1 2 3 4 5 6 7 19

第34回国際農業機械展in帯広

レッド・ドット・デザイン賞受賞のスマートタッチ。VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フィンランド生まれのヴァルトラT234D「撮りトラ」2台目の続きです。

 

昨日はマッドアンドスノーのノキアンタイヤ(あの携帯電話のノキアと一時同じ会社だったそうです)にフックして時間を使ってしまった僕の今日のとっかかりは、T234Dの前に置いてあったパネルの最後の言葉です。

昨日はマッドアンドスノーのノキアンタイヤ(あの携帯電話のノキアと一時同じ会社だったそうです)にフックして時間を使ってしまった僕の今日のとっかかりは、T234Dの前に置いてあったパネルの最後の言葉・・・。

 

エンジン AGCO POWER 74 EWF シリンダー数/排気量(ℓ) 6/7.4 定格出力(hp) 220 最大出力(hp) 250 定格トルク(Nm) 900 最大トルク(Nm) 930 トランスミッション CVT 油圧ポンプ出力(ℓ/分) 160 全長(mm) 5800 全幅 min/max(mm) 2453/2495 全高(mm) 3094 重量(kg) 7300 最低地上高(mm) 600 アドブルータンク(ℓ) 45 重量バランス F/R(%) 40/60 フロントアクスル最大許容重量(kg) 5500 リヤアクスル最大許容重量(kg) 9000 タイヤサイズ リア・フロント 650/65R42・540/65R30 装備オプションを飛ばしてスマートタッチ特長 ●135馬力以上のVersu(パワーシフト)とDirect(CVT)モデルに搭載 ●操作の容易性と快適性の2点を追求し開発スタートから約9年の時間を要し200以上のユーザーで実際に使用し改良 ●9インチフルカラータッチパネルの液晶を装備 ●液晶で各操作の設定が可能 ●オプションのオートガイド(GPS)、ISOBUS、カメラとも連動 ●外部油圧の操作機能をユーザーの好みのレバーやスイッチに変更できるメモリー機能を新たに搭載 ●レッドドット・デザイン賞を受賞 とあります。

エンジン AGCO POWER 74 EWF
シリンダー数/排気量(ℓ) 6/7.4
定格出力(hp) 220
最大出力(hp) 250
定格トルク(Nm) 900
最大トルク(Nm) 930
トランスミッション CVT
油圧ポンプ出力(ℓ/分) 160
全長(mm) 5800
全幅 min/max(mm) 2453/2495
全高(mm) 3094
重量(kg) 7300
最低地上高(mm) 600
アドブルータンク(ℓ) 45
重量バランス F/R(%) 40/60
フロントアクスル最大許容重量(kg) 5500
リヤアクスル最大許容重量(kg) 9000
タイヤサイズ リア・フロント 650/65R42・540/65R30

装備オプションを飛ばしてスマートタッチ特長

●135馬力以上のVersu(パワーシフト)とDirect(CVT)モデルに搭載
●操作の容易性と快適性の2点を追求し開発スタートから約9年の時間を要し200以上のユーザーで実際に使用し改良
●9インチフルカラータッチパネルの液晶を装備
●液晶で各操作の設定が可能
●オプションのオートガイド(GPS)、ISOBUS、カメラとも連動
●外部油圧の操作機能をユーザーの好みのレバーやスイッチに変更できるメモリー機能を新たに搭載
●レッドドット・デザイン賞を受賞

とあります。

 

レッドドット・デザイン賞?

