ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんと行った中古車屋さんで見た、日の本トラクターE28「撮りトラ」です。先日のE15、ずいぶん前に見たHOKKAI FORD 180(E18)と比べてみます。

 

日の本ベストE28です。おもりにHINOMOTO E28って書いてありますね。

日の本ベストE28です。おもりにHINOMOTO E28って書いてありますね。

 

日の本トラクターE25表紙です。タイトル、ベストE25ディーゼルとあるんですが、よく見たら機体のステッカーにもベストE25と書いてあります。スーパーとかハイパーとかはよく見るけれど、「ベスト」というのは珍しいです。「ベスト」ですからこのあとが難しいですからね。

同じ顔の日の本、以前カタログを紹介しました。日の本トラクターE25、カタログ表紙です。この機体のおもりのロゴの入り方と、僕の見た機体のロゴの入り方が若干違います。農研機構の安全鑑定では同じ時期にこのベストシリーズは生まれたようなのに、おもりのロゴの入りかたはなぜかバラバラになってしまったようです。カタログを見たい方はこちらのリンクでどうぞ。→『世界を目指してどうなったか・・・昔のトラクターカタログ、日の本トラクター「ベストE25」』

 

手元の資料によると、日の本ベストE28の軽自動車型式認定番号は農1034。1977(昭和52)年となっています。農981のヤンマーYM3000や、農1061のブルトラB7001と同世代です。

手元の資料によると、日の本ベストE28の軽自動車型式認定番号は農1034。1977(昭和52)年となっています。農981のヤンマーYM3000や、農1061のブルトラB7001と同世代です。

 

日の本ベストE28は日の本S148 1477ccとなっています。先日見たE15よりはゴージャスなグリル。

日の本ベストE28は日の本S148 1477ccとなっています。先日見たE15よりはゴージャスなグリル。

 

日の本E15に戻ります。同じくグリル部分。HOKKAI FORD180がグリルのメッシュ部分が部っ対だったのに対し、日の本E15は一体型なところ。また、E15は機種名より大きく1000ccと、排気量が記されていますね。

先日の日の本E15はこんな感じでした。グリルが一体プレスです。

 

どうせならFORDに似せて、細かいメッシュのグリルをもっと目の粗いものにしたらよかったのに・・・ あ!おもりの部分にモロHINOMOTO E18って書いてありますね。

こちらはHOKKAI FORD 180(日の本E18)です。OEMだからなのか、排気量バッジは付けられていませんが、日の本S111の1103ccエンジンが載っていたはずです。

 

僕が最も気に入っているのはこのサイドデカールです。今時ストレートに「ベスト」だの「デラックス」だの書いてある機種はなく、かなりひねった難解なものになっていますから

僕が最も気に入っているのはこのサイドデカールです。今は車もトラクターもストレートに「ベスト」だの「デラックス」だの書いてある機種はなくなってしまい、かなりひねった難解なものになっています。(いちいち例をあげると差し障りがあるので挙げませんが・・・あ!でも、ストレートな例としてマツコ・デラックスがいた!)おおらな時代の象徴って感じです。

 

なんだか現存のメーカーでないせいか、日の本というとすごく古く感じてしまうのですが、実際は思ったより新しく、そのギャップに驚きます。

E15の場合、なぜかベストが英語表記になっていますけど・・・

 

この「ベスト」、伏線があって、乗用耕耘機にはMBの名前があてられていたんです。

 

今日は「昔のトラクターカタログ」シリーズ、日の本“ラクトラ”MB1100です。

タイトルは大きく「ラクトラ」MB-1100。沈下橋に日の本とともに佇む若いカップルが時代を感じさせます。当時の人たち(失礼な表現になっているかも)がこのようなカッコで農業をしていたのかどうかわかりませんが、ものすごい肯定感というか明るい未来というか・・・いいなあ。

 

機種名:日の本号トラクタ 形式・使用:MB13型 12.5馬力 ニッサンエンジン 製造社・国:日の本㈱ 日本 製造年度:1964(昭和39)年 使用経過:末永が近年になって入手、経過は不明。自家で保存中のもの。

こちらは「土の館」で見た日の本号MB-13です。4ケタMBにはついていなかったバッジがついているのですが・・・

 

機種名:日の本号トラクタ 形式・使用:MB13型 12.5馬力 ニッサンエンジン 製造社・国:日の本㈱ 日本 製造年度:1964(昭和39)年 使用経過:末永が近年になって入手、経過は不明。自家で保存中のもの。

そのバッジがこれ。日の本のMB型は「Miniature Better」の略なのでした。つまり、「ミニチュア、乗用耕耘機はベターだけど、ちゃんとしたトラクターがベスト」ということなんです。

 

今日はこんなところです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

日の本のMB型は、何を意味しているのか、学界でも意見が分かれていただけに、「Miniature Better」の略だったとは!
まさに、世紀の大発見ですね!!

2019年10月24日 9:37 AM | 伊藤産業機械(株)

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2019/10/24/hinomoto_tractor_e28/trackback/