1 2 3 4 5 6 7 8 9 235

水戸市大場町島地区の植物、動物

新緑の季節、肺の空気の入換え

昨日は仕事をさぼって山に行ってきました。そこで見たチゴユリの群生。

チゴユリ

チゴユリ

ウィキペディアによると

チゴユリ(稚児百合、学名:Disporum smilacinum)はチゴユリ属の多年草。
東アジアの日本・中国・朝鮮にかけて分布し、日本国内では全国で見られる。落葉樹林の木陰に生える。高さ15-30 cm。球根はなく、白くてやや太い地下茎を持つ。花期は4-6月で、茎の先端に1 cmほどの白い花を一つ咲かせ、花後に黒色の液果をつける。

種子繁殖のほか、地上茎基部に生ずる地下茎により無性繁殖する。

花言葉は花言葉は「恥ずかしがりや」「純潔」などだそうですが、小さくてうつむき加減。寝転がったり、カメラを差し入れないと花の正面を見ることができません。

それから、これは『勝手にオリエンテーリング2016・・・キンランを探せ!』で見たことのある、キンランだと思うんですけど・・・

キンラン

ピントが抜けちゃった・・・

キノコの菌から栄養を得ている「キンラン」

キンランはちょっと変わっていて、長いけどウィキペディアから引用しちゃいます。

性質に関して

キンランの人工栽培はきわめて難しいことが知られているが、その理由の一つにキンランの菌根への依存性の高さが挙げられる。

園芸植物として供させるラン科植物の、菌根菌(ラン科に限ってはラン菌という言葉も習慣的に用いられる)はいわゆるリゾクトニアと総称される、落ち葉や倒木などを栄養源にして独立生活している腐生菌である。 ところがキンランが養分を依存している菌は腐生菌ではなく、樹木の根に外菌根を形成するイボタケ科、ベニタケ科(担子菌門)などの菌種である[2] [3]。外菌根菌の多くは腐生能力を欠き、炭素源を共生相手の樹木から得、一方で樹木へは土中のミネラル等を供給し共生している。キンランはその共生系に入り込み、養分を収奪し生育している。

ラン科植物は多かれ少なかれ菌類から炭素源(糖分など)や窒素源(アミノ酸など)を含め、さまざまな栄養分を菌根菌に依存している[4]。。菌への依存度はランの種類によって異なり、成株になれば菌に頼らなくても生きていける種類(独立栄養性種=栽培できる有葉ラン)から、生涯を通じてほとんどすべての栄養分を菌に依存する種類(菌従属栄養性種=一般に‘腐生ラン’と総称される)までさまざまな段階がある。本種の菌依存度は独立栄養植物と菌従属栄養植物の中間(混合栄養性植物)で、坂本らの調査[5]によれば本種は炭素源の34~43%、窒素源の約49%を菌から供給されており、同属のギンランでは炭素源の48~59%、窒素源の90%以上と、さらに高い依存度を示している。

このような性質から、キンラン属は菌類との共生関係が乱された場合、ただちに枯死することは無いが長期的に生育することは困難になる。そのため、自生地からキンランのみを掘って移植しても5年程度で枯死してしまう。外生菌根菌と菌根共生するラン科植物は多くあり、キンランと同様に里山に生育するオオバノトンボソウ(ノヤマトンボソウ)も同様の性質を持つ

それからニホンカモシカを見ました。コーナーを抜けたら道の真ん中にいて、すばやく駆け出し、次のコーナーで見えなくなったと思ったら崖を駆け上がって、安全な距離からこちらを見下ろしていました。

それからニホンカモシカを見ました。コーナーを抜けたら道の真ん中にいて、すばやく駆け出し、次のコーナーで見えなくなったと思ったら崖を駆け上がって、安全な距離からこちらを見下ろしていました。

白と灰色の毛が混じって、ちょうどシルバーの大きな動物。2つのつぶらな瞳と大きな黒い鼻、つまり三つの黒点がこっちを見てる感じ。好奇心が強いんですね。

何が楽しいというわけではないんですが、新緑の季節に一回は肺の空気の入換えというか、森林浴をしたくなってしまいますね。

マルバルコウ・・・かな

思い切り寝坊してしまいました。というわけで、今日は去年Nさんに連れて行ってもらった、常総市の展示会の時に見た雑草の赤い花。

マルバルコウ

葉っぱは朝顔とかヒルガオみたいなのですが、花はぐっと小さくおちょぼ口で首が長いです。花びらは金赤といったところで中心部は薄くオレンジ色です。

調べてみるとマルバルコウのようです。

マルバルコウ(丸葉縷紅、学名: Ipomoea coccinea)は、ヒルガオ科サツマイモ属に分類される一年性植物の一種。

和名は、ルコウソウの仲間で葉が丸いことから。マルバルコウソウと表記される場合もある。

マルバルコウ・・・と続けて読むのかおもいきや、丸葉のルコウソウだから丸葉縷紅。マルバ・ルコウなのですね。

ウィキペディアで写真を引っぱってきました。葉っぱはヒルガオ科というだけあって、ヒルガオの葉にそっくりです。

ウィキペディアで写真を引っぱってきました。葉っぱはヒルガオ科というだけあって、ヒルガオの葉にそっくりです。

これもウィキペディアから。さらにヒルガオ科サツマイモ属ですから、サツマイモの葉にも似ています。

これもウィキペディアから。さらにヒルガオ科サツマイモ属ですから、サツマイモの葉にも似ています。

もう春の日差しがキンキンでまぶしいです。

今日はここまで。手抜きでごめんなさいね!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • ありきたりだけど雪が降った!へのコメント (noraより[01/23]) やすひろさん こんば
  • 寒くなると恒例の・・・(トラクター自作キャビンの話)へのコメント (noraより[01/23]) H2さん こんばんは
  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (noraより[01/23]) ミラクル加藤さん こ
  • ヘンリーフォード一世&トラクターはどうあるべきか「フォード昔のカタログ」へのコメント (noraより[01/23]) Dさん、こちらも同文
  • ありきたりだけど雪が降った!へのコメント (やすひろより[01/23]) 昨日はなかなかいい雪
  • 寒くなると恒例の・・・(トラクター自作キャビンの話)へのコメント (H2より[01/19]) 補足です。 クボタ
  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (ミラクル加藤より[01/19]) トヨタのトラクター発
  • 寒くなると恒例の・・・(トラクター自作キャビンの話)へのコメント (H2より[01/18]) 自作キャビンとはすご
  • ヘンリーフォード一世&トラクターはどうあるべきか「フォード昔のカタログ」へのコメント (Dより[01/18]) 同文投下 Fo
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/17]) noraさんando
  • 最近のマイブーム、草刈機いろいろその2・・・・・・「JA&クボタ アグリンピック」へのコメント (noraより[01/16]) 野良犬さん こんばん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/16]) andoさん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/16]) hokkaidouj
  • 最近のマイブーム、草刈機いろいろその2・・・・・・「JA&クボタ アグリンピック」へのコメント (野良犬より[01/15]) 基本的に外国製のは、
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[01/14]) NORAさんテストメ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[01/14]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/10]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/09]) hokkaidouj
  • ダンプがいいのかな?・・・クボタユーテリティビークル RTV・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[01/09]) 大阪の風さん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/09]) noraさんando
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械