1 2 3 4 5 6 7 1,051

農業全般

20馬力と26馬力の間には何かがある。クボタL2600「撮りトラ」

今日は某所で見た、クボタ末尾00トラクターL2600「撮りトラ」です。

 

1971年から1975年にかけて完成した、クボタのL型4ケタ末尾00シリーズの中のL2600。4ケタ最初のモデルなのに、末尾01シリーズに比べ社史での扱いが小さいし、実機も少なく大変稀少です。でもこのL2600はちょっと変わった特長がありました。

1971年から1975年にかけて完成した、クボタのL型4ケタ末尾00シリーズの中のL2600。4ケタ最初のモデルなのに、末尾01シリーズに比べ社史での扱いが小さいし、実機も少なく大変稀少です。でもこのL2600はちょっと変わった特長がありました。

 

tractordata.comによればクボタL3500は水冷3気筒1.6Lディーゼル35馬力としか記載がなく、年式などはunknownになっています。

それは大型機?と共通のデザイン。こちらは以前見たL3500なのですが、濃紺で先の尖った矢印状のデカール、そしてL3ケタのテイストを残しつつよりシャープなラインと面で構成されている形状が特長です。

 

クボタL280です。わりと見慣れたL型の原点。マフラーが小さくてカッコいいです。

こちらはクボタL280です。このL3ケタの形状をシャープに再構成したのがL3500やL2600のデザインだと思うんです。

 

L4ケタ末尾00シリーズは、まずL1500が端緒を開いたのですよね。 「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」によれば、 46年(1971年)には、耕うん機技術部で乗用耕うん機の発送を生かした超小型四輪駆動トラクタ・ブルトラB6000(11馬力)を開発した。また、小型本格トラクターとしてはL1500(15馬力)を開発したが、これが爆発的な人気を呼び、日本農業のトラクタ時代への本格的幕開けへとつながった。ちなみに、農用トラクタの全国出荷台数を比較してみると、35年(1960年)当時はわずか3300台強に過ぎなかったものが、47年度(1972年度)には累計30万6500台へと激増し、このうち、当社(久保田鉄工株式会社)が10万台強、32.7%のシェアを占めるまでに成長したのであった。 とあります。

一方こちらはクボタL2000です。同じ末尾00シリーズなのに、後の末尾01シリーズのような丸みを帯びたデザインです。つまり、L2000とL2600の間にはラインが引かれている・・・

L4ケタ末尾00シリーズは、まずL1500が端緒を開いたのですよね。「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」によれば、

46年(1971年)には、耕うん機技術部で乗用耕うん機の発送を生かした超小型四輪駆動トラクタ・ブルトラB6000(11馬力)を開発した。また、小型本格トラクターとしてはL1500(15馬力)を開発したが、これが爆発的な人気を呼び、日本農業のトラクタ時代への本格的幕開けへとつながった。ちなみに、農用トラクタの全国出荷台数を比較してみると、35年(1960年)当時はわずか3300台強に過ぎなかったものが、47年度(1972年度)には累計30万6500台へと激増し、このうち、当社(久保田鉄工株式会社)が10万台強、32.7%のシェアを占めるまでに成長したのであった。

とあります。

 

クボタL1500DT(DOUBLE TRACTION)です。ずいぶん見ているつもりでしたが、実は初めて。生まれ年も不明瞭で、クボタの社史にも書いてありません。(会社の社史なのですから、製品の年表くらいちゃんと書いてくれたらいいのに・・・主要な製品の誕生くらいしか記載がないのです)社史によればこの前の型、L120、L140、L240、L270、L350型の誕生が昭和44年(1969年)、またL1500DTの後継と思われる01シリーズの誕生が昭和51年(1976年)となっています。農研機構の登録もL3001が1976年となっていますから、それを裏付ける形となっていますよね!

もちろん同じ末尾00シリーズのクボタL1500DT(DOUBLE TRACTION)も同じ丸みを帯びたデザイン。ずいぶん見ているつもりでしたが、実は初めて。生まれ年も不明瞭で、クボタの社史にも書いてありません。(会社の社史なのですから、製品の年表くらいちゃんと書いてくれたらいいのに・・・主要な製品の誕生くらいしか記載がないのです)社史によればこの前の型、L120、L140、L240、L270、L350型の誕生が昭和44年(1969年)、またL1500DTの後継と思われる01シリーズの誕生が昭和51年(1976年)となっています。つまり、L1500DTは、1969年〜1976年の間のどこかで生まれたのではないか?と、想像できます。農研機構の登録もL3001が1976年となっていますから、それを裏付ける形となっていますよね!

