インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」

今日は「撮りトラ」。hokkaidoujinさんのところで見た、シバウラトラクターSE7340T「撮りトラ」です。

 

シバウラSE7340Tは農研機構の登録は1979年。tractordata.comではシバウラ LER1103T 3気筒 3.4リッター ディーゼルターボ 73馬力/2200rpmとなっています。

シバウラSE7340Tは農研機構の登録は1979年。tractordata.comではシバウラ LER1103T 3気筒 3.4リッター ディーゼルターボ 73馬力/2200rpmとなっています。

 

ただし、別の写真を拡大して見ると少し混乱するような事も書かれています。一部汚れで見えませんが、車台形式というのでしょうか?その部分がSE6340、出力は73PS/2200rpmとなっています。

ただし、別の写真を拡大して見ると少し混乱するような事も書かれています。一部汚れで見えませんが、車台形式というのでしょうか?その部分がSE6340、出力は73PS/2200rpmとなっています。

 

SE6340という型番は存在しているみたいで、農研機構でもtractordata.comでも確認できます。tractordata.comではSE6340ですとLER1103T 3気筒 3.4リッター ディーゼル63馬力/2200rpmとなっています。

 

つまり、SE6340のターボ版というのがSE7340Tということなんですね。ベースがSE6340ということだから別におかしくはないですかね。

 

今日はメーター廻りから始めます。1980年代のインパネはカッコいいなあ。

今日はメーター廻りから始めます。1980年代のインパネはカッコいいなあ。

 

トラクターメーターは日本精機。

トラクターメーターは日本精機。

 

イセキTS2210は実機で確認はしていないんですけど、tractordata.comによればディーゼル2気筒22馬力/2600rpm。 農研機構の登録で見てみると、TS2210の記載はなく、近いものとしてTS2510やTS2810が1976年の登録です。ですからこのあたりの年代のものではないでしょうか?

ACやスミス、イエーガーのメーターの写真はたくさんあるのに、日本精機のトラクターメーターの写真は少ないなあ・・・。これはTS2210

 

TS2510「耕太」は、おなじみの農研機構のサイトでは登録が1976年。tractordata.comでは1200cc3気筒ディーゼル25馬力とありますが、どうも2気筒エンジンのようです。

朝顔式ハンドルと日本精機のトラクターメーター。イセキTS2510

 

イセキトラクター TC10

こちらのイセキTC-10も日本精機。ちゃんとメーターも付いていて、近代装備は一式揃っています。奇しくもイセキばっかり!

 

そんな話じゃありませんでした。問題はこの写真です。何気なくメーターやランプ類を撮ったのですが・・・

そんな話じゃありませんでした。問題はこの写真です。何気なくメーターやランプ類を撮ったのですが・・・

 

デフロックインジケーターとブレーキインジケーター。それにエンジン始動と停止の注意事項。それよりも左上の円筒形。

デフロックインジケーターとブレーキインジケーター。それにエンジン始動と停止の注意事項。それよりも左上の円筒形。

 

型式RBX00-2272 作動抵抗 635 mmH₂O 赤のシグナルがサービスレベルに達した時エレメントを掃除し、その后“RESET”のボタンを押してシグナルを戻してください。  とあります。  なんだろう・・・

型式RBX00-2272
作動抵抗 635 mmH₂O
赤のシグナルがサービスレベルに達した時エレメントを掃除し、その后“RESET”のボタンを押してシグナルを戻してください。
とあります。
なんだろう・・・インパネ廻りにあると言うことは運転の際に毎回チェックしなくてはならないような重要な指標なのだと思うのですが、この作動抵抗635 mmH₂Oという単位といい、掃除しなくちゃいけないぐらいのアナルグなパーツなのに電気的にリセットできるというのも不思議だし・・・

 

例えばここを燃料がバイパスして通っていて、燃料フィルターの汚れがここでシュミレーションできているとか・・・

 

で、作動抵抗の単位にH₂Oとあるので、これを水と考え、燃料に一定以上水が混じると燃料をカットして掃除を促す・・・みたいな部品とか????

 

謎は深まります。

 

今日は時間切れです。 また明日!

 

 

 

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

これはやはり燃料フィルターのメンテナンスを促すものだと思うのですが、電気的にリセットできるのは謎ですねぇ。リセットボタンを押すと、燃料が抜けるのかなか?

2018年6月7日 9:48 AM | 伊藤産業機械(株)

伊藤産業機械(株)さん おはようございます
燃料が抜けるのはマズいので、エアクリーナーのつまりインジケーターではないか?
という案がFacebookのほうで出ています
そうだとすれば色々説明が付く感じがします

2018年6月7日 10:10 AM | nora

これはエアクリーナの詰まりを知らせる奴です
(昔の掃除機見たいな感じ)
シグナルって言うのは単に色が変わるだけて
リセットは写真下側の出っ張ったところを押すとカチッって言って戻ります

2018年6月7日 10:24 AM | 発動機のシャチ

発動機のシャチさん ご無沙汰してます!
あ!掃除機にそんな感じのヤツ付いていたかもしれません なるほどー
スッキリしました ありがとうございます!

2018年6月7日 10:27 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/06/07/shibaura_se7340t/trackback/