年代物が3台あれば3つの個性。DEUTZ D40L 2台+α比較「撮りトラ」

今日は機能からの続きでRさんに送ってもらったDEUTZ D40Lの写真と、hokkaidoujinさんのところで見たD40L、そしてスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』に展示してあるD40Lの3台をを見比べる「撮りトラ」です。

 

こちらがRさんに送ってもらったほう。D40が四角い二分割のグリルなのに対し、こちらはグリルが笑った口ですよね!

このRさんのD40Lと・・・

 

↑そのエンジン音

 

こちらはhokkaidoujinさんのところで見た笑った口です。

hokkaidoujinさんのところで見たD40L

 

 

RさんのD40Lの塗装はオリジナルなのでしょうね・・・粉を吹いてしまっているので元々どういう色だったかを想像するのは難しいですけど。

RさんのD40Lの塗装はオリジナルなのでしょうね・・・粉を吹いてしまっているので元々どういう色だったかを想像するのは難しいですけど。他の二台はあとから塗装されているようです。

 

hokkaidoujinさんのD40Lはair cooledの文字がボディと共色ですがきっとメッキの上から塗ってしまったのでしょう。

hokkaidoujinさんのD40Lはair cooledの文字がボディと共色ですがきっとメッキの上から塗ってしまったのでしょう。

 

強制空冷用のファンが見えています。少し左に寄っているからボディの向かって左サイドが膨らんでいるのですね。

修理途上のRさんのD40Lの写真・・・強制空冷用のファンが見えています。少し左に寄っているからボディの向かって左サイドが膨らんでいるのですね。

 

こいつを見るのは二回目。

こんな風にかわいく膨らんでいます。下に落ちる水滴型の膨らみも気になります。

 

同じくRさんの40Lもふくらみがあります。笑った口の下のスペースが空いていたのは、ナンバーを付けるからだったのですね! 確かに一つ上の写真でも、このナンバー台を取付けたボルトが残っています。

同じくRさんの40Lもふくらみがあります。笑った口の下のスペースが空いていたのは、ナンバーを付けるからだったのですね!
確かに一つ上の写真でも、このナンバー台を取付けたボルトが残っています。

 

一方hokkaidoujinさんのD40Lは・・・

一方hokkaidoujinさんのD40Lは・・・

 

おっと脱線してしまいました。以上、2台と土の館の一台、少しずつ仕様が違います。使っているうちにそうなってしまったのか、それとも元からの工場オプションなのかわかりませんが、その違いが非常に興味深いです。 ここで見ているのはフェンダーです。かぶりの短かいまるっこいフェンダーが付いていますね・・・

このように後ろナンバー方式。

 

こんな感じです。テールランプにウインカー/ストップランプが流用されていますね。

こんな感じです。テールランプにウインカー/ストップランプが流用されていますね。

 

後ろから見るとこうなっています。もしか2本の支柱の渡りが座面下にある1本だけだとしたらガタガタしそうです。

スガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』のD40Lも後ろナンバー方式です。

 

一方RさんのD40Lはかぶりの深い大きく立派なフェンダーが付いています。シェルの貝殻のような放射状の3本の模様はどちらも一緒ですから、きっとオプションなんでしょうねぇ・・・

RさんのD40Lは後ろにナンバー台はありません。

 

hokkaidoujinさんのウインカーはちょっと新しめですがHELLA製。

hokkaidoujinさんのウインカーはちょっと新しめですがHELLA製。

 

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

土の館のウインカーは前後から視認でき両面タイプ。

 

メーカーわからずのウインカー

メーカーはわかりませんが、60年代の輸入トラクターに多く見られるタイプ。日本に入ってきてから取付けられた国産品かもしれません。

 

シートは支点がかなり前方にあり、根本にゴムのボールをはさんで後方に長く伸びるタイプ。

シートは支点がかなり前方にあり、根本にゴムのボールをはさんで後方に長く伸びるタイプ。これはhokkaidoujinさんのもの。

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械