1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15

4月2018

家庭稲園バケツ稲プロジェクトその4「芽が出た!」

突然『「8月2日におにぎりを3つ食べるには」という家庭稲園バケツ稲プロジェクトを立ち上げます』と宣言しながら鳴かず飛ばずで、「どうなってんだ?」と聞かれてたりしたわけですが、継続中です。年度末と多面的昨日支払の報告書類作成で心の余裕がなく、なかなか書けないでいました。

「8月2日におにぎりを3つ食べるには」という家庭稲園バケツ稲プロジェクト。バケツ稲は、毎日水をやらなくちゃいけなかったりしないので比較的手がかからない植物だと思います。ただ、寒い時期の家の中で育てると思わぬ問題も出てきたりして・・・

 

長過ぎた感のある浸種の後、3月2日に種まきをしたバケツ稲。時系列でその後を見ていきます。

 

3月6日

 

3月6日。まだなんの変化もありません。

3月6日。まだなんの変化もありません。

 

コップで水を掛けていたのですが、コップはダメですね。土に穴があいてしまいます。本当はじょうろとかが欲しいのですが、お金かけてもしょうがないのでこの後は霧吹きで水やりをすることにしました。

コップで水を掛けていたのですが、コップはダメですね。土に穴があいてしまいます。本当はじょうろとかが欲しいのですが、お金かけても仕方がないので、この後は霧吹きで水やりをすることにしました。

 

根っこがみえています。子供が種まきをしてすぐ、じーっと座って眺めながら「早く芽が出ないかなー」なんて言ったりするわけですが、その気持がよくわかります。植物はじっと見ていると変化がない・・・でもちょっと目を切ると驚くほど変化している・・・僕とは時間の進みが違う生き物なんです。

根っこがみえています。子供が種まきをしてすぐ、じーっと座って眺めながら「早く芽が出ないかなー」なんて言ったりするわけですが、その気持がよくわかります。植物はじっと見ていると変化がない・・・でもちょっと目を切ると驚くほど変化している・・・僕とは時間の進みが違う生き物なんです。

 

3月14日

 

変化がない中でも、家の中で毎日暖かい場所を探して行ったり来たりしています。

変化がない中でも、家の中で毎日暖かい場所を探して行ったり来たりしています。

 

そしてついに芽らしきものが出てきました。これは水戸産のあきたこまち。

そしてついに芽らしきものが出てきました。これは水戸産のあきたこまち。ちょっと薄播きなのでパラパラです。

 

そしてこちらは富山産のあきたこまち。こっちはドバッと播いてしまったので結構ビッシリ。

そしてこちらは富山産のあきたこまち。こっちはドバッと播いてしまったので結構ビッシリ。

 

3月15日

 

3月15日。少し変化が見えると現金なもので連日写真を撮ったりしています。

3月15日。少し変化が見えると現金なもので連日写真を撮ったりしています。

 

こちらは水戸産のあきたこまち。

こちらは水戸産のあきたこまち。

 

こちらは富山産のあきたこまち。

こちらは富山産のあきたこまち。

 

3月16日

 

これはどこ産だかわかりませんが、このときは毎朝このように葉っぱの先っちょに水玉が載っていました。

これはどこ産だかわかりませんが、このときは毎朝このように葉っぱの先っちょに水玉が載っていました。

 

3月26日

(さらに…)

花の季節なんだなあ・・・ギンラン・チゴユリ

今日は本当に久しぶりに植物の話題です。なぜか毎年同じ仕事をしても手数ばかりが増え、田園風景の中に生活していながら心は砂漠・・・のんびり花を眺めたりする余裕がない感じなんです。

 

たまたま通りかかった場所でふと地面に目を落とすと、ギンラン(植物の専門家じゃないので、多分そうだろうと言った程度)が一株だけ咲いていました。

というわけで今回は本当にたまたまでした。通りかかった場所でふと地面に目を落とすと、ギンラン(植物の専門家じゃないので、多分そうだろうと言った程度)が一株だけ咲いていました。本当は何枚も撮ったのに、そこそこピントが合ったのはこれだけ。ガッカリです。

 

ギンランはWikipediaによると

 

ギンラン(銀蘭、学名:Cephalanthera erecta )は、ラン科キンラン属の地生の多年草。

 

地下に軟骨質の細根が束生する。茎は直立してやせ細り、高さは10-30cmになり、茎に毛はない。葉は3-6個が互生し、葉身は狭長楕円形で、長さ3-8cm、幅1-3cmになり、葉先は鋭くとがり、基部は茎を抱く。葉に毛はない。

 

確か、前に見たキンランと同じように「何かの菌?」がないと生きていけない種類なんですよね?ウィキには何も書いていないなあ・・・

 

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)はラン科キンラン属の多年草で、地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する。 特徴 山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につける。花は全開せず、半開き状態のままである。花弁は5枚で3裂する唇弁には赤褐色の隆起がある。葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、縦方向にしわが多い。柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生する。

キンランはギンランの色違いといった風情でしたよね。

 

キンランはWikipediaによると

 

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)はラン科キンラン属の多年草で、地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する。

 

ラン科植物は多かれ少なかれ菌類から炭素源(糖分など)や窒素源(アミノ酸など)を含め、さまざまな栄養分を菌根菌に依存している。菌への依存度はランの種類によって異なり、成株になれば菌に頼らなくても生きていける種類(独立栄養性種=栽培できる有葉ラン)から、生涯を通じてほとんどすべての栄養分を菌に依存する種類(菌従属栄養性種=一般に‘腐生ラン’と総称される)までさまざまな段階がある。本種の菌依存度は独立栄養植物と菌従属栄養植物の中間(混合栄養性植物)で、坂本らの調査[5]によれば本種は炭素源の34~43%、窒素源の約49%を菌から供給されており、同属のギンランでは炭素源の48~59%、窒素源の90%以上と、さらに高い依存度を示している。

 

な〜んだ・・・なぜかギンランのことがキンランの場所に書いてある・・・ギンランはその栄養のほとんど、炭素源の48~59%、窒素源の90%以上を菌類に依存しているのでした。

 

まず雑木林があって、そこで生育する菌類があって、はじめて生きていけるギンラン。何かが欠けても生きていけない・・・多様性の象徴のようなお話ですね。

 

同じ林でいつもうつむいて咲いているチゴユリも見かけました。

同じ林でいつもうつむいて咲いているチゴユリも見かけました。

 

チゴユリの花を拝むには地面に這いつくばらなければなりません。

チゴユリの花を拝むには地面に這いつくばらなければなりません。

 

チゴユリはWikipediaによると

 

チゴユリ(稚児百合、学名:Disporum smilacinum)はチゴユリ属の多年草。

東アジアの日本・中国・朝鮮にかけて分布し、日本国内では全国で見られる。落葉樹林の木陰に生える。高さ15-30 cm。球根はなく、白くてやや太い地下茎を持つ。花期は4-6月で、茎の先端に1 cmほどの白い花を一つ咲かせ、花後に黒色の液果をつける。

 

昨日は暑かったのに、林の中は少しひんやり。目を凝らすと他にもたくさん見たことのない植物が生えていそうです。図鑑を持っていないので調べ様がなかったんですが・・・

 

今日はここまでです。また明日!

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械