1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 35

第34回国際農業機械展in帯広

やっぱりそうか!ヤンマー13馬力の系譜。YM173「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広ヤンマーブースで見た、YM173「撮りトラ」です。

 

違和感があるくらいきれいに仕上げられた、ヤンマーYM173です。ヤンマーの年表によれば昭和43年(1968年)〜昭和48年(1973年)水冷ディーゼル13馬力でした。キャプションには・・・ 機種 ヤンマーオールドモデルトラクター 型式仕様 YM173 全長 2090mm(3点リンク付) 全幅 880mm(最小) 全高 1080mm(マフラー頂端) エンジン 横型水冷4サイクルディーゼル 総排気量 751cc 出力/回転速度 13PS/2100rpm <来歴> ヤンマーの量産トラクターとして、新築のヤンマーディーゼルエンジン木之本工場(昭和42年竣工)にて製造。 札幌市中央区でリンゴ、野菜、米を生産していた斎藤氏がロータリー耕、プラウ耕で昭和59年まで使用。 新たにトラクターを購入後も、ポンプやそ菜用の段ボール切りの動力として平成5年まで使用し、その後も家庭菜園用に現役で活躍していた。 とありました。エンジンが横型ということや、排気量がわかったのは収穫です。

違和感があるくらいきれいに仕上げられた、ヤンマーYM173です。ヤンマーの年表によれば昭和43年(1968年)〜昭和48年(1973年)水冷ディーゼル13馬力でした。キャプションには・・・

機種 ヤンマーオールドモデルトラクター
型式仕様 YM173
全長 2090mm(3点リンク付)
全幅 880mm(最小)
全高 1080mm(マフラー頂端)
エンジン 横型水冷4サイクルディーゼル
総排気量 751cc
出力/回転速度 13PS/2100rpm

<来歴>
ヤンマーの量産トラクターとして、新築のヤンマーディーゼルエンジン木之本工場(昭和42年竣工)にて製造。
札幌市中央区でリンゴ、野菜、米を生産していた斎藤氏がロータリー耕、プラウ耕で昭和59年まで使用。
新たにトラクターを購入後も、ポンプやそ菜用の段ボール切りの動力として平成5年まで使用し、その後も家庭菜園用に現役で活躍していた。

とありました。エンジンが横型ということや、排気量がわかったのは収穫です。

 

またこのようにインパネを見られたのも収穫です。ただ、写真はこれだけ。様々な機械が一同に会する展示会は時間がありませんね。

またこのようにインパネを見られたのも収穫です。ただ、写真はこれだけ。様々な機械が一同に会する展示会は時間がありません。

 

まず初めに、ヤンマー100年史P235に、岡山県の藤井製作所、高知県の協和農機、福岡県の竹下鉄工とヤンマーがヤンマー農機を設立したというようなことが書いてあります。1963 年には初のヤンマートラクタとして竹下鉄工がYM12A(12馬力)、藤井製作所がYM13A(13 馬力)、協和農機がYM18A(18 馬力)を開発した。とあり、まず作業機メーカー主体でトラクターの開発がなされたということがわかります。と、いうことは「各作業機メーカーのDNAがしばらくはヤンマートラクターの中に色濃く残っているのではないか?」と、楽しい想像ができそうじゃありませんか!

以前、「YM1300Dは藤井製作所の血を引いているのじゃないか?」という記事を書きましたが、このヤンマー13馬力の系譜、だんだんはっきりしてきました。

 

ヤンマー13馬力の系譜

 

『豊穣無限-ヤンマー農機20年の歩み-』という本の巻末に年表が載っていました。これによれば、ヤンマー13馬力の系譜はやはり藤井製作所のYM13Aから始まっています。

『豊穣無限-ヤンマー農機20年の歩み-』という本の巻末に年表が載っていました。上の数字は「昭和〜年」を表しています。これによれば、ヤンマー13馬力の系譜はやはり藤井製作所のYM13Aから始まっています。その後1年のブランクを経て(新工場を作っていたのでしょう)、YM173→YM1300→YM1301と受け継がれていったようです。

つまり・・藤井製作所のYM13Aから・・・

 

YM13Aです。本物を見られるなんて本当に運がいい!『“iQ乘り”の日常』さんのサイトにありました。僕も見てみたいです。これはカワカッコイイですねぇ・・・

YM13Aです。本物を見られるなんて本当に運がいい!『“iQ乘り”の日常』さんのサイトにありました。僕も見てみたいです。これはカワカッコイイですねぇ・・・

YM173

 

で、YM173は13馬力みたいなんです。この型番、型番から「7」を取ったものが馬力になってるんですね!それにしても一見意味がなさそうに思える「7」にどんな意味が込められているのだろう・・・

以前見たYM173です。協和農機の血を引くYM273と明らかに血筋が違う(YM273はフェンダーライトですし・・・)感じがします。

 

水冷単気筒横型エンジンです。YM1300Dは水冷立形のようなのでここは少し違いますが、同じ13馬力、同じような顔、同じ水冷ということでYM173とYM1300Dには関連性があると考えられないでしょうか?

