今日は工具箱的見方。ヤンマートラクターYM260「撮りトラ」

今日の注目はこちら。角丸の燃料タンクの下におもしろい形のノブのついた工具箱が見えます。位置としてはブルトラなど、クボタの定位置と同じ場所。燃料タンクとお揃いの形です。これを見たら各車の工具箱と比べたくなりました。

今日は某所で見た、ヤンマートラクターYM260「撮りトラ」です。YM260はもう何台目か数えられませんが、今日はちょっと違った視点から・・・

 

ヤンマートラクターYM260です。ヤンマー100年史によれば、 竹下鉄工、藤井製作所、協和農機の3社がそれぞれ 開発を開始し、1963 年に協和農機のYM18A(18 馬力) がヤンマー農機では初のトラクタとして商品化された。 その後、トラクタの開発は綜合技術研究所に引き継が れ、1966 年2月には竹下鉄工と共同でYM160(10 馬力)、 協和農機と共同でYM260(20 馬力)を発売した。 とあり、1966年生まれであることは以前からわかっていました。
ヤンマートラクターYM260です。ヤンマー100年史によれば、

竹下鉄工、藤井製作所、協和農機の3社がそれぞれ
開発を開始し、1963 年に協和農機のYM18A(18 馬力)
がヤンマー農機では初のトラクタとして商品化された。
その後、トラクタの開発は綜合技術研究所に引き継が
れ、1966 年2月には竹下鉄工と共同でYM160(10 馬力)、
協和農機と共同でYM260(20 馬力)を発売した。

とあり、1966年生まれであることは以前からわかっていました。

 

エンジンは ヤンマーディーゼル 2L20D形 総排気量 1.272ℓ 機関番号 2L20D- ヤンマーディーゼル株式会社 馬力はヤンマー100年史にあったように20馬力なので、型式も20Dとなっているのでしょう。つまり、2気筒の2L、20馬力ディーゼルの20Dで2L20Dというわけです。
エンジンは

ヤンマーディーゼル
2L20D形
総排気量 1.272ℓ
機関番号 2L20D-
ヤンマーディーゼル株式会社

馬力はヤンマー100年史にあったように20馬力なので、型式も20Dとなっているのでしょう。つまり、2気筒の2L、20馬力ディーゼルの20Dで2L20Dというわけです。
運輸省認定番号は

小型特殊自動車
運輸省認定番号 農 588 号
ヤンマーYM260形

四輪乗用型トラクターで500番台はかなり古いです。僕が今のところ確認、集計している分だけですが、500番台のこれより古いものとしては農453が三菱R200、農553がイセキTB17、500番台のこれより若いものが農591、三菱R2000の3台しかありません。詳しくは『新たに運輸省型式認定番号とエンジン型式が判明!ヤンマーYM260「撮りトラ」』の記事を見てくださいね!

 

今日の注目はこちら。角丸の燃料タンクの下におもしろい形のノブのついた工具箱が見えます。位置としてはブルトラなど、クボタの定位置と同じ場所。燃料タンクとお揃いの形です。これを見たら各車の工具箱と比べたくなりました。
今日の注目はこちら。角丸の燃料タンクの下におもしろい形のノブのついた工具箱が見えます。位置としてはブルトラなど、クボタの定位置と同じ場所。燃料タンクとお揃いの形です。これを見たら各車の工具箱と比べたくなりました。

 

なんと工具箱が!そしてそのフタには「工具箱 強く引くとあきます」
ブルトラB5000の工具箱です。燃料タンクの下。そしてそのフタには「工具箱 強く引くとあきます」YM260のほうがよりそれらしいです。

 

L1501DTのフェンダー裏には工具箱なのかなんなのか。箱状のものが追加されていますね。
燃料タンクの下の工具箱と同様、フェンダー裏に横長の箱状の工具箱というのも定番です。これはL1500DT

 

看板トラクター「看トラ」のフォードソン・スーパーデキスタ FORDSON SUPER DEXTA
フォードソンスーパーデクスタ、フェンダー裏の工具箱。

 

フェンダー裏に工具箱が見えますね。tractordata.comで調べてみると末尾2や4のZETORは見つかりません。もしかしたらイセキ用の番号だったのかもしれません。 tractordata.comに記載のある中で一番近いのは、ZETOR5711で1972年〜1978年で2WD ZETOR3.1L4気筒ディーゼル58馬力2200rpmとなっています。
ZETOR5714です。フェンダー裏に工具箱が見えますね。

 

北海道のエンデユーロの帰り、いつもコメントをいただくhokkaidoujinさんのところにおじゃましてきました。(ありがとうございます!)そこで見せていただいたたくさんのデビッドブラウンの中で一番のご自慢は、この自作ハーフクローラのDB1490でした。
DB1490のフェンダーの裏、工具箱?には銘板が貼ってあります。

 

工具箱に銘板が貼ってあるのです。フロントローダーが付いているので、工具箱は昨日の1212より下に取付けられていますね。
工具箱に銘板が貼ってあるのですが、DB1210はお腹に抱えています。

 

あ!こんなところに工具箱が・・・おもりを引っ掛けるつもりはないようです。
DBの1390ではこんなところに工具箱が・・・おもりを引っ掛けるつもりはないようです。

 

FORD6600はtractordata.comによれば1975年 - 1981年製。4.2リッター4気筒ディーゼル77馬力。ということは35歳から41歳あたり・・・ちょうどアラフォーといった感じです。
FORD6600。FORDはでかい工具箱をこんなところに・・・

 

強烈な存在感。右頬のあたりにあるのは工具箱かな?
同じくford6600。上のよりさらに巨大化してます!

 

すみません・・・今日は出かけなくてはならないのでこの続きはまた明日!!!!