Homeに戻る > このカテゴリーの記事 'スガノ農機「土の館」トラクタ博物館' > 3ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 65

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

突っ込みどころナシ。D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」その2

トラクター狂さんに送っていただいたD1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」続きです。

昨日まではこんな話でした

D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」

表紙の絵の話でした

同じ向きの写真がなかったのでこの写真を切り抜いて反転しはめ込んでいます。どうです?

同じ向きの写真がなかったのでこの写真を切り抜いて反転しはめ込んでいます。

写真とイラストの違いが凄い!という話でした。写真の印象は強く、あまりにもリアル。ですからそこで思考停止してしまって想像力が働かない感じです。実機を見に行ったときも「ああ、これね。カタログで見たわ」なんてことになりかねません。

そこへいくとイラストの場合は、大体の大まかな形や雰囲気をカタログで掴むことはできますが、仕上がりなど実車については想像するしかありません。だから、実機を見たときも感動があるんじゃなかろか・・・というところまででした。

さて続きです

まずは仕様書から。「あらゆる農業経営に好適な馬力が選べます。」とあります。

まずは仕様書から。「あらゆる農業経営に好適な馬力が選べます。」とあります。

単位が漢字なので苦労しちゃいましたが、引き写してみます。

ランツ・ブルドッグ D1616
機関:水平単気筒無弁式中圧LANZブルドック(あ!ココの表記はブルドックです) エンヂン
定格出力:17馬力
回転数/分:850又は1100
排気量:2256立方糎(cm・・・つまり2256ccということですね!)
調速装置:遠心式ガバナー,足踏、手動アクセルに直結
潤滑装置:ポンプ式にして新油叉は濾過油を潤滑
冷却:熱対流水冷式,ラジエターシャッター,温度計フブン(と読める)附き
牽引力:1300瓩(kg)
ミッション:略
燃料消費量:1.5〜1.8立(L)/時
タンク容量:20立

重量:1410瓩

ランツ・ブルドッグ D2016
機関:水平単気筒無弁式中圧LANZブルドック エンヂン
定格出力:22馬力
回転数/分:950
排気量:2256立方糎
調速装置:遠心式ガバナー,足踏、手動アクセルに直結
潤滑装置:ポンプ式にして新油叉は濾過油を潤滑
冷却:熱対流水冷式,ラジエターシャッター,温度計フブン(と読める)附き
牽引力:1829瓩
ミッション:略
燃料消費量:2.3立/時
タンク容量:29立

重量:1530瓩

ランツ・ブルドッグ D2416
機関:水平単気筒無弁式中圧LANZブルドック エンヂン
定格出力:25馬力
回転数/分:950
排気量:2616立方糎
調速装置:遠心式ガバナー,足踏、手動アクセルに直結
潤滑装置:ポンプ式にして新油叉は濾過油を潤滑
冷却:熱対流水冷式,ラジエターシャッター,温度計フブン(と読める)附き
牽引力:2080瓩
ミッション:略
燃料消費量:2.4立/時
タンク容量:29立

重量:1590瓩

思ったんですけど、大きくて重そうに見えて結構軽いんですね。

表紙を含めて3ページ目に入りますが、一言も「ラク」だとか「優しい」などの文字が出てきません。いきなり仕様書、その次はエンジンの解説ですもん。ココでは主に経済性が強調されています。

表紙を含めて3ページ目に入りますが、一言も「ラク」だとか「優しい」などの文字が出てきません。いきなり仕様書、その次はエンジンの解説ですもん。ココでは主に経済性が強調されています。

上図によって此の2-サイクル水平単気筒のLANZ Bulldogエンヂンは何故農業用に適するかお判りの事と思います。

って書いてあります。読んでると2サイクルの単気筒エンジン、すごく良さそうに思えてきちゃいます。「独特の焼表面式である為如何なる温度に於いても始動が容易」とありますが、動画などで見ているとそんなにかかりがよさそうには見えません。

焼表面式って、アタマをバンバン焼いて暖めてそれで圧縮混合気に火をつけちゃおう・・・という方式でしょうか? ということだったら、点火栓的な物は無いということでしょうね。

今度は構造の説明。でも、これはとても興味深い。

今度は構造の説明。でも、これはとても興味深い。

(続きを読む…)

D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」

今日はトラクター狂さんに送っていただいたD1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ(ソースのブルドックソースはブルドック。犬のブルドッグはブルドッグどっちなんだろ?)「昔のカタログ」です。

D1616/D2016/D2416/D2816 ランツ・ブルドッグ「昔のカタログ」

いきなり迫力の表紙です。ここに実機の写真が入ったら違和感ありますよね、きっと。少し甘めのイラストと文字って親和性が高いです。

この昔のイラストを使ったカタログ、好きなんですよねえ・・・詳細を把握するのには難しいかもしれません。でも、どんなに精細な写真を使ったとしてもA4くらいの大きさで何がわかるというのでしょう。

結局実機を見に行くことになるんで同じような気がするんです。写真にしてもイラストにしても雰囲気を伝えることがいちばん大切なのかもしれませんね。

LANZブルドッグD2016 この型はネットで検索すると、D1506と同じブルーグレイのものと、このジョンディア色のものが見つかります。1955年あたりから1960年あたりまで生産されたみたいですけど、やっぱり新しいものはジョンディア色ということになるんでしょうね。

こちらは北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、LANZブルドッグD2016です。 この型はネットで検索すると、D1506と同じブルーグレイのものと、このジョンディア色のものが見つかります。1955年あたりから1960年あたりまで生産されたみたいですけど、やっぱり新しいものはジョンディア色ということになるんでしょうね。

あ!またバカなことに手を出してしまう・・・

試しに実機の写真をはめこんでいました。

同じ向きの写真がなかったのでこの写真を切り抜いて反転しはめ込んでいます。どうです?

