1 1,479 1,480 1,481 1,482 1,483 1,484 1,485 1,486 1,487 1,488 1,489 1,567

大場町島地区絶滅危惧種?を探せ!!

環境保全会の草刈りの時に伺った話ですが、Aさんの田んぼの水路脇に昔「ヒメアヤメ」と「野生のミント」が生えていたそうです。どちらも聞いたことのない植物なので調べてみました。

「ヒメアヤメ」とは普通のアヤメよりあきらかに背丈が低く、その状態で花をつけるそうなのです。名前もすてきですし、コンパクトで鉢植えにもできそうな植物です。「ここら辺だ」という場所を一緒に探してみたのですがありませんでした。

ヒメアヤメ比較図

かなり想像が入っていますが、こんな可愛らしい花が水路脇に咲いていたら楽しいですね。

また、もう一つの「野生のミント」ですが、これは「ニホンハッカ」というようで、北海道をはじめ各地でお菓子など食品用、生活用品、タバコなどの香料として主にメントールを抽出するために栽培されていたそうです。島地区で栽培されていたかどうかはわかりませんが、水路脇に生えていて草刈りの時などにはあたりにミントの香りが立ち上ったそうです。この「ニホンハッカ」というのもちょっとの間探してみたのですが、確定はできませんでした。

ジャパニーズペパーミントというそうです。

大まかに言えばシソの仲間でジャパニーズペパーミントというそうです。

COP10にちなんだアンケートのコメントに、「生態系の役割を終えて絶滅していく種もあるはず。人類がコントロールできるはずがない。」という意見がありました。

経済や人間の生活や今の環境すべてひっくるめての世界になじめない種は残って行けないのは自然の摂理でもあります。そして大きなスパンの中では、種として自らを変えて生き残ってきた今の絶滅危惧種です。もしかしたら、絶滅に瀕している生き物を救おう!!というのは、電子コントロールの機械に囲まれた中で昔のトラクターを「カッコイイ」と感じることと同じような「ノスタルジックなナニカ」かもしれません。

考えはまとまりませんが、両方を見て気がつくことは、電子コントロールの機械に慣れてしまったらイザという時にそれで思考停止。業者を呼ぶこととなり、もう自分で対処することは不可能なのではないか?ということです。(あれ?いつの間にか機械のお話になっています?)両方を知っている人たちは別にどっちに転んでも大丈夫ですが、次の世代の人たちには壊れたらサービスを呼ぶというのがあたりまえになってしまい、選択肢がありません。

このように平時には問題なくても有事に問題があると考えると、この絶滅危惧種や生物多様性の議論も次世代の選択肢を残しておくという意味がありそうです。機械と動植物はぜんぜんちがうと言われるかもしれません。でも、僕には動物や植物が自分達にどのように係っていて、こうなったら→どうなるという具体的で身に迫った問題が浮かびにくいんです。

パソコンも使う、電子制御の機械も使う、でも、停電になったら手工具や手の道具を使うし、それがなければ作る・・・すべての世代の知恵と道具が現存し、生きていれば選択肢がより多いし、人間のトクになる。

大場町島地区のような稲作地帯には、色々な世代がいて、古いものから新しいものまで知恵と道具,が残っています。様々な分野のエキスパートがいて、さらに作物を育てています。

生物多様性をがなぜ必要なのか、こういうたとえがもしあるなら身近で僕にはわかりやすいです。でも、できる、できない、必要とか、無理とか、そういう以前に、やっぱりあるものがなくなるということは寂しいというのが一番感じることですね。

Aさんも、「今まであまり気にしていなかったものでも、なくなると寂しいものだ」とおっしゃっていましたが、ホント理屈はどうあれそれですね。これからはこの2種類の植物、よく目をこらして探してみたいと思います。

野生のハッカの記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

悲しいお知らせ(メダカその後の後)

水路のメダカや水槽のメダカその後のお話です。こんなタイトルだともう読む前からわかっちゃうとは思いますが・・・10/13日の記事「10月、大場島の水神さま」にあるようにヨシノボリを水槽に入れたのです。そのヨシノボリがメダカちゃんとモツゴちゃんをもれなく、すべて喰ってしまいました。

ヨシノボリの写真

10/12に友人がハゼの代わりに釣ってきたヨシノボリ。こいつが犯人です。

写真では真っ黒でしたが、ヨシノボリは興奮すると色が濃くなるそうです。もちろん釣られた直後ですので興奮していたのでしょう。2匹いたのですが、1匹は早々に死んでしまいました。死んだヨシノボリは全く興奮していないのでびっくりするぐらい色が薄かったです。

そして残った1匹は汽水流域で釣られ、淡水の狭いメダカの水槽に放り込またわけですが、体力の回復をじっと待っていたのでした。メダカたちは野生のカンなのか、今まではモツゴちゃんが底から中域、メダカちゃんが中域から上域の水深を回遊していたのが、ヨシノボリが底に貼付いてからは、ほぼ水面に貼付いた形となりました。なんだかこう、圧力みたいなものを感じたのではないでしょうか?