 

L2600に戻ります。目の脇にプレスラインがありますし、その後ろの膨らみも上に切れ上がっています。

L2600に戻ります。目の脇にプレスラインがありますし、その後ろの膨らみも上に切れ上がっています。目の上にも膨らんだ部分がありますよね。これも既出のL3500と同じです。免許制度とか税制とか、もしかしたら馬力とか・・・そんななにかの線引きがあってこのL2600から形を変えてあるのでしょう。

 

Catalog of Kubota tractor L3001DT at the time of release.北海道で見た大きな鉄車輪の クボタL3001DT、そのカタログを見せていただきました。僕が見たのは1970年代に発売され40年近く経ったものですが、その発売当時の姿を見ることができる昔のカタログは、なんだか不思議な気持をもたらします。

そのデザインは末尾01のL3001DTにも引き継がれました。

 

わが国初の国産トラクタを送り出して10数年・・・日本のトラクタの先駆者としての道のりを歩んできたクボタトラクタは、いまや名実ともに日本を代表するトラクタに成長しました。世界に誇るその技術、その実績、その伝統。L2601はクボタのすべてを結集した快心作です。 とあります。

もちろんL2601と末尾01になっても形は引き継がれています。

 

L2600の銘版です。

L2600の銘版です。

 

拡大してみます。 機関形式 V1500 出力 26馬力/2600rpm  どうも4気筒エンジンのようです。

拡大してみます。
機関形式 V1500
出力 26馬力/2600rpm
どうも調べてみると4気筒エンジンのようです。

 

一方L2601のエンジンはD1301の3気筒エンジン。4気筒から3気筒にダウンサイジングしたんですね。

一方L2601のエンジンはD1301の3気筒エンジン。4気筒から3気筒にダウンサイジングしたんですね。

 

この後、末尾02でサンシャインになっていくわけですね。今日も大した発見はありませんでした。それではまた明日!

 

6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」

今日は某所で見た、ジョンディアトラクター、JHON DEERE 6100「撮りトラ」です。そして今日、6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)ことに気がついてしまいました。

 

タイトルの話は後回しにして、JD6100です。tractordata.comによればジョンディアトラクターJD6100は1992年 - 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。生産はおなじみドイツはマンハイムの工場。

タイトルの話は後回しにして、JD6100です。JD6100は3台目。この機体は恐ろしくきれいです。tractordata.comによれば、ジョンディアトラクターJD6100は1992年 – 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。生産はおなじみJDの聖地、ドイツはマンハイムの工場

 

さらにtractordata.comをよくよく見ると、6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RCと4種類あることに気が付いてしまいました。

さらにtractordata.comをよくよく見ると、6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)ことに気が付いてしまいました。

 

tractordata.comによればジョンディアトラクターJD6100は1992年 - 1997年製造、4気筒4サイクルディーゼル4.5リッター75馬力らしいです。

以前見たAさんのJD6100。塗装につやはなく、今回の6100と明らかに年代が違う感じです。

 

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。さらに中国製の6100B、そして6Dシリーズでスタイルのかなり違うメキシコ製の6100Dというものまで・・・この機体はどこ製なのか写真だけでは判定できません。しかし、以前見たものと少し違うところがあります。

今回見た6100です。ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。さらに中国製の6100B、そして6Dシリーズで、スタイルのかなり違うメキシコ製の6100Dというものまで・・・この機体はどこ製なのか写真だけでは判定できません。しかし、以前見たものと少し違うところがあります。それは燃料タンク部分。この機体は燃料タンクの上に工具箱があり、給油口は向こう側なのか、隠れているのか見えません。

 

ジョンディア6100には6100SEというエコノミーバージョンが存在しているみたいです。6100と6100SEとあった場合、SEと付いたほうがグレード高そうですけど、SEのほうがエコノミー。何が違うのかなあ・・・

そしてこちらは以前紹介した6100。燃料タンクの上に工具箱はありませんし、給油口が邪魔で工具箱は載りそうもない形。

 

今JD6100SEの写真をネットで探してきたら、マフラーの出方など、かなり違うマシンでした。

今JD6100SEの写真をネットで探してみたら、マフラーの出方など、かなり違うマシンでした。

 

そして中国製のJD6100Bは、このようにエアクリーナーが飛び出した形が特長のようです。写真を探すとこのように屋根つきばかりで、キャブタイプの設定があるのかどうかはわかりません。

そして中国製のJD6100Bは、このようにエアクリーナーが飛び出した形が特長のようです。写真を探すとこのように屋根つきばかりで、キャブタイプの設定があるのかどうかはわかりません。

 

ややこしくなってしまいました。今回のJD6100に戻ります。

ややこしくなってしまいました。今回のJD6100に戻ります。

 

あまりにきれいなので「中国製なのか?(中国製の6100Bは2010年から現在も製造中みたいなんです)」と、やや疑ってしまいましたが、よく考えたらヘッドランプはHELLAですし、こちらの6100はドイツ製のオリジナルモデル(?)だと思い直しました。

あまりにきれいなので「中国製なのか?(中国製の6100Bは2010年から現在も製造中みたいなんです)」と、やや疑ってしまいましたが、よく考えたらヘッドランプはHELLAですし、こちらの6100はドイツ製のオリジナルモデル(?)だと思い直しました。

