Homeに戻る > このカテゴリーの記事 'スガノ農機「土の館」トラクタ博物館' > 4ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 66

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」

今日はトラクター狂さんに送っていただいたD1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ(ソースのブルドックソースはブルドック。犬のブルドッグはブルドッグどっちなんだろ?)「昔のカタログ」です。

D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」

いきなり迫力の表紙です。ここに実機の写真が入ったら違和感ありますよね、きっと。少し甘めのイラストと文字って親和性が高いです。

この昔のイラストを使ったカタログ、好きなんですよねえ・・・詳細を把握するのには難しいかもしれません。でも、どんなに精細な写真を使ったとしてもA4くらいの大きさで何がわかるというのでしょう。

結局実機を見に行くことになるんで同じような気がするんです。写真にしてもイラストにしても雰囲気を伝えることがいちばん大切なのかもしれませんね。

LANZブルドッグD2016 この型はネットで検索すると、D1506と同じブルーグレイのものと、このジョンディア色のものが見つかります。1955年あたりから1960年あたりまで生産されたみたいですけど、やっぱり新しいものはジョンディア色ということになるんでしょうね。

こちらは北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、LANZブルドッグD2016です。 この型はネットで検索すると、D1506と同じブルーグレイのものと、このジョンディア色のものが見つかります。1955年あたりから1960年あたりまで生産されたみたいですけど、やっぱり新しいものはジョンディア色ということになるんでしょうね。

あ!またバカなことに手を出してしまう・・・

試しに実機の写真をはめこんでいました。

同じ向きの写真がなかったのでこの写真を切り抜いて反転しはめ込んでいます。どうです?

同じ向きの写真がなかったのでこの写真を切り抜いて反転しはめ込んでいます。どうです?

色が違うし、そもそもカタログに使おうなんて思って撮ったわけではないので比較にはならないかもしれません。でも、文字と写真ってホントに融合しないですねえ・・・。あちこちで見慣れてるんですけど、写真ってすごく強い。文字とトラクターがケンカしてる感じ。

イラストだと一体感があるのに、写真だと切り抜いて乗せたという見え方から抜けられません。

トラクターはカタログだけで買うことはないと思いますけど、ネットショッピングなどでは結構そんなこともあります。失敗することがあるのもわかるような気がします。

ランツブルドックトラクタ 1955年(昭和30) ランツ社製(ドイツ) D-2416型 24馬力 1956年(昭和31)清里町 白戸雄策 導入 使用経過不明。 後年に野坂が入手、当時活躍していたことで自家保存のもの。 ランツ社とジョンディア社の業務提携時代の製品。  同型は3年間に道内に11台導入された。 LANZ BULLDOG TRACTOR YEAR: 1955(Showa 30) Manufacturer: Lanz(Germany)  In 1956(Showa 31)  this tractor was purchased dy Yuusaku Shirato of Kiyosato-machi. There is no record on hand of how the tractor was used at the time. After some years it came in to the hands of Mr. Nosaka, Who used it for spme time and then continued to preserve its condition at his home. This is one of the tractors that were a collaboration of the Lanz and John Deere companies.  Duaring the 3 years production of this model, 11 were purchased in Hokkaido.

こちらは北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ジョンディア・ランツD2416。

すみません、写真の加工なんてしてたら時間がなくなっちゃいました。出かけなくちゃならないんだった・・・

トラクター狂さん、ありがとうございます!

何もかも放り出してまた明日!!

色合いから来てるのか、MFに似てる。三菱トラクターR2000「撮りトラ」

出稼ぎは今日で一旦終わり。ショートタイプ、ささっと終らせる記事も今日で一旦終り・・・のはず。

というわけで北海道の中古ヤードでandoさんやhokkaidoujinさんと見た、tractordata.comによると1970年〜1975年の間発売されていた三菱トラクターR2000の「撮りトラ」です。

やっぱりiPhoneで電池もなかったので焦って撮って悲しい仕上がり・・・ごめんなさいね。

その前に

komatsu international 576

急いで書いていた昨日の記事、読み返してみるとすごくわかりにくかったですね・・・

それはこの部分

今日は北海道の中古ヤードでandoさんやhokkaidoujinさんと見た、マコーミックインターナショナル523「撮りトラ」です。

マコーミックインターナショナル523です。初めは「インターナショナルでこんな顔初めて見たなあ・・・自作かな」などと思ったのですが、以前の記事を色々と振り返ったらそうでもないことがわかりました。パンチングメタルの顔は珍しいのですが、碁盤の目に区切ってあるのは新しい型で、マコーミックインターナショナルの時代はみな細かいメッシュの顔だったんです。

↑読み返してみたら意味がわかりません。

つまりこういうことです

いちばん左が僕の心の中のインターナショナルトラクター。そしていちばん右は見たことがあるのに印象が薄かった細かいグリルのインターナショナルトラクター。そして今回の真ん中。印象的な左の顔から碁盤の目の枠だけ外したようにも見えますけど、ちゃんと左上に「IH」のエンブレムが付いているところを見ると、元々こういう顔だったともとれます。

整理してみると、いちばん左が僕の心の中のインターナショナルトラクター。そしていちばん右は見たことがあるのに印象が薄かった細かいグリルのインターナショナルトラクター。そして今回の真ん中。

