スライドモアの草刈りも4年目

週末の保全会活動に向け、スライドモアでの草刈りをするというので見てきました。保全会でスライドモアを使うようになって4年目。だんだん使用法が確立してきたというか、納まるところに納まってきた感じです。
週末の保全会活動に向け、スライドモアでの草刈りをするというので見てきました。保全会でスライドモアを使うようになって4年目。だんだん使用法が確立してきたというか、納まるところに納まってきた感じです。
週末の保全会活動に向け、スライドモアでの草刈りをするというので見てきました。保全会でスライドモアを使うようになって4年目。だんだん使用法が確立してきたというか、納まるところに納まってきた感じです。

 

最近は活動日に合わせて全体を機械で刈り、「機械で刈り残した部分を人数をかけて手で刈る」ような形になってきました。

手刈りだけだと一日で全体を回ることができず、大体3活動回で全体を回るような形になり、一通り回った頃には初めに刈ったところの草が伸びる・・・というような残念な結果になっていました。しかし、このやり方だと全体が一度に綺麗になります。

 

ニプロ スライドモア TDC1200
スライドモアがやってきたのは2015年の3月でした。色々リサーチしたり、書類を残したり、交渉したりで何とか導入できました。

 

これは翌々日火曜日。報告書は最近若干簡素化されて、写真をたくさん提出することはないのですが、突っ込まれたときを考えるとやはり写真はあったほうがいい・・・ただ、同じ用な天気の日の場合は代り映えがせず、ちょっと残念。
当初はGL300で何とかこなしていたのでしたっけ・・・

 

クボタGL300+Niplo Slide Mower TDC1200

↑以前の映像ですがスライドモア草刈り

 

機種もGL300がSL54に変わり、オペレーターもMさんからHさんに変わりました。
あれから4年・・・機種もGL300がSL54に変わり、オペレーターもMさんからHさんに変わりました。

 

ニプロスライドモアTDC1200 Kubota SL54 / Niplo Segadora TDC1200

↑SL54になると安定感があります

 

当初、年5回稼働すれば借りるより購入したほうが安いと見積をしたのですが、現在は年12〜3回ほどと2倍以上の稼働です。まわりは一度に綺麗になり、もちろん皆で活動する時の危険度や大変さがグッと減りました。これは高齢者の多い保全会にとっては朗報です。

 

活動日の前にある程度キレイになってしまうので、「当日の参加者が減るのではないか」と思われた部分についても、かえって機械導入時よりも参加者は多いくらいで、いい循環で回っているように思います。

 

これから考えると、どうしたって人が少なく高齢者の多いこの活動には、広報や他地域との連携などに加え、機械の導入が必須のように思えてきます。

 

今日はこんなところで・・・また明日!