1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 69

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

3人乗り?前後PTO、四駆、荷物積める、キャビン付き(オープン可)最強トラクターウニモグ「撮りトラ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ダイムラー・ベンツのトラクター(といっていいですよね?)ウニモグ411、「撮り虎」です。

以前、『シルバーメダリスト!ウニモグ・・・「撮りトラ@土の館」』で紹介しましたが、その補足版です。

機種名:<strong>ウニモグトラクタ</strong> 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

以前行ったときには数枚しか写真を撮っていなかったので、今回はある程度押さえました。腰高でいかにも走りそう。しかもよく見ると幌が畳めそう。おまけにフロントウインドウも倒せるんじゃないでしょうか?

キャビン付きだけど、フルオープンにもなっちゃう仕様なのじゃないでしょうか? それと、この写真でちょっと気になるものがガラス越しに見えます。

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

それはこれ。ラジエターキャップのようなものが見えます。まさかラジエターがここにあるとは思えないのですが、以前コマツインターのトラクターでヒーターが付いていたものを見つけました。それと同じようなものでしょうか・・・ヒーターならガラスの曇りも取れるし、暖かいし一石二鳥。

komatsu international 576

コマツインタートラクタ576です。それにしてもこの四角いキャビンはすばらしい。

komatsu international 576

その拡大図:よく見るとデフロスターらしきものが見えるではありませんか! ヒーター付?? 考えてみたら風が避けられればその次は暖房ですよねえ・・・それにしても質実剛健。パイプに穴を開け、それにホースで暖気を送り込む男らしいヒーターです。折りたたみ式のウインカーもいいです。

komatsu international 576

し・あ・わ・せ

脱線しちゃいましたが、このウニモグ、もしかしたらヒーターも付いてる。冬はキャビン付きで暖かく、そして夏はそれじゃ暑いから幌を外してオープントップで・・・最高じゃないですか!

もちろん複数人(トラックですから3人は乗れるかな?)乗れて、トラクターですから農作業もできて、でもトラックだから荷物も積める・・・無敵の最強です。

同じコンセプトのもの、他には・・・

WILLIS JEEP Year:1951(showa26) Manufacturer: Willis(America) Model:C-1-3A Output:70ps Fuel:Gasoline

ウィリスジープ 汎用トラクタ 1951年(昭和26年)ウィリス社製(アメリカ) C-1-3A型 70馬力 ガソリンエンジン

こういうものです。なんの変哲もないただのJEEPに見えます浮けど、そうではありません。

(さらに…)

昔のシードドリル? デビットブラウン2Dツールキャリア・・・「撮りトラ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、デビットブラウントラクター 2Dツールキャリア「撮り虎」です。

機種名:デビットブラウン 形式・仕様:2D 14馬力 製造社・国:デビットブラウン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年  使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。 作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。 中央農業総合研究センター所蔵

普通のトラクターだとこちらが前になりますが、この機体はこちらが後ろです。

以前も『後ろが前のユニークな形、デビットブラウン2Dツールキャリア・・・「撮りトラ@土の館」』で紹介していますが、今回は播種機に注目です。

機種名:デビットブラウン 形式・仕様:2D 14馬力 製造社・国:デビットブラウン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年  使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。 作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。 中央農業総合研究センター所蔵

こんな形をしています。スカイブルーの部分が播種機です。

機種名:デビットブラウン 形式・仕様:2D 14馬力 製造社・国:デビットブラウン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年  使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。 作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。 中央農業総合研究センター所蔵

播種機はひとつしか付いていません。4条蒔きのようです。

機種名:デビットブラウン 形式・仕様:2D 14馬力 製造社・国:デビットブラウン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年  使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。 作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。 中央農業総合研究センター所蔵

キャプションを読んでみましょう。

機種名:デビットブラウン
形式・仕様:2D 14馬力
製造社・国:デビットブラウン社 イギリス
導入年度:1962(昭和37)年

使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。
作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。
中央農業総合研究センター所蔵