横暴なビックメダカの絵

大きな(多分オス)の横暴さを1ヶ月前に描きました。他のメダカに比べて大きかったし、実際に小さな小さなメダカを数匹つつき殺していました。

ヨシノボリの絵

その横暴なビックメダカも、ヨシノボリとの大きさの差はこんなものです。シロナガスクジラとマグロくらいの大きさの違い(大げさ?)やはりここまで違うとさすがの暴君メダカも手の打ちようがありません。

そのビックメダカの実際の写真

そのビックメダカの実際の写真。さすがのいじめっ子もホンモノのホンモノがやってきたのに気がついて水面近くでじっとしています。もちろん、他の魚をいじめることもなくなりました。

ヨシノボリは昼間はじっとしていて目だけギョロギョロさせ、当面脅威には感じませんでした。エサを(メダカの餌)は全く食べないのが心配でしたが、とにかくひたすらじっとしていたので油断しました。

モツゴちゃん死亡の図

なんとビックメダカより大きいモツゴちゃんと、小さなメダカが消失していました。間違いありません。いつもじっとしている(全く動くところを見ることのなかった)ヨシノボリが食ってしまったのです。ゴメン!!モツゴちゃん!!

臨戦態勢なヨシノボリの写真

臨戦態勢なヨシノボリ。ランチャーに載せられたロケットみたいです。いつでも飛び出して行く!という雰囲気が出てます。一番上の釣られてきた等位の写真に比べて色がちがうのがわかるでしょうか?今は落ち着いているのでしょう。相当色白君になってます。

続きを読んでね!の画像

写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。
続きを見るをクリックして下にひらいて見てください

夜、ヨシノボリの想像図。

夜、電気を落とした状態の想像図。ネコみたいに目が光るということは、夜目が効くってことですね。少ない光でも行動できるということです。しかも、カメレオンみたいに獲物を目だけで追うことができます。じっとしていますが常に監視は怠らず、夜陰に乗じてメダカを襲おうという魂胆だったのでしょう。

ヨシノボリの特徴を表した図

ヨシノボリには特技があります。脇ひれの間、おなか側にもう一つひれがあって、このひれが吸盤の役割を果たすようなのです。ちょうど吸盤の形をしていて、つるつるした水槽の壁面にだってピタッとくっついちゃうんです。

そして昨日、残っていたビックメダカ以下1匹がいなくなっていました。聞いても答えてくれませんが、あからさまに元気になっているヨシノボリに聞かなくったってわかります。食っちまったんです。

しかし、ネコのエサのささみジャーキーも口に入れたら吐き出してしまうし、メダカの餌は食べないし、今は煮干しをやってみています。エサの少ない時期、これから一体何を与えたらよいのでしょうか?

管理人追記2010/10/22

なんとヨシノボリは煮干し食べます!!!しかもすごく喜んでます。腹を壊して死んじゃうかもしれませんが、固い煮干しをほっぺたに突き刺しながら、長い煮干しを半分口から出しながら食べてます。ささみジャーキーはちょっとくわえてすぐに吐き出していたので、お気に召したのでしょう。なんだか煮干しをねだるような仕草をしておなかを見せたりして・・・メダカを食われたことを忘れて「かわいい」などと思ってしまう自分がいます。

なんとヨシノボリは煮干し食べます!!!しかもすごく喜んでます。腹を壊して死んじゃうかもしれませんが、固い煮干しをほっぺたに突き刺しながら、長い煮干しを半分口から出しながら食べてます。ささみジャーキーはちょっとくわえてすぐに吐き出していたので、お気に召したのでしょう。なんだか煮干しをねだるような仕草をしておなかを見せたりして・・・メダカを食われたことを忘れて「かわいい」などと思ってしまう自分がいます。

後悔にかられてメダカの故郷を見に行ってきました

家にやってきたばっかりに死んでしまったメダカです。一方野生のメダカは今どうしているのか見に行ってきました。ヨシノボリにパックリ食われてしまったメダカの採取場所は静かなものでした。カエルと少しのアメンボ以外は動くものが見当たりません。

メダカ採取場所の写真。

メダカ採取場所。静かなものです。一体メダカはどこへ行ってしまったのでしょう?

メダカ関連の記事はこちら→タグ/メダカ

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 鋭意撮りトラ中です!へのコメント (山葵より[09/18]) 3枚目のショット。イ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/15]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/12]) 途切れてしまいました
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/12]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[09/11]) noraさん おばん
  • 異様にカッコいい昔の耕耘機。埼玉・川越 片山製作所、日の出式ハンドトラクター「昔のカタログ」へのコメント (noraより[09/11]) 伊藤さん こんにちは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[09/11]) 山葵さん こんにちは
  • 古いけど生き生きしてる。FIAT640とその計器「撮りトラ」へのコメント (noraより[09/11]) furuさん こんに
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[09/11]) やすひろさん こんに
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[09/11]) hokkaidouj
  • 寛子も乗れます!かわいいチビコン。クボタコンバインHX350「昔のカタログ」へのコメント (noraより[09/11]) やすひろさん こんに
  • 中古作業機いろいろその1@ダイナミックフェア2018へのコメント (noraより[09/11]) hyoukou240
  • 「ガマンできなくなって対策する」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその18へのコメント (noraより[09/11]) H2さん こんにちは
  • 異様にカッコいい昔の耕耘機。埼玉・川越 片山製作所、日の出式ハンドトラクター「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[09/10]) 日の出式ハンドトラク
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[09/09]) この度の地震で体感震
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[09/09]) noraさんando
  • 古いけど生き生きしてる。FIAT640とその計器「撮りトラ」へのコメント (furuより[09/08]) FIAT640で検索
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/07]) テストです。 9月
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (やすひろより[09/07]) 昨日の朝、道北の実家
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[09/06]) hokkaidouj
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械