1 2 3 4 5 6 7 1,778

光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」

休みの日は見に来る人も少ないので今日は趣向を変えて・・・国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その27です。

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

こんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

もう終っちゃいましたけどね。

 

僕はこの機械?にすごく興味を持ったらしく、たくさん写真を撮っています。これを初めて見て、何の装置かわかる人、たくさんはいないと思います(いるかな?僕だけわからなかった?)映画に出てくるマッドサイエンテストが作る人体改造マシンという趣です。 すぐ脇のパネルを見れば何をする装置かすぐわかります。 X線で視る ドイツの物理学者レントゲンが放射線を発見したニュースは、瞬く間に世界中に広がった。翌年の1896(明治29)年には早くも日本で、島津源蔵が協力した第三高等学校や、山川健次郎などがX線による写真撮影に成功している。X線を利用すれば、体の内部を透視できるので、その後、研究・医療を目的として東京帝国大学医科大学と陸軍軍医学校に装置が輸入された。大正時代には、国産のX線装置やX線管が製造され、レントゲン撮影も普及した。 とあります。この装置、レントゲン撮影装置だったんですね!

僕はこの機械?にすごく興味を持ったらしく、たくさん写真を撮っています。これを初めて見て、何の装置かわかる人、たくさんはいないと思います(いるかな?僕だけわからなかった?)映画に出てくるマッドサイエンテストが作る人体改造マシンという趣です。

すぐ脇のパネルを見れば何をする装置かすぐわかります。

X線で視る
ドイツの物理学者レントゲンが放射線を発見したニュースは、瞬く間に世界中に広がった。翌年の1896(明治29)年には早くも日本で、島津源蔵が協力した第三高等学校や、山川健次郎などがX線による写真撮影に成功している。X線を利用すれば、体の内部を透視できるので、その後、研究・医療を目的として東京帝国大学医科大学と陸軍軍医学校に装置が輸入された。大正時代には、国産のX線装置やX線管が製造され、レントゲン撮影も普及した。

とあります。この装置、レントゲン撮影装置だったんですね!

 

X線装置 ニューオーロラ号 島津製作所製 1896(明治29)年にレントゲン撮影に成功した二代目島津源蔵は、理化学用及び医療用X線装置の開発にも熱心であった。ニューオーロラ号は、1918(大正7)年頃から販売され、国内の多くの病院に設置され、わが国の医療に貢献した。

X線装置 ニューオーロラ号
島津製作所製
1896(明治29)年にレントゲン撮影に成功した二代目島津源蔵は、理化学用及び医療用X線装置の開発にも熱心であった。ニューオーロラ号は、1918(大正7)年頃から販売され、国内の多くの病院に設置され、わが国の医療に貢献した。

 

この機械ですよ?これを白衣のおじさんが操作する・・・子供は確実に泣きますね。

この機械ですよ?これを白衣のおじさんが操作する・・・子供は確実に泣きますね。

 

ニューオーロラ号、高圧の電気を使うのでしょう大きな碍子が物々しいです。中央のハンドルで電圧か何かを制御するのでしょう。下の箱は・・・コンデンサでしょうか・・・これを見ているうちにある典型的な絵が思い浮かびました。

ニューオーロラ号、高圧の電気を使うのでしょう大きな碍子が物々しいです。中央のハンドルで電圧か何かを制御するのでしょう。下の箱は・・・コンデンサでしょうか・・・これを見ているうちにある典型的な絵が思い浮かびました。

 

よくある表現ですけど、雷に打たれたらガイコツって、いつも「どうしてだろう」と思っていたんです。この機械から来た表現だって考えればスッキリします。 きっと、この装置のどこかでバチバチ火花が飛んでいる部分があったのではないでしょうか?電気が流れる?ブーンという音がしていたのではないでしょうか? それと透視というのが組み合わさり、世界中でこのような表現になったのだと考えれば納得がいきます。

よくある表現ですけど、僕はすっと雷もしくは電気に打たれた表現だと理解していました。でも、雷に打たれたらガイコツって、いつも「どこでそう繋がるんだろう」と、不思議に思っていたんです。それも、このX線装置から来た表現と考えればスッキリします。
きっと、この装置のどこかでバチバチ電気の青い火花が飛んでいる部分があったのではないでしょうか? また、電気が流れる?ブーンという音がしていたのではないでしょうか?
それらとX線透視というのが組み合わさり、世界中でこのような表現になったのだと考えれば納得がいきます。

 

ニューオーロラ・・・今だと安っぽいホテルの名前にしか思えませんが、大正時代の話です。きっとカッコよく感じてもらえたのでしょう。しかも「号」が付いています。装置に「号」をつけるセンス、今は信じられないことですが、その大きさは「号」にふさわしいです。きっとオーロラというのもその電気との関係や神秘的な印象から名付けたのでしょう。

