッコいいなあ・・・ちゃんと光るようにはできてるみたいなんです。

こちらの写真ではレンズが割れて電球が見えてますもん。それからこのS-30A

こちらの写真ではレンズが割れて電球が見えてますもん。それからこのS-30Aのプレート。トラクターの型番としては大きさといい形といい異色のデザイン。こういう「書いた」ようなロゴは小さく使ってほしいですよね?トラクター全体と釣り合っていない感じです。

エンジンは4気筒です。

エンジンは4気筒です。

シバウラトラクターSD3000

こちらはSさんのシバウラトラクターSD3000A こちらも4気筒でした。

シバウラトラクターSD3000

同じようなタイプの燃料ポンプが付いています。でも、S-30Aはいすゞの4気筒C201というエンジンだそうで、SD3000Aのほうはシバウラ製のLEM754Aという4気筒なので違うエンジンですよね。

余裕のパワー、バランス設計 4気筒ディーゼル搭載 ●4気筒1484ccの水冷ディーゼルエンジンを搭載し、小型特殊の制限内で最大のパワーを発揮します。 ●振動騒音が少なく低速でのネバリ強さが違います。 ●厳寒時でもセル一発でスタート。 経済性、耐久性も万全です。

これですね。SD3000Aのカタログです→ 余裕のパワー、バランス設計 4気筒ディーゼル搭載 ●4気筒1484ccの水冷ディーゼルエンジンを搭載し、小型特殊の制限内で最大のパワーを発揮します。 ●振動騒音が少なく低速でのネバリ強さが違います。 ●厳寒時でもセル一発でスタート。 経済性、耐久性も万全です。

カマキリの顔、逆三角形のインパネ。ハンドルは朝顔式ではなく、ほぼ真っ平らのハンドル。

カマキリの顔、逆三角形のインパネ。ハンドルは朝顔式ではなく、ほぼ真っ平らのハンドル。

眉間の間が狭く日の本みたいなスリットが入っています。ここに何か入れないとマヌケになっちゃうんだろうなあ・・・ヘッドランプはどこのメーカーでしょう?

眉間の間が狭く日の本みたいなスリットが入っています。ここに何か入れないとマヌケになっちゃうんだろうなあ・・・ヘッドランプはどこのメーカーでしょう?

F200・・・その下のマーク???犬の好きなホネか漢字の一のロゴ? 初めて見ます。なんだろう・・・気になる。

F200・・・その下のマーク???犬の好きなホネか漢字の一のロゴ? 初めて見ます。なんだろう・・・気になる。

適当に書いて画像検索しても出てきません。なんていうメーカーなんでしょう・・・

適当に書いて画像検索しても出てきません。なんていうメーカーなんでしょう・・・

今朝一番に気になったのはヘッドランプのこのロゴマークでした。

また明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • Lは何を表したのかなぁ・・・クボタL13G「撮りトラ」へのコメント (木田 やすおより[11/21]) こんばんは。 後ろ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/20]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/20]) andoさん、読んで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[11/20]) noraさんhoka
  • チェリートラクタCT101、みんなで作ってたの?・・・「撮りトラ」へのコメント (二宮 陽子より[11/17]) チェリー トラクター
  • パサパサの土でピッカピカ!マンタ7あぜぬり機へのコメント (noraより[11/16]) hyoukou240
  • 「田植機考古学」クボタ昔の田植機発掘、歩行型田植機SPS-4000その2へのコメント (noraより[11/16]) H2さん こんばんは
  • 今年最後の草刈りを行いました。へのコメント (noraより[11/16]) H2さん こんばんは
  • 意外と目がカワイイ・・・ヤマカガシへのコメント (noraより[11/16]) ゆうさん こんばんは
  • パサパサの土でピッカピカ!マンタ7あぜぬり機へのコメント (hyoukou240mより[11/16]) 地元の機械化組合でマ
  • 「田植機考古学」クボタ昔の田植機発掘、歩行型田植機SPS-4000その2へのコメント (H2より[11/11]) もしかしたらとっくに
  • 今年最後の草刈りを行いました。へのコメント (H2より[11/10]) スライドモアでしたか
  • 意外と目がカワイイ・・・ヤマカガシへのコメント (ゆうより[11/10]) 私もへびかってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/10]) 両誌一是非読を>
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (| hokkaidoujinより[11/10])  拡張の高い情報を発
  • 1970年-1973年、R2500には末尾がS/F/Gとあった!三菱R2500G「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/10]) 伊藤産業機械(株)さ
  • 1970年-1973年、R2500には末尾がS/F/Gとあった!三菱R2500G「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/10]) 発動機のシャチさん
  • 今年最後の草刈りを行いました。へのコメント (noraより[11/10]) H2さん おはようご
  • 「田植機考古学」クボタ昔の田植機発掘、歩行型田植機SPS-4000その2へのコメント (noraより[11/10]) H2さん おはようご
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/10]) その様な事ですので、
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械