1 2 3 4 5 6 7 8 9 70

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」

今日はひさびさに北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、ドイツトラクターD40Lのトラクターシートに注目して「撮りトラ」です。

 

今まで見たトラクターの中で一番好き!と言ってもいいイチオシの顔。何年も考えて「これはオーナーがFローダを取付けるために自分で改造した」と結論付けたわけですけど、それでもD40L愛は変わりません。

今まで見たトラクターの中で一番好き!と言ってもいいイチオシの顔。何年も考えて「これはオーナーがFローダを取付けるために自分で改造した」と、結論付けたわけですけど、それでもD40L愛は変わりません。

 

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

絵まで描いて・・・

 

自分のモトクロスジャージにアイロンプリントまでしています。

自分のモトクロスジャージにアイロンプリントまでしています。

 

こいつを見るのは二回目。

こいつを見るのは二回目。

 

キャプションを見てみましょう。

キャプションを見てみましょう。

 

機種名:フンボルトドイツトラクタ
形式・仕様:D-40L 45馬力
製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ
製造年度:1959(昭和34)年
使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。
空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。
酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。
販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

 

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

以前近所で見たDEUTZ D4505に似ていますよね。型番の桁数はずいぶん違いますけど。DEUTZ D4505はtractordata.comによると、1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

 

読み方はよくわかりませんが、クロークナー・フンボルト・ドゥーツ社とでも言いましょうか・・・略してKHD。空冷3気筒ディーゼルエンジンです。

読み方はよくわかりませんが、クロークナー・フンボルト・ドゥーツ社とでも言いましょうか・・・略してKHD。空冷3気筒ディーゼルエンジンです。

 

そしてこれがD40Lの鉄椀シート。ドイツ製のトラクターは結構シートスプリングに工夫をしたものが多いですが、これはちょっと変わっています。

そしてこれがD40Lの鉄椀シート。ドイツ製のトラクターは結構シートスプリングに工夫をしたものが多いですが、これはちょっと変わっています。

 

2つの支柱の間をシートが上下するしくみです。スプリング+ダンパー、もしくはダンパーのみか、ショックアブソーバーつきです。座面の角度が変わらない、リンク式は多いですが、同じ座面の角度が変わらないタイプでも、この垂直式は珍しい!

2つの支柱の間をシートが上下するしくみです。スプリング+ダンパー、もしくはダンパーのみか、ショックアブソーバーつきです。座面がストロークした時に角度の変わらないリンク式は多いですが、同じ座面の角度が変わらないタイプでも、この垂直式は珍しい!ただし、ストローク量は大したことはなさそうです。

 

後ろから見るとこうなっています。もしか2本の支柱の渡りが座面下にある1本だけだとしたらガタガタしそうです。

後ろから見るとこうなっています。もしか2本の支柱の渡りが座面下にある1本だけだとしたらガタガタしそうです。

 

前出のD4505と比べてみます。

 

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! こちらのほうが新しいのに、シートの作りの時代は戻ってしまっている感じなんです。

 

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

座面の形はトラクターシートというよりは雪かき見たいな形。若干中途半端な感じ。

 

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

シートの下はこのようになっています。ショックアブソーバーやバネの類いは見当たりません。プレス加工されたシート受けのしなりで衝撃を逃がそうとする構造のようです。もしストロークするとしたら座面の角度は変わってしまいますよね? いままで見てきたドイツ製のトラクターは結構複雑な構造のものが多かったですが、こちらは至ってシンプル。

 

2つの支柱の間をシートが上下するしくみです。スプリング+ダンパー、もしくはダンパーのみか、ショックアブソーバーつきです。座面の角度が変わらない、リンク式は多いですが、同じ座面の角度が変わらないタイプでも、この垂直式は珍しい!

