レッドブル・ボックスカート・レースの出走権を獲得しました!「お米たべてー!」TEAM #レッドブルボックスカートレース

やった!「お米たべてー!」TEAMはレッドブル・ボックスカートレース2017)に引続き、REDBULL BOX CART RACE TOKYO 2019の出走権を獲得して一般部門の50台の枠に滑り込みました!

 

あの嵐の本戦から2年・・・再びチャレンジできることになりました。 あ!ボックスカートレースとは、手作りのカートで坂道を下る、まさにくだらないレースで、そのスピードとカートの出来、そしてパフォーマンスを競うものなんです。詳しくはリンクをクリックしてみてくださいね!

あの嵐の本戦から2年・・・(詳しいことは過去のリンクで→レッドブル・ボックスカートレース2017)再びチャレンジできることになりました。
あ!ボックスカートレースとは、手作りのカートで坂道を下る、まさにくだらないレースで、そのスピードとカートの出来、そしてパフォーマンスを競うものなんです。詳しくはリンクをクリックしてみてくださいね!
https://www.redbull.com/jp-ja/events/boxcartrace

 

お知らせはメールで・・・本文はこんな感じです。

 

おめでとうございます!
あなたのチームは、レッドブル・ボックスカート・レースの
出走権を獲得しました!

今回、我々が日本全国からクリエイティビティー溢れるドライバーを募集したところ、
予想を遥かに上回る数の応募がありました。
その中でも、あなたの発想力、独創性、そして正真正銘のクレイジーさは際立っていました。
つまり、あなたとあなたのピットクルーの皆さまは、袖をまくり、シートベルトを締め、
猛スピードで疾走するレッドブル・ボックスカート・レースに挑めることが確定したというわけです!

出場チームの一覧はコチラよりご覧いただけます。
https://soapboxrace.redbull.com/jp/ja/

あなた方は幾千にもおよぶ車愛好家たちを楽しませるヒーローとなるのです。
ご質問や気になることがございましたら、
レッドブル・ボックスカート・レース事務局まで遠慮なくご連絡ください。

近日中に「ドライバーズ・ブリーフィングキット」を郵送でお送りします。
また今後、事務局からコースやルール、パフォーマンスに関する詳細、
会場へのマシン搬入方法や注意事項、各種お知らせをお送りしますので、
しっかりメールをチェックしてください。

今この瞬間から、いよいよレッドブル・ボックスカート・レース出場へのカウントダウンが始まります。
さあ、デザインに翼をさずけましょう!

 

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。カート名は『おむすびころりん』。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。一人一人が一日おにぎりを一つ食べるだけだってかなり違ってくると思うんです。田舎の人はそれが逆にピンとこないかもしれませんが、多くの人は一日一回も米を食べていなくて、一週間に数回なイメージです。野菜とかパスタとかパンとか食べていて・・・

 

いざ出走権ゲット!となって、よくよく考えたらこのマシン、前方の視界がめちゃめちゃ悪い!! ライバルが多いですが、一応最速を目指しているんで、視界が悪いのは辛いなあ・・・

野菜とかパンとかパスタ、おいしいし、パンや野菜はともかくパスタなんかは保存も利くしいいのですけど、お米もその仲間に入れて!ってことです。田んぼがアイドリングしないくらいみんなが食べてくれると・・・
そんなことより、いざ出走権ゲット!となって、よくよく考えたらこのマシン、前方の視界がめちゃめちゃ悪い!!(まんまおにぎり)
ライバルが多いですが、一応最速を目指しているんで、視界が悪いのは辛いなあ・・・

 

カンパでも労力提供でもお米提供でも大歓迎です。応援よろしくお願いします!

カンパでも労力提供でもお米提供でも大歓迎です。応援よろしくお願いします!

 

 

あ!スポンサーのバナーも貼っておかなきゃ。(前回のですけど)

あ!スポンサーのバナーも貼っておかなきゃ。(前回のですけど)

 

 

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2019/06/20/red_bull_box_cart_race_tokyo_2019-2/trackback/