1 231 232 233 234 235 236 237

水戸市大場町島地区の植物、動物

鴨の目の位置(想像図)

鴨の写真 少し近づいて撮れました クリックで拡大します

鴨の写真 少し近づいて撮れました クリックで拡大します

こちらも同じ鴨の写真 少しトリミングしています クリックで拡大します

こちらも同じ鴨の写真 少しトリミングしています クリックで拡大します

鴨の写真です。距離は20M程でしょうか、この間より、近づいて写真が撮れました。この鳥は近づくと「バサバサッ」と、飛び立ってしまうような鳥ではありませんが、トコトコと歩いて離れていってしまうので、なかなか大きく撮れません。車で走っているときなどは、農道を何羽かでのんびり歩いているのを見かけますので、もっと至近距離で観察してみたいです。
 この鳥、よく見てみると、目がずいぶんと上についていたんです。(図1)しかも、どちらかというと、顔の側面に目がついています。人間で言えば、耳の上あたりに目がある感じです。こんな付きかたをしているということは、視野もすごく広いに違いありません。右と左別々に見ているような感じではないでしょうか。死角が少なくて、便利と言えば便利です。
写真は横向きだけなので、前や上から見た様子を想像してみました。全くかわいくない宇宙人みたいです。(図2)自分に置き換えてみると頭が痛くなりそうですが、敵から身を守るためには見張りが大切だし、それには広い視野、とりわけ上方、左右の視野をめいっぱい確保すると、こんな位置に目を持ってくると思います。そして視野は、このぐらいの広さではないでしょうか(図3、図4)着陸する時に少々やりにくそうですが、敵に襲われるよりはましでしょう。全くのデタラメな想像ですが、零戦のエースパイロットだった、酒井三郎さんの「大空のサムライ」を読んで、そう思いました。

図1 心のカワイイイメージと現実とのギャップの図 クリックで拡大します

図1 心のカワイイイメージと現実とのギャップの図 クリックで拡大します

図2 鴨の目の位置を前から、上から想像してみました クリックで拡大します

図2 鴨の目の位置を前から、上から想像してみました クリックで拡大します

図3 視野はこのぐらい広いと思います 鴨に聞いてみないとわかりませんが

図3 視野はこのぐらい広いと思います 鴨に聞いてみないとわかりませんが

図4 上から見ると視野はこんな感じ 鴨に聞いてみないとわかりませんが クリックで拡大します

図4 上から見ると視野はこんな感じ 鴨に聞いてみないとわかりませんが クリックで拡大します

事業仕分け「生イカ備蓄センター」

ネコの写真

写真は本文と関係ありません クリックで拡大します

ついこの間までやっていた、事業仕分けなんですが、あんまりばっさばっさ切らない方がいいのになあ・・・と、ちょっと思いました。仕事が「ムダ」とか、天下りは禁止というのならしかたないですが、間を取る商売ってのはあるのじゃないでしょうか?たとえば「問屋さん」ある程度リスクをとり在庫を持って、エンドユーザーに迅速にしかも「小分け販売」などで小回りを利かせて販売し、その間をとる。段取りして仕事を回すような「ハンドリング」もそうですね。結局、だれもが何かに付加価値を付けて、いくばくかを上乗せして販売しているわけです。仕分けられちゃうのはきっと、その作業の金額が適正でないだけなのでしょう。
 やっぱり、元請けさんは下請けさんから「元請けさんは大変だなあ。それだけマージンとられても元請けはやりたくないや」って思われるくらいなら問題ないですよね。優秀な人にはそれにふさわしい仕事をしてもらわないと社会の損失ですから、天下りでも何でもばんばんやってもらって、適正な価格を引いて発注すればいいような気がします。普通の人も役人の人もみんな仕事を失わずやっていくのにはどうしたらよいか、よい解決策があるとみんながHAPPYになれますよね。

写真は本文と関係ありません クリックで拡大します

あまり切らない方がいいと言いながら、報道でたくさんのお役所の外郭団体(と言うのでしょうか?)があるのにはびっくりしました。どんな仕事をしているのか、イメージの湧かない膨大な数の機構やセンターがあるのですね。
 イメージの湧かない仕事と言えば、忙しくて最近はなかなか行けないですが、東北地方に車で出かけると、同じくセンターがたくさん見受けられます。まあ、サクランボ販売センターとかホタテ販売センター(イメージです)というようなもので、お役所とは関係ありませんが、実在するものとして(看板を見ただけで、どんなものか見ていませんが)「生イカ備蓄センター」というのがありました。塩の備蓄事業や、石油?ガソリン?の配給券の備蓄のように、全くの民間で有事に備えて生イカを備蓄しているのでしょうか?ちょっと力の抜けた感じのイラストと、風雨にさらされた「生イカ備蓄センター」の文字のコントラストがいい味を出していたように記憶していますが、写真を撮っておけばよかったなあ。

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械