もう一度D40Lのシートに戻ります。角柱といい、ちょっと厚めの座面を支えるフラットバーといい、材料が頑丈そうでオーバースペック気味な印象です。会社で作るとしたら単純に材料の強度で持たせようとするより、曲げたりして薄くても形で持たせようとしそうです。見たことのない垂直ストロークということもあるのでオーナーの手作りのような気がしてきました。

 

もし、シートもヘッドライトもオーナーの手作りだとしたら、あまり例のない独自構造ですから相当ユニークな考えの持ち主だったと考えられます。想像のみで何の証拠もないですけど。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

トラクターのシートに注目!ランツブルドックD2016・・・「撮りトラ@土の館」

今日はひさびさに北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、ランツブルドッグD2016のトラクターシートに注目して「撮りトラ」です。

LANZブルドッグD2016 この型はネットで検索すると、D1506と同じブルーグレイのものと、このジョンディア色のものが見つかります。1955年あたりから1960年あたりまで生産されたみたいですけど、やっぱり新しいものはジョンディア色ということになるんでしょうね。

LANZブルドッグD2016はこんなトラクターでした。 この型はネットで検索すると、D1506と同じブルーグレイのものと、このジョンディア色のものが見つかります。1955年あたりから1960年あたりまで生産されたみたいですけど、やっぱり新しいものはジョンディア色ということになるんでしょうね。

LANZブルドッグD2016  機種名 ランツブルドッグトラクタ 形式・仕様 D2016 20馬力 製造社・国 ランツ社 ドイツ 導入年度 1958年(昭和33年) 使用経過 北海道佐呂間町栄の酪農家 芝静二郎購入。輸入販売元は、札幌市三国商行株式会社が扱っていた。プラウ、ディスクハロー、モアー付で120万円で購入、酪農にはなくてはならないものとして大活躍した。  その後人の手に渡り、平成二年伊藤が譲り受け保存していた。

これより前の型は戦車か建設機械のようなモノモノしい形だったのに、これはスッキリ、普通のトラクターに見えます。

キャプションが付いてます。

キャプションが付いてます。

使用経過:北海道佐呂間町栄の酪農家 芝静二郎購入。輸入販売元は、札幌市三国商行株式会社が扱っていた。プラウ、ディスクハロー、モアー付で120万円で購入、酪農にはなくてはならないものとして大活躍した。
 その後人の手に渡り、平成二年伊藤が譲り受け保存していた。

D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」

トラクター狂さんに送っていただいたカタログもありましたね!

『D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」』←時間のある方はこちらのリンクもどうぞ!

このカタログによれば・・・

ランツ・ブルドッグ D2016
機関:水平単気筒無弁式中圧LANZブルドック エンヂン
定格出力:22馬力
回転数/分:950
排気量:2256立方糎
調速装置:遠心式ガバナー,足踏、手動アクセルに直結
潤滑装置:ポンプ式にして新油叉は濾過油を潤滑
冷却:熱対流水冷式,ラジエターシャッター,温度計フブン(と読める)附き
牽引力:1829瓩
ミッション:略
燃料消費量:2.3立/時
タンク容量:29立

重量:1530瓩

ランツはコンバインMD14Zという物も売っていたんですね・・・輸入販売元は三國商工株式會社とあります。千代田区神田五軒町四。

そしてそのカタログの裏には・・・ランツはコンバインMD14Zという物も売っていたんですね・・・輸入販売元は三國商工株式會社とあります。千代田区神田五軒町四。

三國商工株式會社はあのミクニだった!

ちょっと調べてみたらすぐわかりました。三國商工株式會社はあのキャブレターを作っている「ミクニ」だったんです!

2ストのキャブレターでおなじみ(あ!これは僕にとっての話で、他にもっと有名な商品があるのかもしれませんけど)あのミクニ!

2ストのキャブレターでおなじみ(あ!これは僕にとっての話で、他にもっと有名な商品があるのかもしれませんけど)あのミクニ!