 

日本でいうとグッドデザイン賞みたいなもんですかね。

日本でいうとグッドデザイン賞みたいなもんですかねぇ。初めて見ます。

 

このマークに似てるな

このマークとか・・・

 

グーグルアースのロゴに似ています。(また脱線してしまった)

グーグルアースのロゴに似ています。(また脱線してしまった)

 

僕は本当にモノを知らないので、あたりまえのようにこれも知りませんでした。ちゃんと日本語でWikipediaに載っています。レッドドット・デザインとは1955年に創設された賞で・・・ ドイツ、エッセンのDesign Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター)が主催する国際的なプロダクトデザイン賞である。プロダクトデザイン、デザインエージェンシー、デザインコンセプトのジャンルにおいて賞が存在する。 とあります。 もちろん、WEBページもあって、年ごとに受賞したプロダクトの沿っても綺麗な写真が載っています。すごく細かくクラス?カテゴリー?が分かれていて、とても目の保養になります。もちろん、一番目の保養になるのはCommercial vehicles とか、 Cars and motorcycles などですよね。

僕は本当にモノを知らないので、あたりまえのようにこれも知りませんでした。ちゃんと日本語でWikipediaに載っています。レッドドット・デザインとは1955年に創設された賞で・・・

ドイツ、エッセンのDesign Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター)が主催する国際的なプロダクトデザイン賞である。プロダクトデザイン、デザインエージェンシー、デザインコンセプトのジャンルにおいて賞が存在する。

とあります。

もちろん、WEBページもあって、年ごとに受賞したプロダクトの沿っても綺麗な写真が載っています。すごく細かくクラス?カテゴリー?が分かれていて、とても目の保養になります。もちろん、一番目の保養になるのはCommercial vehicles とか、 Cars and motorcycles などですよね。

 

今年はヤマハのスクータも賞を貰っているみたいです。

今年はヤマハのスクータも賞を貰っているみたいです。

 

VaitraN4が2017年にHonourable Mentionという賞を貰っていました。Honourable Mention という賞がどんな性質なのかよくわからないのですが、賞がHonourable Mention,Red Dot,Red Dot: Best of the Bestと三つあり、これを松、竹、梅と理解すれば松。一番低い賞ということになりますか?

VaitraT4が2016年winer(多分これがRed Dot)に、そしてN4が2017年にHonourable Mentionという賞を貰っていました。Honourable Mentionという賞がどんな性質なのかよくわからないのですが、賞がHonourable Mention,Red Dot,Red Dot: Best of the Bestと三つあり、これを素直に順番と捉えれば一番低い賞ということになりますかねぇ・・・松、竹、梅との並びとは逆なんですね。今年もA4シリーズが貰っているみたいです。

 

そしてこのスマートタッチもRed Dotを貰っています。このレッドドット・デザイン賞はエントリーするのに早割で300ユーロ、約¥38000位。ギリギリの駆け込みで510ユーロの約¥65000位。これで賞を貰っちゃうと、Honourable Mention,Red Dotで3950ユーロ、約50万円ちょっと、Best of the Bestで5995ユーロ、約77万円程掛かるみたいです。 日本のグッドデザイン賞だと、一次審査料に10,800円、二次審査料で57,240円、受賞しちゃったら156,600円掛かるみたいですから日本のほうが安いです。

そしてこのスマートタッチもRed Dotを貰っています。このレッドドット・デザイン賞はエントリーするのに早割で300ユーロ、約¥38000位。ギリギリの駆け込みで510ユーロの約¥65000位。これで賞を貰っちゃうと、Honourable Mention,Red Dotで3950ユーロ、約50万円ちょっと、Best of the Bestで5995ユーロ、約77万円程掛かるみたいです。
日本のグッドデザイン賞だと、一次審査料に10,800円、二次審査料で57,240円、受賞しちゃったら156,600円掛かるみたいですから、日本のほうが安いです。でも、二次審査まで行って落ちる場合は日本のほうが高くなっちゃうか・・・その他にもモノによってオプション費用を払わなくてはいけないのは、どちらの賞も一緒のようです。
これ、なにが何やらわかりませんが、確かに使いやすそうです。フィンランド国旗がさりげなくあしらわれていますね!

