1 2 3 4 5 6 17

明治150年記念、日本を変えた千の技術博

国産量産車の先駆け「オートモ号」@国立科学博物館

見に来るお客さんが少ない休みの日はテキトーな話題でお茶を濁します。(寝坊しちゃったし)

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見た、国産量産車の先駆けとなった「オートモ号」です。

 

キャプションを読めるところだけ読んでみます。 国産量産車のさきがけとなった オートモ号 オートモ号は1924(大正13)年より市販され4年間で約300台が生産された。展示車は、残されたエンジンや数々の部品、図面などをもとに1999(平成11)年、当館とトヨタ博物館の共同プロジェクトにより復元されたものである。 とあります。また、読める範囲でコラムを読んでみると・・・ 豊川順彌と白楊社 オートモ号を製造した白楊社は、1912(明治45)年、豊川順彌によって創業された。豊川は東京工業学校(現東京工業大学)に学んだ後に、白楊社を興し、欧米に負けない技術開発を志した。さまざまな研究と機械類の製作を行ない、1917(大正6)年に自動車製造に取り組んだ。エンジンから車体まで設計・製造を自分たちで行ない、日本初の量産された国産乗用車となった。

キャプションを読めるところだけ読んでみます。

国産量産車のさきがけとなった
オートモ号
オートモ号は1924(大正13)年より市販され4年間で約300台が生産された。展示車は、残されたエンジンや数々の部品、図面などをもとに1999(平成11)年、当館とトヨタ博物館の共同プロジェクトにより復元されたものである。

とあります。また、読める範囲でコラムを読んでみると・・・

豊川順彌と白楊社
オートモ号を製造した白楊社は、1912(明治45)年、豊川順彌によって創業された。豊川は東京工業学校(現東京工業大学)に学んだ後に、白楊社を興し、欧米に負けない技術開発を志した。さまざまな研究と機械類の製作を行ない、1917(大正6)年に自動車製造に取り組んだ。エンジンから車体まで設計・製造を自分たちで行ない、日本初の量産された国産乗用車となった。

 

Wikipediaにも載っているので、有名車なんですね。

 

オートモ号は、白楊社が1924年(大正13年)から1927年(昭和3年)にかけて製造・販売した自動車である。日本国外に輸出された日本車第1号である[2]

200台以上が生産され[注 2]、日本において国産量産車として先行した三菱・A型よりも生産台数が多いためか、しばしば「日本初の(本格的な)量産乗用車[4][5]」と形容されることがある。また、三菱・A型は既存のフィアット[注 3]を模したものであるため、「日本の純国産技術で完成した初の量産乗用車[6][7]」と形容されることもある。

 

エンジンの実物が展示されています。 Wikipediaによるとそのスペックは  販売期間1924年 - 1927年 デザイン	豊川順彌(設計) 乗車定員	4人 ボディタイプ	フェートン、セダン エンジン	945cc 直4・OHV 駆動方式	FR 変速機	3速MT 全長	3,030mm 全幅	1,210mm 全高	1,300mm ホイールベース	2,200mm 車両重量	450kg

エンジンの実物が展示されています。
Wikipediaによるとそのスペックは
販売期間 1924年 – 1927年
デザイン 豊川順彌(設計)
乗車定員 4人
ボディタイプ フェートン、セダン
エンジン 945cc 直4・OHV
駆動方式 FR
変速機 3速MT
全長 3,030mm
全幅 1,210mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,200mm
車両重量 450kg

 

エンジンの実物が展示されています。

僕が気になったのはエンジン中央にドンと置いてあるマグネトー。

 

THE BERLI・・・ 末尾Aの国製 ホルダーに隠れて銘板が読めません。こういう時、隠れているところがすごく読みたくなってしまいます。

THE BERLI・・・
末尾Aの国製
ホルダーに隠れて銘板が読めません。こういう時、隠れているところがすごく読みたくなってしまいます。

 

かなり時間がかかりましたが、同じものを見つけました、the berling magnetoです。エリクソンのブランドでMADE IN USAだったんです。あーすっきり。

かなり時間がかかりましたが、同じものを見つけました、the berling magnetoです。エリクソンのブランドでMADE IN USAだったんです。あーすっきり。

 

ザ・ベーリング・マグネトーはクルマはもちろん、トラクターから飛行機にまで使われていたみたいなんです。

ザ・ベーリング・マグネトーはクルマはもちろん、トラクターから飛行機にまで使われていたみたいなんです。

 

中古品ですけど、今でも売られているのを見つけました。

中古品ですけど、今でも売られているのを見つけました。日本円で¥12,000ほど・・・安いような気がする。

 

一つ気になったのは、この銘です。

一つ気になったのは、この銘です。

 

オートモ号のほうはこうです。なんだかエリクソンの文字を削り取ったとしか思えない状態です。これがあると純国産と見られないくなってしまうとか、何か不都合があったのでしょうか?気になります。

