昭和42年(1967年)生まれクボタL35R、昭和41年(1966年)生まれクボタST22「昔のカタログ」

今日は札幌農学校第二農場で見た、昭和40年代のクボタ総合カタログ(そんな感じです)の中の、クボタクボタL35R、ST22「昔のカタログシリーズ」です。

 

めったにお目にかかれるものではない貴重なもの・・・しかし、誰もが現地に見に行くことはできないと思うので、読める範囲で引き写してみます。

札幌農学校第2農場(さっぽろのうがっこうだいにのうじょう)で見たカタログです。緒形拳さん商品キャラクターでした。札幌農学校第2農場Wikipediaによれば・・・

札幌農学校第2農場(さっぽろのうがっこうだいにのうじょう)は、北海道札幌市、北海道大学構内にある施設。ウィリアム・スミス・クラークの大農経営構想に基づき、明治時代に建てられた木造の畜舎などの建築物群が位置する。また、施設は「模範的畜舎」を意味する「Model Barn(モデルバーン)」という名称でも知られる。一部建造物は内部が一般公開され、北海道開拓時代の農具など展示されている数々の資料を無料で見学することが可能である。

めったにお目にかかれるものではない貴重なもの・・・しかし、誰もが現地に見に行くことはできないと思うので、読める範囲で引き写してみます。

 

白黒の商品写真と、商品の特長とスペックが2列になっている構成です。

白黒の商品写真と、商品の特長とスペックが2列になっている構成です。

 

kubota L35R

 

★車体 名称 L35R 形式 農用四輪トラクタ 全長 3,960ミリ 全幅 1,900ミリ 全高(ハンドルまで) 1,510ミリ 軸距 1.755ミリ 最低地上高 460ミリ 輪距(前輪) 1,190〜1,460ミリ 輪距(後輪) 1,160ミリ〜1,560ミリ タイヤ(前輪) 5.50-16 タイヤ(後輪) 11.2/10-28 重量 1,720キロ(ロータリつき) 三点リンク カテゴリー1 変速段数 前進6段 後進2段 主クラッチ 乾式単板式 駆動方式 後輪駆動 差動方式 デファレンシャルギア式(デフロックつき) 制動装置 一系統左右独立(連結装置つき) 作業機昇降装置 油圧式 最小回転半径 2.3メートル PTO 規格DIN,SAE規格1 3/8(インチ)565・1062回転/分 ロータリ 1.660ミリ(直結センタードライブ・・後読めず) ★エンジン 名称 D1900 形式 立形水冷4サイクルディーゼル シリンダ内径×行程 90×100ミリ シリンダ数 3 総行程容積 1,908cc 出力 35馬力 2,500回転/分 燃焼室形式 球形燃焼室式 使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油 燃料タンク容量 40ℓ 潤滑形式 ギヤポンプ全自動圧送式(後読めず) 冷却方式 加圧ラジエター式(後読めず) 始動方式 セルスターター式(グロープラグ付き) ★速度 前進1速 1.(後読めず)キロメートル/時 前進2速 2.(後読めず) 前進3速 3.7(後読めず) 前進4速 5.46 前進5速 8.09 前進6速 19.66 後進1速 2.60 後進2速 6.30

★車体
名称 L35R
形式 農用四輪トラクタ
全長 3,960ミリ
全幅 1,900ミリ
全高(ハンドルまで) 1,510ミリ
軸距 1.755ミリ
最低地上高 460ミリ
輪距(前輪) 1,190〜1,460ミリ
輪距(後輪) 1,160ミリ〜1,560ミリ
タイヤ(前輪) 5.50-16
タイヤ(後輪) 11.2/10-28
重量 1,720キロ(ロータリつき)
三点リンク カテゴリー1
変速段数 前進6段 後進2段
主クラッチ 乾式単板式
駆動方式 後輪駆動
差動方式 デファレンシャルギア式(デフロックつき)
制動装置 一系統左右独立(連結装置つき)内部拡張環機械式
作業機昇降装置 油圧式
最小回転半径 2.3メートル
PTO 規格DIN,SAE規格1 3/8(インチ)565・1062回転/分
ロータリ 1.660ミリ(直結センタードライブ・・後読めず)

★エンジン
名称 D1900
形式 立形水冷4サイクルディーゼル
シリンダ内径×行程 90×100ミリ
シリンダ数 3
総行程容積 1,908cc
出力 35馬力 2,500回転/分
燃焼室形式 球形燃焼室式
使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油
燃料タンク容量 40ℓ
潤滑形式 ギヤポンプ全自動圧送式(後読めず)
冷却方式 加圧ラジエター式(後読めず)
始動方式 セルスターター式(グロープラグ付き)

★速度
前進1速 1.(後読めず)キロメートル/時
前進2速 2.(後読めず)
前進3速 3.7(後読めず)
前進4速 5.46
前進5速 8.09
前進6速 19.66
後進1速 2.60
後進2速 6.30

