1 1,415 1,416 1,417 1,418 1,419 1,420 1,421 1,422 1,423 1,424 1,425 1,506

大場町島地区の秋

春からずっと見てきていると、秋って仕舞の季節という気がしてきます。

色々な植物、動物がだんだんと冬支度を整えて、ひっそりと静かに息をひそめていく。そんな感じです。カマキリは卵を残し、カメムシはきっと暖かいねぐらでも見つけたのでしょう、見当たりません。カエルは丸太の下に潜り込んでしまいました。うるさいくらい鳴いていた秋の虫の声も聞こえません。

田んぼもすっかり静かでたまに田んぼを耕しているトラクターがあるくらいです。農作業もカエルもヘビも虫も植物もみんなみんな仕舞って春に備えてひっそり。

9/18日の記事、「カラスウリ中心の世界」でとりあげたカラスウリも来年に向けての準備は済ませてしまったみたいです。

カラスウリの写真

ウリボウみたいなカラスウリの状態が見たい方は、上のリンクで過去の記事を辿ってみてください。

カラスウリの記事をまとめてご覧になるにはこちら

10/18日の記事「草刈り」終盤の攻防でアキノノゲシを調べた時にどなたかが、「ロゼットで冬を越す」と書いていらっしゃいました。「なんじゃあ?ロゼットって!?」と思い、調べてみたのです。ロゼットってこういうことでした。しかし、こんなにいちいち引っかかっていては、何もかも時間がかかってしょうがありませんね。

ロゼットとは

ロゼットとはこういうことでした。放射状にぺったんこと地面にはり付いて冬を越すこと?もしくはその状態だそうです。タンポポなんて枯れもせず、しぶとく冬、この状態でいるのを見ることがありますね。

このタンポポ、冬が厳しく、風の強いところなどはこうやっているうちに春が来てしまって、「でも寒いしなあ・・・どうしよう・・・」と思ってるうち季節に乗り遅れそうになり、慌てて花を咲かせるんだと思うんです。平たいタンポポ見たことがあります。

あわてて咲くタンポポ

あわてて咲くタンポポ。茎を出す暇がありません。ぺったんこです。

また、「アケビ(まだ青いです。意味があるのか動画あり)」で紹介したアケビはちゃんと熟れていました。

熟れたアケビの写真

パックリと口を開いています。色がほんのり紫色でたいへんきれいです。

熟れたアケビの写真

よく見ると中身の果実は鳥につつかれて所々穴があいています。

そしてジュズダマも・・・

10/20ころのジュズダマの写真。

10/20ころのジュズダマの写真。もう終わりっていう感じです。

カキの写真

こうやって柿がなっているのはにぎやかな状態なのになんだか物悲しいですねえ。

柿の写真

空の色はもう冬です。

続きを読んでね!の画像

写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。
続きを見るをクリックして下にひらいて見てくださいね!!

(さらに…)

google earth で農耕地を見る

google earthで場所などを探す時や、涸沼沿いのサイクリングロードを自転車で走る時に気になったことなのですが、この模様です。わかりますか?すぐ傍ではよくわからないのですが、ちょっと離れると小包か、タバコの箱の側面のような模様があります。

これは長野です


大きな地図で見る

タバコの開け口の図

こんな感じです。稲刈をした人の「クセ」が空から見えるんですね

多分ですが、これ、コンバインを回転させる時にその場で「カクカクッ!」って曲がるので、そこだけとどまっている時間が長く、切り刻んだ稲が溜まってしまうのではないか?と、想像しています。また、その場で転回する時はキャタピラが左右で反対に動きますので、地面がえぐられていることもあるかもしれません。

戦車でおなじみキャタピラの図

戦車でおなじみキャタピラの図

色々な模様があります

色々な模様があります。仕事をした人もコンドルの絵を描いた人以外はまさか空から観察されるとは思っていないでしょう。

全く均一に育っているように見える田んぼも、よく見るとそうではありません。所々色がちがったり、「ポサッ」と丸く盛り上がっていたり、それとは逆に稲が実る頃、「ボコッ」っとミステリーサークルみたいに凹んでいたり・・・(これは肥料がそこだけ多かったという理由だそうです。肥料が多ければ成長して背が高くなり、倒れてしまうそうです。)

前に、青々とした田んぼの色が一部川のように変わっているところがあったので、「あれはなんでしょう?」と聞いたら、「そこは昔道路だった」と言われました。もちろん道路の上に稲を植えるわけはありません。見た目は全くわからないし、どこからどう見ても田んぼなわけですが、なんと!土の記憶、地面の記憶を稲は映しているのです。土によって土地によって作物の味がちがうというのはこんな例からもわかりますね。

作物は土の記憶を映す鏡。成長してきた稲の色がほんのわずかに違う!!

作物は土の記憶を映す鏡。成長してきた稲の色がほんのわずかに違う!!

続きを読んでね!の画像

写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。
続きを見るをクリックして下にひらいて見てくださいね!!

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 共立背負動散DM-9・・・「古いキカイ」へのコメント (noraより[05/26]) Dois mesmo
  • 共立背負動散DM-9・・・「古いキカイ」へのコメント (Ozielより[05/26]) Eu encontr
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (やすひろより[05/21]) かなり遅い返事でスミ
  • ちょっとエイジングが効きすぎ?サーモンピンクのクボタSMZ95パワクロ「撮りトラ」へのコメント (野良犬より[05/20]) うちの地区のJAは作
  • 小さいキカイも手を(外観に?)抜かない。ヤンマー管理機いろいろ@ダイナミックフェア2017へのコメント (野良犬より[05/20]) デッドマンクラッチっ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[05/19]) noraさんando
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[05/19]) Sluggerはレン
  • 青い三菱耕うん機CT601/CT701「昔のカタログ」へのコメント (noraより[05/18]) 伊藤産業機械(株)さ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[05/18]) hokkaidouj
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその6「バケツ稲の田植え」へのコメント (noraより[05/18]) やすひろさん こんに
  • 使用時間35時間!中古のクボタB21Xスペシャル「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[05/18]) トラクター狂さん こ
  • ちょっとエイジングが効きすぎ?サーモンピンクのクボタSMZ95パワクロ「撮りトラ」へのコメント (noraより[05/18]) 野良犬さん こんにち
  • 1992年生まれ三菱4条刈りコンバイン・レセルダMC400Gへのコメント (noraより[05/18]) 野良犬さん こんにち
  • 1984年みのる土付成苗田植機「田植機考古学」へのコメント (noraより[05/18]) 伊藤産業機械(株)さ
  • 青い三菱耕うん機CT601/CT701「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[05/18]) CT 601、701
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[05/18]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[05/16]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[05/14]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその6「バケツ稲の田植え」へのコメント (やすひろより[05/13]) こんにちは。 ウチ
  • シバウラよおまえもか・・・やっぱりおねえさんの1988シバウラ総合カタログへのコメント (トラクター狂より[05/12]) さとしさん P
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械