5年931時間。時間あたり2,047円!2,000円を切りそうなイセキ・ジアスNTA55「撮りトラ」

今日は北海道の中古車屋さんで見た、イセキトラクターのジアスNTA55「撮りトラ」です。昨日のクボタ・パワクロ・スラッガーSL60の時間あたり費用を計算で、色々比較してみたくなりました。

 

中古のイセキNTA55です。 比較的新しく、見た目は販売当時からほとんど変わりません。「見る」という点からいくと面白みはないので、価格という点で攻めたいと思います。

中古のイセキNTA55です。
比較的新しく、見た目は販売当時からほとんど変わりません。したがって「見る」という点からいくと面白みはないので、価格という点で攻めたいと思います。

 

農研機構の安全鑑定は2013年。 主な仕様 4輪駆動 機関40.5kW{55PS}/2600rpm 2.955L 希望小売価格:4083-5465 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) ヰセキ SC163(213017) ヰセキ SF422(213021) とあります。

農研機構の安全鑑定は2013年。
主な仕様
4輪駆動 機関40.5kW{55PS}/2600rpm 2.955L
希望小売価格:4083-5465 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) ヰセキ SC163(213017) ヰセキ SF422(213021)
とあります。

 

イセキ ジアス NTA55FFSGQCY 水冷4サイクル4気筒ディーゼルエンジン 2955cc 55馬力 価格¥5,902,200

2014年のダイナミックフェア2014(JAグループ茨城の第40回農機・生産資材大展示会+同時開催の第55回中古農機展示即売会)で新車のジアスNTA55を見ていました。イセキ ジアス NTA55FFSGQCY 水冷4サイクル4気筒ディーゼルエンジン 2955cc 55馬力 価格¥5,902,200

 

イセキ ジアス NTA55FFSGQCY 一目で日本のメーカーと分かるように「KABUKI」を全面にシャープに押し出して行くのもいいかもしれないなあ。

イセキ ジアス NTA55FFSGQCY 僕の見た中古と同じものでしょうか。

 

こちらが中古で売られていたNTA55 中古販売価格は税込で¥3,996,000 使用時間931時間 備考 GPS付 水田補助車輪付 LED補助灯 ウエイト4枚 25kg×4

こちらが中古で売られていたNTA55
中古販売価格は税込で¥3,996,000
使用時間931時間
備考 GPS付 水田補助車輪付 LED補助灯 ウエイト4枚 25kg×4

 

新品が¥5,902,200で、多分5年くらいの931時間使った中古品が¥3,996,000・・・その差額は¥1,906,200

 

使ったのは931時間ですから、割ってみると1時間あたりの使用料は¥2,047ということになります。

 

中古で売られていた、クボタスラッガー SL60HCQMANPC2Pです。 ★60馬力 電子制御コモンレールエンジン ★パワステ、AD倍速ターン、ニューSTモンロー ★MCオート ★新DDTミッション、ハイスピード ★安心PTO ★キャビン仕様 ★作業に差がつくパワクロ仕様

昨日の中古で売られていた、クボタスラッガー SL60HCQMANPC2Pです。中古機価格 税込 ¥4,500,000
1時間あたりの使用料は¥2,964

 

最近ぐんぐん充実してきて、旧車種のカタログも同時に掲載されていて大変楽しめる、ヰセキの取説サイトより(https://i-next.iseki.co.jp/goriyoujyouken.html←直接リンクはできず、ご利用条件同意から始めないとダメみたいです。)リンクを辿って取説を見てみると、イセキNTA35はイセキGEAS ATK25は型式名がヰセキT1374となっており、E3CG水冷3気筒ディーゼル1647cc25馬力/2600rpmとなっています。

同じ時に売られていたヰセキ
イセキトラクター NTA35SGQCY 中古税込価格 ¥3,120,000
1時間あたりの使用料は¥4,000弱

 

それから備考欄にGPS付きとあったので写真をよく眺めてみると、アンテナがついているのが確認できました。 Hemisphereと書いてあります。

それから備考欄にGPS付きとあったので写真をよく眺めてみると、アンテナがついているのが確認できました。
Hemisphereと書いてあります。

 

調べてみると株式会社ヘミスフィアというGPSの会社です。アンテナは「1つの筐体にGPS受信機と2つのGPSアンテナが内蔵された一体型GPSコンパス」という製品のよく似ています。コンパスを何に使っていたのでしょうね。

調べてみると株式会社ヘミスフィアというGPSの会社です。アンテナは「1つの筐体にGPS受信機と2つのGPSアンテナが内蔵された一体型GPSコンパス」という製品のよく似ています。コンパスを何に使っていたのでしょうね。

 

中古のトラクターといえばとても古いもの・・・という印象でしたが、最近新しめのトラクターを見かけることが多くなり、「損していないのかなあ」と、計算してみたのが結構おもしろく、新車価格と中古販売価格の差額を使用時間で割った、時間あたりの価格はわりと納得できるもので、大きく損をしているというわけではありませんでした。

 

何となく新しいものが欲しくなって買う・・・というよりは、そのような気持がありつつも新しい機械導入のメリットや、使ってきた機械のリセールバリュー、多少の元を取った感などが絡み合って「買替え」というものが起きると考えられます。

 

この機械を買った人は、さらに中古で売る時に時間あたり¥2,000〜¥3,000を目指して使うことになります。

 

その目安は、使い潰すのであれば約2000時間。途中で200万円で売るとすれば約1000時間使うということになります。

 

リセールバリューを考えると、新車を買うというのはそれなりに納得できる選択ですねぇ・・・

 

今日はこんなところです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2019/07/03/iseki_tractor_nta55-2/trackback/