ニューオーロラ・・・今だと安っぽいホテルの名前にしか思えませんが、大正時代の話です。きっとカッコよく感じてもらえたのでしょう。オーロラというのもその電気との関係や神秘的な印象から来ているのだと思います。しかもニューオーロラの後ろには「号」が付いています。装置に「号」をつけるセンス、今は信じられないことですが、その装置の大きさは堂々として「号」にふさわしいです。

 

銘板にはROENTGEN APPARATUSと書いてあります。SHIMADZU SEISAKUSHO LTDはKYOTO,TOKYO,OSAKA,FUKUOKA,DAIREN・・・その当時すでに大連にも支店があったんですね。

銘板にはROENTGEN APPARATUSと書いてあります。SHIMADZU SEISAKUSHO LTDはKYOTO,TOKYO,OSAKA,FUKUOKA,DAIREN・・・その当時すでに大連にも支店があったんですね。

 

このガラスの機器からX線が放射されて、後ろの木の板にはさんだ感光体に像が定着するんですかねえ・・・もー子供は絶対泣きますってば。これは大人だって怖いです。当時病院なんて暗い感じでしょうし、ブンブンバチバチいっている装置から出る得体の知れない光線を浴びるなんて・・・

このガラスの機器からX線が放射されて、後ろの木の板にはさんだ感光体に像が定着するんですかねえ・・・もー子供は絶対泣きますってば。これは大人だって怖いです。当時病院なんて暗い感じでしょうし、ブンブンバチバチいっている装置から出る得体の知れない光線を浴びるなんて・・・

マッドサイエンティストの話はやっと終り、次です

 

コミュニケーションとはちょっと違いますが、計算機の話です。後ろのパネルを読んでみましょう。まずは左のパネル。 そろばんに負けたから計算機をつくりたいと思った カシオ計算機の創業者の一人、樫尾俊雄は、計算機を開発するようになった経緯について、以前語っている。「ある時、電動計算機とそろばんによる計算速度の対決で、そろばんが勝った。しかし、そろばんによる計算速度はこれ以上速くならないだろうと思った。ところが計算機は技術によって、まだまだ発展させることができる。それならやってみようと思った」と語っている。 とあります。モーターを使った計算ではそろばんに負けてしまうんですね。そしてその隣のパネルには・・・ はじまりは計算する機械 複雑な計算は面倒くさい。そこで計算する機械が考案された。明治時代の中頃になると、国内でも機械式計算機の特許が認められている。1903(明治36)年には、矢頭良一が独自のアイディアによる計算機「自動算盤」を発明している。そして1950年代後半には、リレーを使った計算機や真空管式の計算機が登場した。1964(昭和39)年に早川電機工業(現・シャープ)が発表したオールトランジスタ式卓上計算機は業界に大きな衝撃を与えた。

コミュニケーションとはちょっと違いますが、計算機の話です。後ろのパネルを読んでみましょう。まずは左のパネル。

そろばんに負けたから計算機をつくりたいと思った
カシオ計算機の創業者の一人、樫尾俊雄は、計算機を開発するようになった経緯について、以前語っている。「ある時、電動計算機とそろばんによる計算速度の対決で、そろばんが勝った。しかし、そろばんによる計算速度はこれ以上速くならないだろうと思った。ところが計算機は技術によって、まだまだ発展させることができる。それならやってみようと思った」と語っている。

とあります。モーターを使った計算ではそろばんに負けてしまうんですね。そしてその隣のパネルには・・・

はじまりは計算する機械
複雑な計算は面倒くさい。そこで計算する機械が考案された。明治時代の中頃になると、国内でも機械式計算機の特許が認められている。1903(明治36)年には、矢頭良一が独自のアイディアによる計算機「自動算盤」を発明している。そして1950年代後半には、リレーを使った計算機や真空管式の計算機が登場した。1964(昭和39)年に早川電機工業(現・シャープ)が発表したオールトランジスタ式卓上計算機は業界に大きな衝撃を与えた。

 

これがその業界に衝撃を与えたシャープの卓上計算機。 電子式卓上計算機 コンペットCS-10A 1964(昭和39)年 オールトランジスタ・ダイオードによる電子式卓上計算機として、世界でも最初期に発売され、その後の小型化や普及に道を拓いた。ゲルマニウム・トランジスタ530個とダイオード2,300個を含む4,000点の部品からなり、重量は25kgもある。定価は53万5千円で、当時の大衆的な乗用車と大体同じ値段であった。 卓上といっても卓に載せることが可能・・・という大きさですが

