「田んぼがが始まる前にわらをどかしてしまおう作戦」昨日は2tダンプ23台の稲わらをやっつけました

台風19号の水で田んぼが海になってしまい、その時、風が東から吹いていたのか、流れの状態か定かではありませんが、田んぼの西側に稲わらが大量に溜まってしまいました。それを稲作が始まる前にどかしてしまおう作戦です。稲わらの仮置場が年明け始まる1/6日に合わせてやってきました。

台風19号の水で田んぼが海になってしまい、その時、風が東から吹いていたのか、流れの状態か定かではありませんが、農地の西側に稲わらが大量に溜まってしまいました。というわけで「田んぼがが始まる前にわらをどかしてしまおう作戦」です。年末に稲わらの処理の方法が大体決まり、仮置場も設置されたので、稲わらの仮置場が開く年明け1/6日に合わせて行ないました。

 

朝8時に集合したのですが、皆の話を突き合わせると「仮置場は9時からじゃねぇ?」という話になって少しスタートが遅れました。まずは西よりかつ一番低い場所からスタートです。既に道路脇に積み上げてあったかなりの量の稲わらを搬出します。

朝8時に集合したのですが、皆の話を突き合わせると「仮置場は9時からじゃねぇ?」という話になって少しスタートが遅れました。まずは西よりかつ一番低い場所からスタートです。既に道路脇に積み上げてあったかなりの量の稲わらを搬出します。

 

稲わら以外のゴミは別の袋に入れて、改めて集積所へ。

稲わら以外のゴミは別の袋に入れて、改めて集積所へ。

 

稲わら、嵩があるのですぐ荷台が一杯になってしまいます。

稲わら、嵩があるのですぐ荷台が一杯になってしまいます。

 

ダンプ二台とバックホー一台。わらが少なくなってくると手で集めて荷台に投げ込みます。最期はほうきで掃いて終わり。

ダンプ二台とバックホー一台。わらが少なくなってくると手で集めて荷台に投げ込みます。最期はほうきで掃いて終わり。

 

ここはきれいになりました。

ここはきれいになりました。

 

以前見に行った時にこの状態だった部分の稲わらを搬出します。薄く載っているように見えますが、これを集めてみるとビックリするような量になります。

石川川の堤防沿いを移動します。以前見に行った時にこの状態だった部分の稲わらを搬出します。薄く載っているように見えますが、これを集めてみるとビックリするような量になります。

 

手で集めたり、バックホーで寄せたりして搬出しました。

手で集めたり、バックホーで寄せたりして搬出しました。

 

その反対側。こちらも以前見たときの写真です。ここも搬出します。

その反対側。こちらも以前見たときの写真です。ここも搬出します。

 

燃やせるものなら燃やしてしまいたいのですが、全然燃えませんでした。ここも結局バックホーや手で集めて搬出しました。

燃やせるものなら燃やしてしまいたいのですが、全然燃えませんでした。ここも結局バックホーや手で集めて搬出しました。

 

脇の水路はこの状態です。稲わらが排水路に落ち込んで水が流れません。「何とかしなくちゃなー」Mさんは言うのですが、今のところどのような方法をとるのか決まらないようです。

脇の水路はこの状態です。稲わらが排水路に落ち込んで水が流れません。「何とかしなくちゃなー」Mさんは言うのですが、今のところどのような方法をとるのか決まらないようです。

 

石川川の堤防沿いを移動します。ここもかなりの量があります。

ここもかなりの量があります。手強いです。

 

ここは道自体がぬかっていて、トラックがスリップしてしまうので大変でした。何台も何台も往復します。

ここは道自体がぬかっていて、トラックがスリップしてしまうので大変でした。何台も何台も往復します。

 

もう少しやりたかったのですが、仮置場は9時から4時までの営業だったようです。しかし、なんとここの場所はやっつけることができました。

もう少しやりたかったのですが、仮置場は9時から4時までの営業だったようです。しかし、なんとここの場所はやっつけることができました。結局昨日は23台分の稲わらを搬出しました。

 

今日も引き続き作業します。というわけで、朝一発目の相手はここです。

今日も引き続き作業します。というわけで、朝一発目の相手はここです。

 

昨日は歩きすぎて筋肉痛です・・・それでは行ってきます!

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2020/01/07/katsudou_0106/trackback/