当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」

今日の「撮りトラ」は、hokkaidoujinさんの案内で行った中古屋さんで見た、1972年~1978年(イセキで輸入販売していた)ZETOR4712です。

今はなくなってしまったチェコスロバキア、現在のチェコ共和国第2の都市ブルノで生まれたトラクターです。 tractordata.comによればZETOR4712は1972年から1978年にかけて製造され、ZETOR3気筒2.6リッターディーゼルエンジン、45馬力2200rpmとなっています。

今はなくなってしまったチェコスロバキア、現在のチェコ共和国第2の都市ブルノで生まれたトラクターです。
tractordata.comによればZETOR4712は1972年から1978年にかけて製造され、ZETOR3気筒2.6リッターディーゼルエンジン、45馬力2200rpmとなっています。

 

中身はわかりませんが、外見はなかなかユニーク!オールドスクールというかオールドスタイルというか・・・流行にとらわれない質実剛健な雰囲気が漂っています。それからエンジンに対してずいぶんボディが長いです。一体前のほうに何が入っているのでしょう?6気筒のエンジンを搭載したバージョンもあったのでしょうか?

中身はわかりませんが、外見はなかなかユニーク!オールドスクールというかオールドスタイルというか・・・流行にとらわれない質実剛健な雰囲気が漂っています。それからエンジンに対してずいぶんボディが長いです。一体前のほうに何が入っているのでしょう?6気筒のエンジンを搭載したバージョンもあったのでしょうか?

 

四角く赤いDEUTZという風情。上下のトリムも効いています。ZETORのバッジも抑制のある大きさ。賢そうなお顔です。

四角く赤いDEUTZという風情。上下のトリムも効いています。ZETORのバッジも抑制のある大きさ。賢そうなお顔です。

 

これがその控えめな大きさなのバッジ。すっかり焼けて曇ってしまったクリアカバーを留めているのはマイナスネジ!

これがその控えめな大きさなのバッジ。すっかり焼けて曇ってしまったクリアカバーを留めているのはマイナスネジ!

 

それに、この顔の中で大きなアクセントのヘッドランプ。あとから付け足したみたいなランプが多い中、しっかりとした台座が珍しいです。

それに、この顔の中で大きなアクセントのヘッドランプ。あとから付け足したみたいなランプが多い中、しっかりとした台座が珍しいです。

 

それからこのライトガードも兼ねたウインカー。なかなかのアイディアです。配線がむき出しのところを見ると、国内基準に合わせた後付けなのかもしれませんね。

それからこのライトガードも兼ねたウインカー。なかなかのアイディアです。配線がむき出しのところを見ると、国内基準に合わせた後付けなのかもしれませんね。

 

もちろん、MADE IN CZECHOSLOVAKIA ただ、メーカー名まではわかりませんでした。

もちろん、MADE IN CZECHOSLOVAKIA
ただ、メーカー名まではわかりませんでした。

 

ほとんどプラスチック部品が使われていないです。ザ・東欧という感じです。

ほとんどプラスチック部品が使われていないです。ザ・東欧という感じです。

 

KUBOTA TRACTOR B6000 クボタトラクターB6000 一説によれば600cc2気筒ディーゼルエンジン11馬力 1973年から1977年まで生産されたそうです。

生まれ年・・・ということでいえば大体ブルトラB6000と同級生です。

 

「アッ!」「オッ!」「イー!」青いトラクター

D1500は1973年〜1976年製造、D1800は1973年〜1974年製造のようでした。ということはこのあたりとも同級生。

 

シバウラS1500(25PS)カタログの表紙です。もう現在のカタログと比べても技法的には変わりのないもの。年代としては最後に49.4とありますから昭和49年4月のものなのでしょう。ということは1974年。これ以前のカタログが会社のおじさんたちが頭を付き合わせて作っていたとしたら、それが「プロの手」に渡ったのだな・・・と感じられます。

シバウラS1500(25PS)カタログの表紙です。もう現在のカタログと比べても技法的には変わりのないもの。年代としては最後に49.4とありますから昭和49年4月のものなのでしょう。ということは1974年。かなり進化している感じがします。

 

前方に張り出したオデコ。逆スラントを段付きで更に強調した挑戦的なスタイル。SAME minitauro60です。tractordata.comによればminitauro60は1972年から1984年にかけて製造され、56馬力の(他のサイトでは60馬力とも・・・表記からも60馬力のほうがそれらしいですね)SAME 3.1L 3-cyl diesel 56馬力/2200rpmとなっています。