同じ向きの写真がなかったのでこの写真を切り抜いて反転しはめ込んでいます。どうです?

色が違うし、そもそもカタログに使おうなんて思って撮ったわけではないので比較にはならないかもしれません。でも、文字と写真ってホントに融合しないですねえ・・・。あちこちで見慣れてるんですけど、写真ってすごく強い。文字とトラクターがケンカしてる感じ。

イラストだと一体感があるのに、写真だと切り抜いて乗せたという見え方から抜けられません。

トラクターはカタログだけで買うことはないと思いますけど、ネットショッピングなどでは結構そんなこともあります。失敗することがあるのもわかるような気がします。

ランツブルドックトラクタ 1955年(昭和30) ランツ社製(ドイツ) D-2416型 24馬力 1956年(昭和31)清里町 白戸雄策 導入 使用経過不明。 後年に野坂が入手、当時活躍していたことで自家保存のもの。 ランツ社とジョンディア社の業務提携時代の製品。  同型は3年間に道内に11台導入された。 LANZ BULLDOG TRACTOR YEAR: 1955(Showa 30) Manufacturer: Lanz(Germany)  In 1956(Showa 31)  this tractor was purchased dy Yuusaku Shirato of Kiyosato-machi. There is no record on hand of how the tractor was used at the time. After some years it came in to the hands of Mr. Nosaka, Who used it for spme time and then continued to preserve its condition at his home. This is one of the tractors that were a collaboration of the Lanz and John Deere companies.  Duaring the 3 years production of this model, 11 were purchased in Hokkaido.

こちらは北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ジョンディア・ランツD2416。

すみません、写真の加工なんてしてたら時間がなくなっちゃいました。出かけなくちゃならないんだった・・・

トラクター狂さん、ありがとうございます!

何もかも放り出してまた明日!!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 調子の良い時は誤差1cm!(オドロキ)ニューホランドT6.160+Auto Command CVT「撮りトラ」へのコメント (774より[04/26]) 途中で送信しちゃいま
  • 調子の良い時は誤差1cm!(オドロキ)ニューホランドT6.160+Auto Command CVT「撮りトラ」へのコメント (774より[04/26]) こんばんは スワス
  • 最強トラクターウニモグ「撮りトラ@土の館」その2へのコメント (noraより[04/25]) Blue_Buffa
  • 3人乗り?前後PTO、四駆、荷物積める、キャビン付き(オープン可)最強トラクターウニモグ「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[04/25]) H2さん こんばんは
  • 米の生産過程は丸見えへのコメント (noraより[04/25]) 愛読者さん こんばん
  • 最強トラクターウニモグ「撮りトラ@土の館」その2へのコメント (Blue_Buffaloより[04/24])  ウニモグの思い出、
  • 3人乗り?前後PTO、四駆、荷物積める、キャビン付き(オープン可)最強トラクターウニモグ「撮りトラ@土の館」へのコメント (H2より[04/22]) この中にある日の本の
  • 米の生産過程は丸見えへのコメント (愛読者より[04/21]) あ・・・【コメント送
  • 米の生産過程は丸見えへのコメント (愛読者より[04/21]) 国道に沿った田んぼが
  • 米の生産過程は丸見えへのコメント (愛読者より[04/21]) 国道に沿った田んぼが
  • トラクターのシートに注目!結城ローダー付きイセキTS2210「撮りトラ」その2へのコメント (noraより[04/20]) 山葵さん こんにちは
  • メタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンド&Dondiスピードプラウ+サブソイラ「撮りトラ」へのコメント (noraより[04/20]) H2さん こんにちは
  • トラクターのシートに注目!結城ローダー付きイセキTS2210「撮りトラ」その2へのコメント (山葵より[04/20]) 2枚目のショット、小
  • メタリックブルーのニューホランドT6.160・オートコマンド&Dondiスピードプラウ+サブソイラ「撮りトラ」へのコメント (H2より[04/18]) メタリックブルー、き
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[04/18]) noraさんhoka
  • カタログの写真は商品の「世界観」を表す。クボタ サンシャインJr.B1600DT「昔のカタログ」へのコメント (noraより[04/17]) 木田さん こんばんは
  • 1年でだいぶボロくなったなあ・・・ヤンマーの新しいトラクター、YT5113・・・「撮りトラ」@ダイナミックフェア2016へのコメント (noraより[04/17]) 野良犬さん こんばん
  • カタログの写真は商品の「世界観」を表す。クボタ サンシャインJr.B1600DT「昔のカタログ」へのコメント (木田 やすおより[04/14]) 更によーく見ましたら
  • 1年でだいぶボロくなったなあ・・・ヤンマーの新しいトラクター、YT5113・・・「撮りトラ」@ダイナミックフェア2016へのコメント (野良犬より[04/13]) ヤンマーのトラクター
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[04/12]) hokkaibouj
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町島地区の植物 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械