 

ピボットフェンダーではない感じのFフェンダー付です。今思ったのですが、垂直方向のプレートに細かいディンプルがついています。意味もなくこの模様を付けるわけもないですし、「何のためだろう」と思っていて、ちょっとアイディアがひらめきました。上に3本の取付けボルトが見えますが、これ、取付け穴のピッチ通りになっていて、自分で穴をあけてフェンダーを取付けるのではないでしょうか?あらかじめこうやってポンチを打っていてもらえばタイヤを変えてフェンダーがぶつかってしまってもすぐに調整できそうです。

ピボットフェンダーではない感じのFフェンダーつきです。垂直方向のプレートに細かいディンプルがついています。意味もなくこの模様を付けるわけもないですし、「何のためだろう」と思っていて、今ちょっとアイディアがひらめきました。上に3本の取付けボルトが見えますが、このディンプル、取付け穴のピッチ通りになっていて、自分で穴をあけてフェンダーを取付けるのではないでしょうか?あらかじめこうやってポンチを打ってあれば、タイヤサイズを変えてフェンダーが取付かない時にも調整がききそうです。

 

少しおもしろいと思ったのは、4スポークタイプ?で向こうが大きく見えているホイール。

少しおもしろいと思ったのは、4スポークタイプ?で向こうが大きく見えているホイール。

 

フロントもリヤも同じタイプで向こうが大きく見えています。

フロントもリヤも同じタイプで向こうが大きく見えています。

 

注意書きシリーズ。おなじみのものですがひとつ見たことのないものがありました。

注意書きシリーズ。おなじみのものですがひとつ見たことのないものがありました。

 

それはこれ。怖いわ〜

それはこれ。怖いわ〜

 

肥料撒きがついていました。

肥料撒きがついていました。

 

6100RC

 

ジョンディアトラクター、JD6100RCです。ダイナミックフェアで見られるのはラッキーだなあ・・・

以前見たジョンディアトラクター、JD6100RCです。メキシコ製のJD6100Dというのがあって、これが2008年〜2012年の間作られていたようなのですが、僕はこれを2014年に新製品としてみました。これはどこで作っているのでしょう・・・

 

JD6100RC 残念ながらこんな風に大口を開けているので、お顔を拝見することはできませんでした。

間違いなく6100RCと書いてあります。

 

看板があります。

看板があります。
待望のコンパクトタイプ
ジョンディア6RC・6MC登場
2400mmのショートホイールベース
6MC(スタンダード)
JD-6090MC(90馬力)
JD-6100MC(100馬力)
JD-6110MC(110馬力)
6RC(プレミアム)
JD-6090RC(最大100馬力)
JD-6100RC(最大110馬力)
JD-6110RC(最大120馬力)
2014年11月発売予定

 

初めドイツの工場で作っていた6100を、それぞれの地域に合うよう現地の工場で作らせ、売っていたということなのでしょうね。もしかしたら6100は4種類どころじゃなく、もっとあるかもしれません。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (トラクター野郎より[02/21]) 耕太の年式を見分ける
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[02/21]) こんにちは。注意書き
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (ヒデより[02/16]) 私もこのトラクター使
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (山葵より[02/13]) 強烈な朝顔ハンドルは
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤三晃より[01/27]) つくばのクボタのとこ
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (noraより[01/24]) 塚本さん こんにちは
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (塚本浩一郎より[01/24]) 書記さんおはようござ
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (noraより[01/24]) 塚本さん おはようご
  • ユーティリティビークルにはグレード存在するのか?O特派員と行くバーチャルツアーその13@ダイナミックフェア2019へのコメント (noraより[01/24]) 匿名さん おはようご
  • FORD3000とフェイスガード色々とその考察へのコメント (noraより[01/24]) ビリーさん おはよう
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (塚本浩一郎より[01/23]) 私、竜ヶ崎で営農組合
  • ユーティリティビークルにはグレード存在するのか?O特派員と行くバーチャルツアーその13@ダイナミックフェア2019へのコメント (匿名より[01/23]) 屋根ですね
  • FORD3000とフェイスガード色々とその考察へのコメント (ビリーより[01/21]) こんにちは、個人的に
  • もう稲わらの顔を見なくていい毎日へのコメント (hyoukou240mより[01/13]) はようございます
  • 管理人よりへのコメント (noraより[01/04]) 六郎田一馬さん 明け
  • 管理人よりへのコメント (六郎田一馬より[01/04]) こんにちは。明けまし
  • 「ラク」「カンタン」はこの頃から・・・クボタサンシャイン「昔のカタログ」へのコメント (作業所ひなの農作業用トラクター! | 作業所ひなのブログより[01/01]) […]
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/28]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/19]) 実家に帰った時に写真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) 「フランスとドイツで
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械