これがその業界に衝撃を与えたシャープの卓上計算機。
電子式卓上計算機 コンペットCS-10A 1964(昭和39)年
オールトランジスタ・ダイオードによる電子式卓上計算機として、世界でも最初期に発売され、その後の小型化や普及に道を拓いた。ゲルマニウム・トランジスタ530個とダイオード2,300個を含む4,000点の部品からなり、重量は25kgもある。定価は53万5千円で、当時の大衆的な乗用車と大体同じ値段であった。

卓上といっても卓に載せることが可能・・・という大きさと重さですね。

 

電子計算機 SOBOX ICC-500 ソニー製 1967(昭和42)年
トランジスタ電卓元年の1964(昭和39)年に発表された試作計算機の実用機で、軽量小型で使い勝手の良さにソニーならではの工夫が光る。

たった三年で卓上と素直に認められる計算機ができてしまいましたね。

 

カシオミニ カシオ計算機製 1972(昭和47)年 ついにパーソナルユースの電卓登場!幅146×奥行77×高さ42mm。重量315g(本体215g、電池100g)、少肥電力は0.85W。手のひらサイズのこ型電子卓上計算機である。開発当初より個人での利用を考え、機能を絞り低価格(発売当時の価格は12,800円)を実現したことにより、電卓が広く普及するきっかけとなった。

カシオミニ カシオ計算機製 1972(昭和47)年
ついにパーソナルユースの電卓登場!幅146×奥行77×高さ42mm。重量315g(本体215g、電池100g)、少肥電力は0.85W。手のひらサイズのこ型電子卓上計算機である。開発当初より個人での利用を考え、機能を絞り低価格(発売当時の価格は12,800円)を実現したことにより、電卓が広く普及するきっかけとなった。

 

答え一発カシオミニ・・・ですね。今気がついたのですが、普段何も考えずに使っている「電卓」という言葉・・・よく考えたら、どこにも計算機の匂いがないです。

 

電気とテーブルしか想像できない・・・今まで何も考えていませんでした。これで小さな計算機だとどうして認識できたのか・・・

 

ここまで見てきてやっとわかりました、樫尾さんがそろばんに負けた悔しさの詰まった、そろばんの手動に対抗しての電気、もしくは電動の「電」と、巨大な装置としての計算機ではなく、「家庭でも使えますよ」の気持が込められた卓上の「卓」合わせて「電卓」。

 

今から50年以上も前のその気持が今に繋がって、個人で使う小さな計算機のことを「電卓」と認識しているんですね!おもしろいです。

 

今日はこんなところです。また明日!

グランビアボーイ、1997年当初のヘッドマークは「B」GB15「撮りトラ」

今日は北海道の中古車屋さんで見たクボタトラクター、グランビアボーイGB15「撮りトラ」です。

 

クボタグランビアボーイGB15です。農研機構の登録は1997年登録。取説によると、D905水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル898cc 15馬力/2500rpmとなっています。

クボタグランビアボーイGB15です。農研機構の登録が1997年登録。取説によると、D905水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル898cc 15馬力/2500rpmとなっています。

 

やれちゃったせいなのか、トラクター名GB15より目立つGranbia-boyのバッジ。心なしかバッジのほうが大きいような気がしてきます。ああ、もしかしたら本当にそうなのかも。このトラクターというのは

やれちゃったせいなのか、トラクター名GB15より目立つGranbia-boyのバッジ。心なしかバッジのほうが大きいような気がしてきます。

ああ、もしかしたら本当にそうなのかも。トラクターというのは種類によって性格が決まっていて、15とか20の数字(馬力を示すことが多いですが)はグレードとかオプションみたいなものなのかもしれません。

よく考えたら車だってそうですよね。「TOYOTA」や「HIACE」と書かれたバッジより、エンジンバリエーションやグレードのほうが小さく書かれていますもん。

ずっと僕、トラクターの場合、このGB15などというアルファベットと数字の組み合せのほうをメインに考えていました。型式名むき出しだったトラクターは、ブルトラが出てきたあたりからクルマのような名前の扱いに変化してきたのかもしれません。

 

生まれてから20年ちょっと・・・サイドや正面、インパネ回りのプラスチックは風化して、元は黒だったのかグレーだったのか、ビミョーな色になっています。

生まれてから20年ちょっと・・・サイドや正面、インパネ回りのプラスチックは風化して、元は黒だったのかグレーだったのか、ビミョーな色になっています。

 

ふくよかなお顔のつぶらな瞳の間にある大きめのバッジには「B」と書かれています。これってつまりGranbia-boyでいえばboyのb・・・少しイレギュラーです。普通Granbia-boyだったら「G」と考えるのが普通・・・なぜ「B」?