この写真の顔はいちばん左、僕の心の中のインターナショナルトラクターから碁盤の目の枠だけ外したようにも見えます。

でも、ちゃんと左上に「IH」のエンブレムが付いているところを見ると、元々こういう顔だったともとれます。

そうなるといちばん左のコマツロビン株式会社のときに発売していた、印象が薄かった細かいグリルのインターナショナルトラクターとも違う新種?ということになります。

まあ、こういうことが言いたかったんです。

インターナショナル523(52PS) ●最新の大型インタートラクターはこれです ●強力な牽引力・余裕ある適応性・卓越した作業性能

本来のインターナショナル523はいちばん右のグリルだと思うんですけど・・・

やっと本題。三菱トラクターR2000

tractordata.comによると1970年〜1975年の間発売されていた三菱トラクターR2000。エンジンは三菱SDT100型1.0L 2気筒ディーゼル20馬力。

tractordata.comによると1970年〜1975年の間発売されていた三菱トラクターR2000。エンジンは三菱SDT100型1.0L 2気筒ディーゼル20馬力。

初めに『三菱はこのときまでは変わらず三菱だった。』なんて書いちゃったけど、この顔、どこかで見たことある。目の位置からするとクボタのL型とか日の本のMB型。でも、全体から受ける印象はマッセイファーガソンのベストセラーMF100番台シリーズでしょうか・・・もしかしたらデザインはいろいろなものに左右されている?

この顔、どこかで見たことある感じ。目の位置からするとクボタのL型とか日の本のMB型。でも、全体から受ける印象はマッセイファーガソンのベストセラーMF100番台シリーズでしょうか・・・もしかしたらデザインはいろいろなものに左右されている?

似てねえか・・・

クボタ教の教祖Nさんに連れて行ってもらった、クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「元氣農業応援フェア」2016。その中で会場の隅に置いてあった30年以上前のクボタL245-Ⅱ DT、「撮りトラ」です。 tractordata.comによればKubota L245は1976年 - 1985年、1.1L3気筒25馬力/2800rpmのエンジン。30年以上前の機体です。でも新車のような輝き!

三菱R2000に比べるとふくよかな感じですね。クボタL245-Ⅱ DT

Hinomoto MB-1100

正面からのいい写真がなかった・・・日の本MB1100。細面なところは三菱R2000に似てます。

でもやっぱりいちばん似てるのは・・・

初めに『三菱はこのときまでは変わらず三菱だった。』なんて書いちゃったけど、この顔、どこかで見たことある。目の位置からするとクボタのL型とか日の本のMB型。でも、全体から受ける印象はマッセイファーガソンのベストセラーMF100番台シリーズでしょうか・・・もしかしたらデザインはいろいろなものに左右されている?

もう一度三菱R2000

tractordata.comによればこのモデルは1964年〜1975年まで作られたロングセラーで、エンジンはパーキンスAD3.152、3気筒2.5L45馬力1300rpmだそうです。

やっぱりこれですよね。マッセイファーガソン100番台。写真はMH135です。tractordata.comによればこのモデルは1964年〜1975年まで作られたロングセラーで、エンジンはパーキンスAD3.152、3気筒2.5L45馬力1300rpmだそうです。

MF135&MF165 MF135 is Babyface!

目の位置が全然違うけど、シルバーと赤の組合わせとスリットの幅が三菱R2000とそっくり!

撮りトラMF165、出発進行!

やっぱりMFにいちばん似てるかな。

時間がなくなっちゃった・・・この続きはまた明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 暑かったなあ・・・(環境保全会で草刈りを行いました)へのコメント (愛読者より[06/27]) >今時の百姓は雨の日
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[06/26]) hokkaidouj
  • メルセデス・ベンツのトラクター・・・のカタログ「撮り虎」へのコメント (noraより[06/26]) De nada
  • 袋をあける所作が好き!へのコメント (おじまより[06/25]) おはようございます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[06/25]) noraさん and
  • メルセデス・ベンツのトラクター・・・のカタログ「撮り虎」へのコメント (alkohol per rechnungより[06/22]) Gutte Page
  • 謎の鉄車輪トラクター「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/17]) みみずくさん おはよ
  • どうでもいいことをネチネチとすみません。四角い穴は自己解決。DEUTZ D4505へのコメント (noraより[06/17]) 山葵さん おはようご
  • 謎の鉄車輪トラクター「撮りトラ」へのコメント (みみずくより[06/15]) BAJAの舞台となる
  • どうでもいいことをネチネチとすみません。四角い穴は自己解決。DEUTZ D4505へのコメント (山葵より[06/11]) セルモーターのスピー
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (noraより[06/10]) おじまさん おはよう
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (noraより[06/10]) 木田さん おはようご
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (おじまより[06/05]) こんばんは。 ほぼ
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (木田 やすおより[06/05]) おはようございます。
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (noraより[06/05]) Blue_Buffa
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (noraより[06/05]) 山葵さん おはようご
  • ストリング・タイ? テンション・アッセンブリー? 何だろこれ・・・クボタM7970DT「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/05]) 山葵さん おはようご
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (Blue_Buffaloより[06/03]) サンヨーのドッキング
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (山葵より[06/03]) 最後のオチが秀逸です
  • ストリング・タイ? テンション・アッセンブリー? 何だろこれ・・・クボタM7970DT「撮りトラ」へのコメント (山葵より[06/01]) 写真のトラクターで見
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械