1 1,445 1,446 1,447 1,448 1,449 1,450 1,451 1,452 1,453 1,454 1,455 1,642

コバンソウ(外来種なんですって)

コバンソウ

実?の部分が結構大きく、しかも三葉虫に似ていて若干気持悪い

ウィキペディアによれば

分布と生育地

ヨーロッパ原産で日本には明治時代に観賞用に導入された帰化植物である。
日本では、本州中部以南に分布し、世界では、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカの温帯地域に分布する。
沿海地の畑、道端、荒地などに生育し、日当たりのいいところを好む。乾燥に強く、土壌の質を選ばない。

とあります。

コバンソウ

帰化植物だったんですね。撮影は5月の終わり頃です。

調べてみて、帰化植物とされるものの多くは「明治時代に入ってきた」と記載されていることが多いです。

もしかして、明治時代に活発な「欧米植物紹介人」がいたのかもしれないし、あるいは海外土産は植物の種が一般的だったのかもしれない。または、全国に広まって帰化植物として認知されるのには100年以上かかるのかもしれません。

外国のホームセンターへ行ったりすると、ついお土産に、へんてこりんな植物の種を買ってしまう(安いし)のはわかるような気がします。

コバンソウの実

コバンソウの実

コバンソウの実のアップ

その実の部分の拡大

ふたたびウィキペディアによると

夏(7-9月)に茎の上部にまばらに数個(多くても10程度)の小穂のついた、先が垂れる円錐花序を形成する。小穂は細い枝で垂れ下がり、卵形から楕円形で長さ1-2cm、幅1cm位で、8-18個の小花でつくられている。小穂は左右から扁平だが鱗片はふくらんで厚みがある。一対の包穎のみやや濃く色づくが、他の護穎は淡い緑色から成熟すると黄褐色に変わり、光沢があって美しい。和名はこれを小判に見立てたものである。別名にタワラムギがあり、これもふくらんだ小穂の形を俵に見立てたものである。

ずーっとあったのだとは思いますが、こんなへんてこりんな草、今年初めて気がつきました。やっぱり見ているようで見ていないことって多いです。

コバンソウの葉

葉っぱは普通のイネ科の葉っぱと同じで、しゅっとした細い形です。どれがどの葉っぱなのか、正直引っこ抜かなければわからないです。

コバンソウ

しゃらしゃらと、でかい実が風にたくさん揺れている姿はそれなりにきれいではあります。

コバンソウ

コバンソウ

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

ツバメのヒナ、大きくなってきました2011

子育て中はツバメも多少気が荒くなるようです

子育て中はツバメも多少気が荒くなるようです

ツバメのヒナ、大きくなってきました。声も大きく、うるさいぐらいになってきています。それにつれて巣の下にはこんもりとウ◯コも積み上がってきました。

エサよこせ〜(怒)って感じです

みていると一部、エサを貰えてないヒナもいるのが気になります。↑ 動画(31秒)画面クリックでも再生します。

ツバメはパートナーやヒナに危険が迫ったとき、「ツビッ!ツビッ!」と、注意を促す警戒の声を上げます。

僕が巣の近くで怪しげな動きをすると、その「ツビッ!ツビッ!」という鳴き声とともに、頭の上をかすめて飛ぶような威嚇の行動をとったりするので、子育て中はツバメも多少気が荒くなるように感じます。

この間、外でツバメの声がやかましいので見に行くと、ツバメの両親が興奮して飛び回っていて、そのあと巣のある作業場から、ネコが「にゃ〜〜」と出てきました。

なんだか元気がありません

なんだか元気がありません

みると、ほっぺたから血が出ています。もしかしたら、ヒナを狙っていてツバメの両親につっつかれたのかもしれません。

ツバメにやられたのではないのかもしれませんが、そう考えたほうがおもしろい。鳥ばかり捕まえているので、いい薬です。

ツバメにやられたのではないのかもしれませんが、そう考えたほうがおもしろい。鳥ばかり捕まえているので、いい薬です。

こんなこともありました

やはりツバメの警戒の声で見に行ってみると、巣の上にヘビがとぐろを巻いていました。

やはりツバメの警戒の声で見に行ってみると、巣の上にヘビがとぐろを巻いていました。

ビックリして、ヘビを棒で突っついて落としたのですが(ただ、突っつくと落ちてくるので、頭の上や首筋に落ちてくるのがイヤでヒヤヒヤものだったです)、ヒナたちは無事でした。ヘビは口が小さいので、ヒナたちがスキマなく身を伏せている限り、かじったり飲み込んだりはできないみたいです。

一羽でも恐怖に耐えられなくなって身を起こしたりすると、飲まれてしまうのでしょう。産まれたばかりなのに身を守るすべは知っているみたいです。

かなり大きくなっているので、巣立ちまでもうすぐです。

ツバメの記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の野鳥の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/07]) noraさんando
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (H2より[02/04]) もう一点ですけど、こ
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (みみずくより[02/02]) ルンバ式モアーの紹介
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[02/02]) hokkaidouj
  • 三陽機器の除草機械ツインモアーZH-34SとZM-45withYT5113A「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • アシカキの水路、泥上げと駆除が始まりました。へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械