 

どのシリーズも何かしらレッドドット・デザイン賞を貰っています。確かにカッコいいですからね。

どのシリーズも何かしらレッドドット・デザイン賞を貰っています。確かにカッコいいですからね。それにしてもデザイン賞にずいぶんスペースを取ってしまいました。

 

他にも色!もしかして模様?

 

この写真はValtraのサイトで見つけたものです。カナブン・メタリックとパールホワイトのスプラッシュトーン!!クルマでも見たことがないようなカラーリングです。トラクターに対する考え方が自由で、他のブランドにはない飛びっぷりが清々しいです。実際使っているヒトがいるのかはわかりませんが、是非この方針で突っ走ってもらいたいものです。

この写真はValtraのサイトで見つけたものです。カナブン・メタリックとパールホワイトのスプラッシュトーン!!クルマでも見たことがないようなカラーリングです。トラクターに対する考え方が自由で、他のブランドにはない飛びっぷりが清々しいです。実際使っているヒトがいるのかはわかりませんが、是非この方針で突っ走ってもらいたいものです。

 

同じくValtraのサイトで見つけたもの。あの美しいテールを、水の底に写る光の揺らぎ模様で彩っている感じでしょうか・・・ほんっっと面白いメーカーです。Valtra

同じくValtraのサイトで見つけたもの。あの美しいテールを、水の底に写る光の揺らぎ模様で彩っている感じでしょうか・・・ほんっっと面白いメーカーです。Valtra

 

T234Dに戻ります

 

上の写真から見ると地味で、何の変哲もない感じですけど、よく考えたらこれだってガンメタですからね・・・トラクターとしてはかなりユニークな部類の色ではないですか?

上の写真から見ると地味で、何の変哲もない感じですけど、よく考えたらこれだってガンメタですからね・・・トラクターとしてはかなりユニークな部類の色ではないですか?

 

(さらに…)

タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フィンランド生まれのヴァルトラT234D「撮りトラ」2台目です。

 

気のせいかもしれませんが、ヴァルトラ、あちこちで見かけました。ある意味会場で一番多く見かけたトラクターだったのではないでしょうか?

大抵はそのメーカーのブースでしか見ることができないのに、扱っている会社が多いのか、作業機と親和性が高いのか、あるいは安いのか、広く散らばっていたのです。

 

僕が見た2台目のValtra T234Dスマートタッチです。1台目はオレンジ!でしたね。

僕が見た2台目のValtra T234Dスマートタッチです。1台目はオレンジ!でしたね。オレンジのT234Dのスペックは・・・

機種名 トラクター
メーカー/原産国 バルトラ/フィンランド
型式 T234D
仕様/規格 Max馬力:250ps ギアボックス:CVT
●スマートタッチ(GPSレディ)
●ISOバス ●フロントサス
●キャブサス(エアー)●フロントPTO
販売価格 現金価格(税込)¥21,600,000
引渡し条件 ●展示品限定価格

でした

 

2台目のT234Dですが、少し違うところがあります。それはこのタイヤ。四角くてオフロードタイヤ、もっと言うとラリータイヤのようなパターンです。これが意外に似合っていてカッコイイ!!

2台目のT234Dですが、少し違うところがあります。それはこのタイヤ。四角くてオフロードタイヤ、もっと言うとラリータイヤのようなパターンです。これが意外に似合っていてカッコイイ!!

 

リヤタイヤは650/65R42 サイドの厚みはペッタペタ。超扁平です。

リヤタイヤは650/65R42
サイドの厚みはペッタペタ。扁平です。

 

フロントタイヤは540/65R30

フロントタイヤは540/65R30

 

TRI 2 というタイヤのようです。

TRI 2 というタイヤのようです。これはマッドアンドスノー・・・M+Sタイヤです!

 

タイヤメーカーはNOKIAN と言うようです。 NOKIAN TRI 2というタイヤ銘柄。

タイヤメーカーはNOKIAN と言うようです。MADE IN FINLAND
NOKIAN TRI 2というタイヤの名前。

 

よっぽど気になったのでしょう。タイヤの写真ばかり撮っています。ラグタイヤばかり見ているので、ものすごく新鮮!!