オートモ号のほうはこうです。なんだかエリクソンの文字を削り取ったとしか思えない状態です。これがあると純国産と見られないくなってしまうとか、何か不都合があったのでしょうか?気になります。ムリにここにナンバリングする必要はないわけですから・・・

 

オートモ号は1924年から作られていたことはわかりました。このマグネトーはいつ頃作られたものなのでしょうか?探してみると航空器用のマグネトーを生産しているという写真が見つかりました。1918年のものです。アメリカって、こういうのを整理してアクセスできるよう整備するのが得意なのでしょうか。いいですよね。

オートモ号は1924年から作られていたことはわかりました。このマグネトーはいつ頃作られたものなのでしょうか?探してみると航空器用のマグネトーを生産しているという写真が見つかりました。1918年のものです。大体の年代は合っています。それにしてもアメリカって、こういうのを整理してアクセスできるよう整備するのが得意なのでしょうか。すばらしいです。普通は(もとい、僕は)整理して満足してしまい、「利用する」ことまで考えるのは後手に回っちゃいそうですもん。

 

国立科学博物館にはオートモ号のカタログまで展示されていました。

国立科学博物館にはオートモ号のカタログまで展示されていました。

 

スペックシートのことを日本語で「明細書」というんですね!漢字が多く読みにくいです。Wikipediaにはカタログには女優の水谷八重子(初代)や岡村文子を起用するという、当時としては斬新な手法が試みられた・・・と書かれているのですが、これには登場していません。

スペックシートのことを日本語で「明細書」というんですね!漢字が多く読みにくいです。Wikipediaに「カタログには女優の水谷八重子(初代)や岡村文子を起用するという、当時としては斬新な手法が試みられた」・・・と書かれているのですが、これには登場していません。大正のカタログお姉さん、見たかったなぁ。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

日本を変えた千の技術博番外編「稲」その3

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見たブログのテーマにぴったりの稲の展示その3です。

 

これまでのお話は稲には人と土地、そして社会情勢に適したものを長い時間をかけ改良してきた歴史があり、さまざまな体系と多様な品種があります。

 

ヒトの世界はもちろん、技術の世界にも多様性が必要なように、イネの品種についてもひとつの品種に偏ることのない多様性が必要であるから、その体系をこれからも維持して行かなくてははらないということでした。

 

多様なイネ 米は、世界の半数以上の人々に主食として食べられており菓子や酒などの加工食品としても利用されている重要な穀物である。人類は、もともと熱帯地方原産の職鬱だったイネを、世界の多様な環境でも収穫ができるように品種改良してきた。現在では熱帯にはインド型と呼ばれる品種が、温帯には日本型と呼ばれる品種が栽培されている。原種とそこから派生したさまざまなイネには、人類の品種改良にかけた努力の跡を見ることができる。 とあります。展示は上から日本、中国、韓国、フィリピン、パキスタン、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカと、それぞれの土地や嗜好に合わせて生み出されたのであろう品種が並んでいます。

多様なイネ
米は、世界の半数以上の人々に主食として食べられており菓子や酒などの加工食品としても利用されている重要な穀物である。人類は、もともと熱帯地方原産の職鬱だったイネを、世界の多様な環境でも収穫ができるように品種改良してきた。現在では熱帯にはインド型と呼ばれる品種が、温帯には日本型と呼ばれる品種が栽培されている。原種とそこから派生したさまざまなイネには、人類の品種改良にかけた努力の跡を見ることができる。

とあります。展示は上から日本、中国、韓国、フィリピン、パキスタン、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカと、それぞれの土地や嗜好に合わせて生み出されたのであろう品種が並んでいます。

 

稲作のジオラマも・・・ 稲作に伴う環境の変遷 もともと低湿地の植物であるイネの生育には、水量を調節できる水田が必要になる。稲作農業の希望を拡大させるために、私たちの祖先は水田を増やす努力を続けてきた。日本の原風景ともいうべき里山の姿も、稲作が生み出した景観なのだ。ここでは、稲作を続けることで変わってきた日本の姿を通して人間の環境に対する働きかけの結果を見る。

稲作のジオラマも・・・

稲作に伴う環境の変遷
もともと低湿地の植物であるイネの生育には、水量を調節できる水田が必要になる。稲作農業の希望を拡大させるために、私たちの祖先は水田を増やす努力を続けてきた。日本の原風景ともいうべき里山の姿も、稲作が生み出した景観なのだ。ここでは、稲作を続けることで変わってきた日本の姿を通して人間の環境に対する働きかけの結果を見る。

 

さらに文が続きます。

 