 

また、商品の特長は・・・

 

強力35馬力のクボタディーゼル

■トルクの大きい新設計のディーゼルを搭載しています。
■クボタ独特の球形燃焼室とナイロンファンによって、騒音を非常に小さくしました。
■グロープラグ付きですから寒冷時の始動も簡単です。

日本の農業形態を考えて設計

■ブレーキやエンジン部は、オール密閉式ですから、防塵、防水は完全です。
■耕耘幅は、1660ミリ(約5.5尺)もありますから非常に能率が上がります。しかもタイヤ幅より大きいので、タイや跡が残りません。アゼぎわもきれいに耕うんできます。
■最小回転半径が、わずか2.3メートルと非常に小さくできますので能率的です。
■代かき、一連うね立て、二連うね立て、片うね立てなど、非常に能率的に、きれいにできます。均平耕うんもできます。
■地上高が大きく、湿田作業や水田・畑作の管理作業に高性能を発揮します。

あらゆる作業機がセットできる

■動力取出軸は、国際標準の565回転/分と、高速の1,062回転/分の回転速度をもち、アタッチメントの動力取出装置をセットするといろいろの作業機がとりつけられます。
■ミッドモーア、フロントローダ、トレーラなどの同時装着ができるように、腹部からも動力を取り出すことができます。
■三点リンクは、国際規格サイズですから、各種の作業機がセットでき、広範囲な作業ができます。

強力で操作しやすい油圧装置

■高圧油圧シリンダを2コ装備していますので、1.2トンの持上力があります。
■油圧ポンプは、エンジンに直結しており、クラッチを切ってもエンジンが回転している限り油圧装置が作動します。
■作業機の落下速度を調節することができます。

運転しやすい

■道路走行時の最高速度は、20キロメートル/時です。
■エンジン回転速度、車速、PTO回転速度、運転時間が一つの計器に表示されていますから、一目でトラクタの状態がわかります。

 

とあります。興味を持った部分は2つ。ひとつはクボタ独特のナイロンファン!

今はほとんど全てのエンジンのファンはプラスチックだと思うので、商品の特長には挙げられませんが、これが静粛運転に関連しているとは知りませんでした。

そしてもう一つは1.2トンの持上力

今だと油圧揚力と描いてあるのがほとんどではないでしょうか? 持上力、すごくわかりやすくて気に入ってしまいました。

 

昭和42年(1967年)生まれ

 

「久保田鉄工80年の歩み」という本の巻末資料27ページの年表、昭和42年の項には、コンバインM200R型、畦畔ダスターBD4型などと共にトラクターL35R(水田用)が載っています。昭和42年(1967年)生まれなんですね。

 

kubota ST22

 

★車体 名称 ST22 形式 農用四輪トラクタ 全長 2,730ミリ(三点リンクを含む) 全幅 1,395ミリ 全高(ハンドルまで) 1,500ミリ 軸距 1.640ミリ 最低地上高 465ミリ 輪距(前輪) 1,050〜1,550ミリ 6段階 輪距(後輪) 1,050ミリ〜1,660ミリ 8段階 タイヤ(前輪) 4.00-15 タイヤ(後輪) 9.5/9-24 重量 950キロ(三点リンク含む) 三点リンク カテゴリー1 変速段数 前進6段 後進2段 主クラッチ 乾式単板式 駆動方式 後輪駆動 差動方式 デファレンシャルギア方式(デフロックつき) 制動装置 一系統左右独立(連結装置つき)内部拡張環機械式 作業機昇降装置 油圧式(自動戻り装置つき) 最小回転半径 2.2メートル リヤPTO 規格DIN,SAE規格1 3/8(インチ) エンジン2,600回転/分のとき 663回転/分 フロントPTO 30×13×2.5インチインボリュートスプライン エンジンエンジン2,600回転/分のとき1144回転/分 ★エンジン 名称 Z1200 形式 立形水冷4サイクルディーゼル シリンダ内径×行程 85×100ミリ シリンダ数 2 総行程容積 1,135cc 出力 22馬力 2,600回転/分 燃焼室形式 球形燃焼室式 使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油 燃料タンク容量 24ℓ 潤滑形式 ギヤポンプ全自動圧送式 強制潤滑方式 冷却方式 加圧ラジエター式 始動方式 セルスターター式(グロープラグ付き) ★速度 前進1速 1.41キロメートル/時 前進2速 1.77 前進3速 3.05 前進4速 6.81 前進5速 8.56 前進6速 14.65 後進1速 1.93 後進2速 9.31