ちょっと会社情報からランツ導入のあたりまで抜粋

ミクニの歴史
1923 ・合資会社三國商店を創立。自動車・自転車およびその部品を輸入
1932 ・アマルとガレリーの気化器製造権取得
1933 ・株式会社三國商店を設立、合資会社の業務一切を継承
1936 ・蒲田工場が生産を開始
1939 ・三國商工株式会社と商号変更
1944 ・小田原工場(現小田原事業所)が生産を開始
1948 ・企業再建整備法により、第二三國商工株式会社(蒲田工場および貿易部門)と株式会社三國製作所(小田原工場)の2社に分割して発足
1949 ・小型自動車用気化器並びにメカニカルポンプの生産を再開
1950 ・第二三國商工株式会社を三國商工株式会社と商号変更
1955 ・株式会社三國製作所を吸収合併
1960 ・仏国ソレックス社と技術提携、ソレックス型気化器の生産を開始
1961 ・三國工業株式会社と商号変更、貿易業務を新設立の三國商工株式会社に譲渡

というわけで、キャプションにあった「三國商工株式会社」は僕にとってはキャブレターでおなじみの「ミクニ」ということがわかりました。

前置きが長くなってしまいましたが・・・

LANZブルドッグD2016  機種名 ランツブルドッグトラクタ 形式・仕様 D2016 20馬力 製造社・国 ランツ社 ドイツ 導入年度 1958年(昭和33年) 使用経過 北海道佐呂間町栄の酪農家 芝静二郎購入。輸入販売元は、札幌市三国商行株式会社が扱っていた。プラウ、ディスクハロー、モアー付で120万円で購入、酪農にはなくてはならないものとして大活躍した。  その後人の手に渡り、平成二年伊藤が譲り受け保存していた。

美しいシート形状。さすがに当時の高級車。サスペンションも備えているようです。

LANZブルドッグD2016  機種名 ランツブルドッグトラクタ 形式・仕様 D2016 20馬力 製造社・国 ランツ社 ドイツ 導入年度 1958年(昭和33年) 使用経過 北海道佐呂間町栄の酪農家 芝静二郎購入。輸入販売元は、札幌市三国商行株式会社が扱っていた。プラウ、ディスクハロー、モアー付で120万円で購入、酪農にはなくてはならないものとして大活躍した。  その後人の手に渡り、平成二年伊藤が譲り受け保存していた。

さすがに底部分は水でもたまって穴があいたのでしょう。継ぎ当てして修理したような様子があります。

LANZブルドッグD2016  機種名 ランツブルドッグトラクタ 形式・仕様 D2016 20馬力 製造社・国 ランツ社 ドイツ 導入年度 1958年(昭和33年) 使用経過 北海道佐呂間町栄の酪農家 芝静二郎購入。輸入販売元は、札幌市三国商行株式会社が扱っていた。プラウ、ディスクハロー、モアー付で120万円で購入、酪農にはなくてはならないものとして大活躍した。  その後人の手に渡り、平成二年伊藤が譲り受け保存していた。

アブソーバーはランツオールドックA1806のようなゴムクッション型のように見えます。

アームの軸にはグリスニップルが付いていて動きもスムーズそうです。シンプルな板バネのみのシートが多い中、1959年時点でこんなシートを作っていたドイツ製品はすごいです。

こちらがランツオールドックA1806のシート。アームの軸にはグリスニップルが付いていて動きもスムーズそうです。シンプルな板バネのみのシートが多い中、1959年時点でこんなシートを作っていたドイツ製品はすごいです。

こんな感じでしょうか・・・

こんな感じでしょうか・・・

考えてみたら、もともとはランツオールドックA1806のシートもこのD2016のような形状だったのを、このタイプの座面はスライドしませんから、シートを体型に合わせて前に出したくて平鉄で延長して前に出したのかもしれませんね。

外国人は足が長いですから・・・

今日はこれでおしまいです。また明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械