縄文の米づくり

長い間、日本における稲作の歴史は弥生時代に始まると考えられてきた。しかし近年になって、縄文時代後期の土器片中からプラント・オパールが発見されたことにより、少なくともこの時代から稲作が行われていた可能性が指摘されている。ただし、縄文時代の稲作は粗放な稲作で、弥生時代以降のような水田稲作ではなかったと考えられている。また、それは主食として成り立つような規模で行われたものではなく、河川の氾濫原のような、部分的に冠水を繰り返すような場所で小規模に営まれていたと想像されている。縄文時代の遺跡から出土する炭化米のDNA分析からは縄文のイネは畑作に適した熱帯ジャポニカと言う種類であるという報告もある。

 

プラント・オパールは土壌中の珪酸(水に溶けたケイ酸塩)を根から吸収し、特定の細胞の細胞壁に蓄積し作るガラス質の細胞体を指すみたいで、イネ科の植物は特に多いそうです。

 

土器からプラント・オパールが発見されたからといって、縄文人が稲作をしていたことに直接繋がりそうもないですが(たまたまということも考えられますし・・・)他に何か判断材料があるのでしょうね・・・

 

展示を見るとどこが田んぼかわからないような感じ。川のコーナーの外側、水量が増えればすぐに水を被りそうなところで人々がイネを作っている模型になっています。

 

さらに展示は続きます。 弥生の米づくり 弥生人の生業でもっとも大切だったのは、水田稲作であった。水田を作るには土地を水平に整地する必要があるので、傾斜地では小さな面積の水田しか作ることができなかった。そのため、弥生時代の水田には平坦なとちに作られた広い区画の水田と、傾斜地の小さな区画の水田が見られる。水田稲作ではこまめな水の調節が必要なので、堰などの給排水の施設も必要となる。弥生時代最古の水田である福岡県の板付遺跡は、大きな区画を持つ水田で、そこには給排水型の堰も備えられていた。このように、弥生人は当初から地形や水位に合わせた水田を作る高度な土木技術を持っていた。またすべての水田で同時に稲作を営んでいたのではなく、休耕田もあったことがわかっている。

さらに展示は続きます。

弥生の米づくり
弥生人の生業でもっとも大切だったのは、水田稲作であった。水田を作るには土地を水平に整地する必要があるので、傾斜地では小さな面積の水田しか作ることができなかった。そのため、弥生時代の水田には平坦なとちに作られた広い区画の水田と、傾斜地の小さな区画の水田が見られる。水田稲作ではこまめな水の調節が必要なので、堰などの給排水の施設も必要となる。弥生時代最古の水田である福岡県の板付遺跡は、大きな区画を持つ水田で、そこには給排水型の堰も備えられていた。このように、弥生人は当初から地形や水位に合わせた水田を作る高度な土木技術を持っていた。またすべての水田で同時に稲作を営んでいたのではなく、休耕田もあったことがわかっている。

 

こちらの展示は平地で明らかに田んぼと分かる場所で人々が作業をしています。休耕田らしきものも見えますね。

 

う〜ん・・・縄文時代から現在まで膨大な時間がかかっての今があるというわけですよね?

 

今、口にする「ごはん」。僕は今までどちらかといえばその製造過程を追っていたわけですが、さらにはそのバックグラウンドを考えないといかん!というお話です。

 

「ユーザーは技術のことなど考えずに、その利用だけを考えていれば良い」的な考えで商品が供給されたり利用されたりしているように感じることがありますけど、それでは技術そのものが廃れたり、ある人にとって本当に必要な方策を選択できなくなるということが起きる・・・そんな風に言い換えることもできそうです。

 

自分たちが食べているもの、使っているもの、もっとその裏側を知って食べたり利用したりしていかないと結局自分の首を絞めてしまう。そういうことなのでしょう。これは大変。でもそうしなくては・・・

 

一昔前にプロジェクトXなる番組が流行ったことを考えると、技術の裏側(本当は表も裏もないのでしょうが、そこはあまり考えずにそう書いています)を知ることはきっとおもしろいはずです。

 

きょうも尻切れとんぼ的に終ります。また明日!

1 2 3 4 5 6 17

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (あかさより[03/26]) 持ってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/23]) テストです。2度失敗
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (H2より[03/23]) うちにもまだ唐箕あり
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) なおしておきます!
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) みみずくさん がくっ
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (みみずくより[03/15]) >現在の感覚で
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[03/12]) ニ田さん こんにちは
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (noraより[03/12]) 福家さん、情報ありが
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (noraより[03/12]) トラクター野郎さん 
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ビリーさん こんにち
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ヒデさん こんにちは
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) 山葵さん お返事遅れ
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (ニ田翔より[03/11]) このトラクターを見る
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (福家より[02/26]) はるか以前に聞いた事
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (noraより[02/25]) 伊藤さん こんにちは
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (トラクター野郎より[02/21]) 耕太の年式を見分ける
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[02/21]) こんにちは。注意書き
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (ヒデより[02/16]) 私もこのトラクター使
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (山葵より[02/13]) 強烈な朝顔ハンドルは
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤三晃より[01/27]) つくばのクボタのとこ
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械