ふくよかなお顔のつぶらな瞳の間にある大きめのバッジには「B」と書かれています。これってつまりGranbia-boyでいえばboyのb・・・少しイレギュラーです。普通Granbia-boyだったら「G」と考えるのが普通・・・なぜ「B」?
ブルトラを意識している?それともブルトラの後継モデルなのかしら・・・

 

あ!そうそう。このGB15はずっと探していた謎のメーカーISHIKAWAのヘッドランプが付いています。もしかしたら最新のISHIKAWAかもしれません。

あ!そうそう。このGB15はずっと探していた謎のメーカーISHIKAWAのヘッドランプが付いています。もしかしたら最新のISHIKAWAかもしれません。

 

ISHIKAWAの製品を見かけるたびに、いつも検索をかけて見つからなかったのに、今日に限ってそれらしいメーカーを見つけました。 神奈川県横須賀市、昭和14年創業の株式会社イシカワ製作所です。

古いクボタ製品に多く見られたISHIKAWAの謎はすでに解明されています。 神奈川県横須賀市、昭和14年創業の株式会社イシカワ製作所です。関連会社にリバーストンという会社がありますので、きっとRIVER STONEブランドのランプも株式会社イシカワ製作所の製品なのでしょう。

 

会社の沿革に、 昭和 14年 12月 東京都にて株式会社石川ランプ製作所として発足。主にヘッドランプ等の照明器具を生産。 とあるので、間違いないのではないかと思います。

会社の沿革に、

昭和 14年 12月 東京都にて株式会社石川ランプ製作所として発足。主にヘッドランプ等の照明器具を生産。

とあるので、間違いないのではないかと思っています。

 

ふくよかなお顔のつぶらな瞳の間にある大きめのバッジには「B」と書かれています。これってつまりGranbia-boyでいえばboyのb・・・少しイレギュラーです。普通Granbia-boyだったら「G」と考えるのが普通・・・なぜ「B」?

既出の写真にもどります。20世紀と21世紀にまたがって存在しているGBシリーズですが、世紀を跨いでもお顔はよく似ていることに気がつきました。

 

クボタトラクターGB155D 中古価格¥756,000 使用時間393時間 成約後バッテリ交換だそうです。

以前見た、クボタトラクターGB155Dです。目ん玉つながりの法則にのっとり、目玉は繋がってしまっていますが、骨格は同じ感じです。(GB150が2001年生まれですからGB155はもっと新しいと思われるのにです)グリルなど、全く同じではないでしょうか?
また、眉間の「B」バッジは廃止され、クボタマークの「K」になっています。

 

同じ顔で1976年から2000年まで25年以上やってくると、どこかで変化をつけたくなってくるんでしょうね・・・目ん玉はつながってきちゃうみたいです。クボタはこの目ん玉つながり、結構気に入っているみたいで、これ以降各車種に見られますよね!

Lシリーズの目ん玉繋がる説・・・同じ顔で1976年から2000年まで25年以上やってくると、どこかで変化をつけたくなってくるんでしょうね・・・目ん玉はつながってきちゃうみたいです。クボタはこの目ん玉つながり、結構気に入っているみたいで、これ以降各車種に見られますよね!

 

クボタトラクターGB155D 中古価格¥756,000 使用時間393時間 成約後バッテリ交換だそうです。

GB155D、サイドも見てみます。
あ!待ってください。バッジは筆記体になっているくらいの変化ですが、あとに続く型式名と大きさが逆転しています。「トラクターはむき出しの型式名やめた説」はあっけなく崩れてしまいました。世紀を跨いだせいでしょうか・・・なんだか揺らいでいますね。サイドのグリルもGB15とかなり共通している感じです。

 

クボタトラクターGB115 価格表がついています。 クボタGB115 10.5PS 税込現状渡し現金価格 ¥615,000 使用時間 181時間 タイヤ4.00-10/R7-14 ロータリー 105cm(爪5割)逆転付 とあります。GB115だけど10.5馬力なんですね。

こちらはクボタトラクターGB115
やはり同じ顔です。正面グリル形状も20世紀のものと同じように見えます。ただし、このひとの愛称はグランビアボーイではなく、ジョイカムジュニアなんですよね。なのにJC115ではなく、GB115なんです。ちょっと不思議。

 

今日はこんなところです。また明日!

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/08]) noraさんhoka
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/06]) ライブ配信はココです
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (ゴンザリオより[10/04]) お疲れ様です。 2
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[10/03]) noraさんさん御変
  • 第7章、街づくりを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[10/03]) 山葵さん おはようご
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械