目ん玉つながりのクボタL1-195「撮りトラ」

今日は某所で見たクボタL1-195「撮りトラ」です。

 

クボタトラクターL1-195です。細く四角いヘッドランプが上一杯に配置されているタイプです。車名のL1-195と同じくらいの大きさでSunshineのロゴが表示されていますね。

クボタトラクターL1-195です。細く四角いヘッドランプが上一杯に配置されているタイプです。車名のL1-195と同じくらいの大きさでSunshineのロゴが表示されていますね。

 

安全鑑定の登録は1988年と、結構古いです。末尾にDが付くと四駆で、Dが付かないと二駆のようです。取説によれば、エンジンはクボタD1302-TV水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル1299cc19馬力2500rpmとなっています。

安全鑑定の登録は1988年と、結構古いです。末尾にDが付くと四駆で、Dが付かないと二駆のようです。取説によれば、エンジンはクボタD1302-TV水冷4サイクル3気筒立形ディーゼル1299cc19馬力2500rpmとなっています。

 

農用トラクター クボタL1-195D クボタL1AD(車両形式名) クボタD1302-TV(機関型式) 19ps/2500rpm(連続定格出力) 2720rpm(無負荷最高回転数)

農用トラクター
クボタL1-195D
クボタL1AD(車両形式名)
クボタD1302-TV(機関型式)
19ps/2500rpm(連続定格出力)
2720rpm(無負荷最高回転数)

 

写真、エンジンフードのしかありません。

写真、エンジンフードのしかありません。

 

この顔、少しずつ変化しながらずっと使われていました。

L1シリーズのこの顔、少しずつ変化しながらずっと使われていました。

 

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

一番初めは四角いヘッドランプの間にサンシャインのマークバッジが入ったL1-二ケタでしょうか・・・

 

 

クボタトラクター L1シリーズ 昔のカタログ

リバーストラクターのカタログはこちら。ヘッドランプの間にはサンシャインマークバッジが付いています。

 

クボタトラクター、L1-26D・・・安全フレームの検査合格が昭和60年2月ですから1975年、30年前のトラクターです(今日はちゃんと年式を直しました!)。エンジンはクボタV1512-DI 水冷4サイクル4気筒ディーゼル1499cc 26馬力/2600rpm DIは直噴を表しているみたいです。

これはリバーシブルではないですが、クボタトラクターL1-26です。サンシャインの文字バッジがグリル左下に付いています。こちらの安全鑑定も1986年。

 

僕好みのドラマチックな写真使い・・・以前のL1より、ちょっとシンプルになったかな?

同じ1988年の安全鑑定登録のL1-225のカタログです。サンシャインマークのバッジがセンターマークに移動しています。ヘッドランプの間の隙間はスリットに変更されていますね。

 

kubota tractor new L1-5series catalog

L1-325DSカタログです。かなり僕の見たL1-195Dに近く、目ん玉が繋がっています。取説によると安全鑑定は1988(昭和63)年と書いてあるように見えるのですが、良く読めません。

 

 

L1シリーズの目の間はサンシャインマーク→グリル→目ん玉つながり・・・と変遷しています。

 

同じ顔で1976年から2000年まで25年以上やってくると、どこかで変化をつけたくなってくるんでしょうね・・・目ん玉はつながってきちゃうみたいです。クボタはこの目ん玉つながり、結構気に入っているみたいで、これ以降各車種に見られますよね!

同じ顔で1976年から2000年まで25年以上やってくると、どこかで変化をつけたくなってくるんでしょうね・・・目ん玉はつながってきちゃうみたいです。クボタはこの目ん玉つながり、結構気に入っているみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2019/06/17/kubota_tractor_l1-195/trackback/