よっぽど気になったのでしょう。タイヤの写真ばかり撮っています。ラグタイヤばかり見ているので、ものすごく新鮮!!

 

皆さんのご想像通り、あの通信機器のノキアと関係があるようです。Wikipediaによると、 ノキアンタイヤは1932年創業の、フィンランドの ノキアに本社を置く自動車、トラック、バス、および大型機器のタイヤメーカーで、特に場所柄、冬タイヤに定評があるようです。 1865年にパルプ工場が操業を開始、自動車タイヤの製造が1932年に始まると、1967年に両社が合併して、みんなの知っているノキア社になりました。しかし1988年にそのノキア社が移動通信事業に全面的に注力し始めたことから、タイヤ部門が分割され、ノキアンタイヤとなったようです。

皆さんのご想像通り、あの通信機器のノキアと関係があるようです。Wikipediaによると、

ノキアンタイヤは1932年創業の、フィンランドの ノキアに本社を置く自動車、トラック、バス、および大型機器のタイヤメーカーで、特に場所柄、冬タイヤに定評があるのだそうです。
1865年にパルプ工場が操業を開始、自動車タイヤの製造が1932年に始まると、1967年に両社が合併して、みんなの知っているノキア社になりました。しかし1988年にそのノキア社が移動通信事業に全面的に注力し始めたことから、タイヤ部門が分割され、ノキアンタイヤとなったのですって!

 

↑ノキアという都市があるなんて、ずっと知りませんでした。

 

ValtraのWEBページを見ていて、雪のシーンがたくさん出てくることに気がついていたのですが、あちらでは林業で使うことも想定されているせいか、冬でもずいぶんトラクターが活躍するようですね。

ValtraのWEBページを見ていて、雪のシーンがたくさん出てくることに気がついていたのですが、あちらでは林業で使うことも想定されているせいか、冬でもずいぶんトラクターが活躍するようですね。

 

WEBページによれば、なんと!! NokianタイヤとValtraは自動運転のトラクターで除雪の世界記録を樹立しました。 速度記録は、Nokian Hakkapeliitta TRIタイヤを装備した無人のValtra T254 Versuトラクターを使用し、2018年3月に記録されました。オペレーター無しのトラクターは、南フィンランドの閉鎖道路で73.171 km / h(45.466 mph)で雪を飛ばしました。 とあります。まさに僕の見たノキアンTRIを使っての記録なんですね! いわゆる冬タイヤのように細かいサイプが切ってあるようには見えませんでしたが、トラクターならあのタイヤで行けるんですねえ・・・

WEBページによれば、なんと!!

NokianタイヤとValtraは自動運転のトラクターで除雪の世界記録を樹立しました。 速度記録は、Nokian Hakkapeliitta TRIタイヤを装備した無人のValtra T254 Versuトラクターを使用し、2018年3月に記録されました。オペレーター無しのトラクターは、南フィンランドの閉鎖道路で73.171 km / h(45.466 mph)で雪を吹き飛ばしました。

とあります。まさに僕の見たノキアンTRIを使っての記録なんですね! いわゆる冬タイヤのように細かいサイプが切ってあるようには見えませんでしたが、トラクターならあのタイヤで行けるんですねえ・・・世界記録、自動運転でのトラクターを使った速度記録なのか、単純にオーバーオールの除雪スピード世界記録なのか気になるところです。

 

今日は時間がなくなってしまいました。続きます。また明日!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[12/03]) ハンドルの脇のスイッ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/02]) shiroemodo
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/02]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (shiroemodonより[12/01]) この時代の耕深制御だ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/30]) 輸入車のジャッキって
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/25]) 山葵さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/24]) あっ!これです!この
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) H2さん こんにちは
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[11/23]) 坂本さん こんにちは
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/23]) 象印さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械