ネットで見つけたYM173のカタログです。顔もそうですが、水冷単気筒横型エンジンで、協和農機の血を引く空冷ベースのYM273と構造もかなり違います。つまりYM173は水冷エンジンベースの藤井製作所のYM13Aの血を引いていると考えられませんか? これが1968年〜の話です。

 

YM1300

 

なぜかクボタB1600のステッカーが貼ってありますが、ヤンマーのYM1300Dで間違いないと思います。

なぜかクボタB1600のステッカーが貼ってありますが、ヤンマーのYM1300Dです。

 

ただ、ヤンマーの社史に業界初の四輪駆動と謳われていますが、書いてある通りにそれが1974年のことだとしたら、それはもしかしたら間違っているかもしれません。

ヤンマーYM1300Dです。YM173に似ていますよね!

 

YM1301

 

ネットで見つけてきたYM1301です。ここまでくると面影がなくなってきた感じがします。

ネットで見つけてきたYM1301です。ここまでくると面影がなくなってきた感じがします。ヤンマー色に染まってきたという感じでしょうか・・・

 

今日はヤンマー13馬力の系譜でした。また明日!

 

 

 

不思議なダブルタイヤ付(13.6-38畦またぎ)クボタ・グランダムM105D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広のオビトラブースで見た、ダブルタイヤキット付のクボタ・グランダムM105D「撮りトラ」です。

 

まわりがCASEのトラクターだったからなのでしょうか・・・見慣れたオレンジではなく、CASE色に塗られたクボタ・グランダムM105Dです。初めは「タイヤ交換の途中かな?」と、思ったのですが、こういうホイールとタイヤなのでした。

まわりがCASEのトラクターだったからなのでしょうか・・・見慣れたオレンジではなく、CASE色に塗られたクボタ・グランダムM105Dです。初めは「タイヤ交換の途中かな?」と、思ったのですが、こういうホイールとタイヤなのでした。

 

クボタM105Dは農研機構の安全鑑定では2005年、エンジンは取説によると、クボタV3800-T1、水冷4サイクル4気筒ディーゼル、3769cc105馬力/2600rpmとなっています。

クボタM105Dは農研機構の安全鑑定では2005年、エンジンは取説によると、クボタV3800-T1、水冷4サイクル4気筒ディーゼル、3769cc105馬力/2600rpmとなっています。

 

ピカピカですね・・・このようなタイヤ+ホイールの需要ってあるんですねぇ・・・ワンオフで作ったわけではなく、会社の量産製品としてこのような商品があるようです。

ピカピカですね・・・このようなタイヤ+ホイールの需要ってあるんですねぇ・・・ワンオフで作ったわけではなく、会社の量産製品としてこのような商品があるようです。

 

以前、M125Dは見たことがあります

 

クボタM125D 年式は・・・調べてもパッと出てこなくて・・・少なくとも2005年より前のように思えるんですが・・・

以前見たクボタM125Dです。農研機構の安全鑑定ではM105Dと同じ2005年、エンジンは取説によると、ボタ F5802-T(ターボ)、 4 サイクル 5 気筒立形ディーゼル、5832cc125馬力/2400rpmとなっています。

 

 

↑動画も撮っていました。

ダブルタイヤのM105Dに戻る

 

すごいですよね!本来ならもう一本タイヤがハマるくらい隙間が空いています。

すごいですよね!本来ならもう一本タイヤがハマるくらい隙間が空いています。

 

説明看板がついていて、 STARCO(スターコ) ダブルタイヤキット MD-PLUS 13.6-38畔またぎ 希望小売価格 ¥オープン価格 と書いてあります。

説明看板がついていて、

STARCO(スターコ)
ダブルタイヤキット
MD-PLUS
13.6-38畦またぎ
希望小売価格 ¥オープン価格

と書いてあります。

 

Wikipediaで調べてみると、STARCOは1962年にデンマークのオーフスに設立された、ソリッドタイヤ、デュアルタイヤ、フレックスタイヤ、スチールホイール、プラスチックリムを製造・販売する会社で、世界30カ国以上に展開するグローバル企業グループだそうです。

Wikipediaで調べてみると、STARCOは1962年にデンマークのオーフスに設立された、ソリッドタイヤ、デュアルタイヤ、フレックスタイヤ、スチールホイール、プラスチックリムを製造・販売する会社で、世界30カ国以上に展開するグローバル企業グループだそうです。

 

STARCO、こんなロゴです。

STARCO、こんなロゴです。

 

このホイール、おもしろいのは比較的簡単に外せそうなことです。(聞いたわけではないのでわかりませんが)レバーと爪がついていて、引っ掛けて「パチン」といったイメージです。

このホイール、おもしろいのは比較的簡単に外せそうなことです。(聞いたわけではないのでわかりませんが)レバーと爪がついていて、引っ掛けて「パチン」といったイメージです。

 

あれー?この時雨が降ったんだっけかなぁ・・・ずいぶん地面が濡れていますね。

あれー?この時雨が降ったんだっけかなぁ・・・ずいぶん地面が濡れていますね。

 

畦またぎというからにはタイヤとタイヤのスキマに畦が入るのでしょうね。トラクターのお腹の下に入る畦とピッチが合わないような気がしますけど・・・こういうものなのですかね・・・

お!前から見るとピンとこない形でしたが、後ろから見ると安定感があってカッコいいです。畦またぎというからにはタイヤとタイヤのスキマに畦が入るのでしょうね。トラクターのお腹の下に入る畦とピッチが合わないような気がしますけど・・・一つにしては広いし、2つには狭すぎる・・・こういうものなのですかね・・・

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械