ここまでには2014年の写真ですが、ここからは2016年の写真です。

機種名:デビットブラウン 形式・仕様:2D 14馬力 製造社・国:デビットブラウン社 イギリス 導入年度:1962(昭和37)年  使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。 作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。 中央農業総合研究センター所蔵

どうも燃料タンクは膝の下に横向きに置かれているみたいですね。後ろにはエンジンしか載っていないんだ。

    機種名:デビットブラウン     形式・仕様:2D 14馬力     製造社・国:デビットブラウン社 イギリス     導入年度:1962(昭和37)年      使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。     作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。     中央農業総合研究センター所蔵

メルサムミルズのデビッドブラウン・トラクターインク。パテントいっぱい。

    機種名:デビットブラウン     形式・仕様:2D 14馬力     製造社・国:デビットブラウン社 イギリス     導入年度:1962(昭和37)年      使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。     作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。     中央農業総合研究センター所蔵

ギアボックスのようなものが見えます。

    機種名:デビットブラウン     形式・仕様:2D 14馬力     製造社・国:デビットブラウン社 イギリス     導入年度:1962(昭和37)年      使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。     作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。     中央農業総合研究センター所蔵

入力側なのかな?シャフトがたれ下がっています。

ギアを拡大してみると何かわかるかな? 38T・・・38丁です。その他はBRITAIN・・・英国製なんだろうなってことくらいしかわからないや。

ギアを拡大してみると何かわかるかな? 38T・・・38丁です。その他はBRITAIN・・・英国製なんだろうなってことくらいしかわからないや。

    機種名:デビットブラウン     形式・仕様:2D 14馬力     製造社・国:デビットブラウン社 イギリス     導入年度:1962(昭和37)年      使用経過:4サイクル空冷ディーゼルエンジン。1956(昭和31)〜1961(昭和36)年の6年間製造され、日本に3台導入され、北海道1台、本州には2台納入された。     作業機の昇降は2本のエアシリンダで行い、プラウ、カルチベータ、播種機を中央に取付けて作業した。     中央農業総合研究センター所蔵

きっと小さなギアが回って下の歯車にチェーンでつながっていたのでしょう。そして播種機のつながったシャフトを回していたんじゃないかな?

箱の銘板を拡大してみます。STANHAY・・・スタンハイ?スタンヘイ?

箱の銘板を拡大してみます。STANHAY・・・スタンハイ?スタンヘイ?

調べてみると今でもありました! STANHAY WEBB、イギリスの播種機のメーカーです。

調べてみると今でもありました! STANHAY WEBB、イギリスの播種機のメーカーです。

WEBのヒストリーを見てみると、1970年代初頭にStanhay社とWebb社の合併で生まれた会社とあり、2010年には親会社の破綻で身売りも経験しているようです。

このツールキャリアが生まれた1956(昭和31)〜1961(昭和36)年あたりではきっと合併前、Stanhay社単独の製品だったのでしょう。

そのStanhay社が一体いつ生まれたか・・・ということは現在のWEBサイトには出ていません。もしかしたら合併するにあたり、両社の融和というものを重視して歴史にフタをしてきたのかもしれませんね。

デビッドブラウンにせよ、このStanhayのせよ、50年以上の間に売られて親が変わったり、合併したりといろいろ変化がありました。そう考えると50年変わらずに会社を維持して行くというのは相当大変なことのようです。

日本の農機メーカーではあまり合併とか身売りとか聞かないように思いますが、それは世界の端っこで嵐も届かないということなのでしょうか、それともこれから嵐がやってくるのでしょうか・・・

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[10/21]) みなさん、オハヨウご
  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (鈴木青龍より[10/19]) あートヨタのトラクタ
  • Special Paintのイーグルデザイン。三菱GA551(かなあ)「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/19]) アメリカ国旗やカナダ
  • スライドモアの草刈りも4年目へのコメント (H2より[10/19]) スライドモアはPTO
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械