1 992 993 994 995 996 997 998 999 1,000 1,001 1,002 1,028

農業全般

蕎麦の実を挽いて粉にする

しかし色々な手順と手間がかかります。蕎麦への道は遠い!!今日は蕎麦を粉にするところです。まずは選別した蕎麦の実を粉挽き機械に入れてざらっと一回挽きます。それを荒目のフルイでふるうと、いわゆるそば殻(枕に入れるヤツですね)と白い皮のむかれた蕎麦の実にわかれます。この蕎麦の実、ちょっと生のコーヒー豆に似た色です。

まだまだそば殻が混じっていますが、これを構わずじゃんじゃん粉挽き機にかけてはふるい、また、粉挽き機にかけてはふるうのです。これがお米なら、こんなに手間はかからず、一発でモミは籾殻と玄米にわかれてしまうそうなので、蕎麦は特別手間がかかると言えます。

これをツルツルと蕎麦にして食べよう・・・と思った昔の人はどのようにしてこれにたどり着いたのでしょう?何か執念のようなものを感じます。

とにかくホコリがものすごい! 頭も服もそれから辺り一面真っ白になってしまいます。

とにかくホコリがものすごい! 頭も服もそれから辺り一面真っ白になってしまいます。

蕎麦の粉挽きの手順は?

終止ふるっては挽きふるっては挽きの繰り返しですが、まずは一回殻を剥くのに荒く挽きます。

終止ふるっては挽きふるっては挽きの繰り返しですが、まずは一回殻を剥くのに荒く挽きます。

そば殻も粉もまだ粉にもなっていないものもまずはふるいにかけます。

そば殻も粉もまだ粉にもなっていないものもまずはふるいにかけます。

それをふるうと、そば殻が残り、粉が下に落ちます。しかし、ふるいの目がちょうどよい物を選ばないと、時間ばかりかかって、いつまでも終わらないということになってしまいます。

それをふるうと、そば殻が残り、粉が下に落ちます。しかし、ふるいの目がちょうどよい物を選ばないと、時間ばかりかかって、いつまでも終わらないということになってしまいます。

殻は残り、粉は落ちる・・・まさに地道な作業です。

殻は残り、粉は落ちる・・・まさに地道な作業です。

飽きずに繰り返しているとだんだん白くなってきました。

飽きずに繰り返しているとだんだん白くなってきました。

もうあっちでグルグルこっちでグルグル もうもうとホコリの立つ中での作業です。

もうあっちでグルグルこっちでグルグル もうもうとホコリの立つ中での作業です。

道具も大切

今回使ったフルイ。これでも足りない感じでした。

今回使ったフルイ。これでも足りない感じでした。

こうやってみて見ると、蕎麦の殻を完全に取り除くことは難しく、巷の蕎麦は粉を作る人の気持次第でそば殻10%含有とか、ずぼらな人に至ってはそば殻100%含有・・・なんてこともあるかもしれませんね。粉に人間の性格が現れて、それが味になる・・・おもしろいです。

環境保全会で作る蕎麦の記事へ
環境保全会で作る蕎麦の記事へ

唐箕(とうみ)の動作動画と粉挽き機械

今日は実際に唐箕(とうみ)が動いているところの動画と粉挽きの機械に移ります。

非常に優秀です

↑ 動画(1分15秒)画面クリックでも再生します。

この唐箕(とうみ)、そう考えられているわけですからあたりまえなのですが、多少のファジーな調整は必要としても、すごく優秀に働いてくれるのにビックリです。一番と二番では明らかに色が違う。水戸市の博物館に収納されるような物なのにです。そして選別された蕎麦は今度は挽いて粉にしなければなりません。粉にするのは同じ町内の精米所にお願いしました。

万能製粉機

ごくごく単純な作り。モーターと投入部分と臼でできています。

ごくごく単純な作り。モーターと投入部分と臼でできています。

粉挽き機の写真

現在は出番が少ないようです。

現在は出番が少ないようで、奥のほうにあってすぐには稼働できるような雰囲気ではありませんでしたが、もちろん機械としては現役で仕事をいつも待っている状態です。流れとしては、まず、蕎麦の殻を一回荒く挽いてふるいにかけ、取り除きます。それからいくつか目の違うふるいを組み合わせながら、何回も何回もふるいにかけてはこの機械で挽いての繰り返しになります。この続きはまた明日・・・

環境保全会で作る蕎麦の記事へ
環境保全会で作る蕎麦の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械