SAME minitauro60です。tractordata.comによればminitauro60は1972年から1984年にかけて製造され、56馬力の(他のサイトでは60馬力とも・・・表記からも60馬力のほうがそれらしいですね)SAME 3.1L 3-cyl diesel 56馬力/2200rpmとなっています。このあたりも近いです。

 

こう並べると、日本製のトラクターはデザイン的にチャレンジしている感じです。回りと比べた時、輸入トラクターはスタイル的に少し時代遅れ感があったのじゃないですかねえ・・・

こう並べると、日本製のトラクターはデザイン的にチャレンジしている感じです。回りと比べた時、輸入トラクターはスタイル的に少し時代遅れ感があったのじゃないですかねえ・・・ただ、こうやってさらに時代が進むと、一回り回って古さを感じさせず、若々しさを保っています。まあ、この人はずっと変わらずにいて、回りがバタバタ動き回っていたってことなんですけど・・・

 

新しいのか古いのかわからないスタイルですけど、その外見に比べサイドのロゴはオシャレで新しい。

新しいのか古いのかわからないスタイルですけど、その外見に比べサイドのロゴは繊細でオシャレ。

 

エンジン、切り欠き部分までしかありません。

エンジン、切り欠き部分までしかありません。

 

ここで気になったのはウインカーの左に見えるコンセント風のもの。

ここで気になったのはウインカーの左に見えるコンセント風のもの。

 

拡大すると、タップなのは間違いありません。ただ、日本のポピュラーなものとは違いそう。このトラクター、オーナーが電気を必要をしていたのか、やたら配線がのたうち回っています。一体何に使ったのかな?

拡大すると、タップなのは間違いありません。ただ、日本のポピュラーなものとは違いそう。このトラクター、オーナーが電気を必要をしていたのか、やたら配線がのたうち回っています。一体何に使ったのかな?

 

やはりシートの後にも何かの配線が・・・オーディオか何かかなあ・・・

やはりシートの後にも何かの配線が・・・オーディオか何かかなあ・・・

 

ゼトアのメーターは伝統的にカッコいい!それと、面白いと思ったのは左に飛び出しているレバー。何のためのレバーかわかりませんが、これ、スリットに沿って左右にスライドもさせるってことですよね?あまりこういうスタイルを見たことがなく、ユニークです。

ゼトアのメーターは伝統的にカッコいい!それと、面白いと思ったのは左に飛び出しているレバー。何のためのレバーかわかりませんが、これ、スリットに沿って左右にスライドもさせるってことですよね?あまり見ないスタイルで、ユニークです。

 

アルミのヒューズボックス、カバーのツラ位置に納められているのがおもしろい。クボタのLシリーズなど、普通にポンと飛び出していましたよね? 確かにここにいきなり付けてしまうと唐突感がかなりありますから、切り欠いて正解なのですけど、それをやりだしたら他のところも気になっちゃうハズ。でもこのあたりに落ち着いているということは、この切り欠き、相当優先順位が高かったってことです。何が何でも切り欠き。その上の飛びだしたゴムのブッシュ状のもの、ついでに何とかしたほうがいいと思うけど・・・

アルミのヒューズボックス、カバーのツラ位置に納められているのがおもしろい。クボタのLシリーズなど、普通にポンと飛び出していましたよね? 確かにここにいきなり付けてしまうと唐突感がかなりありますから、切り欠いて正解なのですけど、それをやりだしたら他のところも気になっちゃうハズ。でもこのあたりに落ち着いているということは、この切り欠き、相当優先順位が高かったってことです。何が何でも切り欠き。その上の飛びだしたゴムのブッシュ状のもの、ついでに何とかしたほうがいいと思うけど・・・

 

機械的にうまく行ったものは変えない・・・東欧の国にはそんな意識があるのでしょうか?(行ったこともなく、テレビなどでも真剣に見たことがないのでわかりませんけど)そういえばソビエトのソユーズもずいぶん前から同じ形ですよねえ・・・

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[12/03]) ハンドルの脇のスイッ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/02]) shiroemodo
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/02]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (shiroemodonより[12/01]) この時代の耕深制御だ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/30]) 輸入車のジャッキって
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/25]) 山葵さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/24]) あっ!これです!この
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) H2さん こんにちは
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[11/23]) 坂本さん こんにちは
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/23]) 象印さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械