★車体
名称 ST22
形式 農用四輪トラクタ
全長 2,730ミリ(三点リンクを含む)
全幅 1,395ミリ
全高(ハンドルまで) 1,500ミリ
軸距 1.640ミリ
最低地上高 465ミリ
輪距(前輪) 1,050〜1,550ミリ 6段階
輪距(後輪) 1,050ミリ〜1,660ミリ 8段階
タイヤ(前輪) 4.00-15
タイヤ(後輪) 9.5/9-24
重量 950キロ(三点リンク含む)
三点リンク カテゴリー1
変速段数 前進6段 後進2段
主クラッチ 乾式単板式
駆動方式 後輪駆動
差動方式 デファレンシャルギア方式(デフロックつき)
制動装置 一系統左右独立(連結装置つき)内部拡張環機械式
作業機昇降装置 油圧式(自動戻り装置つき)
最小回転半径 2.2メートル
リヤPTO 規格DIN,SAE規格1 3/8(インチ) エンジン2,600回転/分のとき 663回転/分
フロントPTO 30×13×2.5インチインボリュートスプライン エンジンエンジン2,600回転/分のとき1144回転/分

★エンジン
名称 Z1200
形式 立形水冷4サイクルディーゼル
シリンダ内径×行程 85×100ミリ
シリンダ数 2
総行程容積 1,135cc
出力 22馬力 2,600回転/分
燃焼室形式 球形燃焼室式
使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油
燃料タンク容量 24ℓ
潤滑形式 ギヤポンプ全自動圧送式 強制潤滑方式
冷却方式 加圧ラジエター式
始動方式 セルスターター式(グロープラグ付き)

★速度
前進1速 1.41キロメートル/時
前進2速 1.77
前進3速 3.05
前進4速 6.81
前進5速 8.56
前進6速 14.65
後進1速 1.93
後進2速 9.31

 

また、商品の特長は・・・

 

新設計の水冷ディーゼルを搭載

■エンジンは、水冷2気筒22馬力の高性能ディーゼルで十分な余裕馬力を持っています。
■グロープラグつきですから寒冷時でも一発でスタートできます。
■燃焼方式は、球形燃焼室式で、燃焼効率が良く、燃料消費も少なくてすみます。
■スイッチでエンジンが始動するセルスタート式です。

稲作にも使用できる畑作トラクタ

■畑作用としては、北海道での経験を生かして最高の性能を発揮できるように設計しましたが、自家米も生産しておられる農家のことを考えて、水田にも使用できるようにブレーキやエンジンは完全密閉しています。
あらゆる作業機が装着できます
■トラクタの前部、腹部などに数多くの作業機装着用のネジ穴があります。
■ミッドモーアとヘイローダー、トレーラが同時にセットできますので、牧草の収穫作業に非常に便利です。
■国際標準の後部PTOの他に、中央下部のPTO、エンジン直結の高速PTOがありますから、各種の作業機をセットして動力を取り出すことができます。
■三点リンクを装備していますから、作業機を簡単に確実に脱着できます。

心地よく運転しやすい

■前後に調節できるクッションのよい座席ですから、運転者が疲れません。
■ハンドアクセルのほかに、フートアクセルを装備しています。
■トラクターメーターがついていますから、エンジンの毎分回転速度、積算回転数(アワーメータ)、PTO回転数、速度を表示していますので作業や整備に便利です。
作業能率が高く作物を傷めない
■地上高が非常に高いので、ミッドカルチによる中耕作業や、タンク後装の防除作業などの管理作業に適しています。
■デファレンシャルロックがついていますので差動装置を固定し、牽引力を増大することができます。プラウ耕や湿田での片足スリップの心配がありません。

強力で作業に便利な油圧装置

■油圧装置は、下部リンクの先端で800kgという強力な持上力がありますから、重い作業機も楽にセットすることができます。
■油圧コントロールバルブには、操作レバーの自動戻り装置を備え、またデプスコントロール装置によって作業機を一定の高さに保持したまま作業できます。
■油圧ポンプは、エンジンに直結していますから、エンジンが回転しているときは、クラッチペダルを踏んでも作動します。

 

とありました。こちらも持上力ですね。ST22のほうは持上力800kgでした。となると、ずいぶんL35Rの持上力1.2トンは大きい感じです。

 

「久保田鉄工80年の歩み」という本の巻末資料26ページの年表、昭和41年の項には、バインダー(3条刈り)HC75型、トラクターL13型(水田用)などと共にST22が載っています。昭和41年(1966年)生まれなんですね。

 

このSTシリーズ、ST18型が先行して昭和40年(1965年)に発売されているようです。

 

国産初の畑作用乗用トラクタ クボタ「T15」 残念ながらキャプションは撮り忘れました。端正な顔立ちですが、右下に切り欠きがあるのが残念。

国産初の畑作用乗用トラクタ クボタ「T15」日本初のトラクター、T15の後継機種なのでしょうね。

 

ST22の実機、いつか見られたらいいな・・・と思います。

 

今日はこんなところで・・・また明日!

 

「水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り」サイトURL検索

今までは「水戸市大場町」で検索するようお願いしていましたが、「大場島」で検索したほうが一番上に出てくるのでこっちにして貰おうと思います。おヒマな方は試してみてくださいね。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/12/28/kubota_l35r_st22_catalog/trackback/